前回の報告で「戦争も文化の一つ」と述べたが、少し雑なので言い直すと、
戦争の遂行過程も、その地域に住む人々の文化の形態を表す」がより正確だろう。

例えば日本人は守るのは割合に上手だが、攻撃となると下手な場合が多い。これはサッカーなどでもよく見受けられる。逆にアメリカは攻撃は上手だが、守りになると少し下手だ。

これは大陸国家か海洋国家か、あるいは国の成立過程などにも影響していることが多い。やはり基礎教養として、大学とか高校3年あたりで勉強しておく方が良いだろう。
 
------------------
ヒトラーとスターリンの為人と生い立ち

さて「『そうだろうな』と思った1つのこと」だが、独ソ戦は最終的にはソ連の勝ち、ドイツの負けに終わったその最大の原因はやはり指導者の資質の差によるものだ、と本書「独ソ戦史」は述べる。私もその通りだな、と考えた。

私の知る範囲ではアドルフ・ヒトラーは「より感覚的」な人間で、ヨシフ・スターリンは「より理性的」な人間の印象が強い。そして怒るとかなり怖いし、2人とも猜疑心が強く、はっきり言えば狂人か、狂人と紙一重だ。

また共通して言えることは、2人とも「挫折経験」が強い。
ヒトラーは画家志望だったが夢を果たせず、スターリンは学費が足りなくて神学校を退学している(ただし父親の反対も強く、援助を打ち切られたのが原因)。

スターリンはその後、棄教、つまり「神は死んだ」として共産党員になり、破壊活動に身を投じているし、ヒトラーは1921年(日本なら大正10年)にナチス党員になった。その後の2人の人生行路は平和な世が続いたなら単純に「犯罪者」で終わったかもしれない経歴を持っている。つまりテロリストだ。

対してペイペイの(死語だな)下っ端はともかく、将官級の上位軍人は、士官学校を出てキャリアを積み重ね、出世していく=階級が上がるエリートと言って良い。士官学校自体は学費が安いか、免除制の場合が多いが、士官学校に合格するには勉強ができないといけないし、勉強するためにはお金がかかる。子供の教育にお金がかかるのはいつの時代でも同じだ。

そもそも士官学校に合格するには最初からハイレベルの「元が違う」素質も必要で、アホでは無理なのである。要するに「切れる奴」がごろごろしていると考えて良い。

-------------------------------- 

現代日本でも東大に入るには、小さいころから費用を惜しんではならないのは常識だ。かのホリエモンこと堀江氏も「東大に入って驚いたのは、裕福な人の子弟がたくさんだったこと」とどこかのインタビューに答えていたことを覚えている。

独ソ戦当時のドイツの有名な将軍などはたいてい「フォン」が付いている名前で、ああこの人は貴族階級だなとわかる人も多い。その家系や一族にも軍人が多いし、ついでにいうと貴族風のイケメンも多い。

ただしソ連の場合は、農民赤軍に参加してまさに「一兵卒」からのたたき上げで、相当の高官、ひいては元帥まで出世した人もいるから、一概には言えない。ただそういう人でも途中から、士官学校みたいな教育機関に一時的に所属し、勉強をして、さらにそこから出世しているから、「エリート」という称号を与えても、単純に間違いとは言えないと思う。「一次試験は戦場で済ませた」わけだ。また元々「ロシア帝国の軍人=士官学校卒」だったので、素人の多い農民軍にスカウトされて出世した人もいる。

--------------------------------

ヒトラーもスターリンも2人とも権謀権術を駆使し、政敵を葬って、権力の頂点に達したが、相当のコンプレックスを周囲に対して持っていたことは間違いないだろう。スターリンはグルジア(現ジョージア国)系だから、もろに民族差別も受けている。

現代の政治家も同じで、選挙を通じて政治を担っても、下支えをする官僚の方が相当優秀で、気後れしている人が多そうなのと同じで、敵より味方に負けないぞ、と気負うことが、ヒトラーもスターリンも数多くあったのは記録に残っている。

こういう人が頂点に立つと、絶対にやるのが大阪弁で言う所の「ええかっこしい=見栄っ張り」と、「出しゃばり」だ。

ただし私はコンプレックスを持つことが悪い、と単純に言うつもりはない。誰だって何かしら劣等感を抱えてる。そしてそれをばねに人生を切り開くことも多い。日本歴史の英雄なら羽柴秀吉も、伊達正宗もそうだったし、チェーザレ・ボルジアも似たところがある。
 
----------------------------
大粛清

さて独ソ戦である。
実は前半の前半のドイツの快進撃のウラの理由が、スターリンの「大粛清」だったことは、私も知って
いた。「それ何?」という人に簡単に説明すると、権力を握ったスターリンは、自分の地位を脅かしそうな人にかたっぱしから「国家反逆」とか「スターリン暗殺」の容疑をかけて、粛清つまり殺害していったのだ。
 
