時間の合間に「独ソ戦史」(朝日文庫 860円 )という戦争記録物を読んでいる。受験前で忙しいというのにお前は何をしているのだ、と非難されそうだが、息抜きの合間に人生を送ることも立派な考えであろう。

dokusosennnsi


以前に「読めばわかるかもしれない近現代史」をいうものを作り、今もアップしてあるが、実は第二次世界大戦でのドイツとソ連の戦争背景の知識が少し弱い気がして、避けていたのである。だから1945年から始めた、というのが内実で、内心では「もう少し深めてから」と感じていた。

しかしなかなか良い本がなくて、困っていたところ去年の暮れに、ひょいと本屋で見つけて、年末年始をこれを読んで過ごした(ただし大掃除をしながら)。今でも時々読み返している。グローバリズムだ、保護主義だ、EU離脱だ、と世の中は騒々しく、自分のしていることが浮世離れしているのは重々承知で、開き直って、70数年も前の戦争を調べている。

もう一つの動機は「鷲は舞い降りた The Eagel has landed」という小説の中で出てくるドイツ軍人が「冬季戦争従軍章(正式には東部戦線冬季戦記章というらしい)」という勲章をすごく誇りにしているシーンがあって、なんでだろう?と素朴に疑問に思っていたからだ。この小説のことは以前に少し紹介した。
-------------------------

私自身は戦争など嫌いだし、起きない方がいいと思っている。仮に起きても、我が国が巻き込まれなければそれでいいと考えている横着者で自分勝手な人間だ。なのにホイホイと「戦争大好きアメリカ」に追従している現政権および総理を見ていると、かなり心配だが、反面「さすが自民党はCIAの肝いりで創設されたアメリカの『御代官様政党』だな」と首尾一貫していて、ある意味いっそ清々しい気持ちがするから不思議だ。

話は戻って、今まで起きてしまった戦争を振り返らない、検証しないという態度はだめだと思っている。人間のいる限り、戦争はなくならないだろう。良い例がSFアニメの世界では宇宙を舞台に戦闘機やロボットが飛び回っている。人が夢見る未来は良いも悪いも必ず「実現」する。
だったら、「戦争も文化の一つ」と割り切って考えるしかない。

また個人的には戦争未亡人で、戦後苦労の多かった祖母の影響が大きいのだろう。まさか自分がこんなことを調べるとは思わなかった。そして反省するべき点は自分なりに考えている。もちろん私一人ぐらいが反省しても何も起きないが、考える材料にはなって面白い。

-----------------------------
私はミリタリーおたく=いわゆるミリオタではない。もっとも、さすがに「オスプレイ」ぐらいは知っているし、「エリア88」のファンだったから、少しぐらい飛行機を知ってはいる。でも現在の、現実の自衛隊やアメリカ軍や外国軍などで使われているミサイル、戦車、ヘリコプター、艦船などの名前も性能も知らないし、本棚には、ミリタリー関係のものは一切入っていない。知っている事は新聞テレビで得られるぐらいの情報、つまり軍事的には素人だ。

さて「独ソ戦史」だ。
当時はドイツ側の指導者が黒い悪魔 アドルフ・ヒトラー、ソ連側は赤い悪魔 ヨシフ・スターリンだ。すさまじい対決カードで、どちらが勝つかと賭けた人も世界中に大勢いたのではないか?

2人とも独裁者で、他国自国に関係なく、人を殺した数はとんでもなく多い。ただ多くの人が熱狂して彼ら2人を支持し、戦争に躊躇いもなく突入した歴史的事実は重たい。独裁者ってやっぱりかっこいいのかな?

結果は、前半の前半はドイツ圧倒的有利、前半の後半と中盤からはソ連が巻き返したが、どちらも決定打は放てず、泥沼の消耗戦に突入、結局はスターリンの外交が奏功してアメリカを引き入れたことがソ連の勝利につながり、1945年5月にドイツのベルリン陥落、ヒトラーの自殺で、「激闘1416日の独ソ戦」は終わる。

----------------------

両国合わせて軍人と民間人の合計で約3115万人が戦死ないし巻き込まれて死亡、つまり1日あたり約2万人が死亡した計算になる、とこの本にあった。1年ではなく1日だ。気が遠くなりそうな話で、めちゃくちゃだ。映画「スターリンググラード」を鑑賞すると、当時のソ連の雰囲気が感じ取れる。

