さて毒素、いや独ソ戦だ。
今まで、戦争を仕掛けたドイツ側を主に見きたので、次にソ連側も批判するところは批判し、褒めるところは褒めようと思う。一体私は何様であろうか、という議論は措いておく。

まず前半の前半の為体(『ていたらく』と読み、あまりいい意味では使わない。しかし最近言葉が乱れているようだ)はひどいものだ。私はこのありさまを「独ソ戦史」を読みながら、まるで小学校気分で中学の定期テストを受けて、めちゃくちゃな点数を取り、「どうしよう」と茫然としている中学1年の生徒みたいだなと感じた。ホントに悪い癖だ。

------------------------
当時のソ連の状態は共産主義国化して「皆が平等」と言う空気に包まれていた。

これは軍隊の中でも同じで、一兵卒でも中佐でも大将でも元帥でも「平等」で、階級そのものが廃止されている部隊もあったと「独ソ戦史」には書いてあった。
この時のソ連軍は、はっきり言ってアホである。
しかし当時は大真面目に考えていたのだ。
それだけ「階級社会」や「民衆と貴族との差別」に苦しんでいた世界がロシア帝国だった。私も踏んづけられている立場だったら共産主義革命に、喜んで飛び込んでいったかもしれない。
 
でも、どうやってこれで戦え、と言うのだろう。

-------------------------

そして「大粛清」の結果もあって、弱体化した軍装備・指揮系統の混乱・敵情の無把握など「数え役満」で、あっという間に戦線は崩壊した。まあ当然と言えば当然だ。
繰り返しになるが、私にはまるで小学校で「仲良しこよし」「皆平等」でごまかしてきたのが「中1ギャップ」で痛い目、あるいはひどい場合だと粉砕された人たちと同じように見える。

とにかく独ソ戦開戦初期のソ連軍は、まさに「フルボッコ状態」で、生き残った兵士は命からがら逃げてきた。で、こんな状態からどうやって持ち直し、挽回して、最終的にはドイツの首都 ベルリンを陥落させる「完全勝利」を得ることができたのか?

勉強でうまくいかなかった人に対するヒントはないだろうか?と考えてしまうわけだ。

-----------------
指揮官を交替するとは、自分を変えること。
 
まずソ連軍は、というより独裁者スターリンは、負けてしまったり、逃げ出してきた指揮官を降格処分あるいは処刑してしまった。人の命を預かる軍人が、不様なことをしてしまったのなら、仕方のない話だ。

ただし、降格処分は仕方がないにしても、処刑は行き過ぎだろう~そもそも能力がないのにおべんちゃらを使って取り入った者を登用したり、能力があっても、自分の言うことを聞かなかった人を「大粛清」したのはスターリン自身だから、自業自得なのに、とは思う。

次に軍幹部の中で、有効と思われる作戦を主張する者たちの中から、比較的ましな者を選び、対ドイツ軍抵抗部隊を再編した。幸いドイツ軍は補給が途絶え、途中で停止していたので時間が稼げたのが大きい。

まず「指揮官を交替すること」、これを勉強する人に当てはめたら「自分の意識を変えること」と「やり方を変えること」になる。今までのやり方が通用しないことを素直に認めて、新しい方法を「輸入」する。明治の時に、日本が積極的に西洋の方法を取り入れたのと同じだ。

中学英語でつまづいたのに、自分のやり方に固執しているオバカさんがよくいる。小学校の時は「連続」していたり「積み重ね」が意識されることが少なかったから、もし何かがうまく行かなくても、次の分野でがんばれば、挽回ができた。ただし挽回した、と思っているだけで「その分野ができていないことに目を瞑る」が、習性として染みついてしまっているのだ。

でも中学と高校の勉強、特に英語・数学はほぼ完全につながっていることに、気が付かなければならない。だから通用しないような策は、きっぱりと切り離す決断が必要になる。

----------------
無駄なモノ・役に立たないものは切り離す

これは、人体で喩えたら、腐ってしまった部分は悪影響をもたらす前に切断するのと同じだ。

現実の世界では切断された部分、特に腕や脚などはもう生えてはこない。iPS細胞の研究が進めば、可能かもしれないが、現在では無理な話だ。

学習・勉強の世界でも、腐ってしまった「腕」「脚」を思い切って切り離してしまう必要がある。しばらくは「義手」や「義足」でなんだかぎこちないが、ある日むずむずするから義手・義足を外してみると、小さいけれど生の腕や脚が生えきているぞ! という面白いことが、学習・勉強の世界では多々ある。
 
そして「栄養剤」を適切にうちこめば、今度は「鬼腕」みたいになった!ということもある。このように「腕」や「脚」が再生することも学習・勉強の世界ではよくあることだから、傷ついたり、腐ったりして使い物にならなくなったものは、さっさと切り離してよろしい。

