なんだか黄昏時が好きで…

長い間、学習塾をやっているからでしょうか、夕方になると「そろそろやるかぁ」の気になるのと、学校の正規の教師でもない、カタギの勤め人でも、真性の水商売でもない、マージナルな気質がこのタイトルを決めたのかもしれません。どうぞよろしくお見知りおきを…。

2016年03月

中学2年生は、まずはやはり数学だ。1年の時は正と負の数の後に勉強して、なんだかトンチンカンなまま進んだかもしれないが、さすがに2年になると、そうも言っていられない。だから2年生の教科書を借りてきて、先取り学習をしてしまうことだ。 特に単項式×単項式とか、 ...

それはともかく、毎年この季節に行っていることが、やはり効いたのだろうというのは、確かだった。あ、すみません。まだ単独反省会をやっています。同時に今後の展望、ともなります。--------------------- 順調に行っている人を前提にすると、新中学3年生になる現2年生は ...

つまり密かに、あるいは露骨にG型= Global とL型= Laocal への分別が進行しているのではないか、と考えているわけだ。ただし、私はG型とL型に分けるのを否定はしていない。それを本人に選ばせないことに肯定できない、と考えている。自分が受けている教育体制が、社会に ...

今複雑な気持ちでこれを書いている。前に「どこまでできればいいのか」というテーマで書いた。あれは今回の入試の反省だ。反省は続くが、現状に対して色々疑問がある。今年度の入試は1人だけが、第2志望校になった。まあこれに対して本人や親・保護者の方々は、納得されて ...

質問する人が質問の仕方をあまりよくわかっていないので、こちらが補って説明することになるが、「どれぐらいできるようになればいいのか、を具体的に教えて欲しい」、ということが多い。そうね~と、私がとりあえず国語分野で取り上げる例が「芥川龍之介」と「羅生門」だ。 ...

↑このページのトップヘ