小学生3年の終わりぐらいから、文章問題で、足し算をしてから掛け算をしたり、引き算をしてから割り算をしたり、というように、複数の計算方法を混ぜた問題が多くなってくる。

中々複雑なモノもあって、どう説明したらいいのか、お父さんやお母さんでも困る問題レベルも出てくる。

そしてその時に「ひとつの式でまとめて書く」という分野も導入されるので解く方、つまり児童にとっては要求されることが増える。

もしその子が算数があまり得意でないとか、もう不得意になっていて見るのも嫌だ、となっている場合、一度ここで「崩壊現象」を起こすだろう。

算数が不得意≒数学が苦手の人は、必ず出会う現象だ。

------------------
これを乗り越えるのに、妙手はない。
 
むしろ神からの警告と素直に受け取り、打開策を打ち出さねばならない。ここで放っておくと、いつかはわかるようになるだろうとか、自分から勉強するようになるだろう、と根拠のない期待をする親・保護者はその子が中学生になった時に、手痛いしっぺ返しを喰らう。
 
私はそういう例をたくさん見てきた。
極端な話、6年生になっても割り算の適用ができない、とか、分数の計算ができない中学1年生だとかだ。
 
こういう場合は「自ら学び、自ら問題解決の道を考える」新学力観に影響された、小学校担任教師の力量不足も加担していることがある。

---------------------

何度も言う。
勉強しない子供は首根っこをつかまえて、ワイワイけし掛けて、無理やりでも小さいころから一定時間勉強させなければ、自分を甘やかしたまま大きくなる。そして、中学生になった時に、行き詰まり、それの尻拭いをするのは結局は親・保護者である。その覚悟があるなら、いくらでも甘やかしてよい。


上の記事の中で、あきらめた時期の堂々2位に「中学1年」が入っていることに注目してもらいたい。まあ360人に訊いただけだから、信憑性は薄いかもしれない。だが興味深いことに変わりはない。

お金があるのなら、その時が来るまでじっと貯めておいて、来たら資本投下をする 
もしお金が少ないのなら、日頃から手間をかけるしかない。

私の祖父は

「貧乏を質に入れても教育の機会を逃すな」

と言ったと、よく母が言うが、最近ホントにそうだな、と悟るようになった。 

祖父は病弱で、55才で亡くなったというが、アホな私はそれを少し超えて、やっとわかってきたからかもしれない。 子供にかかわる合計時間は、どの親・保護者でも同じだと、思えてならないからだ。小さい時に手間をかけておくか、大きくなってから手間がかかるか、の差でしかない。子供の時に放置しておいて、不良少年・少女になって事件を起こした子供のために、警察や裁判所に行かねばならない、親・保護者を例にあげれば、極端ではあるが、わかりやすいはずだ。
 
大切な仕事ができないのは明らかだし、家庭という一番管理しなければならない領域で「はずして」いる人を誰が信用するだろうか。また交通費も裁判費用も負担しなければならない。なんと言っても世間体が悪いし、恥ずかしい事この上ない。
 
完全な大損だ。

------------------------
さて今一度、足し算・引き算・掛け算の適用場面を復習、おそらくは小学校2年ぐらいまで戻ってやり直すしかない。

もしこの「地道な作業」を怠った児童の身に何が起きるか。問題はここからだ。さっきの不良少年・少女の例は極端すぎて現実味がない。普通はどうなるだろうか。 

当たり前だが、算数は完全に不得意科目になっている。でも学校で算数の授業がなくなることはないし、定期的に小テストはある。時には授業中に当てられることもある。

そんなときにアッケラカンと「分かりませ~ん」と言える能天気な児童なら、「馬鹿者、もう一度勉強し直せ!」と叱ることもできるだろうし、案外その時から「参りました!」となって、やり直し勉強を始めるかもしれない。

しかし子供の世界は残酷で、「分かりません」と答えた時、それがものすごく簡単な問題であるなら、クラス全体が笑いの渦に巻き込まれることも十分にある。あるいは級友同士の教え合いの時に「お前、こんなこともわからないのか、アホだな~」とキツク指摘されることもあるだろう。

こういう時、私はこの歌を必ず思い出す。

-------------
題名   僕は唱歌が下手でした  

1番  
僕は唱歌が下手でした
通信簿の乙一つ
いまいましさに人知れず
お稽古すると母さんが
やさしく教えてくれました

2番
兄弟みんな下手でした
僕も弟も妹も
唱歌の時間は泣きながら
歌えばみんな先生も
笑って「やめ」といひました

昭和23年に、 陸軍憲兵曹長 佐藤源治という人がジャワ島で作った歌だ。今はこの人の人生を探るのはやめにする。あまりにも不運で、悲しいからだ。グーグルなどで調べればすぐにわかるだろう。

いわゆる音痴は、基本的に、本人には責任のない特性であるから、もしその下手さ具合に、仮にクラス全員や先生までもが笑ったとしても、その後で、先生も「いや、すまん、すまん」とか、生徒たちの方も「笑ってゴメン」で、済む。次からはその子の番になった時に、口を押えて必死で笑わない努力をするだろう。
自分だってそんなに上手というわけではないだろうから。

-----------------
しかし普通の能力を持っている普通の児童が、自分の努力不足で解ける問題が基本からわかっていないし、やり直すのはめんどうだと思い、同時に友達には自分の努力不足を知られたくない、と言う時、どうするだろう。

