やっぱり学校の先生との「付き合い」も、生徒では大切なところだ。しかし勘違いしているままの人が多いので、ここも忠告しておきたい。

②学校の先生は「友達」でも「味方」でも、モチロン「敵」でもないが、「権力者」だと言うことは忘れないこと。

精神が幼い中学生に尋ねても、「権力者」の定義が出てこないことがあるので、先に定義しておく。酷い人になると「権力者」という単語すら知らない場合もあった。

「権力者」とは「他人の運命を決めることができる人」のことだ。
 
昔は皇帝とか王様、将軍とかが、政治や法律や、戦争や外交を決めて、人はそれに従っていた。法律に違反したら逮捕されて、悪質な場合は死刑、そうでない時は牢屋に入れられたりするし、政治で決まったものなら、長年住んできた土地から、立ち退きしないといけないこともあるだろう。

こうやって、人の「運命を決定できる」人や組織を「権力者」と呼ぶ。

------------------------- 

学校の先生は、3年生の終わりに「君はこの学校」「あなたはあの学校」と割り振りを「決め」なければならない。それが憂鬱で病気になる教師もたまにいるが、最後は現在の社会維持のために、生徒の行先を決めなければならない。そのブラッキーなシステムがあるからこそ、4月になってどこかの公立高校が大きく定員割れとか、大きく人数オーバーなどがないわけだ。最近は再編の対象になるほど、大きく定員割れしているところもあるが、それは少し置いておく。

これが「権力者」でなくて、なんだろうか?

そのへんを勘違いして、小学校の感覚で教師に接している中学生がいるが、親・保護者は厳しく注意した方が良いだろう。一昔前の左翼主義者のセリフだ、時代錯誤だ、という批判は覚悟の上だ。

最近はどんなことでも「デオドラント化」が進んで、「税金で救済」を「公的資金注入」とか言葉でごまかす傾向が強いし、あからさまな行動は秘匿することも多くなっている。そのため、「教師は権力者側だ」という意識も薄くなったようだが、依然として、厳に存在する事実から目をそむけるわけにはいかない。
 
あんたの行先を決めるのは、あの先生たちなんだよ、と。

こういう話を聞いた時に、嫌そうな顔をする子供と、そうだな、これからはそう考えよう、という子供と、そんなこと知っているよ、何を今更、という子供とでは、もう大体成績がどうなるか予想できる。
精神的に幼い人が、中学校で成績を上げるのはホントに大変なのである。
 
意識改革は、もう小学校の中学年ぐらいから始まっていることに、親・保護者は早く気が付かねばならない。ショック療法で、今の話を中学生になった子供に教えてあげるのも良いだろう。

--------------------------
 
誤解してもらいたくないのだが、べつに学校の先生に媚び諂えと言っているのではない。あまり頼りにしずぎてもいけないし、敵視しすぎても、無視しすぎてもいけない、お付き合いはほどほどに、と言っているだけだ。

そして完全に無責任というわけでないが、一貫して責任を取るわけでもない。取るなら途中で転勤するわけがない。また極めて小心的な権力者で、非常事態になってつっつかれると隠れて逃げてしまうし、組織を上げて守り、責任など取らせないのは、数多くの事件がそれを証明している。これは政治家も顔負けだ。例えば、広島の緑ヶ丘中学の男子中学生3年生の担任さんは、どこにいったのか?を考えればわかるはずだ。

試合をするときに監督を登録しておかないと試合に参加できないのと同じで、極端な話、学校の先生は、何もしなくても良いが、いてくれないと困る存在だ。プレーするのはあくまで選手=生徒なのだ、ということを忘れてはいけない。

 ---------------------
③持ち時間だけは、ほぼ平等です。

そもそも生まれたその日から、高校入試への持ち時間は決まっている。
 
例えば、受験日が例年3月10日前後の兵庫県公立高校を受験する場合で、

今年の今日 4月20日に生まれた人なら、16年マイナス40日=5800日

去年の6月1日に生まれた人なら15年プラス9か月と10日=5845日、

おおざっぱに計算すれば、こうなる。これも、教えておくべきだ。3年の進路決定指導は例年12月中旬だから、さらに3か月ほど引くことになるので、実質はもっと少ないだろうし、受験する県や地域が違うと、もっと違ってくる。

ただし、15年後に高校受験というシステムが存在している前提で話をしている。ついでに「15年後は~」という話題で、私が良く取り上げるのが「15年後のことはわからない、という好例として、1853年にペリー来航、15年後の1868年には江戸幕府は滅亡していたことは、覚えておいてください」だが、さてどうなるんでしょうね。
 
---------------------------- 

人間にはほぼ平等に「生病老死」が訪れる。しかし、元々能力差があるのに、持ち時間だけはほぼ平等、と言うのは納得ができない。でも人身たる現実では「この持ち時間で、できるようになれ」という事実は動かしようがない。

こういう話をするとミモフタもないのだが、時間だけはどの店に行っても売っていない。SF漫画やお話が大好き少年だった私は、「大人になったらタイムマシンを一台絶対に買おう」と思っていたのだが、今だに購入できないでいる。困ったものだ。

のんびり屋にはショック療法しかないだろう。待っていたら時間がなくなる。覚悟を持たせるために、持ち時間の事実をキチンと子供に教えておくことが、親・保護者の最低限の役割だ、と私はいつも考えている。

-------------------

いやまあしかし、大変な地震だわ。
阪神大震災クラスが5回も連続して起きたら、たいていの建物はもたないでしょう。
反則だ!と言っても自然相手では意味がないし。

小さい、そう幼児なんかは不安に思っているだろうな~とテレビを見ていて考えています。いつもはお父さんが出勤する時に、いってらっしゃいと手を振る子が、しがみついて離れない、という話も聞きます。相当怖いのだろうな。なんか、いい知恵はないのでしょうか。

広くて安全なところでお絵かきでもさせたら、少しは安心するのではないか、と思うけど、それぐらいのことはもう誰かがやっていて欲しいです。

後、地震とは関係ないですけど、真夜中の南東の空に、火星がまさに赤く輝いて見えます。
マイナス一等星ぐらいかな?昔の人なら「戦争や天変地異の前触れだ」と思うかも。 
この前には、木星と月がいっしょに見えて、割合きれいだった。
こうなると晴れた夜空でも見て、気を晴らすしかないです。 

松山市総合コミュニケーションセンターの「今月の星空ガイド」がわかりやすくてお薦めです。


では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m