なんだか黄昏時が好きで…

長い間、学習塾をやっているからでしょうか、夕方になると「そろそろやるかぁ」の気になるのと、学校の正規の教師でもない、カタギの勤め人でも、真性の水商売でもない、マージナルな気質がこのタイトルを決めたのかもしれません。どうぞよろしくお見知りおきを…。

2016年04月

指導しているその間に、K君からウチのことを聞いたのだろう、通える範囲に住んでいる、彼の年下の知り合いが、5、6人ほど続けて入塾してきた。私の住んでいるところには50年ほど前まで、朝鮮学校があって、そこに通っていた人たちが大きくなって子供を持ったから、まだ日 ...

K君は「全く」と言って良いほど、日本の昔のことは知らなかった。これは彼のせいではなく、環境的なものだからまあ仕方がない部分が大きい。そこで日本の歴史の中で「試験に出そうな古典文とその背景の歴史」だけを、知ってもらった。あまり時間がなかったから「ピンポイント ...

相当優秀そうなこの塾生K君が、そんなになぜ古典関係が「だめ」だったのであろうか? 彼は日本人ではなく、朝鮮学校の小学部から中等部に通っていた、在日韓国人の男の子だったからだ。落語ではないが、オチまで付いてるんです。知っての通り、あの学校の内部は、「韓国」だ ...

やっと百人一首の全部にリンクを設置し終わったと思うので、自分なりの感想と動機を書いておこうと思う。きっかけをもってきたのは、やはり塾生だった。ぼや~としている私を駆り立てるのは常に生徒である。15年ほど前に入塾してきた人で、順調に成績が伸びてきたので、関 ...

やっぱり学校の先生との「付き合い」も、生徒では大切なところだ。しかし勘違いしているままの人が多いので、ここも忠告しておきたい。②学校の先生は「友達」でも「味方」でも、モチロン「敵」でもないが、「権力者」だと言うことは忘れないこと。精神が幼い中学生に尋ねて ...

↑このページのトップヘ