前記事で、男性性と女性性を取り上げて、非認知能力の具体的発展の方法の私論をお知らせした。今回はその続きになる。後2回ぐらい続くかもしれない。 

前回で
「私はこの男性性と女性性を、一人の人間の内部でうまく配分すること、うまく育てることが、非認知能力の向上に、繋がっていると実は確信している。男性性と女性性の適切な発展が鍵だ。もしかすると人生の永遠のテーマかもしれない。子供たちを見ていると、どうもそうとしか思えないのだ」
と述べた。

--------------------------------
ある程度は根拠もある。Sさん、電話では少ししか伝えることしかできなかったので、なるべく詳しく書くよ~。

非認知能力は次のビッグ・ファイブが要だ。

(1)勤勉、まじめ、強い責任感を持つこと

(2)開放的で強い好奇心を持ち、想像力、新しいものに親しむ気持ちを持つこと

(3)外向的で、社交を好み、他者と積極的に交わることができるコミュニケーション能力を持つこと

(4)協調して、仲間と協力すること

(5)精神的に安定していて、不安や緊張に強くなること

------------------------------
まず(1)についてだが、これは男子よりも女子の方が、よくできている印象がある。私が女の子に甘いからというわけではない。
 
男子は、まじめにやろうとする者を素直に尊敬せずに、揶揄の対象にすることが基本的に多いからだ。まだ選別されていない、小学校や公立中学ぐらいだと「皆と同じ」でないと不安なのだろう。まじめにやられると、レベルの低い者はついていけないから、足を引っ張ろうとする。逆に言えば自尊心が邪魔をするのだ。自己保身と言ってよい。

男子でも、さすがに高校生になると、この傾向は低くなる。学校そのものが選別されてしまうし、通っている学校の中で、目の前に「本当にできる奴」が現れると、仰向けになって腹を見せる「降参犬」になることが多い。「近大というと…」の記事で紹介したY君が、A君にあっさり「参った」と白旗を上げたようにだ。

------------------------ 
また勤勉=規則正しく行動することも、男子はたいていは苦手だ。安定性が好きなのだが、安定性を確保するためには、日常のメンテナンスが必要だ。そのため細々と「見回り」をしないといけないのが面倒だ、と感じるらしい。矛盾しているのだが、それが男性性たる所以だ。

その点女子は、月経による体の周期的な変化を体得しているし、していないと大変だから、規則正しく行動することが、自分にとって良いことだ、が本能的にわかっているように見受けられる。お肌のお手入れなど、男から見ると「よく続くな~」ということを、ずっとできるのは女性性たる所以だ。結果「安定性」を保持しているのは女性に多いことになる。

--------------
睡眠不足もなるべくしないように心がけているのは、圧倒的に女子に多い。その点男子は変に体力があるものだから、部活に入れ込んだり、夜更かしなどを平気でやり、眠い、眠いを連発するオバカが多い。一度など私に「じゃあ、そこで横になって寝てしまえ」と一喝された人もいる。私は成績が悪くても嫌いなのではなく、こういうメンテナンスの下手な人が一番嫌いだ。男子の体力は「短距離の体力」という認識がないので、親・保護者がちゃんと言い聞かせないといけない。
 
どうも世間の風潮では「勤勉・まじめ」は、男子が、先天的に当然持っているように期待されているが、私の見たところ、忘れ物が圧倒的に多いのは男子だ。どこが「勤勉・まじめ」なのか、いつも疑問に思っている。男子は後天的な訓練で、やっとその体質を会得する、と考えた方が良い。よって男性性が強い女子にも、注意した方がよいだろう。こういうところに親・保護者の「適切な介入と指導」が望まれるのだ。

-------------
 
ただし強い責任感を持つ、というのは男女ともに苦手な人は苦手だし、得意なのかどうかはわからないが、自然に責任を持たなければいけない、と思う人は男女に関係なく存在する。恐らく責任というファクターは、所属する集団の維持のために、直接に必要で、「持ち場を守る」ことには、男も女もないからだ。 また、ご家庭での躾や、兄弟がいるとか、病弱な人がいるとかなどの家族構成にも、かなり左右されるようだ。性別に関係なく、「小さな責任」を負わせることから、始める訓練が必要だろう。

------------------
さて、以上のことから、勤勉性や真面目さを獲得するなら、特に男子に週に1日は必ず、買い出しから始めて、夕食を作らせてみるとか、毎日どこかを掃除をさせるなど「女性性重視の行動」を強制的・習慣的に取らせてみるのが、有効だと思われる。もちろん料理の仕方を教えることは大前提だ。

昔「私作る人、僕食べる人」というコマーシャルがあったが、女性の地位向上を訴える人たちの圧倒的な批判でコマーシャルが打ち切りになる「事件」があった。

今考えてみると、この「事件」は少し的はずれだ。
男女どちらも、練習すれば料理ができるのは、手がある限り、当たり前だ。もちろん味音痴や不器用な方は、いた仕方がない。誰にでも得手不得手はある。
 
-------------------
まったくの私論だが、
「女性性というのは、この世にある陰陽の気を身に吸い込んで、それをエネルギーに変えて分配できる能力のこと、男性性は逆にそのエネルギーを受け取って、別の世界を切り開く力を得ること」
と考えている。

男が絶対にできない女性の妊娠・出産という特性を延長すると、今述べた能力を女性は最初から持ってるように思えて仕方がないのだ。すると女性性もしかり。
 
車が男性性で、ガソリンの精製が女性性と考えたらわかりやすい。ただし、どちらも、どちらかを欠くと意味がなく、役に立たない、持ちつ持たれつの関係で、どっちが偉いというものでもない。

--------------------
しかし家族の食事を作る、という点においては「摂取しやすいエネルギーに変換」することが最大の目的なので、女性性の出番だ。だから女性性を自然に多く持つ女性が、料理を担当することになったのではないか。レストランの料理は「芸術品」で、日々飽きないで食べるための料理とは、立っている平面が違うのだ。
 
しかし男性でも女性性が強い人は、料理・掃除・洗濯などをそつなくこなす。身近にもいるだろうし、わかりやすい例では「黒執事」「謎解きはディナーの後で」などの男性執事だが、女性性が強く感じられる(黒執事は正体は人間ではなくて悪魔だけど)。

 kurosituji01

----------------------
これも私論だが、「人間」というのは抽象的な存在で、「男というヒト、女というヒト」がいるだけだと考えていることもある。協力して「人間」になるのだ。例えば家を建てるのに、お父さんの意見だけや、お母さんの意見だけで作ったら、かなりいびつで住み悪い家になってしまうだろう。
 
寝る・食べる・風呂に入る・休息するの行動に、男女の差はなく「平等に人間的で意見の一致」がないと疲れるはずだ。結婚してからちょっと実家に帰っただけで疲れてしまう人も、たくさんいることからもわかる。もう実家は「平等に人間的で意見の一致」が少し欠けているからではないか?


なんだか長くなった。
(2)~(5)は次にします。
では今日はこのへんで失礼します。


m(_ _)m