----------------------
時間を稼ぐ

さらにスターリンは、兵器生産を担当している者から情報を集め、1年ぐらいあればドイツ軍に対抗できる兵器を開発できることと、アメリカからの「レンドリース法」で「援助物資」に多数のトラックが望めることを知って、まずは「時間稼ぎ」を目論んだ。

そこで「一撃離脱・後退」の戦術と、取り敢えずは、今ある戦車や大砲を可及的速やかに前線に送り、集結するように指示を出して、とにかくドイツ軍の進撃を止める「嫌がらせ」の戦法に出た。もちろん自分1人ではなく、ジューコフや他の将軍の発案でもあった。

------------------------------------
ここにも大きなヒントがある

完全に押し込まれて、相当深いダメージを負ったとしても、時間を稼ぐことと、今自分が持っている「武器」を点検して、それらを集結すること。勉強で行き詰った人は、まずこれをやらなければいけない。

英語なら単語は覚えることができるが、文の作り方がわからないのか、それとも単語も覚えられないのか。

数学なら計算はできるが、関数はだめなのか、それとも計算も危ういのか、と点検しなければいけない。高校数学なら、自分が躓いていて、その影響が大きい分野はどこなのか?と探らなければいけない。闇雲に勉強を始めても消耗するだけだからだ。

時間を稼ぐこと=時間を増やすことであり、無駄な時間を削ることでもある。つまり部活や、やりたい活動は少し自粛をすることになる。時々、成績は上げたいが、部活は休みたくない、という欲張りな相談を持ち込まれるが、これほど甘えた主張はないな、と思っている。しかも本末転倒も甚だしい。

世の中は、特に中学・高校の世界観・価値観は大きく変化している(あえて進化とは言わない)。スポーツ「だけ」とか勉強「だけ」というのはもう時代遅れで、スポーツ「も」文化的な活動「も」そして勉強「も」できるようになれ、という要求が大きくなってきている。

スポーツ推薦でもあんまり「アホの子」「脳味噌が筋肉」の人は「ちょっとね~」と最近避けられる傾向にある。理由は簡単で、近年明らかになってきたアスリート界での不祥事を根絶するためには、「今いる指導者の意識改革を促すが、ダメな時は思い切って処分する」と「将来、指導者になってくれそうな若い人材の教育を徹底する」がセット対策だからだ。禁煙や麻薬撲滅と手法は同じであり、こんなことは、誰でも読める展開ではないだろうか?  

もちろん、個人的には「普通の生徒に、そんなこと可能なのか?」と疑問に感じているが、世の大勢には逆らえない。また日本人は世界に対して数が少ないので、1人1人がしっかりしていなければいけない、という要請もあるのだろう。

私自身はどーでもいいが、今現在、中学生だったり、高校生だったりする人たちに、無視はできない風潮だ、ということを親・保護者がちゃんと認識しているのかな~と、さきほどの相談の時には感じたりする。

----------------------

閑話休題

そうやって「敵を知り、己を知り」ながら、反撃の機会と力を蓄えること
時には外部から「援助」を得ることも重要だ。これは家庭教師・個別指導・塾などにも救援を求めることと同じだ。面倒だと思っていると、もっと面倒なことになる。

スターリンはジューコフ将軍やティモシェンコ将軍などに命じて、ドイツ軍の戦車の弱点を知るために鹵獲(戦場で捕獲したこと)したタイガー戦車を徹底的に解体・研究して、「横」は強いが、「上」の構造が甘いことを突き止めた。同時にガソリン消費量と移動距離も計算した。

この後の将軍たちの作戦は、ソ連戦車部隊を囮にして、ドイツ戦車部隊を狭い場所に誘い込むこと。その後、上空で待機していた飛行機からの爆撃や、測量数値を受け取った大砲部隊、ロケット砲などで砲撃して、タイガー戦車の破壊に成功するようになった。ただし味方がいても、諸ともに打つから、砲撃が始まると、ソ連戦車は逃げるのに必死だったという。
 
yaku07


アメリカから受け取ったトラックは、物資や兵員の輸送に使うだけではなく、ロケット砲をトラックの上に固定して乗せて、機動力を上げておいた。前回紹介した「スターリンのオルガンことカチューシャミサイル砲」のことだ。なんでも組みあわせる工夫が大切で、一次関数と図形、漸化式と確率の融合問題みたいなものかもしれない。これが将来、イラン・イラク戦争で「標準装備化」される「スカッドBミサイル」の原形でもあろう。

