年の瀬も押し迫ってきた。欧米では年末はそれほどでもなく、感謝祭のほうが盛り上がるらしいが、年越しを重要視するのはやはり日本人だな、とは思う。

で、この時期になると受験も押し迫ってきて、ふうふう言うのが数学である。以前「最後は数学だなあ」という記事をアップしたので、今回は続編とし「数学がうまく行かない人とその対策」と題して、今年の締めくくりにしたい。

--------------------------
その1  小学校の算数の時から、ず~っとダメという人

これは重傷であり、気の毒な人でもある。そもそも小学校の時からきちんと指導しなければいけない人なのに、親・保護者および学校の指導者、もしかすると塾の先生の怠慢の犠牲者である場合もあるし、本人にもかなり責任がある。

ただこれにも段階があって、教科書レベルはかなりちゃんと覚えていてできるが、それより上になるとダメ、という人はまだなんとかなるかもしれない。

「それより上」とはハイクラスの問題集の発展問題とか、入試改題レベルのことで、これは訓練しないとできないからだ。ある程度の基礎はできているのだから、中学校の数学の問題も「やや難」レベルに挑戦することで練れてくるだろう。

でも小学校の高学年の教科書レベルができない、という人はそれこそ基礎からやり直す必要がある。時々いる「分数の計算ができない」という人でもある。

逃げても無駄なのである。

中学生・高校生諸君は言ってみれば「牧場で出荷を待っている牛や馬(ただし食用ではない)」で、牧場内で隠れたつもりでも、時間が来れば強制的に、外へ出されてしまう。その時に、皆と同じ門から出ようとしても「お前はこっちだ」と別の門へ連れられていき、出てみると誰もいなかった、という悲しい事態が起きる。

そうならないためにも自分を誤魔化しては、絶対にいけないのだ。

---------------------------
その2  慌てん坊やおっちょこちょいな人

能力ではなく性格、あるいは脳の働きの問題だから、中々解決は難しい。分数の割り算なのに、逆数にするのを忘れたり、問題文を読んでいなかったりするのは、何回注意しても治らない人をたくさん見てきた。

数学に限らず、「慌てん坊」「おっちょこちょい」の人は勉強では結果を出すのが難しい。やはり痛い目に遭うしか治ることはない。なるべくすごく悪い点数を取ることを期待して(?)、取ってしまった時に、数学の学習時間を増やす合意を形成するように、持っていくのが最善の策だ。

その時、「1行多く書く」ことをだるいとか、メンドウだと思わないように、としっかり諭す必要がある。

私が高校生で、計算力アップに悩んでいる時、医学部に合格した人に「ある問題を7秒でやる人と、10秒でやる人は、結局10秒の人が勝つ。7秒の人は確実に間違え、2度計算して14秒になるからだ」と忠告されたことが、私には、とても大きかった。

------------------------
その3  国語力≒読解力がない

問題を読んでも何が書いてあるのかつかめない人は、最悪だ。数学より国語、いや現代日本語をきちんと読めるような訓練を受けさせる必要がある。これも日頃から我が子をよく観察して、「こいつアホだなあ~」と思ったら、出口先生の本などを読ませて、訓練する必要がある。

これについては、思いついたことがあるのだが、うまく文にまとまらないので、後日、ここでもう少し追記したい。

------------------------
その4  計算力がない=正確性が乏しい

これは「慌てん坊」や「おっちょこちょい」でなくても、こうなってしまうこともあるから、単純に技術論の問題でもある。計算というのは、数学の途中、あるいは最後を決める大切な要素なのだが、ここを軽視していると、結果的に数学なんかできなくてもいい、と思われても仕方がないことに気が付いていない人が多い。よって厳しく指摘した方が良い。でなければいつまで経っても改善されないだろう。
例えば大問1で(1)~(5)のうち2問しかあっていなければ、「100点満点のテストでは40点です」、と戒めることが必要だ。日頃の積み重ねがマイナスであっては、マイナスの結果しか生まれないということを、びしびし指摘する必要がある。