中には無実でない人もいたかもしれないが、とにかく多くが殺されたり、辺境の収容所へ押しこめられ死んでいった。「安政の大獄」のパワーアップ・ワールド・バージョンで、暗黒の時代と言って良い。この時期のソ連に生まれなくて良かった。私みたいな文句言いは、あっと言う間に密告されて、シベリアの収容所行きは確実であろう。

それはソ連軍内部にもおよんで、歴戦の軍人≒人気のある人から粛清されていき、人材が完全に不足していたところを、ドイツ軍の「バルバロッサ作戦=電撃戦」の餌食になってしまったのだ。

スターリン自身は軍隊経験はなく(なかったと思う)、軍事に関しては素人だった。だから独ソ戦の開戦当初は慌ててあちこちに指令を直接出して、それが原因で余計に混乱した、と本書にはある。「指導者が狂うと全体が狂う」の良い例だ。
 
ヒトラーの方は「モスクワ攻略」のあいまいさはまだ露呈していないから、最初は余裕しゃくしゃくだったが、前半の前半の中盤ぐらいから前報告で述べた「情報不足」が効き出す。

-------------------------------- 

「モスクワ攻略」を見送った最大の理由

「敵戦力の殲滅を成し遂げて、相手国を屈服させればそれでオッケー」がその時のドイツ軍の「勝利の方程式」だったことが、モスクワ攻略を見送った最大の原因だ。つまり前面にいるソ連軍を「殲滅」すれば、後は無人のロシア平原が広がるだけだ~楽勝だ~と考えていた。

で、ドイツのスパイたちはソ連軍は約200~250個師団と推測して報告していた。しかしドイツ軍の前に現れた数は、前半の前半で350個師団以上だったことが、誤算の第1歩だった。

無敵ドイツ軍ともあろうものが、なんでこんなことになっただろう?原因はドイツの諜報部員、スパイたちはモスクワにある政治資料しか調査していなかったと思われるのだ。このことは本書には書いていなかったから推測だ。諜報部員はそれなりに頑張って、ソ連政府中枢まで入り込んでいたのだろうが、戸籍まで調べる余裕がなかったのではないか?

もちろん現代のようにコンピューターで管理しているなら、ハッカー行為で一気に、短時間で取得できるが、当時はそれこそ紙だし、革命騒ぎで重要書類は紛失したり紛れ込んでいたかもしれないだろう。

でも現実には各地から徴兵されてきた青年たちが次々に銃を取り、スターリングラード、ミンスクなどの重要拠点を攻撃しているドイツ軍の前に、倒しても殺しても、どんどん出現してきた。中盤になるとシベリアにいた部隊=シベリア軍団まで登場してきたぐらいだ。
 

garupan
 (↑  現代で戦車戦といえば『ガルパン』ですか?)


つまり戸籍は、中央ではなく、地方に分散して存在していたことになる。きっと中央には徴兵命令が法令に合致し、正当で有効であることを示すコード番号などだけを置いていたはずだ。これでは正確な人数を把握するのは不可能だ。

----------------------------

現在でもロシアには13人の(だったと思う)地方大統領がいる。各地はそれぞれ行政権限を任されたシベリア地方大統領、ウラル地方大統領によって執務を受けている。これはロシアの伝統的な統治方法なのだと考えられる。なにしろロシアは広すぎるので。

そしてスターリンやモスクワにいる中央幹部からの命令、あるいは地方首長の自発的手段によって新兵の徴兵はスムーズに行われ、あっという間に補充された、と私は推理している。

だから、卑しくも諜報部員なら実数は不明でも、戸籍が存在することはキチンと確かめて「地方には戸籍があって徴兵されると人数が多くなるから注意されたし」ぐらいは報告しておくべきだった。あるいは人口が多いと思われる地方にも赴いて、どういう地方自治をやっているのか、観察するぐらいの熱心さがあってしかるべきではないか?

どんな国も首都や都会だけ見ていても、内実はわからない。現在、アメリカでトランプ大統領に反対する人たちの映像が良く流れるが、ニューヨークだけ見ていてもアメリカのことがわかるわけがないのと同じだ。

織田信長は相当の能力のある、将校級の侍を各国の偵察に放っている。伝説では、羽柴秀吉や明智光秀もかり出されているぐらいだ。彼の気質にもよるだろうが、ここまで徹底しないと、戦国は勝ち抜けないのだろう。
 
---------------------

「これは出ないだろう」というのに限って、よく出るのは勉強でも同じ
 
猜疑心・疑心暗鬼というのはこういう時に使わなければいけないが、人は希望的観測というモノがとても好きで、それによって狂う。パンドラの罪はこの「希望」という感情を世の中に放出してしまったことだ。ドイツ軍は「希望」に砕かれてしまったと考えられる。


tiger

(↑ 実物写真だと、何だか生々しいので、昔懐かしい、プラモデルで我慢してください)

