現在、高校生は、積極的に指導をしていない、ということは以前に話したことがある。その理由は、「大学入試共通テスト」の全容が明らかになっていなかったからだ。特に英語の具合がどうなるかが不明だった。不安なのではない。

しかし先週、概要が発表された。
今までセンターではリーディング150点、リスニング50点だったものが、この新テストからはリーディング100点、リスニング100点に配分が変わることになった。そして英検などの外部試験も積極的に評価に取り入れていくのも決まった。

まあ、こうなるだろうな、という予想通りだったが、決まってしまうとアッケない。なんだか利権臭がすごいのだが、そもそも20年以上前に、進研模試が高校に入り込んで以来、高校が利権の巣窟みたいになって、久しい。住所を知らせていないのに、「お知らせ」が届くからくりはあのころから始まったのだ。

------------------------------
ただ、建設業界や株取引とは違って、実際に教育のデーターが残っていくという点では、私は賛成もしている。ここ10年間で、学力テストが復活して、我が県は全国で何位だ、やれ上がっただの、下がっただのと話題になるが、30~20年前までは、例の日教組様のおかげで、競争を煽るからという理由で、全国テストが実施されず、データーが断絶していたのだから。

人が能力において平等であるわけがない、という当然の真実から目を逸らしていただけだ。また人間
はお金が絡まないと進研に、いや真剣にはならないという醜い要素を持っているのも避けては通れない。

さて、今後、高校生は当然として、中学生諸君も、近い将来、この新テストを受けることになるから、今からて、どう対応していけばいいのだろうか?

-------------------------------
解決策はどんな場合でも、シンプルだ。ここでは、英語のリスニング力を日頃からアップすることを心掛ければ良い。問題は、リスニング力は具体的にはどうやれば効率良く上がるのか、だ。たくさん文章を聞くことももちろん大切だが、それをする前に、語彙力を高めることだ。

これはTOEICの達人・森田鉄也氏もそう証言・アドバイスしているし、私自身も試してみて、そう実感している。一応私も英語教科指導者の端くれなので、TOEICや英検の1級~準1級レベルの問題には(TOEICは過去問を公表していないので、受験者の記憶による再現問題)いつも当たって調べているし、NHKのビジネス英語もとぎれとぎれではあるが、視聴は欠かしていない。例のVitalsの編集は後2年以内に終わるから、その後は還暦記念も兼ねて、上級英語を本格的に学習し直すのも良いな、と考えている。これは自分が燃え尽き症候群にならない予防策でもある。

------------------------------

世の中のトラブルの最終解決手段は、お金と誠意であるように、英語の世界の「お金と誠意」は単語の数と、不断の努力、ということだ。ただ注意点がある。

語彙力を増やすだけではなく、今自分にとって、「つづりは知っている単語」だが、「正確な発音」まできちんと身に付いているかを点検することがもっと必要だ。今の金融担当大臣で、元首相の方が「未曽有」を「みぞうゆう」と読んで、「首相なのに漢字を読み間違えるとは!」と、えらく上から目線の意見が多かったが、「間違えて覚えていることに気が付かない」ことはたくさんある。

現に私も昔々、糸偏は6画であることを知らず、糸偏絡みの漢字の総画数問題で、全滅した記憶がある。また「右」や「有」が縦の線から書き始めることを知らずに、この漢字を名前の中に含む女子に、「あんた意外とアホね」と笑われたこともある。知らないということは恐ろしい。全て、字を自己流で覚えていて、書き順を知らなかったことが災いしたのだ。ただその後、なぜか女子からの対応が良くなったことは、少し嬉しかった。

----------------------
話は元に戻る。
高校生になると「つづりを覚える」ことに集中しすぎて、発音があやふやのケースが、激増する。学校で配布されるターゲットとかの単語集のプレッシャーと、たいてい毎週確認テストがあるため「え~い、とにかく書けたらいいや」のノリでやってしまうからだ。サボったり、覚えないよりは、はるかにましではあるが、これではリスニング力は上がらない

どころか、大きく下げる原因になる。最近では、単語の発音とそれに対応した日本語音声なら、その出版社のサイトに無料ダウンロードページがあるから、必ず利用する。でも面倒くさがりは、こういう時に、文明の利器を利用しないから、困ったものだ。

