なんだか黄昏時が好きで…

長い間、学習塾をやっているからでしょうか、夕方になると「そろそろやるかぁ」の気になるのと、学校の正規の教師でもない、カタギの勤め人でも、真性の水商売でもない、マージナルな気質がこのタイトルを決めたのかもしれません。どうぞよろしくお見知りおきを…。

2016年05月

さて前回、現場から、どんな時でも「定番の出題」は守られていた、と報告した。そして「ゆとり世代だから」とひとくくりにして軽蔑するような態度は、嫌いであるとも述べた。さらに弁護の材料として、統計的に「『ゆとり教育』で学力は落ちていない」ことを証明した人がいる ...

このまま新しい数学の教科書についての感想も述べておく。確かに分厚くなった。しかし内容はどうかというと、「教える内容が増えたのではなく、解法の説明やら、コツまで掲載したので、分厚くなった」と言った方が良い。そこで「証拠」をあげる。なんだかエラソーだ。例えば ...

最近、英語のことだけ話題にあげているから、数学もあげる。計算ミスをなくす方法はないか?という永遠のテーマに挑戦してみたい。ただし、ミスをゼロにするのは無理だ。人間である限り、間違いはする。よって「減らす」という方向で考えてみたい。アプローチは多方面からに ...

新しい教科書は、今まで述べたように、形の上ではコミュニケーション能力を向上させるために、さらにモデルチェンジをしたようだ。これは、高校英語への接続を、さらにスムーズに行かせるためのもの、という狙いが表にある。つまり、中学英語でコケルと、高校英語で挽回する ...

新しい英語の教科書で、改善された点と気が付いた点などを、もう少し報告する。 一つは「事・物・物事」という単語 thing だ。これは以前のバージョンからだが、ようやっと thing という単語をキチンと使ってくれるようになったのは、嬉しかった。20年~10年ぐらい過去 ...

↑このページのトップヘ