10人と5人がケンカをするとして、普通なら2:1だからこのまま10人がまとまって5人に襲い掛かれば、5人側には勝ち目はないだろう。
 
そこで5人側が、囮≒贄兵とか、うその情報を流して10人を分散させてしまえば、勝機が生まれる。5人はまとまったまま、10人側の一番少ないグループから襲えばなんとかなるし、引き分けに持ち込むことも可能だ。

「戦力・兵力の分散」の逆は「戦力・兵力の集中」で、戦略・戦術の基本だが、最初は忠実に守るのに、勝ち進んで行くにつれて、忘れがちになるか、相手の術中に陥って、結果、痛打を喰らい、最終的な敗北の大原因になることが歴史上多いのは興味深い。

---------------------------
 前置きで「ミッドウェー海戦」なんかどうでしょうか
 
今回、題材にしている独ソ戦もそうだが、高校の世界史や日本史の教科書に、必ず掲載されている1942年の「ミッドウェー海戦」も「戦力分散と戦力集中の差を見せた戦い」の一つだ。この戦いについては、学校の普通の授業中にも、きちんと説明をして「君たちは、こんなことしたらダメだよ」として、「要は結果ですよ」と締めくくって、教訓にして欲しいと思う。


 
midway0

 
日本側はハワイ真珠湾奇襲の機動部隊を、航空母艦4隻と2隻の2つに分けて、ミッドウェーとアリューシャン列島に派遣したが、これが大失敗だった。というのは、ミッドウェーには、アメリカの航空母艦は2隻いる、と日本は見込んでいた。しかしアメリカ側は、暗号解読に成功していて、突貫工事で修理を終えた1隻を加え、さらにミッドウェー島自体にも、空母2隻分の飛行機をたくさん移動させた「戦力集中増強策」を採った。ただしこの時点では、アメリカ海軍は「やられっぱなし」なのに、それでも、自分たちより数が多くて、錬成度も高い強敵に立ち向かった敢闘精神は、素直にすごいと認めなければならない。

当時、日本の航空母艦には飛行機が100機以上積載できたが、アメリカ側は多くて60機前後だったから、日本海軍首脳部は4隻で十分、と考えたこともある。しかしそれでも日本側が、もしミッドウェーに4隻ではなく、6隻の航空母艦をまとめて派兵していれば、6対4の兵力で戦えた。この海戦についても、そのうちに詳しく触れるかもしれない。私の「戦争を観察する趣味」の、発端になった海戦だったからだ。

-----------------------------------
 どこが「戦力・兵力分散」だったのか

さて独ソ戦だ。
独ソ戦は下の地図に表した北方の赤い点 レニングラード・現在のサンクトペテルブルクを狙う北方軍団、南方の赤い点 カスピ海附近のコーカサス・現在のカフカス山脈を越えたところにある、油田地帯を狙う南方軍団、そしてロシア平原の中央を進撃する中央軍に分けられた。アベノミクスや毛利家の家訓みたいに、「3本の矢」がソ連に向けて放たれたイメージだ。


dokuso_image01


油田の方はわかるけど、なぜレニングラードか?だが、ここにはソ連の軍港=海軍の基地があって、海軍の弱いドイツが、バルト海での制海権をめぐって苦戦していたからだ。
 
バルト海は、ドイツの友邦国フィンランドとの交易船が行き来する海域で、戦争経済の資源をフィンランドなど「反ソ姿勢」の国に大きく頼っていたドイツにとっては、レニングラードを陥落させる=バルト海の制海権を握るために、必至とされていた。

「独ソ戦史」によれば北方軍=レニングラード方面は26個師団、南方軍=油田地帯攻略軍には 39個師団、中央軍団は49師団で、3つの軍団で合計300万人以上が、初期に投入された。現在の陸上自衛隊全員で30万人だから、すごい数だ。
 
------------------------------ 
  「~したら次に…」という曖昧な命令は厳禁 まずは目の前の敵を粉砕する
 
だが、問題は中央軍団だ。これは現ベラルーシ国にある、当時はソ連側の要塞や重要都市を陥落させるために派兵された。この地に存在するソ連側の軍隊が、北方軍や南方軍の邪魔をすると困るから、が理由で、これはこれでわからないでもない。
 
