2017年12月12日

2005荒川登山口

荒川登山口 2005

縄文杉への出発点です。ここで準備体操です。しばらく(8)はトロッコの線路上を歩きます。

出発前「使用前」と10時間後のゴール「使用後」の集合写真を撮ります。ほかに集合写真は,ウィルソン株と縄文杉の前で撮ります。




seibutudoukoukai at 05:00屋久島研修研修

2017年12月11日

1-3

縄文杉

200212月に撮影。雪の中,下見をしてきたときのものです。このときはかなり近くまで行くことができました。




seibutudoukoukai at 05:00屋久島研修屋久島の植物

2017年12月10日

1-2

縄文杉

2014年に撮影。2018年以降はこの撮影ポイントには行けないかもしれません。研修2日目は,早朝5時に出発して往復22km,縄文杉を目指します。この行程は第1回から変わっていません。




seibutudoukoukai at 05:00屋久島研修屋久島の植物

2017年12月09日

1-1

縄文杉 2016年
国内研修「屋久島」は2004年から始まりました。その後,200520062007200820092010201220142016年。つねに縄文杉を目指しました。

 生物実験室では,その研修内容を緑苑祭や室内掲示で紹介しました。その時の写真をしばらくアップしていきます。

縄文杉 樹高25.3m 胸高周囲16.4m 2016年撮影

昭和41年に岩川貞次氏によって紹介されました。




seibutudoukoukai at 05:00屋久島研修屋久島の植物

2017年12月08日

IMG_4338
2018年の国内研修は「屋久島」です。全校生徒から参加者を募集します。
縄文杉,苔むす森,ウミガメ観察…
  参加条件
・息切れせずに,階段を1階から5階まで登ることができること。
・好き嫌いなく,その土地のものをたくさん食べることができること。
・スマ断ちして,島の「気」をいっぱい吸い込むことができること。


seibutudoukoukai at 05:00屋久島研修研修

2017年12月07日

403ハスカップ

ハスカップの実 2013




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年12月06日

402トドマツ2015
トドマツ
 2015 天に向かって育ちます。

seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年12月05日

IMG_5290IMG_5291
IMG_5292IMG_5293
IMG_5295
①牛の目をピンセットとはさみで解剖していきます。
②視神経が出ています。
③内部から正面を見ます。すきまが瞳孔。虹彩と毛様体(毛様筋)があります。
④内部から後方を見ます。網膜,強膜,視神経がつながる盲斑があります。
⑤内容物。水晶体,毛様体,ガラス体があります。水晶体はレンズです。



seibutudoukoukai at 08:31生物実験
401ミヤマハンノキ2015

ミヤマハンノキ 2015 這うように育ちます。




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年12月04日

113コウリンタンポポ

コウリンタンポポ 2011 帰化植物です。




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年12月03日

IMG_5298IMG_5326
IMG_5328
IMG_5327
①タマネギの種子を発芽させます。8mmくらい伸びたら,観察可能です。
②スライスして染色。先端付近を観察したものです。
③先端から少し上の方には,核の状態がさまざまなものがあります。
 核分裂前期・中期・後期と間期のものを見ることができます。
 600倍で観察。1目盛りは2.5μmです。
④左が後期,右が中期です。タマネギの染色体数は,2n=16。



seibutudoukoukai at 23:28顕微鏡観察
IMG_5285IMG_5311
IMG_5365IMG_5305
IMG_5321
キイロショウジョウバエ Drosophila melanogaster 
ハエ目ショウジョウバエ科 メス3mm,オス2mm。
 野生型・白眼・痕跡翅を飼育しています。
①飼育培地は,グルコース・イースト・寒天で作成しています。移し替えは古いびんの上に新しいびんをのせてガーゼをさっとはずし,4~5頭入ったらさっとふたをするだけ。
②5日もすれば,幼虫が現れます。③さなぎ
④幼虫を取り出し,解剖してだ腺染色体を取り出します。そのシーンは閲覧注意なので…
⑤だ腺染色体です。600倍で観察。1目盛りが0.25μm。縦じまが美しいのです。
 
 実は,このキイロショウジョウバエの交配実験は,遺伝学上とても重要です。
 ハエ目のだ腺染色体も,歴史上とても重要なものです。詳しくは『生物』の教科書で…


seibutudoukoukai at 23:13顕微鏡観察飼育生物
304ガンコウラン

ガンコウランの実 2013 紫色の実がたくさん実っています。




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年12月02日

214エンレイソウの実
エンレイソウの実 2013


seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年12月01日

22ミズバショウ2015

ミズバショウの葉 2015 久種湖畔のミズバショウの葉は巨大です。




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月30日

303アサギリソウ

アサギリソウ 2013




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月29日

302レブンイワレンゲ2015
レブンイワレンゲ 2015 別名コモチレンゲ 肉厚の葉です。



seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月28日

301イワベンケイ2013

イワベンケイ(ベンケイソウ科) 2013 雄株の果実は橙色です。




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月27日

21イケマ2013

イケマ 2013




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月26日

20オオウバユリ2015

オオウバユリ 2015




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月25日

19ツルアジサイ2015

ツルアジサイ 2015




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月24日

18イワガラミ2013

イワガラミ 2013




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月23日

17アカネムグラ2013

アカネムグラ 2013




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月22日

16-2イブキトラノオ2010

イブキトラノオ(タデ科) 2010 お花畑をつくります。




seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月21日

16イブキトラノオ2013
イブキトラノオ(タデ科) 2013


seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月20日

213エゾノレンリソウ2013
エゾノレンリソウ(マメ科) 2013


seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月19日

212クルマバナ2013
クルマバナ 2013


seibutudoukoukai at 03:00礼文島研修

2017年11月18日

211チシマアザミ2015
チシマアザミ
(キク科) 2015 花は下向きに咲きます。



seibutudoukoukai at 09:00礼文島研修
アクセスカウンター
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