受験で成功した親・保護者が、実は相当子供に入れ込んでいたことをなぜ書くのか。

ただしこの場合は、偏差値では70~65とかのかなりレベルの高い高校への受験ではなく、50~60前後の高校へ行こうとする人たちを取り上げる。

私が言いたいのは「平均点を脱出し、それを維持するのはとても大変だ」ということ。
もちろん平均以下から平均になることも大変だが、それ以上なのだ。

それには子供だけの努力では足りないからだ。小学校 中~高学年から中学2年生の終わりまでは、子供はやはり子供で、見通しも甘いし、もちろん経験も自覚もあまりない。それを補ってやれるのは、身近にいる親・保護者しかいない、という現実をどれだけの人が認識しているか、たいそう疑問だからだ。

-----------------
一般的に、何かに成功した人物が、自分が「私はこんなに努力していましたよ」と吹聴することは、冗談に紛れ込ませることはあっても、真剣に話しだしたら、たいへいの人はヒクだろう。
 
世の中に存在する「果実」には、数に制限があり、それらを収穫できるのは、手の届いた者だけだ、という真実は覆せない。

そしてその「果実」を得た者はある意味「罪人」で「抜け駆けた者」であり、たとえそれが正当な行動であっても、後ろめたい気が少しはする。また嫉妬を受けたくない、なるべく防止したいと思うのも真実ではないだろうか。

もっとはっきり言えば、違う高校に行った中学の友人とその家族は、その時点から「遠い他人関係」が始まっているのだ。であるなら気を許して、情報漏えいをするわけがない。
 
先にはもっと困難な大学入試が待っている。特に今度は「大学入試大改革」が待っているから、なおさらだ。中学レベルのことなど、早めに済ませなければならない。

そして最強の敵は、高校の数学なのだ。



----------------------
 
だからこそ受験期を控える子弟のいる親・保護者は、「果実を手に入れるために努力した」ことを隠すのである。

「運が良かっただけだよ」
「たまたまです」
「不安だったけど、それなりには、やっていたから」
「周りの調子が悪かったのかもしれない」

こういうセリフを言う、子供が受験に成功した親・保護者のなんと多い事か。しかし彼らの子供は、なるべく家に早く帰り、顔や手を洗った後、親・保護者が用意しておいた食事(この場合はいわゆる虫押さえ)を食べ、そのまま部屋に向かい、勉強を開始する。

時刻が来れば、塾なり個別指導、予備校になりに行き、その時送り迎えをする家庭もある。ない日は夕食を家族でいっしょに食べ、情報を交換する。塾の先生に今はどうか、今後どうするべきかと質問をすることもある。

---------------------
子供が風邪などひかぬように、栄養に気を遣い、家じゅうを清潔に保ち、インフルエンザにかかった時のためにあらかじめ主治医や、かかりつけの医者に点滴などの確認を取っている親・保護者もたくさんいた。もしその医院に入院設備がない場合は、緊急でも入院できるよう、別の病院への紹介の手配までしている親・保護者もいた。

現に公立高校の入試の時に、不運にもインフルエンザに罹患したが、発熱をおして受験を済ませ、試験中、会場の外で親・保護者は車で待ち受け、出てきた我が子をそのまま入院させた人も何人かいた。
彼らの中に落ちた人は今のところいない。

これだけの根性を持つ子供に成長させた親・保護者には脱帽でしかない。
 
対して、
少し勉強しただけで眠いといい、予習復習を怠り、困難に立ち向かうことを避けてしまう子供に育ててしまった親・保護者に誰が秘訣など教えるだろうか

仮に教えてもらっても実行は不可能だろう。なら教えるだけ無駄だ。
苦労して子育てを成し遂げ、受験に成功した親・保護者にお祝いを私が申し上げると、帰ってきた言葉の中で、秀逸で、今も忘れられないものが、これだ。

「子育てに失敗するぐらいなら、破産した方がマシですから」

そんな思いを、子を思いすぎることを、実は少し恥ずかしいと思う人が、他人に自分の行動を打ち明けるわけがない。計画は密なるをもって良しとするもの、である。

----------------
しかも、まだ終わらないのだ。
 
私には子供の時にものすごく良く勉強のできる級友がいた。小さいころから習っていたので、絵もうまかった。彼はある有名中学に入学し、そのままその上の高校に入り、大学生1年の時に再会した。大学は阪大の工学部だという。

「母さんが『下宿は絶対にダメ。家から通える大学にしなさい』というので、十分行けたけど、京大はやめた。ほんとキツクて、うるさい。オレ、京都で住みたかったのに」と文句を言っていた。
 
記憶では、柔かい笑顔のおばさんで、あまりイメージが重ならないし、また裕福な家なのになぜかな~とは思った。家に帰って父と母にこうこうだ、と伝えると、彼と彼の家族のことを覚えていた2人は「当然だ」という。「理由がわからないお前は、まだ修行が足りない」とも言われた。
 
---------------

1995年に オウムの一連の事件が起きて、一味は一網打尽で逮捕された。
 
私は麻原彰晃には興味がなく、むしろその下で悪事を働いた中川智正と豊田亨(ともに死刑判決・確定)という、若い人物になぜか注目してしまった。
 
中川智正は岡山県立岡山朝日高校から京都府立医科大学へ、 
豊田亨は兵庫県の白陵高校から東京大学理学部・大学院へ進んだ秀才中の秀才だった。

中川の母親がテレビレポーターのインタビューを受けるシーンが事件直後に流れた。涙ながらに
「中川が何かの拍子に変わってしまったことを止めることができなかった自分が悔しく、情けない」
と話す姿を見て(顔はわかりませんし、気の毒で見たくない)
「ああ、犯罪者になっても、その母は母なのだな」とある意味感動した。

そして友人の母が「下宿はダメ。家から通える大学に行きなさい」と言った意味がわかったような気がした。

オウム事件を起こした彼らは駿馬だった。しかし手綱さばきを誤り、旱馬になってしまったのだ。狡い習慣がついた子供の監視と是正を怠ってはいけないのは当然として、優秀な人でも監視を怠ってはいけない、とわかった。

中川死刑確定囚の母は今年52才になったようだ。
朝日新聞のインタビューに、顔伏せだが答えている。
子供が少なくとも結婚して、できれば親になるところまで目を離してはいけない、
その極端な失敗例だろうが、あの親不孝者め、と中川死刑確定囚に思わざるを得ない。
----------------------

暮らしニスタ というサイトで

う~んという例が上がっている。
でもまだまだ取り戻せるって、と思いますよ。

そしてもちろんお金も大切ですから!
そう簡単に一人暮らしなんて許しませんからね! という、もう一つの本音はこれでしょう。



---------------
端末はPCだけではないな~と思って、ようやっとスマートフォンでもあまり不様でないよう、少し仕様を改造しました。一度ご覧ください。

そして思い切って「人気ランキング」に登録してみました。
HTMLがまだ読み切れていないので、今のところ記事がずらりと並んでいる最初のページに、ランキングバナーを置いてあります。よろしければ、応援クリックを「ポチッ」とお願いします。今はウグイス(?)がいます。GIFファイルって可愛いですね~。バナーは、季節ごとに意匠変更したものがリリースされるそうで、それも楽しみです。色々工夫してますね~。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m