ひき続き夏期講習の感想と反省。

勉強ができていて、家庭内も安定している人は問題ないが、中学2年の夏休みは慎重に過ごすべきだ。
一応「中2病」とは関係ないことにする。

中2の夏休みとなると、中3のセンパイは引退して、「自分たちの天下」だ。
「~大会で優勝するぞ」と個人個人が意識を高く持って練習している場合もあれば、集団圧力もあって惰性で続けている場合もあるだろう。どちらにしても暑~い最中に、ほぼ毎日部活動に通っている姿を見ると、すごいな~と思う。

しかし、1学期の期末で、数学や英語で60点を取った人は点数的には警戒レベルが上がっているから、部活動に時間を削っている余裕は本来ないのに、と私は考える。部活動は内申点に入る、は都市伝説だ。もしそうなら、体が弱い人は内申点を稼げないことになる。

----------------------
60点というのは大変微妙な点数だ。
できているとも言えないし、できていないとも言えない。
40点よりは良いが、80点よりは悪い。
20点ずつの「差」をどう考えたらいいのか。

楽観的に「中間をキープしている」と考えずに、「いつ落ちるか予想できない不安定な点数」と警戒した方が良い。得点60とは失点40のことだ。半分近くが自分の味方ではない。もし味方60が「分裂」すれば、あっというまに、「少数派」に転落だ。もちろん中学3年間通じてず~と同じ60点のままだった人もいた。しかし大変珍しいことだ。

適切な指導があって、消化・吸収がない限り、たいていはバランスを失って40点~30点に落ちる。
特に秋から数学は「一次関数」、英語は「不定詞」が登場するからだ。

そのためには1年分野の「比例・反比例」の復習と、英語の再確認は最低限、夏休み中にきちんとすませておく。学校が出す夏休み課題もそれを見越して与えているのだろうが、60点の人は自分で解けるのだろうか。
解けるのなら問題ないが、解ける人の現実得点が60点というのは変な話だ。

--------------------
 
崩壊を引き起こすのは、勉強時間の不足だけではなく、人間関係、異性関係も大いに影響する可能性がある。

思春期の人たちは、ひょんなことで、もめたりするし、最近は LINE とかで、常時つながっていないと不安になるらしい。面倒な時代で、このような時に学生でなくて良かった、と考えている自分がいる。

あるいは家庭内が不安定だったり、特に親子の仲が悪いと、今言った傾向が強くなる。成績が悪くても、親が子供を受け入れている場合は良いが、そうでない時は、さらなる成績低下につながる。

スマホは勉強にとって「破壊工作員」だ。子供に持たせるなら必ず「夜は9時以降触らせないことを必須条件にした家庭内ルール」を守ることを合意し、それを明文化=紙に書いて、見えるところに貼っておくことが、絶対に必要だ。
 
------------------------
 
夏休みの宿題は「やっつけ仕事」で、自主的な復習が全然ない場合でも、逆に、塾や家庭教師のテコ入れがあった場合でも、困ったことに「その効果」が出るのは、2学期の半ば、10月半ばの中間テストだ。

もしその結果が悪ければ、順調な再スタートを切った友達を横目で見ながら「私もがんばらないと」となる。
 
しかし、どれだけの時間があるだろうか。
 
志望校の決定は、来年3年生になった2学期の、11月中にある期末テスト後だ。そうなればあと1年間の6回の定期テスト、長期休暇は冬・春・夏の3回しか残っていない。
 
挽回できない、とは言わないが、苦しいことは事実だろう。
部活の引退まで8か月以上あることも「足かせ」になる。

------------------------
 
よって中学2年の夏休みの過ごし方は、簡単そうに見えて、実は中々難しい、と言える。
 
「中2の夏が終わったら、後1年とちょっとしかない」ということを重々承知の上で、保護者の方は、勉強環境以外に、友達環境にも、家庭環境にも気を配り、中2年の夏休みを過ごす計画を立てておくべきだ。
 
あまり子供任せはやめておいた方がいい。中学生はしょせん中学生で、子供である。自主性を期待するのはいいとして、彼らに「中長期的な視野を持つこと」までを期待すると、取り返しのつかないことになる。


では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m