細かい注意だが、ご子弟に英単語テストをさせてみて、interesting と書くところを、intersting としていたり、example を exanpru としていることがあったとする。
 
これは初心者がよくやるミスだから、初歩段階ではあまり目くじらを立てる必要はないし、むしろ有害だ。
ある程度は書けたなぁ、惜しいぞ、次は合えよ、と褒めて、励ましても良い。

しかし1年の終わりか2年の最初に、まだやっているようでは先行きが暗い。
そのような時は「そろそろ正確さを追求するころだ」と、厳しく指導しなければならない。

間違った単語を書いていたり、計算を同じような部分で間違っている、というのは、変な癖が定着していて、それが改善されない見込みが強く、いや、増々ひどくなることの危険性を明示している。
 
間違いを繰り返すぐらいなら、何もやらない方がましだ、というのが私の極論でもある。
 
同じアホなら、踊りとは違って勉強に関しては、やらぬアホの方がまだ良いのである。
ゲーテの言うように、迷惑なアホは、元気で活発なアホなのだ。悪い癖がさらに強化されるだけだからだ。

この部分は筒井康隆の「アホの壁」を読むと、大変よくわかる。
この本の中にいるようなアホな人物が、もし身近にいたら大災害、大災厄だ。
相変わらず筒井氏の作品は破壊力満点だ。

ahonokabe01

 --------------

本人にしたら「ちょっとした間違いでないか」とか「全然書けないよりましだろう」とか思っているかもしれない。
 
そこで、「英単語や数学の計算は、合うか合わないか、 all or nothing の2択でしかない」、合わなかったら、いくら100回練習していても、それは練習していないのと同じだ、それくらい厳しいものなんだ、と悟らせ、徹底しなければならない。全部がパーだと。

新学力観の弱点、欠点がここだ。
結果を出させることは、子供には可哀そうだ、とでも思っただろうか。

こういうミもフタもない、冷たい言い方をされることに、最近の子供たち、特に小学校高学年から中学2年中半までの人は「まあ、なんとかなるさ」の姿勢で生活しているから、全然慣れていない。
 
しかし冷や水をかけて夢や幻術から醒めてもらわないと、中学2年夏休みが過ぎると、危ない時期に来ている。
本当は夏休み前でも十分危ない。

----------------
そうならないために春と冬がある。

学生に休暇は休みではない、と言い聞かせなければならない。
 
もちろんそれは大学生にも言えることだ。アルバイトを集中的にやって資金を稼いだのなら、それを自分に投資することを計画するべきで、季節に無関係に、四六時中だらだらと遊んでいてはいけない。そんなことをしていたら、定収入が得られる社会人になると、遊びやギャンブルばかりする癖がついてしまうだろう。

------------------

話は戻って、50点~60点ぐらいから脱出できない、という人は以前にも申し上げたが、少し難しい目の問題集を購入し、その中に良く出てくる英単語を取り上げ、それらをすべて正しく覚える。
方程式や文字式の計算練習も全部やり直す。
1年の冬と1年と2年の間の春、2年の冬と2年と3年の間の春にこれを必ず実行する。

ただし何でもそうだが、欲張ってはいけない。
戦いには無理は禁物で、徐々に勢威を上げて、戦わずに相手を圧倒するのが理想だが、それが無理なら「機」を見て、兵力を集中して相手を打ち破る。
 
「徐々に」がポイントで、日頃はセコク、チミチミと稼いでいき、ここと言うところで一大攻勢をかけてかっさらっていくのだ。

つまり10やりたいところを5に絞り、その5が最初から最後まで全部合うまで何回も挑戦し、達成するまでやる。これしかない。

では具体的にどうやるか?

それは次回に回します。

------------------
昨日は阪神淡路大震災の日だった。
 
ニュースによると21年目の1月17日は去年より各地の民間式典への参加者がかなり減ったという。
 
鬼籍に入られた関係者も多くなったこともある。また時間の流れという抗えないものと、忘れてしまいたい、あるいは前を向いていきたい、という人間の考えや感じ方を尊重するのなら、ある意味、それで良いと思う。もちろん忘れないぞという個人も尊重したい。
 
しかし政治や行政に携わる人は、絶対に忘れてはいけないし、もっと防災や減災を進化させなければならない。

その同じ日に、長野県でバス事故があって、若い人が10人以上も亡くなってしまった。たぶん運転手の人が居眠り運転をしていたか、技量が足りなかったのだ、と勝手に考えている。
 
その人は運転歴は長かったが、大型バスにでしかも夜間運行に関しては素人だったようだ。
少しの研修の後で、夜間バスを運転することになってしまいこのような事故を引き起こしたのでないか?
65まで地道に生きてきて、最後がこれでは、この人の人生はなんだったのだろうか?

現在の若者がすごく貧乏なのは、ブログ「ハッピーエンドを前提として」の中にある
企業の代表として接した ui氏によって、詳細に報告されている。
 
私も学生の時、経費節約で、東京から岐阜の大垣まで夜行列車に乗り、お尻が痛い思いをしたことがある。

現在の若者の代表である学生が、親・保護者に迷惑をかけないようにして、少しでもお金を浮かそうと、格安ツアーを選んだのを責めるわけにはいかない。中にはお金持ちの家の学生もいたようだが、あくまで例外だと思う。

ウチの塾生も2人ほど巻き込まれたが、軽傷で済んだ2005年のJRの脱線事故は、第1の原因が運転手の技量不足だったのは間違いない。そんな人を雇って使わないといけない組織に問題があった。あれ以来、運転手の技量不足で、大事故は特にJRでは起きていないから、多少は改善したのだろう。

だが夜間運行バスツアー事故や、老朽化と整備不良による発火事故は、いくらでも起きているし、国交省の監督が行き届いているようには全然見えない。すべて後手後手だ。まだこれからもいくらでも起きるだろう。

どう見ても、小泉政権以来(もしかすると1993年8月の細川政権発足以来かもしれない。彼の内閣の時に「規制緩和」が主張され出したから)、規制緩和が大きくなって、バス旅行経営の門戸が広がった弊害に違いない。

未来ある若者、善良な国民がそんなことが原因で死ぬのは、自分で自分の脚を食べる蛸みたいで、恐ろしいことだ。責めるべきは、命の次に大事なお金をせしめておいて、自分の命より大切な我が子をあの世に強制連行するバスを運行させたバス会社と、低報酬を強要したツアー会社と、とんちんかんな答弁をしている世間知らずの首相と、彼を支えるその周辺であろう。

最近冥福を祈ってばかりで困っているのだが、若い人が死ぬと痛いな~。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m