「学ぶ」は「まねぶ」「まねをする」から来る、ともある。
そしてそれはほとんど動機がなければ、発動しない。

ある学校に山猿が現れ、鉄棒でくるくると回り始めたが、それはその学校で生徒が練習している技だった、という話を聞いたことがある。

もし猿が山から生徒が練習しているのを見て「あれなら俺にもできるぜ、人間どもよ、俺の技を見てみろ」となったのなら、猿も「動機」を持ち、技を「学んだ」ことになる。

-------------------

経緯を再び振り返ると
1989年の平成元年の学習指導要領の改訂に伴い,文部省=現文部科学省は「自ら学ぶ意欲や,思考力,判断力,表現力などを学力の基本とする学力観」であるとしているし、「新しい学力観」に立った学習指導が強調された。

しかし「新学力の定義」では「学ぶ」ことにはならない。
そりゃそうだろう、形だけだから。

また本気で勉強しなくても=成果をあげなくても、成績が良くなるのなら、誰が好き好んで苦しい勉強をするだろうか。いたら気色悪い変態である。

中学生は子供だが、子供だから本質を見抜いたのだろう。
大人の欺瞞という本質を。

先生に「良い子」を見せてはいるが、急速に勉強しなくなった。
先ブログ「私にとってのキセキの世代」で紹介した尾木ママの記事を少し補足すると、中学生はあの10年間の間、恐らく史上一番の「勉強しない中学生」だったと思う。

特にそんなに高いレベルの学校を狙っていない、近所の公立高校に行ければいいや、と考えている「中堅クラス」の生徒たちは本当に1990年~2000年の間は勉強しなくなった。

動機を失ったからだ。

人間の動機が生じるのは、初めから内から出てくる場合は、平凡人の場合はほとんどない。それは天才だけに起こる現象と言ってもよい。凡人の場合は、99%以上外から来る、と考えた方が良い。

---------------------
その当時、1989年の「天安門事件」で中国は経済封鎖を受けていたが、バブル崩壊に苦しんだ日本が中国に経済進出を始めたこともあって、そこから10年の間に完全に建て直し、香港もイギリスから取り返し、日本を圧倒することを目標にし始めていた。

参考リンクは
1989年 海外 6月 中国天安門事件」。
1997年 7月 香港返還

 
鄧小平の「力を蓄える間は低姿勢」の方針で、次第に中国の台頭が目立ち始めたが、まだそれほど顕著ではなかった。しかし現場にいた者は気がついていた。

またアメリカはクリントン政権になり、彼はインターネットIT経済発展を遂げたことで有名だが、実はクリントン大統領はアメリカの教育水準がものすごく低下していることにブチ切れていた。彼自身は一番レベルの高い奨学金を受けて、高等教育を受けた人だから、勉強の大切さを身に染みて知っている人で、ある意味「苦労人」である。

参考リンクは
1993年 1月 海外 クリントン政権発足」 
ちなみにクリントンは、ロバートケネディとも会っている。
 「1962年 2月 日本 ロバート・ケネディ来日

だから例のエア・フォース・ワン=大統領専用機でヒラリー夫人と全米を回り「教育の向上」を訴えたが、これはあまり知られていない。ヒラリー夫人が見るからに「教育ママ」なのはわかると思うが、彼も「教育パパ」なのだ。また彼自身が肥満に悩んだこともあって、子供の肥満にすごく神経を使い、コカコーラの自動販売機を学校に置くな、と言ったとも伝えられている。

アメリカの教育がそんなに落ち込んだのは、なんと日本が嬉々として導入した「ゆとり教育」だった。
日本はアメリカで失敗した教育方法を、10年遅れて取り入れ、自滅の道を歩んだことになる。

日本はアメリカのものならなんでも、有難がって受け入れるコンプレックスを、プレスコードとGHQと原爆によって刷り込まれている。また「アメリカではこうこうだ」と言う人の意見を重要視する傾向も強い。

参考リンクは
1952年 日本 4月 プレス・コード解除」 
 
これはなんとかしないといけないが、全然治癒できていない欠点だ。

--------------------

私の友人たちは会社内で中堅クラスに昇進していたので、事あるごとに「中国の発展、アメリカの復活=日本の落日」を口にしていたが、そのころの日本の教育界は「お花畑」だった。

