小学生だった人が、中身も中学生になる、ということは、丁寧な学習態度が自分のスタイルとして定着する、定着させることにある。
 
例えば、ご子弟は答合わせをする時に、単純に「合った、合わなかった」だけで、○や×をつけているとする。小学校低学年ぐらいならそれでいいが、中~高学年ぐらいまで放置しておくと、大変なことになる。

中学生になると、学校へ提出する問題集を期間内に仕上げなければならない。
 
これを「やっつけ仕事」で問題を解くだけでも十分まずいのだが、仮に一生懸命解いたとしても、解答の確かめ方がいい加減だと、時間を無駄に使ったことになる。

-------------------------
 
多いのが小学校的に、中学生になっても、とにかく○×だけ付けて、はい終わり、の人。
このままでは、向上はまず望めない。
 
3年ぐらいになって、今のままではどこも通らないよ or 希望の高校には無理だよ、と学校の先生に言われて、塾に来る人はたいていこれだ。
 
ウチの塾にも時々来る。
 
さらに時々は他塾の入塾テストで落ちた、という人もいる。塾なんてどこでも、いつでも行ける、と思っていたのだが、現実は甘くない、と知らされる。

こちらは「どんな人でも、何かの縁だろう」で、時間が空いていれば見る。で、学校の問題集を見せてもらうと、ひどいことになっている。実はこれは確認作業だ。提出しないと担任に叱られるから、一応はやってあるだけ、とか見るからに写したな、というのが多い。その写し方もめちゃくちゃな場合もある。

特に男子に多い。女子にも時々いる。まるでその人の部屋や机の引き出しの中が見えそうだ。

-------------------------- 

これは3年生のひどい例だが、もし1年生で、ご子弟がこういう風にやっていたのなら、親・保護者は厳しく注意しなければならない。放っておいても改善されることがないのは、自然治癒のない虫歯と同じだ。
 
我が子に「それなりの名の通っていて良い高校」に行ってもらいたいと思っているなら、なおさらである。
 
高校3年間という環境選択は非常に大きい。出る時は18才、未熟ながら選挙権もある。法律的には結婚はできる。ただし商取引はできない。とにかく大人一歩手前だ。

良く言っているが「30才の男が33才になっても、普通はあまり変化がない。でも12才が15才になるのと、15才が18才になる、この3年間はものすごく大きい」と。

-------------------------
それなりに名の通った高校、お住まいの地区で良い評判のある公立高校には、すでに選別された人たちが集まる。中学でいい加減にやっていた人など、たまにいるだけで、ほとんどいないだろう。

お隣の大阪府は「誰でも安い学費で高校に行けるように」と言う「税金の公平性」理念で、成績のあまり良くない人たちでも公立=府立高校に受け入れてきた。一つの方法ではあったと思う。

ここ兵庫や、たぶん他の県では「税金には限りがある。その恩恵を受けるのであれば、努力した人を受け入れる=ある程度の成績を持っていないと公立高校には入れない」という姿勢だ。

そして恐らく「税金を使うのだから、その高校は潰れることはない。1年また1年と経つうちに伝統ができる。だからできるだけ良い伝統を築き、良い人材を育成してもらいたい」という考えもあったと思われる。

良い記憶のある地域なら、どこかに移住しても悪口は言わないだろう。それを聞いてやってくる人がいて、定着してくれるかもしれない。転勤していった人も帰郷してくれることもあるかもしれない。その時子供を連れてきてくれるかもしれない。地方自治の基本は「人」だからだ。

長い目で見れば、大阪にはもちろん北野高校や、三国ヶ丘高校など、良い公立高校も多いが、底辺校の方が多い。結局再編作業が大変だから、この方法は部分的には失敗したことになる。

----------------

さて、その高校が国立大学に2ケタ以上、上位40%は有名私大に合格者を出しているならなおさらだ。
 
そんな人たちでも高校生活、部活や色々な活動と、学校の勉強を両立させるのには苦労している現状を、私は知っている。中学の時に、結構工夫をして勉強してきた人たちでもだ。

そのような集団に入って、なおかつ、良い成績を取りたい、と思うのなら、中学生で丁寧な学習スタイルを自分なりに編み出し、定着していないと、どーしようもない。つまり自分の頭で考える人になっていなければならない。

高校で急に能力が開花するなんて、漫画の世界ぐらいで、現実ではかなり稀だ。特に最近では、理科分野・社会分野でも高校学習との連携がかなり取れているので、英語や数学だけが良くても、苦戦は必至である。

-------------------
話は元に戻る。
 
問題集の解答だが、全部合っていた!という人は稀で、たいていは何かしらどこか変なはずだ。
 
そこで第1段階として、解答の仕方をよく見て、どこが間違っているか、を探す。最近の問題集は解答集も詳しくできているから、読まない手はないだろう。

で、読んで「そーかー、ここで間違ったのか~」で終わっているのはもったいない。自分の書いた答案に「ここは間違ったところだ」と書き込みを入れなければならない。あるいは、解答集の中で解説文や図説があるなら、ぜひ書き入れる。