物理的な矯正方法としては5㎜方眼の紙に、きちんと数字を入れ込んで筆算での足し引きを書く練習から始めて、大き目の計算スペースにやはりきちんと計算を書く、という練習から始めなければならない人もいる。小学校4年生レベルぐらいから、桁数の大きな計算が増えるから、そのあたりの問題で導入するのも、良いだろう。

次に
テストではやり直しが効かないから、1回目できちんと合うように気合を入れる
意識して気合を入れてなくても、入れているのが当たり前の状態になるようにする
間違えたら、最初からやり直しというルール設定とその遵守
も必要だ。

------------------------
その5  図形を描くのが下手

直方体ぐらいスっと描けて欲しいのだが、ぐちゃぐちゃな人が多い。またそれで良い、と思っているところが何とも凄まじい。絵心や美的センスなど不必要なのだが、斜投影図や等角投影図ぐらいは、知っておかなければいけない。

これは小学校で、もう少し手ほどきをしてあげるべきだが、本人に自覚がなかったり、学校や塾で当たった担当が「ハズレ」の場合は、中学校で苦労することは目に見えている。親・保護者が「うちの子はきちんと直方体ぐらい描けるか」と点検しなければいけない。

-------------------------
その6  復習をしないのに、なぜか自分に根拠のない自信がある

そもそも「習う」ことが「自分は知りません」を示しているのに、復習をして、自分のものにしようという行動が伴わない人には、勉強的に未来はない。そのくせ「自分はやればできる」と思い込んでいる人が最近多い。大変困った傾向だ。

こういう人には
あなたには現在のところ大した能力は保持していません。能力は開発されることで発見し、さらに開発して、保持できて、大きくなるものです

そもそも能力があるかないかは、誰にもわかりません。能力は取り敢えず開発してみて、やっとあるかないか、わかるものです。調査段階で『石油がありそう、金がありそう』と出ても、最後は掘ってみないとわからないのと同じです

とガツンと諭さなければいけない。

よって塾に呼び寄せて、強制的にでも「復習時間」を確保しなければならない事態もあるだろう

-----------------------
以上思いつくままに、「数学ができない人とその対策」を述べてみた。1つでも当てはまるのなら、中学1年生の早くから対策をしなければ、どんどん面倒な事態になっていく。新春到来の折に、一つのヒントになれば良いかな、と考えている。

------------------------

平成最後の暮れ、そして正月です。
天皇陛下にあられては、上から目線で大変失礼かもしれませんが
「御苦労をおかけして申し訳なかったです。ご譲位の後は、奥様とごゆっくりお休みなさってください」の二言しかないです。ホント頼りない国民で、申し開きの余地もないです。

今年も色々ありました。
災害に遭遇する年でもあったのは大変残念です。そして、まさか自分が直接の被災者にまたなるとは、びっくりです。まだ看板をどうするのか結論が出ていません。

今日はクリスマス・イブですが、この年になっては別になんの予定もありません。家族との忘年会はすでに12月上旬に済ませてありますし、今日は全員、家内の実家の仕事を手伝いに行ってます。

私自身は、さすがに塾は夕方から全休です。イブの夜に勉強させるほど野暮ではないし、生徒たちには、見たいテレビもあるでしょうから。

明日で、このブログは丸4年になります。
こんなに続くとは思わなかった。

ただ一つ残念なことは VITALs の「1年分野完結」を発表できなかったことです。
いや、できてはいるのです。ですが、やっぱりあれも入れよう、これも入れようと、後から後から思いついてしまって、その点検に追われ、同時に冬期講習では無理があるというもの。

でもですね、こんなものでも購入してくれている有難い人がいるのですよ。
励みになります。
絶対、来月、1月中には1年分野完結を果たします!
そして来年で完成します!

では今日はこのへんで失礼します。

年末寒波で大都市でも積雪かもしれません。
皆さまにおかれましては、来年が良い年になることを謹んで祈念して、今年締めくくりの投稿にします。
来年もよろしくお願い申し上げます。

m(_ _)m