なんだか黄昏時が好きで…

長い間、学習塾をやっているからでしょうか、夕方になると「そろそろやるかぁ」の気になるのと、学校の正規の教師でもない、カタギの勤め人でも、真性の水商売でもない、マージナルな気質がこのタイトルを決めたのかもしれません。どうぞよろしくお見知りおきを…。

2015年11月

今12月直前だ。中学生になって1年生は8か月、2年生は1年と8か月経った。そろそろ何が自分に欠けているのか、1年なら1年なりに、2年なら2年なりに気が付いているはずだし、気が付いていなければならない。欠けているものは個人個人違うだろう。しかし、大ざっぱに共 ...

さらに問題集を解くにあたっても、精神的成長は求められる。ただし学校に提出するための問題集をするにあたっては、最初に保護者の心構えと準備が必要だ。 それはあらかじめ学校が用意した問題集をまっさらな時に、つまり1学期か各学期の初めに手渡された時に、全部コピー ...

一応具体例は挙げて、わかっていただいたことにする。後は個人個人、ご家庭内での工夫だ。次に精神的成長をさら促進する方法論があれば、話はラクだ。どうすれば良いのだろう。 私は、精神的成長につながるのは「柔らかい心」にあるのではと考えている。 ----------------- ...

ノートの使用や買い方、分類一つにも、精神的成長を遂げている人といない人とでは格段の違いがある。 男子学童はこの点でも進化が遅い。いつまでたっても同じノート、同じ色、同じ店のものを2年も3年も買って使っているので、時々区別がつかなくなって混乱していることも ...

つまるところ精神的な成長がカギをにぎる。 これが難しい。英語や数学の勉強などこれに比べれば簡単すぎる。しかも精神的成長は「これ」という形がなく、どのようなものを目指せばよいかわかりにくく、博物館に行っても「精神的成長」の彫刻とか絵画が置いてあるわけでもな ...

↑このページのトップヘ