そしてここで「あ~終わった」という人は軽率で勘違いをしている。
終わったのではない。今始まったのである。

もし大問1なり2なりで小問が5つあったとしよう。
合計10問だが、それが2つずつしか、1回目の解答段階で4つしか正解できなかったのなら、「テスト」の点は100点満点で40点ということになる。

-----------------
ただ単に問題集の空白を埋めて提出しよう~という人は、そういう厳しい視点で自分の解答を見ていない。
ご子弟がそう見ていないのなら、やはり厳しく注意しないといけない。つまり「自分を甘やかす姿勢を取らせない=実戦を想定する」ように仕向けて行くことが大切だ。

まずはその場で解き直さないといけない。その時、見つけた注意点をきちんとクリアできるか、が評価基準になる。2回目で、さっき見たばかりの問題をまた間違えたら「2連敗」と意識できるか?
 
次の段階は、次の日にもう一度同じ問題を解いてみて、ちゃんと解けるかどうかをチェックしなければいけない。ここでできていなければ、その問題はわかっていない、ということになる。

------------------- 
  教科書や授業ノートなどを調べ直して、解答の仕方を研究し直す段階に入ったとする。ここが一番肝心なのだが、授業中に、似た問題に関して、先生が何を言ったのか、よ~く思い出さないといけない。テストを作るのは機械ではない。先生と言う「人」である。発言の端々に何かヒントがあったはずだ。

こればっかりは「目撃者」である、本人でないとわからない。 その本人を問い詰めて、記憶があるかどうかを確かめなければいけない。

この時に何も覚えていないようなら、我が子でも「アホな奴だ」となる。

----------------------

戦国末期 関東の覇者と言われた北条氏の棟梁 北条氏康は、有名な武田信玄と同時代の人だ。
氏康の能力は、あの信玄との度重なる戦いで、ひけをとらなかった、ということでも相当高いことがわかる。結局武田氏は北条氏と婚姻政策で同盟を組むことで、戦いを収めざるをえなかった。武田勝頼の正妻が北条氏の娘だった。

その彼が、息子 氏政の食事の仕方を見て、「北条もわしの代で終わりだ」と、はらはらと涙を流し、嘆いた、という。

側近が驚いて理由を訊くと
「今、氏政は、飯に汁をかけて喰うのに、1回では足りず、2回かけて喰った。人間が鍛錬すれば、1回の飯にどれだけ汁をかければよいか、すぐに判断できるはずだ。自分の飯の喰う量もつかめない者が、国を維持できるわけがない」
と言った。

現代のまさに、私がいつも話題にあげている「非認知能力を自己流に解釈すると」のテーマでもあり、時々、できるビジネスマンをあげて説明しているのと同じだ。戦国時代の北条氏康が、非認知能力という言葉を知る由もないはずだが、すごい人は時空間を越えて、すごいことがわかる。

もっともこのエピソードは、氏康の非凡さと、氏政の凡庸さを強調するための後世の創作だ、という意見が多い。私もそう思うが、氏康が氏政に失望するようなことはよくあったのだろう。火のないところに煙は立たない、というから。

氏康は、信玄の上洛作戦の少し前に死んだが、その時にも信玄の体調を気遣う発言を残している。つまり情報収集は死ぬまでやめなかったという証拠だ。現に武田信玄は織田信長と対決する前に、病死した。

また歴史的な事実は残酷で、北条氏政の時代は、なんとか北条氏は保ったが、その息子の代で、有名な「小田原評定」で方針が決まらないまま、豊臣秀吉に滅ぼされ、領地は徳川家康のものになった。

-----------------------

我が子が、授業のことを全然覚えていないのなら、自分のやってきた子育ては、勉強に関しては失敗だった、と認める必要があるだろう。そして対策を練らないといけない。

私は別に馬鹿にしていたり、軽蔑しているわけではない。
多くの立派な親・保護者に、なぜかアホな子が育っているのを、たくさん目撃してきた。まるで北条氏康と氏政のように。そういう家庭でも、別に親子の仲が悪くはないのも見てきた。いつの世でも、思うがままにならないのが子育てで、常に冷静な現状認識把握から始まり、根拠のない期待は無意味で害悪、と申し上げているだけだ。

-------------------------
こういう作業をすっ飛ばして、成績を上げようなんて考えているのが大半の中学1年生だ、と考えた方が良い。面倒だし、細かいし、なにしろ自分が「できない奴」であることを思い知ることになるから、この作業を嫌がる。もし小学校で雑なやり方で勉強していた癖がついている人は、もっと苦労するだろう。

親・保護者はご自分の子弟の問題集の解答の結果だけでなく、答え合わせの仕方、その後のフォローまで気を付ける必要が出てくるのが中学時代である。小学校の高学年で、できれば姿勢を転換しておいた方が、後々ラクだ。でないと中学2年半ばで行き詰まり、結局損をするのは、ご子弟であり、親・保護者である。
 
とにかく、中学1年でやることはとても多い。

---------------

節分には「節分寒波」になるかもしれないそうで。
寒波は大体3回~4回ぐらい来るから、あと2回~3回ですね。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m