最近の教育の風潮に「自分の夢を持ち、夢を大切にしよう」とか、「あきらめないことがいいことだ」というのが多い。

夢なんか持つな、現実だけを考えろ、という世知辛い風潮よりはずっといいからあまり文句は言いたくない。しかしあまり強調しすぎるのはいかがなものか?と思う。

私はご存じの通り、市井の、中学生相手の、有名でない学習塾を運営・経営している、これまた特に有名でない人間だ。だから通ってくる学生もごく平凡な人たち、子供たちばかりだ。

今、2学期の期末テストが始まるところで、これが終われば冬休みに向かって一直線と言いたいところだが、嫌なものが一つ待っている。

それは3年生だと進路決定の面談だ。

普通は12月の前半の終わり、半ばの始めに行われ、早い人なら面談中の1時間、あるいは最初の10分間で決まり終了し、遅い人でもまあ1週間ぐらいの間に終わる。

------------
そしていくら面談で、Aという希望・志望校をどうしても受けたいと粘っても、成績がそれに及ばなければ、どうにもならない。「だめかもしれないけど受けてみる?」と言われるのはまだマシな方で、「BかCなら行ける(君にはAは最初から無理だよ)」とかで、話題にならないことも多い。

これに至るまでの1年前から始まっていることで、3年の面談そのものはもう最終局面どころか、ただの儀式みたいなものだ、ということを知っている生徒は半分ぐらいだ。
 
たいていは3年になって夏休みぐらいから頑張ればいい、とか考えている。

--------------
つまり夢の壊れる時、でもある。正確には「夢が完全に壊れる」だろう。

では夢が壊れつつあるのは、いつだろう?それは日々の学校生活の中でだ。

数学の計算問題でつまづいたり、英語の不定詞の分類がわからなかったり、理科の実験の意味が飲み込めなかったり、社会で「風神雷神」の絵を描いた人が誰か思い出せなかったり、国語の文章の要約が時間以内にできなかったりしていく時だ。
 
あるいはスポーツ部で思うような成績を残せなくて、市内大会予選で敗退した時だ。あるいは忘れ物クセが1年たっても全然治せなかったり。
その原因はどこにあるのか。
----------------

世に「中1ギャップ」というのがある。
小学校と中学校の差が激しすぎて、ついていけなくなる現象を言うらしい。

これの原因は中学にあるのではなく、小学校にある、と私は考えている。
 
というのも、中学校のあり方・学習の内容はあまり変化がない、と 30年以上、この制度に付き合ってきた私は見ているからだ。もちろん詰め込み教育→授業時間数削減→週5日制移行→ゆとり教育→新学力観→学力低下→復古主義などの変遷はあった。ただし、高校全入運動は間違っていた部分もあったとは思う。これはまた今度の機会にしたい。

高等教育を国民の多くの子弟が受ける、ということは悪いことではない。高校の勉強内容、英語や数学、社会、理科なども、これまた多少の変遷はあったが「芯」のところに、特に変化はない。

中学の1次関数や2乗比例の関数は、高校で式と図形、三角関数や指数・対数関数、微分積分などの基礎のために欠かすことのできないもので、中学レベルの直線程度の関数が理解できない人に、変曲点を2つ以上持つ曲線の関数=高校数学を理解することは無理だ。

英語は2年最後の比較構文、3年最後の関係代名詞を無理なく理解・勉強できるレベルに持っていけた者だけが、高校での否定絡みの比較構文や、関係副詞、複合関係詞を理解できて、上級の大学に進学できる、というのは崩せない法則だ。

「中学は高校に行くための教育機関」であることは、揺るぎのない事実だ。

-------
以上は「絶対的」と言ってもよいことで、大声で主張するようなことでもないし、そこをはずしてしまっては、中学高校の存在意義がなくなってしまう。
 
それを大きくはずして、崩しているのは小学校側ではないか、と最近特に感じる。
例えば誰かが当てられて、教室内で声を出して文章を読んでくれる時に、きょろきょろしている児童に、厳しく注意する小学校の教諭はどうも最近少ないようだ。「耳が2つで口が1つなのは、人の話をよく聞くためにある」「眼光紙背に徹す」という言葉の実行場面でもあるのに、なぜ注意しない?