今なら You tube で、なぜか全編がタダで見れる(先週悪い事とは思いながら、見てしまった。そのうちにDVDを買います  m(_ _ ;)m   特にソ連側では「命がすごく軽い」印象が強い。たぶん今でもそうだろうし、中国でも同じだろうから、あのような国々を戦争相手にすることは、まさに愚の骨頂だ。勇ましい意見に釣られずに、冷静に知恵を絞らないといけない。核兵器のある現代ではなおさらだ、と思った)。

--------------------------------
しかしドイツが前半の勝利中に、優位に講和できたかもしれない「惜しい戦い」と、素人目には「?」と思えたことが1つと、「『そうだろうな』と思った1つのこと」があるので報告しようと思う。
 
念のために、一言前置きしておくと、私はこの「独ソ戦史」の著者・山崎 雅弘氏のことは全く存じあげない。だからこの方がどういう思想信条の持ち主で、今後何を目指しておられるのかも、全く存じ上げない。あくまでこの本の中の文言を読んだだけの感想だ。で、いつもの職業病で「勉強に喩えると~」と考えてしまう悪い癖が出てくるのだ。

---------------------------------
「惜しい戦い」のポイント…補給なくして勝利なし

ドイツ軍にとっては不幸なことに当初予定の侵攻作戦開始時期が遅れてしまい、前半の途中で冬になってしまった。ロシアの冬は厳しい。零下20度なんて普通で、嵐になると零下30度~40度にもなる。記述には「水は言うまでもなく、バターも車体の潤滑油も凍った」とあるがまさに「極寒地獄」だ。零下になるかならないかぐらいの冬で、「寒い、寒い」と文句を言うこの緩い地方の住民である私は、1日の半分ぐらいで凍死しているだろう。ロシア戦線で生き残ったドイツ軍人が「冬季戦争従軍章」を敗戦とは言え、誇りに思う気持ちがようやっとわかった気がした。

さらに冬用装備や燃料などの補給が遅れ、ドイツ軍の各部隊は、目標寸前で停止してしまう。
なぜ遅れたのだろう?
ドイツ側の補給部隊は、トラックで輸送するのではなく、ロシア内に敷設された鉄道のレールの上を、ドイツの列車を走らせて補給するつもりだった。ロシアは広いから妥当な考えだと思う。しかしレールの幅が違っていたので、ロシア領に入ったときに、結局は荷物の「積み換え再作業」に手間が取られ過ぎて、大きく遅れてしまったことが原因だったと書いてあった。
 
ちょっと笑ってしまったが、考えると「とんでもなく重大なミス」だ。

そもそも1939年の段階で、中学の歴史教科書にも載っている有名な「独ソ不可侵条約(「日ソ中立条約」と混同して、「独ソ中立条約」とか「日ソ不可侵条約」などと間違えて覚えている受験生が多い)」が結ばれて、ドイツとソ連=ロシアは色々と通商関係を継続していた。もちろんキツネとタヌキの化かしあいで、スパイは暗躍していた。なのにレールの幅が違うことは知らなかった、というのは笑えない冗談ではないか?

---------------------- 

「情報を正確に収集する」のは、勉強・学習においても同じだ。そして「補給なくして勝利なし」は大戦略であり、鉄則だ。重要な事項を学習したら、レベル分けした問題を次々と渡して、理解を深め、最後にはいつでも脳みそから取り出せるぐらいまで定着させるのが、塾や学習指導者の「見えない」役割だ。

「自分の名前を忘れるやつはいない」と同じレベルまで定義・定理・解法を仕込むこと、それが勉強するときの「補給作戦の目標」であり、もちろん「補給ルートの確保と方法」はとっくの昔に確立していなければならない。この場合の「補給ルートの確保と方法」はあらかじめ山のように問題を準備しておくことと、それをすみやかに提出できるように、見やすいプリントや冊子に仕上げておくことだ。極端な話、「補給物資とルート」が確立できていない分野は、いくら説明ができる能力があっても、手を出してはならないのだ。最終的な敗北は必至だからだ。

こう考えると、独ソ戦では、ドイツ軍は「落ちるべくして落ちた受験生」みたいだな、と思った。

--------------------
「?」と思えたこと…モスクワ攻略は最初の計画には無かった
これは全く知らない事実だったが「ソ連の首都 モスクワをどうするか=攻略するのか、放っておくのか」についてはドイツ軍の首脳部は、あやふやなまま、はっきりとした取り決めをしないまま独ソ戦は始まったのだった。おいおい、である。

もちろん一応の取り決めはあった。今回の作戦の主目標はバルト海の制海権を獲ることと、少し南にあるカスピ海に近い油田などの確保だった。それらができて余力があれば…ということだった。

