なんだか黄昏時が好きで…

長い間、学習塾をやっているからでしょうか、夕方になると「そろそろやるかぁ」の気になるのと、学校の正規の教師でもない、カタギの勤め人でも、真性の水商売でもない、マージナルな気質がこのタイトルを決めたのかもしれません。どうぞよろしくお見知りおきを…。

2015年10月

間接疑問文は高校生にとっても盲点の1つだ。これも大きく取り上げた。やはり、中学英語が原因の一つと思われる。間接疑問文の出現・学習時期に問題があるのではないか。that節は2年生で習うのが普通だ。15年ぐらい前は後半になって出てくることもあったが、今はたいてい前 ...

なんだか前回は後置修飾の話が薄かった。しつこいようだが、付け加えておきたい。------------後置修飾は前にある名詞を後ろから修飾するパターンで、中学英語ではthe pictures of my family(家族の写真)の形容詞句から始まって2年生ではto不定詞でthe room to clean today( ...

後置修飾のことも、最近の教科書ではようやっと強調されるようになったのは、喜ばしい。まとめページもある。 昭和58年~昭和63年、および平成元年~平成4,5年に、つまり30年~20年ぐらい前に、学習内容削減が始まり、その時の教科書にも「まとめページ」はあっ ...

3年分野はまとめていても本当に楽しい。高校英語への接点がいくらでもあるし、中学3年というより、高校0.5年生みたいだからだ。ただ時期的に、今10月終わりから11月になると、2学期の期末テストのため、中学3年生諸君は浮き足だってしまう人も多い。ここに少しワナがある ...

私は「将来のために勉強しておこう」とはなるべく言わないことにしている。高い希望と明確な目標を持っている人には有効だが、そうでない人には無効どころか有害だからだ。特に今現在、目標を持っていない人には「悪い点を取ってもなんとも思わないならそれでいいが、気持ち ...

↑このページのトップヘ