精神的成長のもう一つが、ノートの取り方以前に、やはり「字体の改善」だろう。

数多い「字の汚い生徒」に対しては、どう説得すれば、多少はマシな字になってくれるのか。

小学校の間はまだいいが、中学も2年になると、例の連立方程式の計算だとか図形の証明だとかで、かなりの字数を書かなければならなくなる。その時に、字体がバラバラ、行がガタガタ、あるいは妙に字が大き過ぎたりすると、計算や証明を書くスペースに入りきらず、得点できないケースも出てくる。

その時になって「もっと字体を改善しなさい」と指導しても、かなり遅いだろう。
 
本来なら小学校4年ぐらいから、マス目 10mm四方~8mm四方ぐらいのノートに字を書くように訓練していかなければいけない。しかし指導力のない小学校教諭にばかり当たったり、前にも言ったが、本人に柔軟性のない頑固なタイプだったりすると、そう行かなくなる。

特に今の小学校は「新学力観」で「学童の自主性を重んじ」とあるので、悪い方向に行くと「放置主義」になる。

その場合は、残念なことだが、学校や教師をアテにしないことだ。

----------------------------------- 

私がまだ駆け出しの塾講師だったころ、保護者は当然私より年上で、昭和10年代から20年代の生まれの人が多かった。だからみじめな敗戦の事実と、当時の無責任な政策を身を持って知っている自分たちの親や、親せきから「国はアテにならない」と叩き込まれていたこともあって、
「先生(有難いことに、なんの資格もまだ特に目立った実績もない私をそう呼んでくれていた)、学校や学校の先生なんぞ、アテになりませんで」とよく言われたものだ。
 
だから当時の教育熱心な保護者は、汚い字を書く自分の子供には大変厳しかったことを覚えている。私自身、特に記憶の残る教師に出会ったことがなかったので、素直に同意できたし、字体に個性はあるものの「字体そのもの改善」を指導の中に入れた事実は記憶にないし、ある意味、問題解法の指導に徹することができた。

----------------
しかし最近は「個性的」を越えた「無軌道な字体」を見ることが多くなり、同時に立方体や直方体、円錐、角錐を「描く」のもできない学童が格段に増えている。また図形が描けなくても平気、それでいて、成績だけは上げたいらしい、オバカな人も増えた。というのも、字体に文句を言われたこともない、代表的な空間図形を描く指導を受けたことがない、と言うのだ。

以前に「中学校でついていけない生徒を創出しているのは小学校の責任が多い」と書いたが、もちろん保護者も「ものわかり」がいいのか面倒を避けているのかわからないが、改善の指導をしていないようだ。

タブレットを使ったりしたデジタル機器の授業はカッコイイかもしれないが、試験の時はどうするのかな、と疑問に思っている。紙に書くテストではなく、やはりデジタル機器を使うのだろうか?
授業だけデジタルで、テストは紙だったら、たぶんだめな人はだめだろう。 

-----------------
私はあまりにも「無軌道な字体」を書いている人が塾生になった時は、頃合いを見計らって、こう言うことにしていいる。もちろんそれまである程度の信頼関係を築いていることが前提だ。

「絵や音楽で他人と意思を表現できる人はいるが、それは少数だ。さらにその中で超天才と言える人、音楽家のモーツァルト、画家のダ・ビンチや尾形光琳、書家では良寛和尚のような人は死んでしまっても、人に自分の意思を伝えることができる別格だ」

「だが大部分の人は言葉で他人と意思をやり取りする。そしてそれを紙に書いた時、字と呼ばれるものになって、他人と意思をやり取りする道具になる」

「つまり書く場合は『字』があなたの意思を表している。でもそれが何を書いているのかわからない時は、極端な話、字の印象だけであなたの人格を判断してしまうかもしれない。薄過ぎたり、細過ぎる字を書く人は『影や意志の薄い細い人だ』と思われ、形が揃わない字を書く人は『心のコントロールのできない不安定な人で、もしかすると狂っているのかもしれない』と思われるだろう。書道展に行って、見事な書体を見て感動するのと逆の感情が生まれてしまうのだ」


「そして困ったことに、多くの他人は『利害関係者』ではないから、仮にあなたの字を見て、そう思っていても、あなたにわざわざ『私はこう思っていますよ』とは告げてくれない。学校の友達も先生も、残念ながらそんなに深い利害関係者』ではない」
 
「友達も一生付き合うこともまずないだろうし、学校の先生はほとんどが1年限りのお付き合いだ。あなたが『めんどうな奴』と思っていても、まず口には出さないだろう。あなただって『めんどうな奴』にわざわざ関わろうとはしないとの同じだ」

「つまり今まであなたは、そのような印象を、言いかえれば、私はこーいう者ですという『名刺』を相手に渡していたことになる。しかし私はあなたと『利害関係者』になってしまった(残念ながら、という言葉は避けたい)。あなたができるようになれば、私は得をするし、できないまま=点数の取れないままでは損をする。そして最大の利害関係者は、あなたの保護者です。あなたの行動は保護者に損害を与え、顔に泥を塗っているのと等しい。そこであえて言いますが、このままでいいのですか」
--------------- 

すこしきついが、こんな言い方をして、相手が納得してくれたら、「もちかた君」などの字体矯正器具などを購入して、なるべく半年ぐらいで改善に向かうようにしていくし、もちろん空間図形の描き方も指導している。

最近は問題解法の指導もだが、こんなことまでやることもある。
まるで生活指導の先生みたいだが、これも精神的成長の一つだろうな~と思っている。
学校の先生も、オバカな生徒が多いだろうが、頑張って欲しいものだ。 


では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m