知り合いが「近大マグロ」を食べてきた、と報告=自慢してきて、卒業生のY君のことを思い出した。
近畿地方の大学入試はほぼ終えたころか。最近は大学入試には関わらなかった。まあそれどころではなかったけれども。
 

kindai01
 
Y君は私の記憶では完全な「油断・出遅れ組」で、中学2年生で私の前に現れた。英語も数学も平均以下で、集団より個人指導の方が多かったかもしれない。それでも3年生になって平均集団から脱出を果たし、なんとか偏差値55~52ぐらいにはなった。しかしまだまだ多少「動作不安定」なところがある。
 
この成績だと県立伊丹か市立伊丹にはギリギリ合格できるが、高校の「進学校」というところは面倒見が悪い。特に最近ネットで流行の「自称進学校」だと、Y君のようなタイプではあっさりと下位グループ入りだな、と思い、無理はしない方がいいと、前ブログ「試合は続行中ですよ」で言及した家から自転車で通えるM高校を勧めた。
本人も自覚するところがあるのか、すんなり同意した。

---------------------------
ああ、これで終わりだな、高校で頑張れよ、と思っていたのだが、その日の晩、塾が終わったころを見計らうように、Y君のお母さんから電話がかかってきて、M高校に行くけど、不安だから、高校に入ってからも教えて欲しい、できれば近畿大学レベルに行きたいと、本人は言っているという。

へぇ、少しは考えているのか、と思った。
昔はボンボンの通う大学で、麻雀をしに行くから、近大ではなく「ポン大」と呼ばれていたぐらいだ。高レベルの人から見れば「なんだ近大か」と思われるかもしれないが、現実的には悪い志望ではない。経営もしっかりしているからまず潰れないし、なにしろ卒業生が多いのが強みで、仕事のツテを探すのが楽な学校だ。大人になればわかる。
 
ちょっと物理的には遠いけど、JRの線も延伸して、時間的距離は縮まった。現在では医学部を備えた総合大学になり、まさに university だ。医学部がついていない大学は本当は university と名乗ってはいけないのだ。ちなみに日本国内の偏差値が低くても世界的に認められている大学も結構あるから、調べた方がいいですね。
 
---------------------------
ご両親も勉強するなら塾にも行かせてやる、あの先生とお前は相性が良さそうだ、頼んでみる、となったようだ。

私は少し考えて、1~2年の間に学校の進度に合わせて成績を上げて、できれば推薦を狙う、そのためには激しい部活動には入部しないこと、特にあの高校の野球部は止めて欲しい、そして3年になったら、近くにある高校生用の予備校とウチの両方に通って夏の間は予備校の自習室に通って勉強漬けになってもいいなら受ける、また教材を用意するのが面倒だったので、数学は進研ゼミも取ってね、という条件を出した。
 

最近夏が暑くて、体力的には中学生だけで手いっぱいだったからだ。はっきり言ってオーチャクで、相手にかなりの出費を強いる提案だ。受けるとは思わなかったが、申し出通りにする、と向こうは丸のみしたので、少し驚いた。親心ってありがたいですね。

こうなっては引き受けるしかあるまい、となり、主に週末を利用して1・2年の間は学校の勉強べったりに貼りついて、予習と復習を繰り返し、学校指定の問題集もやり遂げた。本人も中学校で痛い目にあったから、きちんとやりぬいた。私は彼の中学でやり残した欠点を知っているので、高校1年の間に、全部修正・修理・是正を図り、「完治」させた。

-------------------------
野球部はやめてね、と提案したのはある新聞記事を読んだからだ。以下少し悪口になる。
ただし現在のことではないから、ご了承下さい。あくまで数年前の話です。
 
細かいことまでは覚えていないが、甲子園予選前に、M高校野球部のある選手が伝令もできないぐらい脚を負傷した。だが彼はチームの先頭に立ってすごく頑張っていたので、その選手を登録選手としてベンチ入りさせたことが「美談」として、この前年か前々年に、載っていた。

