次にやっておきたいのが、小学校の教科書を「読む」ことだ。
すべての学校の授業を見たわけではないから、なんとも言えないのだが、「教科書をキチンと読む」「教科書に書いてあることを覚えている」人が最近少ない。
 
まあ以前は多かったのか、というとそこはそれ、子供だから教科書の内容を覚えている人は少なかった。でも家で読ませたり、学校で音読させたりは、よくやっていた。

いわゆる「ゆとり教育」は批判が多い。
 
「ゆとり教育」は1970年代から続く「学習指導要綱」の削減に合わせたものでしかないし、2000年ぐらいから始まった学校5日制に合わせたものでしかない。批判するのは的外れだ。

子供の学力が低下したのは、曲りなりにも経済成長を成し遂げた社会の成熟化と目標を見失った大人の態度の変化が影響してできたものだ、と私は思っている。

このブログでも何度も主張しているのは、親・保護者の指導の下に子供がいるということだ。もちろん押し付けた指導や、暴力によるものはだめで、適切と思われる指導を発揮することだが。

------------
その「ゆとり教育」によるものかどうかは定かではないが、教科書は本当に良くなった。
 
説明文も丁寧になったし、イラストや図も豊富になった。特に理科は実験のレポートもキチンと教科書内部に格納するようになったので、いい勉強になる。
 
中学3年生が入試問題を解き始めて、行き詰まったら「教科書のここに書いてあるから、とりあえず読めば」というアドバイスが、私の定番になっている。

つまり中学生であまり覚えていない人は、教科書を読んでいないのである。
 
それは現小学6年生の中にもいる。

----------------------
 
中1ギャップに陥る人に共通している行動は、意欲を表面だけ出しておけば、それで評価されるから、本当の姿勢は「教えてもらおう」で、自分から教科書や資料集などは読まない、自分からはしない・始めないことだ。つまるところ、完全に「新学力観」からこぼれてしまった人たちである。

「新学力観」は間違ったことを志向しているわけではない。
むしろ完全に正しい。
 
正しいからこそ、実行できる人は少ない。私も含めて世の一般人は、強いられなければ何もしないだろう。それと同じだ。

-----------
 
不勉強な人は、社会の地理・歴史の教科書を見ただけで「こんなにたくさん字ばっかりで…」という。そしてラクに点数を上げる方法はないか、探す。
 
そんなものあるわけがない。
 「ラクして~で稼ごう」という謳い文句を掲げた詐欺商法にひっかかるタイプだ。
 
小学校でそういう訓練を受けていない人が、中学校で急に教科書や資料集を熟読したりできるわけがない。やはり小学校中~高学年、できれば低学年から、キチンと教科書を読む、覚える、という癖を付けるように親・保護者が指導しなければならない。

もし何もやっていない、中学生になったら自分でやるようになるだろう、と根拠のない期待を持っている親・保護者の方に忠告する。
 
それは幻想です。
 
中学校に入っていきなりご子弟に失敗させたくないのなら、小学校卒業が近い今からでも良いから、教科書をよく読む≒内容を覚える、覚えるまで何度もやる、ということを実行・体験・体得させなければならない。

中1ギャップに陥らない方法は、これしかない。力なき者は滅びるだけだ。


-------------------
異世界に何かのきっかけで放り込まれ、そこで危機を回避しながら、多くの異世界住民と出会い、なんとか生き抜いているうちに、自分の能力に目覚める、というパターンが漫画にある定番で、大受けするとメジャーになる。

こういう話を見たり聞いたりするたびに「小学校から中学校に、何も考えずにあがった人と同じだなぁ~」と思う。適応できなかった人は異世界でも苦労するか、異世界でアウトローになったり、果ては死んだりする。適応するためには「準備」が必要だ。
 
漫画の場合は主人公の持つ、こっちの世界では何の変哲ない特徴が、異世界では大きな力になったりすることがあるが、共通して言えるのは「慎重に物事に対応する」姿勢が、異世界でも生きたりする。

そういう力を親・保護者はご子弟に授けなければいけない。

小学校に6年間も通っているのだから、時間は十分あるはずだ。普通は小学校を修了したら、次は中学校に進学する人が99%だろう。行くのがわかっていて、準備をせずに、入ってから「中1ギャップだ!」と騒ぐのは少しおかしいのではないだろうか?

------------------------
さらにミもフタもない話をする。学校の先生は、仮に生徒の成績が上がっても、下がっても、別に自分のお給料が上がったり、下がったりする環境にない。そんな地位にある人に「ウチの子の成績を上げてください」と期待するのはすこし筋違い、あるいは期待過剰だ。

学校に通う子供の環境は千差万別で、裕福で余裕のある家庭もあれば、団結はしているが貧困ぎりぎりとか、家族が壊れかかっていて虐待ぎりぎり、という場合もある。学校の先生はどのような生徒・子供にも平等に接し、福祉的な危機が訪れるのを、防がなければならない役目も、昨今大きくなっている。

そういう忙しい人をアテにしても、あまり効果はないだろう。完全に、無視というのもいただけないが、どちらにしても過剰期待は禁物だ。税金を納めている人は他にも大勢いるのだから。

以上のよう理由から、中1ギャップを生んでいるのは、他でもない親・保護者であることに気が付いて欲しい。
以前にはこういう拙稿を上げてあった。参考にしてください。

勉強ができない人の特徴その2
勉強ができない人の特徴その1


--------------

SMAP騒動は私には無関係のものだ、と思っていました。
もちろん今でも関係はないです。

しかし夜回り先生こと水谷修氏が自身のブログで
 

「ジャニーズの幹部の人たちのこころがわかりません。自分たちが育てた子どもたちが、立派に自分の生き方を見つけ自立する。これは、嬉しいことであるはずなのに・・」

不明ながら、私はこの観点には全く気が付かなかった。

ある意味「異常」な芸能界という世界での取り決めに反したから「制裁」を受けただけだ、としか受け取っていなかった自分を振り返り、こう考えること、こう感じることが教育者なのだな、私は常に受験の成功=合格しか考えていないただの学習指導者なのだ、と。

でも特に反省はしていない。刀は切れてこそのもの、と心得ているから。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m