部活の話の続き。

部活動自体が2種類ある。強い・弱いや、文化系・体育系を問わない。

1つは目的を持って、部員一人一人が熱心に活動し、自分自身を鍛えている場合。もう1つは、目的はあるが、それに対してあまり努力をせず、「だれて」流されている場合。

最初の例のような部活に所属している人は幸いだ。充実した学生生活を送れるだろう。ただし勉強にもがんばってもらいたい。推薦に頼っていてはいけないよ。

--------------------------------------------

問題はやはり「だれている」場合だろう。こういう部活はあってもなくても同じみたいに見えるが、存在しているだけでも、生徒=部員を引きうけているから、一種の「受け皿」だ。皆で試合したり、練習したりして、変なところには行かないので、親も安心だ。

しかしよくある話だが、この手の部活は、なぜか練習時間だけが長く、回数も多いわりには、試合の成績は大したことがなかったりする。するとメリハリのきいた生活をしない人が多くなる。

部活で疲れているから、帰ってくるとすぐに仮眠してしまい、それが習慣になり、勉強時間が減る。1年生ぐらいはなんとかなっても、2年生ぐらいになると、「やらないから、できない」から「できないので、やれない」のレベルになってしまう。
 
こうなると大変だ。

----------------------

その上、大して強くないのに、土日はなぜか練習試合があったするし、だらだらしているのが特徴だから、そのまま月曜日にも部活があったりする。

こういう部活に、今も所属する人が一念発起するか、家族のすすめで入塾しようとすると、塾側は補習をする時間をねん出するのに、すごく手間がかかる。土曜日や日曜日が一番いいのだが、やれ試合だ、練習だ、で時間が取れないからだ。

秋になると、関連施設の予約の都合上、試験1週間前でも、試合や練習が入ったりすることもある。 これでは成績向上なんて無理だ。

------------------------

だから最近は、最初から「この成績では無理です、付いてこれません」とか理由を付けて、入塾を断念してもらうように仕向けたりする塾もある。実は成績が原因でない場合もあるのだ。そもそも成績が悪くて塾に来る方が多いのだから、基準に達していないことは当然だ。

あるいは話し合いで「部活はしばらく停止」となる場合もあるし、実はこれが一番いい方法だ。 

合格実績の良い塾ほど、アンテナを張り巡らせていて、「あの学校の○●部活に所属している人はめんどうだ」と言う裏情報まで持っていたりする。吹奏楽部は3年生の引退時が遅いので、特に考慮に入れている場合も多い。

あるいは部活動を引退するのを見計らって、その部の人を大量にゲットし、「あまり時間がもうないから」といっぱい時間を組んで、高い月謝を得る、というのも1つの商法としてありうる。

-------------------------------------

ここまで来ると「部活をしていると入試に有利だ」というのは逆の事態を招いていないか?そして部活の指導者教諭は、入試の時には面倒を見てくれない。引退したら他に丸投げだ。

このサイトを紹介しておく。


高校野球も地域の生徒が集まって甲子園を目指す、なんていうのはもう完全に昔の話で、野球留学した人たちでできた地元とは無関係な人が、甲子園に出場しているのが現状だ。1960年代から始まった「部活全盛」イメージをまだ持っている保護者や教師は、意識を変えるように注意した方が良いだろう。

学校の部活動が、スポーツ国家隆盛の流れを作った時代は、すでに終わっているのだ。

--------------------------
 
そして勉強と資本主義は似ている。
 
何かのきっかけで資本を得て、それをうまく使いこなし、増やすことができたら、どんどん強くなる。しかし資本のない弱い者は、いつまでたっても弱いままだ。

英語は最初の重要単語100~200が勝負だし、数学は方程式の解き方のマスターが最初の「資本」になる。でも、それを手に入れる時間が作れない場合は、なかなかうまくいかない。

「元手を手に入れる」ことに早く成功しなければならない。
 
では今日はこのへんで失礼します。

毎日暑いな~。


m(_ _)m