今までの経験から言うと、恐らくこのような人は、解答や「私はこう思う」という発言を自分からはしなくなる。そしてクラスの中で「信用できる」誰かの発言や解答を確認してから解答を書いたり、意見を言うようになる。間違ったら恥ずかしいのと、実績のない自分に自信が持てないからだ。

これが続いて習慣になってしまったとする。
本当にわからない時は仕方がないが、「合っていそうだけど自信がない」時などに「合っているかどうかわからない時は、教えてもらってから始める」になる。

そして日頃は「他人の解答を確かめてから自分は解こう」になって、ある意味狡くなり、自分を成長させる機会を逸す。

悪化すると「わかっていてもテストで書かない」になり、テスト後になって「わかっていたけど、自信がなかったので書かなかった」という「言い訳」をするようになる。

これは完全な悪循環だ。

----------------------
アメリカの伝説的経営者であるジャック・ウェルチは
“Control your own destiny or someone else will.”、
「自分の人生は自分でコントロールしなさい。さもなければ他の誰かにコントロールされるだろう」
と言ったが、この生徒はまさにその状態だ。
もしその「頼りになる誰か」が間違うと、わけもわからず自分も間違うことになる。

jack01


このウェルチ氏と経営方針でぶつかり、「馬鹿野郎!」と怒鳴りつけ、GEを蹴って日本に帰り、レーザーターンテーブルを開発した人は日本人だというのも面白い。
 
lazerturn01


------------------

そして中学生になると、もうどうしようもならなくなっている場合の人を今まで多く見てた。
実在の例をあげると、十分その人にわかるような問題を「あなたはどう思いますか」と質問してみたら、完全に沈黙してしまうので、最初の1、2回は他の誰かに当てて、答えてもらった。

ははぁ~これは自分に自信がないのだな、誰か先に意見を言ってもらって、確認してからが習慣になっているなと判断し、3、4回目に当てた時に「あなたが答えるまでいくらでも待ちます」とした。2分ほど経ったとところで、さすがにこちらが本気だとわかったらしい。もじもじし出したのだが、素知らぬ顔で「いくらでも待ちますよ」とさらに念押しをしてやると、10分経ってもまだ意見を言わない。

ここら当たりで、周りの生徒たちは凍り付いていた。

学校ではこんなことは起きないからだ。やろうと思っても、邪魔をするバカやアホの子がいる。「『空気の読めない活動的で迷惑なバカ』ほど困った存在はいない」とゲーテは言ったが、特に公立の小学校に多い。

私は知らん顔で、特に怒っている風でもないような表情を保っていた。私は常に、大きな声で怒鳴ったりしないことを実行している。生徒には下の名前でなく苗字で「~さん」「~君」と呼ぶようにしているし、「~ですね」というように、なるべく丁寧な言葉使いで接するようにしている。私は彼らと友達ではない、ということをはっきりさせ、言葉で勝負するのが学習指導者だ、というオバカな信念(?)を持っているからだ。

良い例をこの記事内であげてある。


このブログ内は、時間が行ったり、来たりするもので、不可逆性というのが緩い空間だと思って欲しい、。
 
---------------

誰かが教えようとしたので「やめておきなさい。この人は答がわかっています」と制した。とうとう半べそをかきだしたが、それでも待つことにした。それで20分後に「○○です」とか細い声でようやっと解答を発表した。もちろんそれで合っていた。よくできました、と褒めた後さきほど言った「悪循環」のことを説明した。

さらに
「間違っても構わないから『こうなるのではないか』と自分から発言し、互いに検討することで、理解が進む。こちらは生徒が間違うことには慣れているので、決して笑ったりしない。むしろこちらが想定しない間違いを、待ち受けている。コレクションに加えて、経験値を伸ばし、さらに指導のヒントを得たいからだ」と確認した。

------------------------
 
本人にはショックだったのはわかっているが、時にはこういう荒業も必要だ。
 
ただしやる、となったら親・保護者にウラで連絡を取って、用意周到な環境を整えておく必要がある。憑き物を落とすには「儀式手順」が必要だからだ。

後で聞いたところ、私の考えていた通りだった。簡単な問題を失敗して、皆に笑われ、それから自分から発言しなくなったらしい。特に仲良しだと思っていた人も笑ったことが、大きな不信と自信喪失と自己嫌悪になったと。もっともこんな単語を知っているわけではないから、私が言葉を置き換えた。
ホントに子供の世界は残酷で、一種の「サバイバル・ゲーム」だ。

もしご子弟が自分から答を言わない傾向が見られるときは、本当にわからないのか、わかっているけど間違えて笑われるのが怖いのか、きちんと見極めるべきが、親・保護者の責任であり、学習指導者の責任でもある。
 
今一度、ご自分の子弟が、解答の際にどう行動するかを、よく観察することをお勧めする。

--------------------------

この逆で(…逆かな?)、大声で叱られないと、自分のミスに気が付かないという習性を持ってしまった子供も、実は要注意だ。これについては、以下の記事で取り上げている。 


 
これでこの拙文は終わりですが、お時間があるならこの前ブログもお読みください。


 
では今日はこのへんで失礼します。
このまま春になるんですかね?

m(_ _)m