もうすぐ小学校は一斉に卒業式を迎える。
そこで中学生で必要なことを、具体的に紹介したい。
独り言みたいなものだから、気楽に、でも現場の人間の報告だから、まじめに受け取って欲しい。

------------------
 
① 体力をつけておく。
 
これは切実な問題で、体力がない人には中学生活はつらい。小学校でもいわゆる「早行き・遅行き」がある。4月生まれの人と3月生まれの人ではほぼ1年差があって、小学校3年ぐらいまでは、走るのでも、耐久力でも差があったはずだ。
 
中学生になると、これがもっと大きくなる。
弱い人なら、夏でもインフルエンザになるような人もいたぐらいだ。

特に男子は第2次性徴を迎えるこの時、中学2年ぐらいまでは、元気な時と、そうでない時の差が激しい。女子も月経前にはつらい人も増えてくる。

日頃から体力増強に努めることと、自分の体調の変化の波をキチンと知ることだ。例えば背中がゾクッとしたり、鼻がむずむずする、顔のどこかが痛い時は〇〇の前触れだ、と見極めて、その対策もマニュアル化しておくのが賢いやり方だ。
 
なのにその前触れを無視して、遊びに行くとか、夜更かしをするとかするようでは賢いとは言えないだろう。
勉強ができる以前の話をまずクリアすることだ。

-------------------------- 

② 細かいことに気が付ける人になる
 
「大らかで、物事にこだわらない」と言うと良い表現で、小学校ではこういう態度が好まれるが、逆に言えば「細かいことに気が付かない粗雑」とも取れる。これが中学校では嫌われるのだ。
 
中学の勉強や生活では、まさにこの「細かいことに気が付ける、緻密な観察力と実行力」が必要になる。
 
例えば「おがた」君と「おかだ」君は、濁点の位置が少し違うだけだが、全くの別人だ。

たい焼き」と「たこ焼き」では1文字だけ違うが、間違えて買ってきたら、役目を果たしていない。

晴美」を「はるみ」と読めば女性だが、「はるよし」と読めば男性だから、やはり間違って読むと、大変に失礼なことになる。さらに同じ「まこと」でも、「」は男性用、「真琴」は女性用だ。
 
似たようなことが、中学の勉強や生活でよくある。そこに気が付ける人と、気が付けない人では大きな差が付いてくる。2兆個の小さな小さな細胞で、あなたの体はできているのと同じだ。

目はただ開けているだけではダメだ。
 「真実は細部に宿る」という名言がある。
そして真実を見つけたいのなら、「見よう、見てやる、見つけてやる」と思って「見なけれ」ば、見つからない。

勉強する時に、特に役に立つ態度だ。例えば、英語で辞書を調べる時に、見つけたい単語が「ある」と思って探す人は、早く見つけることができるが、「あるのかな~」の態度で探している人は、ものすごく時間がかかったり、見つけられないこともある。このようなオバカなことにならないようにする。

普通の先生は、このようなことは注意しない。経験の浅い塾の先生でも同じだ。皆、精神論を避けるからだ。しかし人間に精神と肉体があることは確かだ。体だけ育ってもだめ。精神も育たないと、バランスを崩し、現実に対応できなくなる。

大きな穴に自分から落ちる人はいないだろう。誰にでも、見えているからだ。
人がつまづくことは、例外なく、よく見ないと見えない、小さなことだ

その時の「転び方」がヘタだと、手首を捻挫することもある。これは骨を折るより、痛いし、長引くし、もしそれが利き腕なら、お風呂に入るのにも、食事をするのにも苦労するし、ズキズキしてしばらく安眠もできない。

「転ばぬ先の杖」である「眼力」を精神的に、身に付けることだ。
 
小学校では笑って済ませることができた事が、中学校では致命的な事になる。中学生活は「細かい事」に注意することでなりたっている、と考えなさい。
 
----------------------------
 
③ やりなおしには時間がかかるから、1日1日を大切にする。
 
小学校の時に校長先生が朝礼で「毎日を大切に過ごしましょう」とおっしゃったはずだ。
これは中学生活にも当てはまる。
もちろん1日ぐらいサボってもなんとかなる。そういうことではなくて、中学校で実施される学期ごとの中間テストと期末テストと呼ばれる「定期テスト」は、すべてあなたの一生で一回しかない、ということを絶対に忘れないことだ。

定期テストに失敗した人は「次は頑張るから」という。
それはいい。
でも「次」は無限に存在しない。どんどん数が減っていく。3年間で、3学期制の学校だと14回、2学期制なら12回だ。特に3学期制の15回めは受験には直接の関係がない。

例えばある定期テストで失敗したとする。しかし定期テストというのは「範囲」が決まっているから、次の定期テストでは違う「範囲」を勉強することになる。で、頑張って次のテストはうまく行ったとしよう。
 
でも前のテストの「範囲」の欠点や弱点はそのままのはずだ。
だから休暇中に必ずやり直さないと、それを前提にしている上の学年の学習内容は理解できないことになる。だいたい1年後のことだ。そんな先まで考えて動けるか?
めんどうでしょ? だからハズサナイ方が絶対にいい。

