質問する人が質問の仕方をあまりよくわかっていないので、こちらが補って説明することになるが、「どれぐらいできるようになればいいのか、を具体的に教えて欲しい」、ということが多い。

そうね~と、私がとりあえず国語分野で取り上げる例が「芥川龍之介」と「羅生門」だ。ただし中学1年生にはまだ難しいから、中学2年~中学3年の最初ぐらいかも。

こんな感じで。 

--------------------------
 
①「芥川龍之介」という名前と「羅生門」が彼の作品だ、ということを知っているか。知っているなら、どちらも漢字で書けるか。

②彼が活躍した時代はいつか。また彼はどのように死んだか。

③彼の他の作品を知っているか。それを漢字で書けるか。
 
------------------------
以上でいわゆる偏差値30~40というところ。できない人は論外です。
次にこんな感じ。

④「羅生門」の描いている時代はいつか。

⑤「羅生門」の内容を大体でも知っているのか。

以上で偏差値なら45~50ぐらいになる。

以下「羅生門」の内容を知っていることにして、

⑥「羅生門」に出ている「下人」は若いか、それとも年寄りか、判別できるか、その根拠は何か言えるか。

⑦「羅生門」のテーマは、何だと思えるか。
 
ただしこれは選択問題にしてあらかじめ答を用意しておくこと。自分で考えるのは難しいから。

------------------------------
以上で50~55ぐらいになる。

さらに上を行くのなら

⑧「羅生門」が書かれた時代の、実際の政権運営していた人たちは誰か。
 
個人名ではなくグループ名でよいとする。
もし高校生ならここで「藤原良房から始まる歴代藤原政権の担当者」が、出てこないとだめかも。

⑨「羅生門」のような状態が、なぜ都で起きていたか理由を知っているか。

これも選択問題にしてあらかじめ答を用意しておいてもよい。
もし高校生なら「荘園の創設」「軍事と造作」と「蝦夷討伐」が出てきて欲しいところだ。

⑩芥川龍之介は以上の事から、ある説話集に精通していたことがわかるが、その名前を述べなさい。またその著作集から、換骨奪胎して作り上げた作品は何か答えなさい。

エピソード的に知っているぐらいの情報収集能力は欲しい。何事にも貪欲に、だ。 
 
------------------
 
以上でいわゆる偏差値60~65前後になると思う。
できれば⑨については、班田収授法のほころびの原因と、藤原氏の政権運営の特徴まで、述べることができれば「満点」かもしれない。

で、とどめで偏差値65以上を目指すなら、あるいは偏差値を超えたところでの勝負が、
 
⑪「羅生門」のような時代に、自分が生きていると仮定するなら、どのような生き方を選択するか。

これは自由に書いて欲しいところだ。書けない、というのは論外で、とにかく書いてもらう。無理なら選択問題にして、選ばせた後、理由は自分で書くことまで要求したい。

---------------

さて、なんでこんなことを述べたか、と言うと、今度の大学入試改革は、①~⑧あるいは、⑨までを、すべて飛ばして、いきなり⑪を高校レベルで要求する、ということになるだろうと、予測しているからだ。

天才 芥川龍之介の創作した「羅生門」を、「自分から読んで」、「自分で感想を作って」、「自分で問題点を考える」ようにならないと、いけないわけです。しかもそれを討論の材料にできるように練る・練ることができるようにならないと、いけない訳です。

……できるんでしょうか?

今の学校、特に公立の小学校や中学校の体制で、高校生になった時に、そういう生徒を養成できる下地を整えることが、できているのだろうか。
 
特に今の小学校の国語の授業は、「宗教」か「道徳」と化していて、「文章の読み方・考え方」を基礎から指導することに特化した授業が、少ないように見える。言葉に鈍感な生徒が多いのは、その証拠だろう。
だから、戦後ず~と、中学数学で不得手なポイントのトップは「文章問題」なのだ。

国語力は残酷だ  もお読みください。ちょっとキツイかも。

おかげで苦労している。 もっと学校には頑張ってもらいたい。
確かに小学生の読書量は増えたようだが、ただ単に読んでいるだけかもしれないし、高校になると、とたんに量が下がる。また「古典的名作」を読む人も、少なくなってきているのも確かだろう。

読めない人が増えている、と言ってもよいのかもしれない。
読書にも「技術」が必要なのは、あらゆる識者が述べているから。

---------------
 
特に今、高校入試が終わり、興奮が冷めてきているので、振り返っておかなければいけない、との反省が籠っている。危ない局面もあったのは事実だからだ。

去年度にもあったし、来年度もあるだろう。
 
しかし危険を自覚している生徒のなんと少ない事か。危険を察知するのは私の役目なのだから仕方がないが、もう少し親・保護者にも、敏感になってもらいたいと思っている。
 
--------------
 
普通の人では①~⑧ぐらいまでを知るので精いっぱいだった。
⑨からは全然無理だったし、高校生で⑨以上を深く、しかも自分の言葉で発表できる人は、それこそ「近畿大学と言えば~」で登場(?)した、才女 B さんと、私の「キセキの世代」の OMさんと、もう一人J君ぐらいで、後はだめだった。
 
もちろん理系なら、別の分野で設問を設定してやることになる。 
例えば、速度と加速度と距離の関係と、変化の割合と微分・積分になるだろう。速度を微分すれば加速度になり、とかそこからだ。

高校生の時の私自身も⑨までぐらいで、⑨自体も、少し危なかったと思う。同じことが数学や英語でも言えた。

小学校・中学校で、相当な量の勉強をやっていないと、高校で「大学希望者判定テスト」に挑戦して成功すること自体が不可能になる。いや挑戦することもできないだろう。「勝ち・負け」以前の話で、土俵にも上がれないわけだ。
 
よって、大学も2通りに分派するわけだ。そして「判定テスト」に参加できない大学は、なくなっていくだろう。
それがいいか悪いかだが、淘汰されることはいいし、潰れるのもいいだろう。
 
------------------
しかし⑪をいきなり要求してできるのだろうか?
 
私は非常に疑問を持ち、とにかくこれからの時代は大変だな~と思っている。
学校任せは絶対にできないですね。
親・保護者は本当にしっかりしないといけない。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m