なんだか黄昏時が好きで…

長い間、学習塾をやっているからでしょうか、夕方になると「そろそろやるかぁ」の気になるのと、学校の正規の教師でもない、カタギの勤め人でも、真性の水商売でもない、マージナルな気質がこのタイトルを決めたのかもしれません。どうぞよろしくお見知りおきを…。

2015年01月

まだいくらでもあるんですが、その中で最たるものの1つ。それは部活動です。長野県では中学の部活動で「朝練」を禁止したそうです。全面的にか部分的にかは少し確認してませんが、そういう動きをしたのは事実です。やっとか、と当方は思いました。早く全国に普及しないかな ...

今回は一私人の立場でブログをつづろうと思う。これから塾の講師、経営者としては「当方」と「~です、ます」、一私人のつもりである時は「私」と「~だ、する」とする。と、いうことを昨日思いついた。なんだかめりはりがあっていいんでないか?--------------------------- ...

「人の和」と言っても他人とのではなく、自分のものもあります。「身体の和=体調の和」です。つまり本人の健康と体力です。「健康でないこと」が妨げになります。「健康でないこと」と言っても入院するとか、あるいはベッドから離れることができないとか、そういうのはどーし ...

人の和 ケース3です。意外に大切なのが兄弟姉妹の仲です。人生最初のライバルであったり、被保護者であったりするわけで、学生の間は同じ家屋内にいるわけで、なるべくなら仲良くしていないと後々困ることになる。というのも仲が良くない、相性が悪いと「私の通っている学校 ...

人の和ぐらいは守りたい、と申し上げました。次は家族です。世の中で一番大切なものです。世の中に何億の人がいるのかわかりませんが、自分の味方は目の前にいるその家族3,4人だけだ、と書いた作家がいました。蓋し名言でしょう。 その家族が妨げに?なることもあります ...

↑このページのトップヘ