私はまったく勉強しない中学生たちに、「こんなにのんびりしているのは今だけのことだ。あと10年もしないうちに、勤めていた会社が、中国とアメリカの発展で、ドンドン潰れるようになる。君たちは外国でも働けるぐらい、もっと勉強しなければ」と口酸っぱく説き、中国の発展ぶりとアメリカの復活を訴えていた。

話を聞いてくれたのは半分で、半分は聞いてくれなかった。
「世間は賢い人が引っ張っていくから、大丈夫ですよ」という保護者もいたが、この意見には唖然とした。つまり「自分の息子や娘は馬鹿のままでいい」と言っているのも同然だし、その「賢い人」が正しいとは限らないことに、考えが及んでいないことに気が付いていないのだから。

言うことを聞いてくれた多くの人たちは、周りがどうであろうとも、しっかり勉強してくれたので、今でも安定した職に就いている。今でも彼らに会うと感謝されて嬉しいが、同時に「なんで教育界は、世界の動きにこんなに鈍感なんだろう」と疑問を持った。

-------------------------------

「安定企業」である「学校」や「公教育業界」に就職できたから、将来安泰で、気力を失ったとしか思えない。
 
「学ぶ動機」が一番欠けているのが、教育界の人たちなのだ。
試しに世界情勢を質問してみればいい。たぶん右往左往するはずだ。教育技術論が得意なのは当たり前で自慢にもならない。だからあんな指針になったのか、と今は納得している。

---------------------------- 

2000年に入ったころから、先進諸国30か国のOECD加盟国の中で、90年代最初はダントツの1位だった学力が、ものの見事に「ベッタ」になってしまったことが明らかになった。90年最初は私にとっての「夢のような時間」と重なるのは、先ブログで報告した。

ようやっと「学力低下」が叫ばれ、
無視できなくなったので2003年 平成14年に「確かな学力」の方針に切り替わった。
2013年には、統計の上では家庭学習の時間も増え、「ゆとり教育」の終焉となったみたいだ。しかし、「新学力観」はいまだ健在で、この考えに染まった人たちが教鞭を取り、多くの親・保護者が賛同しているのが不安でたまらない。

------------------

そして私は本当の危機はこれからだ、とも思っている。
 
1990年~2000年の間に中学生だった13才~15才の人は大勢が、日本史上で一番勉強していない。
今彼らは30才~40才前後だ。結婚している人もいるだろう。もちろん教育界に入っている人もいるだろう。
つまり社会の中堅クラスの、ちょい下あたりにいる。

その彼らがキチンと学生を指導できるのだろうか。
子供をもったら、ちゃんと教育できるのだろうか。
いやそれ以前に、社会でキチンと自分の役目をはたせるのだろうか。

「団塊の世代」も困った存在だったが、「第2の無気力不勉強集団」が、社会の中枢を占めるようになっていく時代が1年ごとに近づいてくる。
 
ものすごく不安だ。

-----------------------

今30才~40才の人は結婚できない人が増えている、と聞く。
もちろんほとんど表の原因は経済的なものだ。

しかし、裏で、霊的な原因で、日本の神様が「彼らには伴侶も、子供も、持たせない方が日本のためだ」と判断しているのかもしれない。

そうなら信じられないほど残酷な話だ。
彼らだけでなく、彼らの親たちは、自分たちの子供の結婚する晴れ姿も、孫も見れないのだから。

---------------------------- 
会社に入って出世することより、青少年→夫か妻→父か母→祖父か祖母に「出世」する方が、もっと難しい時代になってしまった。

どうすればいいのだろうか。 
これに対する考えはまだまとまっていない。

ただ、今現在、学生の子供を持つ親は、保護者は、相当しっかりしないといけないことだけはわかる。
そしてしっかりし過ぎて、「あなたのためだから」を連発して、逆に子供に嫌われてもいけない、という矛盾にもクリアしないといけないことも、数々の親子間の殺人事件などからも、あきらかである。

------------------------- 

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m