----------------------
で、当方はこの2か月何をしていたのかというと、ターゲット1900とターゲット1400を取り敢えず対象にして、単語の音声を編集し「ランダム音声単語テスト&練習」を作っていた。これは去年の続きでもある。搭載するデジタルデバイスにはスマホではなく、ウオークマンかそれに類似する音楽プレイヤーを選んだ。シャッフル機能と、スピード調整機能がついているからでもある。

動機は2つある。1つはもちろん「新大学入学テスト」向けだ。時々ではあるが、たまに高校生を指導することもあるし、最近では意欲のある中学生も、準2級ぐらいなら英検を受ける。

もう1つの動機は、世にたくさん単語集は出ているが、索引を見れば、ほとんど中身は同じだ。そのどれにも対応できるような「単語リスト」を持ちたい、だった。紙にすると面倒だが、音声を編集しておけば、後は番号を変えるだけだからだ。さらに言うと、改定版が出ても大丈夫にしたかったこともある。

-----------------------------
この改定版というのがクセモノで、例えば review という単語がある。発音は「レビュー」で、名詞も動詞も同形、アクセントも変化しない。「この本のレビューを書きませんか」というセリフなら、あちこちのサイトで見るはずだ。和訳は名詞で「論評」、動詞で「論評する」だ。

で、例えば、第4版で review は名詞に収録されていたのだが、第5版では動詞に収録されていても「改定」は「改定」なのだ。せこいのになると、例えば和訳の表現を「充分にありそうだ」から「ほぼ確実だ」に、「類似している」を「よく似ている」に変えるだけで「改定」としたり、出てくる頻度判断をワンランク上げたり、下げたりするだけでも「改定」とする。こんなのはアリなのか?でも買う側は文句が言えない。

そういう単語集の「改定」を20年ぐらいずっとムカムカして見ていた。ようやっと音声を編集するデジタル環境が整ったので、「名詞では~、動詞では…」とか、似た和訳をまとめて紹介した。これなら出版者がいくら「改定」しても、こちらは番号を変えるだけで済む。日本語音声に自分の声を入れるのはさすがに気色悪いから、ちょっと金額がはったが、「かんたんAI TALK +2」という AIソフトを買った。
soundengine


英語音声と日本語デジタル音声の周波数や、出力、つまり2wayか1wayかをきちんと合わせないと、変な声になってしまうから、ある程度調整が必要だった。波形音響調整ソフトを使い慣れていないと、大変だ。

-------------------------------------
英語の音声は、3年ほどかけて、買い集めた単語集シリーズのCDや、英検用単語集のダウンロードサイトから、手当り次第かき集めた。著作権の問題が絡むため、webで公開することはできない。あくまで生徒個人が望み、私に依頼してきたから、代行して作成した、という形を取る。生徒にも、誰にも話すなよ、見せるなよ、聞かすなよ、貸すなよ、データを渡すなよ、これは卒業してもだ、また webには絶対置くんじゃない、と約束を交わしている。そのうち英語発音に関しては、協力者が出てくるかもしれないから、それまでは塾内で、しかも希望者のみ使用することにする。

後もう少しで全部できる。これで夏の準備が終わる。

---------------

若い人の活躍が、連日報道されていて、嬉しいです。
肌の色は、私にはどーでも良く、その人が「日本語で考える人」なら、日本人である、と私は考えているのです。つまり「アイ」と聞いて、一番最初に「愛」「会い」「相」「藍」と考えてしまうなら、それは日本人です。もし「 I 」「eye 」と考えるなら、英語圏の人です。ですから日本人と日本国民は微妙に違うことになります。

それはそうと、「冬季五輪のあった年はスキー場で、怪我人が続出する」という面白い事実があります。超人のマネを普通人がするわけですね。危ないからやめろって。

で、こういう報道が連日されると「ウチの子も…」なんて考える親・保護者さんが出てくるわけです。私は夢を見て、その夢の実現に向かって努力する、精進することを絶対に否定しません。自分の仕事の否定になるからです。

しかし戦争を始めるのは簡単でも、戦争を終わらせるのは難しいのと同じで、夢の終い方をきちんと考えているのか、と問いたいのです。自分の好きな事で成功できるなら、プロ野球選手や、Jリーガーは全員がスタメンです。プロになれても、一試合も出場することなく引退する人のなんと多い事か。

時間とエネルギーは無限でない、どちらに向かうべきか、たいていの普通人の親・保護者である我々は、よーく考えなければならない、と肝に銘じるべきですね。


では今日はこのへんで失礼します。
m(_ _)m