ドイツ軍の主たる将軍は日記に「倒しても倒しても、蟻のごとくソ連兵は湧いてくる。確かに彼らは新兵で未熟だけれども、その数は無視できないぐらいに多い。もはや我が軍の勝利は神のみぞ知る運命になった」と記していることが本書にはあった。無限の回復力を持つ軍隊の恐怖は、それを体験した者でないとわからないだろう。

「勝手が違う」敵に初めてドイツ軍はぶつかったのだ。

で、無限に湧いてくる大多数の兵士たちの奮戦と、ロシア特有の地形を味方にした戦車部隊の運用や、ロケット・大砲部隊の活躍など、有能な将軍の戦闘指揮によって初期の修羅場を何とか凌いだスターリンは、軍の方針には口出しをすることをやめて、戦争の進め方については軍部の意見を尊重し、裁可するだけにして、クレムリン(アメリカで言うならホワイト ハウス)の執務室で、全ソ連の政治や、行政執務を遂行することに専念した、と本書は紹介している。


t34

そして冬を迎え反撃の準備を整え、同時に政治家としては、アメリカやイギリスに外交の手を伸ばしている。もちろん1939年のノモンハン事件以来、敵対関係にある日本に対しても、ゾルゲなどの諜報部員を駆使して動向を探るのも忘れてはいない。「後ろを突かれてはやっかい」だからだ。

ちなみに「ロシア特有の地形を味方にして戦車部隊の運用」を駆使した「有能な将軍」とは、ノモンハン事件で日本軍に大打撃を与えた将軍と同一人物だ。彼は日本軍を相手に「近代化した機動力のある戦車集団の運用とソ連だけができる『味方の人命を無視した突撃作戦』」を実験した人だった。
 
彼の作戦能力をスターリンは高評価して、今度はドイツ軍との戦闘を任せた。名前はジューコフという。顔写真を見ても「図太そうなオッサン」だ。農民赤軍に身を投じ、一兵卒からの叩き上げで元帥にまで昇進し「救国の英雄」になる。

----------------------------
スターリンという政治家には批判の声がすごく強いが、ここが彼の凄味であることは素直に認めなくてはいけない。事実ここの急場を乗り越えた彼は、1950年まで全ソ連の権力を把握したまま天寿を全うし、ヒトラーは1945年に首都ベルリンを攻略され敗れて自殺するのだから(ただし別人説あり。次回で紹介するかも)。



katyu-sya

(↑  飛んでくる音がすごいので『スターリンのオルガン』と言われたロケット砲)

一方、フランス、ギリシア、ポーランドなどに通用した戦法である「無敵の最初の一撃」を凌がれて焦ったヒトラーは「モスクワ攻略」に作戦を切り替え、全兵力を向かわせることにしたが、もはやうまくいくわけではなく、あちこちで一進一退を繰り返すことに我慢ができなくなり、指揮官を無理やり交替させたり、左遷したり、作戦に口出ししたりして、余計に混乱を招くことになった、と本書にあった。

これが「そうだろうなと思った1つのこと」だ。
 
-----------------------

調子の良い時は、指導者が黙っていても、極端な話、寝ていてもなんとでもなる。

真価が問われるのは、調子が悪くなったとき、逆境に陥った時だ。そしてできる限り、逆境に陥らないようにするべきだ。

中学生でも高校生でも、いや小学生を含む受験生全般でも良い。指導者・指揮官は自分自身だ、という自覚を持つことから始まる。誰でも調子の良い時は、何をやってもうまく行く。だがその時にこそ、自分の苦手な、あるいは全く手を付けたことがない分野に、手を付けて、自分の手法やレベルが対等に通用するものかどうかを確かめる≒情報を手に入れておかなければいけない。

もし全然肌が合わないな、と感じたり思った時は、こちらから肌を合わせる必要がある。特に理系だと、高校2年で勉強する「数列」は「今まで出会ったことのないわけのわからん数学の世界」だ。ある塾生のセリフを借りれば「正解の形がわからない、変な分野」だ。
 
でも案外小学生が解く中学入試問題にヒントがあったりするし、毎日見ているうちに、公式に慣れてくるはずだ。

英語でも否定構文と比較構文の融合分野は難しいが、パターンを覚えることで突破孔が開く。

そして開戦する時期=未知の学習分野に突入する時に余裕を持って向かわなければいけない。でなければドイツ軍やヒトラーのように自滅することになるであろう。


----------------------

もう少し続きます。
ようやっとこのへんは寒波が去ったみたいで。もし鳥取とか豊岡の住民だったなら、腰痛で唸っている事態になっていたでしょう。しかしあの除雪作業はもう少し機械化が進まないのでしょうか。

では今日はこのへんで失礼します。

 m(_ _)m