本日発売の集英社文庫新刊はこちら

12

楊令伝 9巻  揺光の章 北方謙三
シスマの危機 小説フランス革命 6巻 佐藤賢一
右岸 上・下 辻仁成
左岸 上・下 江國香織
大きな約束 椎名誠
何もかも憂鬱な夜に 中村文則
茶坊主漫遊記 田中啓文
エアエイジ 松樹剛史
僕達急行 A列車で行こう 長尾徳子
ヘルプ 上・下 心がつなぐストーリー キャスリン・ストケット


江國香織さんと辻仁成さんの共作となる小説「左岸」「右岸」が本日集英社文庫より発売されました。
一組の幼馴染みの男女の人生をそれぞれの視点から描く長編恋愛小説です。

5436

高度経済成長期の福岡で幼馴染みとして育った九と茉莉。
九は天真爛漫で奔放な茉莉の魅力に惹かれ想いを寄せるが、
茉莉の兄惣一郎の死と九の”力”の目覚めによって二人の関係は大きく変わっていく。
互いに惹かれあいながらも交わることのない人生を歩む二人の男女の運命の果てにあるものは・・・
「右岸」「左岸」とは川の岸のこと、川下に向かって右側が右岸、左側が左岸となります。
人生という長い川の両岸をともに歩みながら、決して交わることのない一組の男女の不思議な物語です。

12

今回の「右岸」「左岸」は江國香織さんと辻仁成さんの共同企画による小説。
おふたりの競演は『冷静と情熱のあいだ』(角川文庫)以来の2作目となります。
もちろんそれぞれがしっかりとひとつの物語をもつ作品なのですが、2作品揃ってやはりひとつの作品。
完結したはずの物語も違う視点から見ることによって全く違った側面が見えたりもします。
ぜひ対にしてお読みください。2作品ともに平積み展開をしております。