これは素人目には大変疑問だ。
すべての指令は首都 モスクワから出ているし、スターリンもそこにいる。特にソ連=ロシアは、首都モスクワに線路のすべてが集まり、そこからまた地方に行く。蜘蛛の巣をイメージするとわかりやすい。
豊臣秀吉の時代に「大阪に米が集まり、相場が決まって、全国に散らばる」ようなものだ。

それなら一直線にモスクワを目指すべきだった。
現にドイツ軍はかなりの程度の戦力を消耗してから、セバストポリ要塞攻略成功以外は、どの制圧目標もどっちつかずの状態に陥って、初めてモスクワ陥落を目指したが、時すでに遅し、すべてが中途半端に終わり、多くの人命と武器を失って、その出血が止まらないまま敗戦を迎える。幸運の女神には後ろ髪がない、という良い例だ。

-------------------------

スポーツでも「相手の攻撃起点になるプレイヤーを徹底マークして、チーム全体のリズムを狂わせる」という作戦が効果的だ。超有名バスケ漫画「スラムダンク」の海南vs湘北戦で、湘北が海南の司令塔 牧を徹底マークしたことを思い起こして欲しい。

全兵力をあげて、一路モスクワを目指して、スターリンを捕縛するか、仮にそれが無理でも物理的に牙城を潰すことで、精神的な打撃を与え、指令系統を狂わせる。彼が首都を逃げ出した後は「だから成り上がりは国家に対する忠誠心がない」とアンチの宣伝に使い、意地をはって新首都を「建設」し出したら、しばらくは放置して資金や人員を無駄に使わせ、半分ぐらいできたところで、攻撃を仕掛ける、を繰り返せば、次第に人心が離れていく。独裁国家を倒すには、独裁者自身を倒すか、独裁者を支える人物や組織を潰すのが手っ取り早い。

同時に首都を制圧⇒軍事・政治関係の文書等を押収⇒相手のさらに正確な戦力を把握する。紀元前の古代中国で、後の漢の高祖 劉邦は秦の首都 咸陽を攻略し、彼をはじめ他の部下たちが宝物蔵で、宝を奪い、酒池肉林で勝利に酔いしれているときに、部下の蕭何はすぐさま文書課に行き、「これこそが宝だ」と言った。彼はそこにあった書類(当時は木簡だったけど)をすべて押収し、秦王朝全体に存在する軍隊・食糧・人口そして役人の組織などすべてを把握したことが、漢王朝の興隆の元になったのは有名な逸話だが、ドイツ軍の首脳部はこの故智を知らなかったのだろう。

以上の意味で、モスクワ攻略を、戦力の充実している前半にしなかったのは、大失敗だったと言える。
 
 ------------------------------
日常生活でも受験でも「これとそれができたら、残りのあれをやる」というのはよくあることで、わからないでもないし、普通はそれで問題はない。
 
でもその「残りのあれ」が「諸悪の根源」なら放置や後回しすることは絶対に不可!だ。最初に=体力と気力の充実している時に、全力をあげて徹底的にそこを叩き、「占拠し」て自分のものにしなければならない。でないと、 後から後からわんさかと問題が噴出してきて、収拾が付かなくなる。

例えば数学の因数分解や一次関数、英語の各時制・助動詞の否定文・疑問文への転換、あるいは動詞の不規則変化などがそうだ。めんどうでも最初に絶対にやってしまわなければ、禍根を残すのは必至だ。

有名な「失敗の本質」の文庫版、P268にこうある。
「いかなる軍事上の作戦においても、そこには明確な戦略ないし作戦目的が存在しなければならない目的のあいまいな作戦は、必ず失敗する(中略)。本来、明確な統一的目的なくして作戦はないはずである。ところが、日本軍では、こうしたありうべからざることがしばしば起こった」
ドイツ軍もやっていたんですね

-----------------------------
そして決めることができる時に、決めてしまわなければならない。
 
どっちに合格するのか不明な時は、確実な方に合格を決めてしまわなければならない。
 
もう少し成績が伸びれば…いけるかも…、という希望的観測をはさんではいけない。受験日がずれていればいいが、そうでないときは、心を鬼にして、合格できるほうを取らせるのが親・保護者の役目だ。ただし本人の納得済みであることが前提だが。
 
This is best.を貫徹して、Next will be better.は受験には危険な考えだ。

----------------------------- 

と、ここまで書いたところで疲れてきた。
「『そうだろうな』と思った1つのこと」は、なんだか長くなったので次回に続けます。

最近更新がないので少し残念なのですが、以前紹介した「ハッピーエンドを前提として」なんですけど、少し悲しい記事が出ています。

うーん、最近の若い人、あまり考え過ぎない方が良いぞ~と老いぼれた当方は考えるものです。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m