この前少しだけ述べた「非認知能力」について、こじつけの自論を展開したいと思う。

2000年にノーベル経済学賞を受賞した、ジェームズ・ヘックマン教授の唱える「非認知力」だが、この言葉とその内容に最初に触れた時「私がずっと前から生徒に言っていることだな」と思い、学者に認められた感じがして嬉しかったのと、なんだこれならもっと研究して私が賞を取ればよかった、などとオバカな考えを持ってしまった。

彼は1970年代から、数十年にわたって追跡したというから執念深い話だ。

非認知力は数値で計ることができないものとされている。
つまり「何点だ」と判定できないものだ。この点で知能指数=IQとは一線を画している。

ひいてはその能力を高めると学歴や賃金、仕事の遂行に影響が出るとされている。非認知能力そのものを詳しく知りたい人は、ググレばいくらでもサイトが出てくるから、そこはお任せする。

-----------------

非認知力の要素は「ビッグ・ファイブ」に分けられるが、私流に適当に解説し、持論と組み合わせてみた。

もちろん私の勝手な解釈に基づいた、こじつけ部分が多いし、ただのたわごとと受け流してくれて結構だ。
しかし中学生や小学生などの学童の生きている世界は「勉強と友達との付き合い」ぐらいしかないので、勉強という小さな世界に限って『できるヤツ、稼げるヤツになる』ための「成長戦略」であり、「サバイバル・テクニック」でもあり「処世術」ひいては「出世術」だな、受け取ってくれて十分だ。

--------------

(1)勤勉、まじめ、強い責任感を持つこと
 
なんだか校長室にかかっている掛け軸の文句みたいだが、本当にこれが「1番」に上げられている。つまり「やりとげようとする気持ちと実行」と同じだ。
男だろうが女だろうが、やると決めたら、やりとげるまで、我慢してやるしかないのである。
上杉鷹山作とされる「為せば成る なさねばならぬ何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」であり、あるいは作詞 佐藤惣之助 作曲 古賀政男の歌「人生劇場~やると思えばどこまでやるさ~」の世界だ。「人生劇場」は男尊女卑の思想とアウトローの心境が多少うかがえるが、それを差し引いても、江戸時代や、昭和13年 1938年リリースの「人生劇場」で、日本人は2000年のノーベル賞に先駆け、真理に到達していたのである。スバラシイ。
諸般の事情で止むを得ず、一旦中断することになっても、必ず再開する「執念深さ」も必要だ。

-----------------

(2)開放的で強い好奇心を持ち、想像力、新しいものに親しむ気持ちを持つこと
 
何しろ子供の生活は「ルティーン」で、昨日と違うことは、朝会ったのが猫でなく犬だったぐらいで自然に閉鎖的だ。でも「このままでいいや」と思うような学童は、勉強に伸びを期待できない。付箋やノートなどの新しい「アイテム」を購入することに関心がないとか、古い紙ファイルで平気な人は改めるべきで、つまり「柔軟な心」を持つことだ。その点大人の方が生きていくのに切実だから柔軟なのかもしれない。



また学校教科書準拠の問題集だけでなく、難問題を集めた定評ある市販の問題集に、自分から積極的に当たっていくのも「好奇心を持つ」「新しいものに親しむ」ことに他ならない。

-------------------

(3)外向的で、社交を好み、他者と積極的に交わることができるコミュニケーション能力を持つこと
 
これは自分を表現できる能力を持っていないと実現できない。ある程度の正しい言語能力と、自分が何者であるかを把握していないと、相手には不正確な情報を教えるし、時間の無駄になってしまう。勉強だと「自分が何がわかっていないか」がわかっていて、しかもそれを相手に=教師に正確に報告できる人に成長していくことを意味するだろう。つまり国語力を高めよ、早期英語教育などは算数や国語がちゃんとできている、余裕のある学童だけで良く、全体で実行するは無理、を意味する。

---------------------

(4)協調して、仲間と協力すること
 
協調とは広い意味を持つが、例えば問題を解くにあたって、指導者は生徒と「運命共同体=利害関係者」で、大切な仲間、「案内人」あるいは「ムラの古老」みたいなものであると認識せざるを得ず、指導者の指導に協力=従うのは当然になる。指示された物を忘れてくることは「協調的」でなく、ザイルを忘れて登山に出かけたり、鍬を忘れて畑に行ったり、網や釣り道具を忘れて海に行くのと変わりはなく、「お前何したいの?」と言われても仕方がないだろう。あるいは約束した時間をちゃんと守ることも「協調」することになる。変更された授業時間を忘れるようでは勉強ができない人になってしまうだろう。

