熱心に勉強しているのにあまり成績が伸びない場合、色々な原因が考えられるが、その子が「常識的なことがわかっている、常識的な行動ができる人」か?というチェックもかなり大切だな~と思う場合もある。

普通は年を重ねるごとに、常識的発想を得ていくもので、そんなことは意図的にする必要はない、と思いがちだ。しかし、元々子供というのは「聖なる原始人」で、精神の幼い人の場合、「非常識」なまま、年齢だけ重ねることが多く、チェックを入れて、ひっかかるときは意識的な指導が必要になることを忘れてはならない。
 
「うちの子に限って」という有名なセリフは、大きな事件だけではなく、日常の小さな、どんなことにも当てはまる可能性がある。

-----------------
しかし問題なのは「個性的だ」と「常識がない=言動が変だ」は区別が難しいことだ。
 
特に「個性」を強く求める社会になっているので、その「個性」は大丈夫か?という観点や発言、判断を抑える傾向が強いから、判定そのものも実施されない。

例えば「本を○○する」の文に何を補充するのか?と尋ねた時に一番常識的には「本を読む」とする。
 
もちろん「本を書く」「本を出す、出版する」「本を買う」「本を忘れる」でも十分OKだ。
特に「書く」とか「出す」とか答えてくれるとなんだか嬉しいし、「忘れる」と答えられたらちょっとがっかりかもしれない。

ここで、もし「本を焼く」とか答えたら「おぬし、『史記』の焚書坑儒を知っているな」となり、10代にして「個性」を持ったズゴイ答えと言える。今までで、3人ほどいた。

-----------------
しかし「本を見る」「本をめくる」と「発想」することは大丈夫だろうか?
 
確かに「絵本は見る」かもしれないが「普通の本を見る」と考えるのは見極めが足りないのではないだろうか?また「めくる」のは「ページ」の方が正確で、本なら「開ける」ではないだろうか?

もちろん今の例は極端すぎることは承知の上だ。
 
しかしご子弟に「本はどうするものか」と質問してみて妙な答えをする場合で、その妙な答えは「個性的だ」と判定できるものなら、まあ良い。しかし「常識的なもの」を逸脱していると判断できる場合は、勉強する時に少し障害になるだろう。

--------------

どうしても勉強、学習というのは「常識の固まり」だし、細かいことを判定できるか、細かい作業を嫌がらずにできるか、と言うのも、得点の分かれ目になるからだ。試験やテストを作成するのは「大人」だから「こんなこと当たり前だろう~」という前提がある。
 
正方形の面積と聞いて「たて×横」が出てきたり、中学1年生後半になって円の面積を「半径×半径×3.14」などと言う人は全く大丈夫ではない。

細かいことだが、線を引くのでも、中学2年生ぐらいになって未だに定規を使わずに手でぐにぐにゃした線で済ませて平気な人も、全く大丈夫ではない。

さらに細かいことだが、数字を線で消すのに、3ケタの数字なら斜め線か横線、太い横線か二重横線で消すだろうが、縦に線を引いて消すような人は、全く大丈夫ではないだろう。

--------------------
何が個性的で、何が非常識なのか、と判定する基準も極めて曖昧で、あるのかないのか自体もわからないことは認める。

これが無関係な人なら「あの人変わっている」で済ませるだろう。
でもそれが自分の子弟なら、「変わっている」で済ませてはいけない。
「なんだかこの子、わが子ながら変だぞ」とアンテナに引っかかる時は、是正指導するべきだろう。

-----------------
 
ただしその際「あなたの発想は変だ」と決め付けては良くないだろう。
 
下手をすると口をきいてくれなくなるからだ。誰でも自分を完全否定されたら嫌に決まっている。
 
「それはそれでいいけど、口に出す時は、あるいは他人の前では○○という風に言うんだよ。普通も大切だよ。でないと非常識と個性を混同しています、と人に知られますよ」と使い分けをするように、日頃から指導・誘導して、非常識な発想を忘れさせるように仕向けなければいけない。

-------------------- 

精神的成長ということをずっとテーマにしているつもりなのだが、精神は1つではなく、複数あってもいいし、使い分けてもいい、と考えた方がいいだろう。

大人だって使い分けていないか?
子供がやっても構わないはずだ。
「本音と建て前」はよく聞くし、歴史的には「和魂洋才」という言葉がある。
もっとも「和魂洋才」は精神的には分裂している、という指摘もあるが。


----------------------

とにかく子供というのは中学生になっても眼が話せないものだ、と世の親御さんや保護者は覚悟しなければいけない。それらがすべて高校受験で問われるのだから。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m