中央大学杉並高等学校 生物同好会&生物地学実験室

本校所蔵・同好会作成の標本や飼育生物を毎日1つずつひたすら紹介します。これには数年はかかりそうです。所蔵品目録となるよう目指します。とりあえず,貝からスタートしていますが,化石・岩石・鉱物・節足動物・棘皮動物もあります。たまに,研修や勉強会も紹介していきます。

22-1~は新生代の生物化石です。

 新生代古第三紀暁新世(6500万~5600)

        始新世(5600万~3400)

        漸新世(3400万~2300)

    新第三紀中新世(2300万~530)

        鮮新世(530万~180)

    第四紀更新世(180万~1)

       完新世(1万~現在)

12-1
有孔虫 
第三紀

原生生物 ハワイ・カウアイ島 サンゴ虫といっしょに混ざっています。

18-1~は中生代の植物です。シダ植物,裸子植物の森林に加えて,白亜紀には被子植物が現れました。

18-1
シダ植物 オニキオプシス
 中生代白亜紀(1.46億~6500)

シダ植物シダ目ゼンマイ科 徳島県勝浦郡勝浦町 葉の化石です。

16-1
カブトガニ メソリムルス 
大標本(資産) 中生代ジュラ紀(2億~1.46)

節足動物鋏角綱カブトガニ目メソリムルス科 ドイツ 現在のカブトガニとよく似ています。 15cm

14-1
三角貝 トリゴニア
 中生代白亜紀(1.46億~6500)

軟体動物二枚貝類トリゴニア科 徳島県勝浦郡上勝町 世界的に分布する示準化石です。

13-1~,14-1~,5-1~,16-1~は中生代の動物です。

13-1
層孔虫 ストロマトポロイド
 中生代ジュラ紀(2億~1.46)

 東京都あきる野市 サンゴ虫とともに,海水中の二酸化炭素を取り込んで,礁をつくっていた生物です。中生代に絶滅しました。

12-1~は中生代の藻類です。

12-1
石灰藻
 中生代ジュラ紀(2億~1.46億年前)

 岐阜県大垣市金生山 赤坂石灰岩

このページのトップヘ