1回1回が「勝負」だ、という気構えで取り組むことが中学の勉強に必要なのだ。

---------------------------
④ 絶対に英語のテストで良い点を取る。
 
別に英語が話せるようになりなさい、ということではない。とにかく学校のテストで英語は悪い点を取るな、ということ。つまり英語を不得意科目にしないことだ。
 
私自身は英語、英語という今の風潮をあまり良くは思っていない。「英語ができるようになって世界にはばたけ」とか「外国人をおもてなししなければ」なんぞとほざいているヒマがあったら、自国の労働者をもっと守れ、自国民の増加を目指せ=少子化を止めろ! と強く思っている。20年かかって全く効果がないのだから、最近の政治は結果0点である。無能揃いだ。

話が逸れた。
現実問題として英語ができるようにならないと、他の科目に手が回らなくなる。自分でできない、と思ったら、塾でも個人指導でも、ネットでもいいから学校をあてにせず、絶対に英語をできるようにすることだ。好き嫌いなど関係ない。
 
多くの中学生が英語でコケルから、バランスを崩して他の科目まで悪くなるのだ。特に1年後半の数学の台頭=難しくなることに対応できるためには、英語で時間を取られているような事態を絶対に招いてはならない。
 
たかが英語だ。大した科目ではない。
国語や数学の怖さを思い知るのは2年の後半からだ。
それまでに「大戦略」として英語で良い点数を取るように全力を上げなさい。

---------------------- 

⑤ アウトロータイプとは距離を置く
 
アウトローとは「法律を守らない人」、簡単に言えば悪い事をする人だ。小学生の時はそうでもなかったのに、中学生になって「悪い子」と付き合い始める人がいる。この年齢はそういう人たちと接触してみたい年頃だ。

でも絶対にそうしてはいけない。
敵対しろというのではない。接触するな、ということだ。世の中には良い医者もいれば、悪い医者もいる。良い警察官もいれば、悪い警察官もいる。
 
しかし良いヤクザはいないのである。

去年、一昨年と中学生1年生の男子や女子が相次いで事件に巻き込まれ、残念ながら死亡した。まだはっきりとはわからないが、おそらく殺されてしまったケースもある。

彼らのことを責める気はまったくない。
経験値がないから見極めができなかったのだ。

ただ共通した事実として言えることは「自分から危険なものに近づいた」ということだ。
 
それは人であったり、状況であったりする。死亡した女子中学生の場合は「野宿」と称してテントで寝泊まりしていたとも報道があった。その子と行動を共にする男子中学生も、死亡してしまった。恐らく殺害されたのであろう。
 
おうちの事情もあったのはわかる。でもこんなことをしては、自分から地雷が埋まっている危険地帯に踏み込むようなものだ。
 
もう一つの事件の男子生徒は、田舎から出てきて、すぐに悪い人たちと接触することを繰り返すようになったという。そして殺されてしまった。

4月に中学生になって、その年の夏には、あるいは3学期には、この世に存在しなくなってしまったのだ。そんなこと誰が予想しただろうか?
 
では経験がないならどうすれば良いか。
近づかないことに尽きる。
アウトロー的な言動をする人に憧れる気持ちもわかるが、危険だからやめるべきだ。また危険なことをする友達には、声はかけてもいいが、行動を共にしてはいけない。

3年生になれば、そういう人たちは、最後にひと悶着を起こすかもしれないが、自然に学校では存在感がなくなっていく。普通の賢明な人たちが、自分を守るために、接触をしなくなり、あと数か月で卒業になるのだから、いくらそのような人たちが主張しても「時間切れ」になるだけだからだ。

高校と違って中学校は「強制的に卒業」だ。その事実の前には、どんなにケンカが強くても、無力である。

そうであるなら、最初から近づかない方が礼儀正しい。荒ぶる「鬼神」は祀り上げ、敬して遠ざけておくのが正しい。最初は付き合っておきながら、都合が悪くなったからと言って、途中で離れる方がよっぽど失礼だ。

-----------------------
 
⑥ 親・保護者とけんかしても家を出るな、がまんしなさい。
 
⑤と同じ事態になるからだ。
親・保護者が中学生諸君に怒ったり、けんかしたりする理由は、明らかな虐待の場合を除いて、ほとんどの中学生には理解できない場合が多い。「なんでそうなるの?」と訊ねても、親・保護者自身が言葉を持っていない場合もある。

そういう時はじっと我慢して時間が経つのを待つしかない。
気分を変えるために別の事に目を向けよう。

ある程度の年齢にならないとわからないことは、確かにこの世にはとても多いのである。

-----------------
 
以上6点が私からのアドバイスだ。
できれば素直な気持ちで聞いてほしい。

高校や大学、ひいては結婚などは、確かに人生の一大事ではあるが、やり直しが効く。嫌なら退学して高校認定テストを受ける、大学を変わる、あるいは離婚するとかで「リセット」ができる。

でも中学生活は、やり直しがきかない時間帯だ、ということを絶対に忘れないこと。

では、楽しく、有意義な中学生活を送ってください。

親・保護者の方は以下の拙稿もどうぞ。

非認知能力を自己流で解釈すると

 

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m