最近よく質問されるのが、「タブレットやスマホによる学習をどう思うか」だ。
私の答は「結果の問われる、試験自体がどの形式で行うかで、決まります」だ。

タブレットは、「これの答は何ですか」の単発的形式、つまり答えを書くだけとか、1番~4番まで選ばせるとかの形なら、有効な方法だと現時点では思う。

単発的ということは、必要最低限度でもあるから、同時に味気がなく、無機質で、繰り返し練習して覚えるしか方法がない場合が多い。そのためには手を変え、品を変えて出題することが要求される。
例えば、塩酸自体の分子式とか、塩酸を使った化学反応式、イオン式、あるいは塩酸の性質など、「塩酸」について、あらゆる角度から検証して、勉強する場合などだ。英単語の記憶テストでも役に立つ。
この「基礎的反復」というのは教える側にとっても面倒=そんなことできて当たり前だろう~なもので、AIが代わりにやってくれるなら、ラクチンで万々歳だ。

-----------------------

もっともこのレベルの学習は、学習なのかなぁと疑問には思う。スポーツで言えば、走り込みとか、ストレッチ体操、あるいはボールのキャッチングレベルではないか?

最近のデバイスは、ペンタブみたいに、字を書いても読み取ってくれるし、音声も取り扱ってくれる。英会話などもタブレットやスマホを使えば、隙間時間を利用して、進めることもできるし、発音の良し悪しも判断してくれるから重宝するだろう。スタディ サプリは中々良い。しかしこれも「単純反復練習」では、そのレベルの問題には対応できても、それ以上のものには対応できないだろう。

------------------

大学入試、高校入試、英検、それよりはスケールが小さいが、高校、中学校の中間期末テストなど、世の試験、資格テストというのは、選択問題、空所補充問題、整序問題、そして筆記問題とが組み合わされて出題される。

ここで話は元に戻る。
スマホやタブレットでは、「書く」テスト、そして同じ書くでも、紙の用紙に書くのであれば、それように全然練習していないと、経験値が上がらないので、いざと言う時、ふにゃふにゃな字を書いたり、カチカチでも人に見せれないような字を書いてしまっては、採点する側が苦労するし、印象も良くない。ましてや、本番の入試の時には答案は返却されないのだから、「字が汚いから、読めないから×」とされても文句は言えない。

あるいは、空所補充でも選択番号で答えるのではなく、「正しい形(や漢字)で書きなさい」とか、自筆で書く英作文ではかなり困るだろう。

だからスマホ・タブレットの学習を始めた人は、紙にも書きだして、それを親・保護者に見せて、赤の他人でも読める字かどうか?を点検してもらわないといけない。

-----------------------

次に、タブレット・スマホの勉強では、「~という事件は、その後起きる…の事実とどういう関係があるか」の思考形式+叙述解答の問題には残念ながら全く対応できないだろう。

知識があっても思考まで持っていくのは、かなり大変で時がかかる。現在の普通の中学校や高校のシステム、普通の教師・教員のレベルでは、そこまで恐らく達し得ないだろう。通常の授業をこなすので精いっぱいだろうから。

サミュエル・ジョンソンいわく
知識には二つのタイプがある。一つは物事を知っていること。
もう一つは、それをどこで見つけるかを知っていることである。

私はここにもう一つ付け加えたい。
知識を広げる、あるいは知識と知識をつなげる方法を知っていることも知識である、と。

よって、理想は、専門の人を配置することだが、人員は全く足りないので、定年退職した国語や社会の教師さんたちを動員する手が一番有効だろう。それでも問題は予算と人材だ。

------------------------------------
最後に、あくまで「実験は始まったばかりだ」ということを忘れてはいけない。
この乱文を書くまで、色々なサイトを訪問させてもらい、自分でもスマホ・タブレットを使って学習してみて「便利なものだね~」と感心しながら、はっと気が付いたのだが、感想を述べているのは、すべて「大人」である。彼らは、私も含めて、小中高レベルの勉強や学習は「終わっている」のだ。

つまり「書く練習」「誰かに書いて見せる=褒められたり、恥をかいたり」ということは、山どころか山脈分ぐらいはすでにやっている人たちである。そういう人たちが「いや~これはいいですね~」とスマホ・タブレットを使った学習方法を褒めちぎっても、あまり説得力を感じないのではないか?褒めちぎる人は、何がしかの利益享受があるのでは、と邪推したくなるのが、私の悪い癖だ。

-----------------------------------
スマホやタブレットの学習を始めた今の児童が、10年後ぐらいに大人になって「これは役に立ちましたよ」と言ってくれれば、なるほどと思うかもしれない。でもそんな人はまだまだいないか、極少数者なのだ。

技術の進歩は素晴らしいものだが、それが常に人に幸せをもたらすとは限らないどころか、適当、あるいは悪い意味での「いい加減」に進化したものだと、それが故障したとき、とんでもない被害をもたらすのは、2011年の原発事故で明らかだ。

ここは従来通りの方法と、新しい方法とを併用する「分進合撃」を採用して、慎重に進めることが、賢者の示す道だ。

-------------
信じられないような愚行によって、多くの、そして未来も能力もある人たちが34人も亡くなり、30人以上が重傷を負うという、犯罪が近くの京都で起きてしまって、驚くと同時に、ここまで堕ちてしまった人間性に、深い失望を覚えています。

私自身は京都アニメーションの制作した作品を、恐らくどれも見ていないと思うのですが、そんな私でも名ぐらいなら、聞いたことのある作品が、ずらりと並んでいる、アニメ制作会社であるとか。

その人的被害の大きさに戦慄すら感じます。地震でも津波でも、立ち直りの早い・遅いを分けているのが、人的被害が小さいか・大きいかです。京都アニメ―ション、なんとか立ち直って欲しいです。

また、私も塾経験が長いので、私より先に他界した生徒が何人かいますし、その時の親・保護者の方の落胆の様子を見て知っているため、被害に遭われた方たちの親族や関係者の心中を察すると、ありふれた表現ではありますが、言葉もありません。

-------------------------------
そして、表現者は、その作品の方向がどんなものであれ、その作品の愛好者とともに、敵対する嫉妬深い「狂信者」をも生むのだな、と改めて実感しました。

ガソリン40Lは、燃料ではなく、もはや爆弾です。
狂信者が簡単に生まれる + お手軽に入手可能な爆弾が存在する時代になってしまうと、訪問者をいちいちチェックするとかなどのセキュリティ システムを構築するよりは、製作現場の位置情報を完全に秘匿・隠匿する=秘密基地化する方が良いかもしれない、いや、もうそれしか安全策はないかもな、という気がします。

嫌な時代になったなぁ、とうんざりしています。

亡くなった方の、ご冥福を祈ると共に、被害に遭った方の早期回復を期待します。
では今日はこのへんで失礼します。

m(_ _)m