私は記事を読んで「これは美談かな~?」とかなり疑問に思った。
①伝令にも使えないようでは、代打も無理だろう。戦力不足が明らかなのを放置して試合に臨むのか。
 
②他にも頑張っている選手はいるだろう。ベンチ入りのボーダーライン上にいる選手がもし3年生なら、その最後の機会を奪うことになるのは、かえって残酷ではないか。
 
③①のことを、まともな対戦チームなら情報を得ているはずだ。そこを突く隙を残していいのか。
 
④競った戦いでは、最後は運で決まる。そのような「運の悪い人」をベンチに選手=戦闘員として入れておいていいのか。

--------------------------
例えば銃弾・爆弾、ミサイルが飛び交う本当の戦場では、軽傷者と重傷者では、軽傷者の治療が優先される。軽傷者なら応急処置後、後方から銃を打って援護ぐらいはできるが、重傷者では戦いに参加できないからだ。海軍では、航空母艦=空母に被害を受けた時に、負傷者がもし甲板要員とパイロットなら、特殊技術を持ち戦闘能力の高い=代えの効かないパイロットの治療を優先するのが、基本中の基本だ。
 
「戦う集団」の自覚を持つチームの指揮官なら、実際できるかどうかはおいて、以上のような気概、心の準備を常に持たなければならない。初のワールドカップ出場を決めた日本サッカーで、調子を落としていた三浦選手をはずした岡田監督のように、だ。そして同時に「他の選手、特に3年生選手にとっては、最後のチャンスだ」と決断しなければならない。
 
またチームやチームメイトのことを真に考える部員なら、気持ちだけ受け取り、ベンチ入りしたいのなら、第2マネージャーなどとして登録をするべきだった。

それが、このブログ内で私が主張している「精神的な成長」だ。



行きつく先はこれだった。何回もすみません。

特に能力項目の (4)「協調して、仲間と協力すること」 に合致しそうです。
他者と協力するとは、自己を抑制することですから。

辞退する選手君は、もちろん悔しいだろうし、不甲斐ない、と自分を責めるだろう。しかし、その成長は、まだ続く人生において、確実に大きな糧になる。これこそ「美談」ではないか?

一番肝心なところをはずすようでは、と失望したことを覚えているし、これを書いた記者さんのレベルもわかったような気がした。 朝日新聞 あるいは 神戸新聞、頑張りたまえよ。

-----------------------------
極めて非情な考えで、強豪校ならまだしも、普通のチームや普通の高校生にできるわけがないのはわかっている。
 
その監督は学校の教師でもあったので、選手=生徒=子供が可愛い、可哀そうという心情が最後に勝ってしまったのであろう。基本的に子供が好きだから教師になるので、責めることはできない。
 
しかし部活動指導で日頃は「勝利至上主義」なのに、こういう肝心な時に姿勢が弱くなる例が部活指導者=教師の場合に多く見られるのは、残念でもあり、矛盾しているとも感じる。教育重視サイドならそっち、勝利至上サイドならそっち、と最後まで貫いて欲しいところだ。

これが原因かどうかはわからないが、記事が載った年は結局1回戦負けで、その監督がまだ野球部の指導を続けていることがわかったからだ。こういう人物が監督では、また選択を誤りかねないし、「練習のための練習」になるだろう。そんな部活なら、しない方がよっぽどマシである。
 
実はY君が小学校の時に少年野球に入っていたから、「高校球児になろかな」と思う可能性を少なくしておきたかったこともあった。
----------------------

後で聞いたら、Y君のお父さんも同じ記事を読んで、私と同じことを考えていたことがわかった。Y君のお父さんも若いころは社会人野球をしていた人で、「選手と監督」の関係の機微はよく知っていた。父親の影響で少年野球にY君は入ったのだった。
 
会社でも責任ある地位を務めている人でもあったから、野球部監督のこの対応に不信を抱いていた。だからこちらの申し出はむしろ「渡りに船」だったという。
 
学校の先生が部活動指導で「教育か勝利か」の場合に、日頃の行動と矛盾した時、こういう冷めた目で見られていることに気が付かないのは大変残念だ。

-------------------
ちょっと長くなった。
次に続きます。
Y君が3年になってからの方が大切なんです。

前ブログをアップしたとき、「高専オリンピック」としましたが「高専ロボコン」の間違いでした。
ここにお詫びして訂正します。あのブログにも訂正を出してあります。

ついでですから、関連リンクのご紹介。



「高専ロボコン=ロボットコンクール」はNHKのサイトにアーカイブがずらりと揃っているので、
ご覧になったことのない方は一度見学してみてはいかがでしょう?



女子も負けてはいないのが書道関連でしょう。


syodougirls


一生懸命にやっている若い人たちを見ていると、まだまだ日本は大丈夫だなあ、と思うと同時に、大人も頑張らねば、と肝が引き締まりますね。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m