やっと百人一首の全部にリンクを設置し終わったと思うので、自分なりの感想と動機を書いておこうと思う。

きっかけをもってきたのは、やはり塾生だった。ぼや~としている私を駆り立てるのは常に生徒である。
15年ほど前に入塾してきた人で、順調に成績が伸びてきたので、関西学院大学の高等部を受けさせたいのですが、どうでしょうか? 大学受験も一気に済みますし、とその人の親・保護者の方から要請があった。

彼は(当時は男子しか入学できなかった。現在は共学になっています)理系向きだったから、数学より問題は国語で、現代文はそこそこだが、古典文が全くと言っていいほど、だめだった。これはまずいな~、と私は懸念し、40点の配点を全く無駄にするのは、受験戦略上ありえない、数学で絶対に点数が取れる保障はどこにもない。せめて半分だけでも欲しいところです、と進言したら、費用は別に出しますので、ぜひ古典文もお願いします、となった。
 
--------------------
 
taketori_iwanami私は不意打ちを食らった、のではなかった。
当時の10年ぐらい前から「最近出版される本は面白くないな~」と食傷気味になっていた。そこで「古典文でも読んでやるか」の軽いノリで、まずは一番身近な「竹取物語」の岩波文庫を買ってきて、読み始めていたのだ。それが3年ほど前に始まっていた。

百人一首特集で白状しているが、私は高校時代は古典・漢文のまじめな生徒ではなかった。点数もあまり良くなかった。
 
でも本だけは、まだ読んでいる方で、歴史小説では海音寺潮五郎や井上靖、純文学系では芥川龍之介、川端康成など一通りは読んでいた。今は本を読まない高校生や大学生が多いのだが、私の若いころは「読んでいて当たり前、知っていないと恥ずかしい」教養として当然の風潮だったことが、今ではありがたいと思っている。
 
そしてこれらの作家たちが、古今東西の古典に精通していることも知っていた。芥川龍之介や川端康成の若い時に、実際に親交のあった作家が、「彼らの知識は我々凡人とは桁が違い、ありとあらゆる古典本を読み尽くし、内容も自分のものにしていた。そして『オレがもっと面白い話を書いてやる』の動機で始めたのだ。また実際そのような発言を、芥川からも、川端からも聞いたことがある」と、雑誌のインタビューに答えていたのを覚えていたからだ。
 
kontonkouその作家自身も古典に精通し、歴史小説を書き、たぶん日本で初めてだろうが、奥州藤原氏の祖である「藤原経清」を取り上げたことで、高名になり、当時はもう老境に入っていたが、実に楽しそうに、そして尊敬心を込めて2人の想い出を語っていたのが、すごく印象に残っている。この人は、今東光(こんとうこう)という立派な御坊様ですが、「毒舌和尚」の異名を持っている。

十分この作家さんでもすごいのですが、彼が「我々凡人とは違って、芥川や川端の知識のすごさは半端ではない」って、どれだけのことを言うのか、ホント想像もつかないです。バケモノは、いるところには、いるんですな。

------------------------------

では現代の若者にも読書を薦めるべきだ、とお思いであろうが、私は「無理強いしても意味がないのでは」と、考えている。そもそも読書は、好きで読まなければ続かない。また強制されては面白くないし、読書が嫌いになってしまうかもしれない。「角を矯めて牛を殺す」になっては意味がない。また「おせっかい」と取られるのも、困ったものだ。

さらにはライプニッツの予定調和説ではないが、「必要な本は、必要な時が来れば、自然に目の前に現れる」という、妙な信念を持っていることもある。ただし準備活動をしている人だけが、その本に出会えるのだ。何の準備もしてない人には、僥倖は訪れないのは自然の理である。

まずは環境整備。文を読んで理解できるような、基礎的な読解能力を身に付け、小さいことに気が付けるように子供を躾けること。次に、本を読め、という親・保護者の方自身が、読書好きになること、最後に、子供当人の嗜好に合ったものを選んでやることです。たとえそれが親・保護者には理解不可能なものでも、あるいはお下品なものでも、です。

民主主義は、民主主義を否定する考えまでも受け入れて、初めて民主主義になれるようなものです。

-------------------------
話は元に戻って、過去の偉大な作家の真似事で、平凡人である私も原本に触れることにしたのだ。
 
すると当然,、古典文法も確認したくなってくる。この「したくなってくる」のがポイントだ。特別なルートを通して、今高校で使っている教科書とその解説書も手に入れ、今度は動機がはっきりしている≒動機が不純だから、熱心に読み、設問も積極的に解いた。

同時に「竹取物語」を読み進み、現代和訳をしているうちに、変で不思議なことに気が付いた。
 
まずこれほど有名な「小説」なのに、なぜ作者が不明なのだろか。
何かまずいことでも書いてあるのだろうか?
そもそも、なぜ『竹取』という題名が付いたのだろうか?

と疑問に思いだしたのだ。しかし古典の解説書にはそういうことは全く触れていない。

-------------------------- 

現代でも昔でも本のネーミングは大切だし、誰が書いたのかも大切だ。そこで売れる・売れないが決まると言ってもよい。昔の出版事情はあまりよく知らない。「本を売る」という発想が、そもそもなかったのかもしれない。それでもなぜ「竹取」なのか、なぜ作者不明なのか、考えれば考えるほどわからなくなった。
 
なにしろ「竹」は一番最初に出てくるだけで、後は全然出てこない。
なのになぜ「竹を取る」題名になっているのだろう?竹を取ったら、良い事でもあるのだろうか?
普通なら「かぐや姫物語」とするところを、わざわざ「竹取物語」とした強い理由は何だろうか? 

こう考え始めたのが、まさに「運のつき」だった。
ただし「尽きた」のではなく、「憑く」のほうの「つき」だ。
 
あれから紀貫之が編集した「古今和歌集」を読み、他の古典本も読み、ついには「鬼」に行きつき、「鉄」に行きついて、ある程度のことはわかってきたが、まだまだで未だに止まらない。

-----------------------

taketori01そして「必要な本は、必要な時が来れば、自然に目の前に現れる」と最初に述べたが、ある朝、新聞を読んでいると(当時はネットが発達していなかったし、ただの習慣として新聞を購読していた)「新書が出版されました」の広告のスペースに「QEDシリーズ 竹取伝説」があった。あ、これだ、とすぐに買い求め、読みふけった。これが1999年だったと思う。

自分が想像していたことが小説になっている、というのは奇妙な気分だった。私には作家になる能力はないので、誰かが書いてくれるのを楽しみにしている。妙な言い方だが、私が「王様」で、作家が「宮廷楽師」や「道化者」みたいなものだ。

そんなことをウラでしていた私の前に「古典を教えてください」という、意欲のある生徒が現れたのは、偶然だろうか?どうもそうとは思えないのだ。

神様が「いきなり高校の古典レベルはしんどいから、まずは高校受験で、ほら、好きにやってみろ」という感じで寄越したな、と今は考えている。

 
彼はそれから順調に古典の勉強を始め、関学高等部に見事に合格した。大学は3年生まで関学、その後、アメリカに留学もして、今は主にカナダの会社で働いている。おかげ様で、日本の古典は大好きです、奥が深くて興味が尽きない、と言ってくれるのが嬉しい。

----------------------
少し長くなるので、続きます。

なんとか熊本・大分の地震は、少しだけは収まったみたいで、良かった。
でも苦労はこれからだ、と思うと、気が重いですね。
熊本産・大分産のラーメンでも食べようかな。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m