しかし進路上に緑色で示された湿地の平原が広がるために、戦車の移動が困難になる=スピードが遅くなると思われ、重要要塞や都市を陥落させて、「兵力に余裕があればどちらかの軍団に合流・参加する」ということになっていた。
 
こういう「どっち付かずの部隊」は「働いていない」ので、遊んでいる=「遊軍」という。私はこの時点で、すでに失敗が始まっていたと思っている。事実、あれこれと攻撃目標が、この後変更され、1944年の7月に事実上、壊滅してしまうのだから、最初の狂いは本当に問題だ。

下のイメージのように、ケチケチせずに、ど~んと太い矢印でまとまって最初からモスクワ攻略を目指していれば、仮にロシアの冬が襲ってきても、十分ドイツ軍には勝機があったと思う。

dokuso_image02


これは勉強の時にも、絶対に忘れてはいけない。
特に教育者≒学校の先生(これには経験の浅い塾講師なども含む)は、戦争の話はあまり好きではないので、当然、具体的な戦法のことは知らないことが多い。そして理想家≒現実を知らない人が多い。だから知らずのうちに、平気で「戦力・兵力分散」をやる。具体的には、次の試験には出ないようなことを、貴重な時間を浪費して学習させたり、先走って別の分野を勉強させたりする。または宿題の量を調節しないで、負担を課したりを平気でやってくる。
 
あるいは英語を勉強するのに、「文法」「読解」「作文」「会話」など、たくさんコースを設けて、とにかくテキストをたくさん渡して勉強させ、結局は「どっち付かず」の結果になる。つまり「戦争のやり方を知らない」からこうなるのだな、と当方は観察している。

こんな指導者に当たった生徒は災難で、独ソ戦にかり出されたドイツ軍兵士や、ミッドウェー海戦に出撃した海兵みたいなもので、「無駄死」は必然だ

親・保護者は「戦力・兵力分散」をする教師かそうでないか、そんなコースを設置している学校かどうか? を見極める必要があるだろう。悲劇が起きるのを防がなければいけないのだ。

-------------------------
 「モスクワ攻略」を成し遂げた後の展望は「親独政権の樹立」だろう

さて前にも述べたが、スターリンを捕縛・処刑するか、追い出して、モスクワを完全占拠した後は、傀儡政権でもいいし、ロマノフ王朝の生き残りの人(と自称する人でもいい)でもいいから、「親独のロシア正統政権」を押し立てて、各地に散らばるソ連軍団に停戦命令を下すなり、仲の悪そうな地方同士を噛み合わせるなりして、ソ連国内に混乱を起こす手を、なぜドイツ軍は考えなかったのか? 不思議でならない。

スターリンは「大粛清」で恐怖政治を敷いていた。当然不満分子は多い。付け込む隙は、いくらでもあったはずだ。ましてや共産党政権発足で、20年しかたっていない。ロシア民衆には、アメを与えて懐柔して、ゆっくりとウラル山脈西側を統治していけば、何年でも居座れたかもしれない。

「敵の中に自兵を作る=敵国内に混乱を起こす」のも立派な戦法だ。そうなれば、わざわざ、さらに寒いレニングラードに出かける必要もなかったのに、と考える私は素人なのだろう。素人が偉そうに、と軍関係者やミリオタ関係者は非難するかもしれない。しかし素人が、疑問に思うことを解決できない専門家は専門家とは言えない。

----------------------------
もっとも当時のドイツ軍側に立って考えれば、こんなセコイ考えを持つ作戦家は排除されたのかもしれない。なにしろ「向かう所敵なし」で、外国を攻めれば最長1か月で屈服させてきた「無敵ドイツ軍」だから。
 
でも「物理的に相手を打ち砕く=戦術で勝つ」という硬直した戦法に偏ってしまっていたことを意味する。これは現在のアメリカに近いものがある。イラクしかり、アフガニスタンしかり、戦闘は終わったが、その後の統治はすべてうまく行かず、投げ出している。
 