このような重砲部隊は戦車の砲撃の届かないところに待機していて、飛行機からの情報に従い、最大角度で打ち上げ、弾がそれこそ「真上」からタイガー戦車目がけて落ちてくるように打つわけだ。これではいくら無敵のタイガー戦車でも堪ったものではないし、仮に直撃を免れても、キャタピラとが破損してしまえば、後はタダの「鉄の固まり」に過ぎない。また燃料切れで立ち往生する場合も増えた。

味方ごと打つのはめちゃくちゃだが、いくらでも兵員の補給はきく「人命無視」のソ連軍だから取れる作戦でもあった。こんな国を相手に戦争してはだめですな。

-------------------------------
「乱戦」に持ち込むことが、勉強では大切。「乱戦」から得る知識ほど貴重なものはない。

教科書の知識だけでは、受験レベルの問題は解答できない。だから少しでも手ごたえのあった問題パターンは、受験問題を引っ張りだしてきて、それこそ、がむしゃらに立ち向かうことが要求される。その時、できない問題パターンに、とにかく立ち向う勇気と執念が必要だ。問題の「突破孔」は案外、簡単なところにあったりするのも面白い。

こうやって「乱戦」に持ち込まれ、停滞してしまったドイツ軍に対して(ドイツ軍もところどころは善戦していたが)、今度ソ連軍は、航空機からの戦略爆撃に切り替え、補給路を断つ作戦に出た。まともな戦車どうしのぶつかり合いでは、まだ勝ち目がないからだ。
 
ただし「戦略爆撃」と言っても、精密なモノではなく、往復のできない離れた物資集積地を攻撃した後は、そのまま別の着陸できるところに降りて、そこで燃料を補給して迂回して帰ってくるという、アバウトなものだったと思われる。この方法は書いてなかったから推測だ。だが、国土が広くて人数も多いと、こんなことも十分可能だから、絶対あったと思う。

とにかく、航続距離ぎりぎりのところにあるドイツ軍物資集積所でも、破壊を徹底して、繰り返しやってのけたのは事実だ。飛行機もたくさん作った。1942年の1年間だけで2万機を超える軍用機を生産したというから、びっくりである。

yaku07_02

 
アメリカに負けないぐらいの「航空機大国」だったのだ。ちなみに「ノルマ」という言葉はロシア語で、当時の軍需工場の労働者に課せられた生産量のことだった、と豆知識も、おひとついかがでしょうか? 実は私も忘れていました  (^^;)

-------------------
どんどん問題を解くことが「補給」

ドイツ軍もソ連軍の補給基地を攻撃しようとはしたが、ソ連軍は兵器工場から食糧生産工場まで、ほとんどすべてを、ドイツ軍航空機の航続距離をはるかに超えたウラル山脈の東側まで、開戦初期に移動させてしまっていたから、ドイツ空軍 栄光あるルフトバッフェも手も足も出なかったという、オチまで付いている。
届かなければそのシュートは絶対に入りません。
ここのところは飯山 幸伸氏の「ソビエト航空戦」に詳しい。

sobiet_koukusen01


次第に先細りになっていくドイツ軍は、折角占領した大都市への補給も断たれ、撤退し、3年後には
ソ連軍は、新型の戦車などを多数揃えた「新ソ連軍」に進化して、その得意戦法「逆襲の大打撃」を受けて、ついにソ連領土内から、追い払われてしまった。まさに「元の木阿弥」である。

どんなに勇猛・優秀な軍隊でも「食糧と燃料と武器の補給」が無ければ、戦うことはできなくなる。
これまた勉強でも同じで、いくら重要なものでも、人間である限り、どうしても忘れてしまうから、忘れないうちに「問題を補給」して継続的に解くということをしなければ、「ガス欠」でアウトになってしまう。

ソ連軍の粘り強さと泥臭さと、そして勝つためには味方に対してまでの残酷さが混じった「反撃戦」を振り返ってみたが、勉強で行き詰まっている人たちはこの「粘り強さ」と「泥臭さ」、できれば「残酷さ」までを見習うべきではないだろうか。

--------------------------
税金の申告も終わってやれやれです。毎年入試の時期と重なるので、困ったものですが、国民の義務なので歯を食いしばってでも、果たさねばならないのがつらい。

保護する子弟に普通教育を受けさせる義務は果たしました。勤労の義務は、たぶん果たしていると思います。いやいや、もっと働けと突っ込まれるかもしれませんが、あまり働き過ぎてもダメでしょう~。なんでもほどほどにしないと。

現総理大臣閣下は、薄っぺらい本性が現れてきて、見ていて楽しいです。
「あの戦争を真剣に、検証し、反省し、今後の発展に繋げる」ということに関して、今こそ、真剣に考えるためにも、あの人と取り巻きの方たちは、具体的には「独ソ戦」を振り返った方がいいですね。

すみません。「独ソ戦」に関しては、もう1回だけお付き合いください。

では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m