--------------

(5)精神的に安定していて、不安や緊張に強くなること
 
情緒不安定には外部的原因でなることの方が多い。つまり友人関係や家庭内環境の乱れが、勉強に大いに影響する。「人の和」を乱す行動は厳禁だし、乱してくる「テロリスト」は排除しなければならない。またテストという「ストレス」に耐えるためには、耐久訓練も当然必要になる。小テストをめんどうくさいと思ったり、嫌がるようでは望み薄だ。

 特に高校生は学校で行われる小テストに、積極的に参加する姿勢が一番重要だ。塾や予備校に行く前にまず「目の前のこと」を片づけないと、不安や緊張に襲われるのは必至だ。不安や緊張からフリーな人などいない。小まめに参考書を調べることだけが「不安や緊張」を緩和できる。


コンパクトなものを必携し、再読・熟読しなければならない。巷の「たったこれだけで点が取れる」風なものでも何かの役に立つかもしれないし、1行ぐらいは良いことが書いてあるかもしれない。アマゾンで古本を購入するのも「あり」だ。


----------------

具体的にどう開発するか、が、一番肝心で、これらすべてやはり精神的な成長だろう。
なにしろノーベル賞受賞者に認められたわけで、私は間違っていなかったし、それらをあくまで「点数を取るため」に具体的に絞り、実践してきたことになる。エライ。

で、今なぜ「非認知能力」なのか、少し考えてみたい。

1970年代はベトナム戦争敗北もあってアメリカ自体が「シュンタロウ君」になっていた。1960年代からベトナム戦争反対を掲げ、大学紛争などが頻繁に起きていた。1980年代はバブル最盛期と崩壊がいっしょにやってきて、1990年代の日本は校内暴力で中学校が特に荒れていた。例の「黒磯女性教師刺殺事件」が起きたのは1998年1月で「新しい荒れ」「キレる子供」の出現とその対処方法を求めていた。

それまでの学生は石原慎太郎の「太陽の季節」に代表されるように、「礼儀を知らないこと」「乱暴であること」がカッコイイとされていたのも事実で、その風潮は止まらなかった。

そこに「詰め込み」をやめて「新学力観」で自主性を重要視する方針が打ち出されたのが、1989年。
これについては拙論「『学力観』の歴史的背景を考えてみる」をどうぞ。 
しかしそんな簡単に抽象的な「自主性」など根付くはずもない。そんな時にこの「非認知力」の公認が重なるのが興味深い。

---------------

個人的な経験では1990年代から「基礎的な計算力」「基礎的な暗記」をしない中学生や学童が増えた記憶がある。そして10年ほど、新学力観もあって、「真の学力」議論が、「議論倒れ」していた観がある。

1990年代は、アメリカはクリントン政権による教育立て直しが図られ、スペースシャトルの発着や、宇宙ステーション建設が普通になり、スパコンが構築され、新しい知の時代が幕あけたが、日本はその逆だった。

スパコンと言うと現在、アメリカが約200台近く、日本は40台近くを持っているが、なんと中国は100台以上持っている。今後、科学技術の進展はスパコン保有数で決まると言っても良い。この事実一つ取っても、前にも言ったが、あの国とは「ケンカしつつ、言うべきことは言い、辛抱強く付き合っていく」ことを目指すのが、一番賢い外交方針であることは、この事実からも明らかだ。確かにあの国は文化度が低いが、昔の日本だって似たようなものだった。たまたま著作権意識の低い時代だったから、あまり問題視されることなく、欧米の製品をコピーして自国のものを開発して、強引な売り込みで「エコノミック・アニマル」と呼ばれていた時代もあった。中国とは、いたずらに緊張を煽ったり、嫌中観を広めることは意味がないし、すでに日本は「遅れて」いることを、しっかり認識しないといけない。

------------------------ 

学力低下を、見たり聞いたり感じていたのは、私だけではなかったようで、ようやっと頼れる「権威」を見つけて、「非認知能力」を喧伝したが、2000年から15年過ぎて、ここ最近やっと多くの人が知るようになったのは嬉しいことだ。

でもまだ多くの親や保護者が知らない状態のようだから、ぜひご家庭でも「非認知力」の向上に努めてもらいたい。それが塾としては頼りになる「援軍」である。

もっとも「ウチの子だけできるようになればいい」という鬼子母神的愛情に溢れた方も私は大好きだ。
周りが学力低下で苦しんでいるなら、ちょっと努力するだけで、上に上がれるから楽だし、狙い目でもある。

合わせてこちらもお読みください。


 
では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m