実は「忙しい」という言葉が何だか嫌いで、いかにも閑ですよ、閑で閑で困っています~という顔をしていることにしている。でも内実はやはりそれなりに忙しい。

ナニシロ事務員さんも別の講師さんもいないショボイ塾なので、私が死んだらハイソレマデヨだから、自分で何もかもしなければならない。だからそれなりに忙しい。もし家族の誰かが要介護にでもなったら、その時点で我が塾は終焉する。それはそれで運命だから仕方のないことだ。

でも来てくれる方にはなるべく親切にはしている。情けは人のためならず、すべて自分のためにあるから。

--------------------------------- 

この時期増えてくる相談は、やはり中学で我が子がついていけるかどうか、という内容が多い。さすがに中学3年で「どこか通らないでしょうか」という人はいない。恐らく諦めているか、どこか別の塾にでも通っておられるのだろう。

別の塾にも通っている人の話によると、土曜日は2時から8時ぐらいまで授業や自習があるらしい。大変だな、とまさに他人事のように考えている。

次の相談が「私立中学に通わせたいので方法を教えて欲しい」だ。
これは少し困った相談でもある。私はどうしても「公立高校合格」を専門にしているのでオカドチガイなのだが、もしかするとその人が、誰か別の人に当塾を薦めてくれるかもしれないから、知っている限りのことをお教えすることにしている。

具体的な方法はそれを専門にしている塾にしてください、とお願いした後、私がいつもしている一番のアドバイスが「通わせたいその私立中学の先生の授業を生で見ることができるか」「その私立中学の英語と数学の授業は、どういうカリキュラムを組み、具体的にどういう教科書や問題集を使っているのか」をきちんと把握しておられますか? だ。
 
-------------------------------------
どうしても偏差値とか、難易度とか、入学金だとか、アクセスだとか、学校の雰囲気だとか、卒業生がどこに進学しているかが気になるのは、同じ人の親・保護者の情としてわかる。

しかし合格して通うのは、ご子弟本人なのである。
その子がうまく授業について行けたらよいが、人生は何があるかわからない。挫折する可能性も否定できない。その時フォローするためには、授業の進め方に合わすことのできる人間を雇う必要も、短期間でもあるかもしれない。

実際そういう人を受け持ったこともある。うまく行く時とうまく行かない時がある。なにしろ私立中学・高校は独自の進め方をするし、それが売りでもある。中学1年から「文法」と「読解」と「作文」と「会話」に完全に分けて進むこともある。最近はもっと増えそうだ。こうなると各カリキュラム間での連携が取れていない時は生徒は困ったことになる。

文法で過去形が終わっていないのに、読解や会話で過去形が出てきたり、知らない助動詞を使うことになってしまう。こうなると大変だ。

これは公立高校でも時々起きる現象で、例えば「使役動詞」「知覚感覚動詞」を知らないのに、読解の授業で出る場合がある。そうなると生徒の方は「なにそれ?」となる。数学でも同じで、フルの平方完成を会得していないうちに、二次関数の最大最小問題に突入という場合もある。 

-------------------------------------

そして以前に述べたこともあるが「江戸時代の牢屋は『手土産=命のツル=要するにお金』を持っていかないと、半殺しの目に遭ったが、現代の中学生活も同じで、小学校で準備していない人はエライ目に遭う」のが当てはまるわけだ。

これが公立中学なら生徒のレベルも全般的にそんなに高くないから、多少遅れても間に合わせることもできるが、私立中学を選んで進み合格した生徒なら、全般的に勉強はできるわけだから、先生もバンバン進めていく。特に数学と英語はものすごいスピードだ。なにしろ仮想敵「国」ならぬ仮想敵「校」は、近畿地方なら灘とか東大寺学園とか洛南高校、関東地方なら開成とかだから。

その対策として、英語なら、小学校3年ぐらから密かに個人指導を受けさせておいて、同時に私立受験も熟して、中学入学ぐらいには、もう中学2年生のことまで知っている、ということもある。実は私がそういう生徒を小学4年ぐらいから見ていたこともあった。

彼女は別の塾で算数や国語の指導を受けて、合間にウチに通い、英語もかなりできるようになって、進んだ中学では英語はいきなりトップクラスになった。しかし「中学受験=算数・国語・理科・社会」だけで手いっぱいだった人たちは、中1からかなり苦労していたと報告を受けた記憶がある。
私には関係のない人たちの苦労だから、ふ~ん大変だね、とだけ答えておいた。

「開幕ダッシュが優勝の第1条件」「先んずれば人を制す」「正確な情報を得た者が勝利する」「幸運は準備した者にだけ舞い降りる」とアドバイスをしている。どれだけの人が本気で受け取っていてくれるかはわからないけど。

---------------------

なんだか米国ではトランプ候補が勝ちそうです。私はなるべく人種偏見のない人が西洋社会の指導者になってくれるのが理想だとは思っています。ですが現実は、どうしても「人類社会を導いてきたのは我々西洋人だ」から始まって、内心は「白い人でなければ人間ではない」という意識を持つ人が多いのは、なかなか消えないでしょう。だからそういう人が指導者になることもあるだろうな、とF・ローズベルト大統領の例を見て、ある程度は諦めています。あの人は変な人でしたから。

そこで発想を転換して「善人の無邪気な好意より、悪人の意図的な悪意の方が対応しやすい」と考える方が良いのではと思うことにしています。

それぐらいしたたかでないと、国際社会の軋轢を切り抜けることはできないでしょう。もっとタフになる必要があることを、神々は我々日本人に教えているのかも、と思っています。

もちろんトランプ候補を歓迎しているわけではありませんよ。
しかし旦那さんが大統領を務めている時から中国マネーどっぷりで、中国贔屓のクリントンさんはもっと嫌です。その点をなんでマスコミは報道しないのでしょうか?不思議です。

では今日はこのへんで失礼します。
長文問題作成も少し落ち着いてきました。

m(_ _)m