------------------
 ソ連=ロシアの戦法は「常識はずれ」、でも彼らには常識というか普通
 
さらに前回「勝手が違う敵と遭遇したドイツ軍」と述べたが、ソ連=ロシア側の戦法も、ヨーロッパの常識では考えられないものだったことを少し紹介しておく。

彼らは「一撃後に撤退」と「陣地拠点主義」とを、混ぜ合わせた戦法だった。つまり敵軍に一撃を与えるか与えられたら、さっさと逃げ出す。そして後方に退いた後、そこに拠点を作って、再度敵軍が攻撃してきたら、一撃を与えて、またさらに後方に退く、これを際限なく繰り返す。そして敵軍が「攻勢終末点」の限界を超えたのを見計らって、大軍を繰り出して、結果、相手を殲滅するという戦法だ。

ボクシングで言う「ヒット・アンド・アウェー」と思えばよい。

これは古代中国の漢の時代に、それぞれの皇帝たちが匈奴相手に手こずった戦法でもあった。明の永楽帝も同様だ。北方の騎馬民族、主に匈奴たちは、広い荒野をそれこそ「海」のように使って、どこか見えない所に拠点を持ち、神出鬼没の戦法で、漢や明の軍隊を翻弄した。漢王朝は和睦することで匈奴の進出を押さえたし、明の永楽帝は無理が祟って、荒野で死んでいる。

近い過去では、ナポレオンがやはりロシア遠征の時に「冬将軍」にやられて、政権の命運が決まってしまった。

----------------------------

広い国土を持つロシア≒ソ連だから、できる戦法だ。
広いから当然人口も多く、「人命軽視」の作戦も取れる。そして「泥臭く、気長に」戦法を遂行する、やっかいな国だ。

前の戦争で、シベリア抑留にあった日本兵士で歯科助手だった人が、シベリアでソ連兵の歯の治療に従事していたとき、乾きにくい接着薬を使って(粗悪品が多かったらしい)義歯をくっつけることをやった。その時冗談で「一日中、口を開けて、太陽の光を当てていれば、くっつくだろう」とアドバイスしたところ、本当に、そのソ連兵は半日口を開けていた、しかもそれを他のソ連兵は誰も笑わなかったというエピソードがある。

痛みや不便に鈍感で、苦痛をなんとも思わない、そういう国の国民であることがわかる。

-------------------
 勉強でも「分野」の成立は「文化」の違い
 
文化の違いは、恐るべき差を生み出す、良い例だ。

繰り返しになるが、勉強でも同じだ。
分野が違うと、同じ科目の中でも、「文化」が違うから「勝手が違う」場合が多い。数学なら方程式などの分野と、関数と、図形と、確率は、全然「勝手が違うはず」だ。英語でも、中学3年の中盤に習い始める分詞の形容詞的用法から関係代名詞は全く「勝手が違う」分野だ。
 
高校数学でも英語でも同じだ。
そして最後はそれらが融合して「最終形態」へと発展する。一つでも錬成度が劣っていると、そこを突かれて、崩壊することもある。

もちろん以上のことを生徒≒子供は知らない。だから先生≒大人が指導し、アドバイスする必要がある。しかし新学力観の元で育った教師は、どうもそのあたりが弱い。よくできる生徒≒勘のいい子供なら、どんな教師の下でも大丈夫だが、そうでない生徒の場合は危険度が増す。

親・保護者は、そこを見極める必要があるだろう。

------------------
あと1回「独ソ戦」は続きます。

北朝鮮の支配者の兄が暗殺されたことで、マスコミはお騒ぎですね。でも浮世離れした私は「戦国時代や鎌倉時代はあんなことが日常茶飯事に起きていたのだな~ ( ´_ゝ`)フーン 」という感想ぐらいしか持っていないです。

武田信玄は父親を追放し、息子を殺しているし、織田信長は弟を殺しています。
源頼朝は弟の義経や、恐らくは範頼も殺害しています。

世界歴史だと、オスマン・トルコ帝国では、ある人が帝位を継ぐことに決まれば、その兄弟は全員殺されることが、(((( ;゚д゚)))アワワワワ    慣習化していました。

まさに「天に太陽は二つ無く、地上に王者はただ一人」なわけですが、あの国は21世紀になってもやっているから、ある意味「伝統を守っている」のかな~と。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m