また教科書や教材を取り出すのにトロトロしていて、あげく「忘れてきた」という児童も多い。その時に何か「苦痛」を与えるべきだろうが、そういうことはせずに、ただ注意しているだけで終わり、というのも多い。

そんなこともできない人が、中学の勉強についていける、と考える方がおかしい。
 
もっと大げさに言えば、そのような厳しい注意を欠いた授業の在り方は、「中学の勉強は、高校の勉強のためにあり、人材を育成し、国力を保つ最高の手段」という近代国家の前提を崩すものだ。

夢を語る、夢を持つのも大切だが、それ以前に、日々の暮らしでもっと大切で、優先するべきものは現実処理能力を持ち、磨くことだ。それをはずしている小学校が多くなっているように思えてしかたがない。

-------------
 
実は私自身は「夢」と聞くと嫌な気持ちになる、変な人間だ。
それは聖徳太子伝説に事を発する。

法隆寺に「夢殿」というへんてこりんな正八角の建物がある。ありがたいと思う人が多いそうだが、ひねくれ者の私には、「へんてこりん」にしか見えない。念のために、法隆寺内部案内の地図と画像を貼っておく。
 

yumedono_map



そもそもこの法隆寺というお寺が「変なお寺」だが、夢殿はもっと変だ。
 
見てわかるように、砂利の「池」の真ん中に、ポツンと夢殿が建っている。渡り廊下とかでつながっているのが普通だと思うが、そういうものはない。案内図でわかるように、まわりは囲まれている。夢殿に行くには砂利を敷き詰めた庭を、それこそジャリジャリと歩いて行かないといけない(石畳はある)。


yumedono01
 

夢殿には「救世観音像(くぜかんのんぞう)」が安置されていて、それは聖徳太子の等身大だと言われていた。

この観音像を外に出すと天変地異が起きるから、出すな、という言い伝えもあった。変な話だ。祟り神の扱いである。「ヒーロー」の聖徳太子の等身大なら、年に1回か2回は必ずお出しして、像も堂内もきれいにして、お祀りをして、お経をあげるべきだと思うが、それをするなという。

私の感覚が変なのだろうか?
 
明治になって、やっと外に仏像は出ることができた。その時ネズミや蛇の死体もいっぱいでた。その仏像のお顔は、正直言ってかなり変で、あまりありがたくない感じがする。というより不気味で怖い。しかも後ろに背負っている光陰(か炎か雲?)が、頭のところに「くぎ付け」にされていた。

信じられない。これで本当に大事にしているのか?
 
-------------------

どう見ても、お堂の形や位置関係からして「あなたは=聖徳太子は、その中にずっといてください。ずっと夢を見ていてください。出てこられては迷惑です」という、「術を持って封印している」「幽閉している」、そして「監視している」と取った方が自然だ。

聖徳太子は実在しなかったという説が最近、大きくなっている。
 
しかし国家を改革して、国力を回復する政策を取った偉大な「聖徳太子的存在の人物」は、実在した。その「証拠」が「救世観音像」だと私は思っている。しかし彼は(もしかしたら彼女かもしれないが)、後の政権にとっては邪魔な、存在してはいけない人物になったようだ。だから封印術を施されてしまった、と私は考えている。

---------------------

同じことを漫画家 岸本氏も考えたのかもしれない。
「ナルト」の中で、うちはイタチの瞳術で出現した「スサノオ」が振るう霊剣で、ヒョウタンの中にある夢の世界に大蛇丸を、サスケから引きはがし、封印した。ここは圧巻のシーンで、一番気に入っている。

naruto01_itachi


「ずっと夢を見ておけ」とは「呪い」でもある。
 
現代の子供たちはこういう漫画を読んでいるのだ。彼らの感性は「夢は危ない」と 実は見抜いているフシが感じられる。イタチはキャラ的には、ナルトやサスケを超えたヒーローになっている。

私も根が子供なのか、「夢」という言葉を乱発する人を、無意識に警戒してしまうし、良い意味であるはずの「夢」がどうも好きになれないのは困ったものだな、思っている。



では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m