2008年10月31日

会派会議

山東庁舎委員会室にて会派会議が開催され、次の案件について当局より説明を受けました。

1.平成21年度予算編成方針について
2.地域密着型体育施設の整備方針について
3.米原学校給食センターの改修計画について
4.幼保一元化推進プランについて

会派会議

kitanifarm at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年08月08日

市議会議員特別セミナー

平成20年度第2回市議会議員特別セミナーが、7〜8の二日間、大津市唐崎の全国市町村国際文化研究所で開催されました。
清風クラブは全員が参加、見識を深めてきました。

市議会議員特別セミナー



8月7日
1.世界の動きと日本の進路 (講師:京都大学大学院 中西輝政氏)
 ○「ポスト冷戦後の時代」に入った。今までの世界の枠組みは日米欧主導だったが、それ以外の国々の意見が取上げられる時代になっている。
 ○グローバル化が作り出したカオスを再調整する時代になり、投機マネーを規制する動きもあるが、金融中心の米英蘭独などは反対している。
 ○このような現実の中で大きく未来を捉えた戦略が大切だ。日本独自の発展モデルを自信を持って作っていこう。

2.これから(分権時代)の人事行政 地方議会(議員)に期待する。
                   (講師:元人事院総裁 中島忠能氏)
 ○地方議員の姿が見えない。ホームページなどで説明すべきだ。
 ○監視機能は活かされているか。条例は県から流れてくる準則に基づいて作られるが、準則には不備もある。また細かな部分は規則で定めるとしている条例にも注意が必要だ。勝手に規則を作られたら議員のイメージしている条例とは全く違う運用になることもある。
 ○やってもやらなくても同じという職員処遇。良い仕事をしても報われるとは限らない人事処遇でよいのか。
 ○若い人を勇気付けチャンスを与えよう。若い人に夢のある計画を作らせよう。

市議会議員特別セミナー1日目



8月8日
3.これからの人材育成のありかた  (講師:国際日本文化研究センター所長 猪木武徳氏)
 人的資源が使えないと、多額の予算を獲得しても使うことすらできないと、人材育成の重要性を説いていただきました。

4.地域主権型道州制  (講師:PHP総合研究所社長 江口克彦氏)
 ○中央と地方という呼び方があるが、中央は上という上下関係に嫌悪を感じる。
 ○今の日本は中央集権体制だが、世界で完全な中央集権は北朝鮮と日本だけだ。
 ○中央集権の目的は戦時の情報統制、国民や情報の監視にある。そして官僚は国民をバカにしながら仕事をしている。
 ○全国一律の施策は国も地方も悩ましている。ムダだらけなのだ。
 ○北海道と九州が同じ制度ではおかしい。自主立法権を!

市議会議員特別セミナー2日目



seifuclub at 18:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年05月16日

行政視察研修

5月14日から3日間、行政運営の先進地を訪問して視察研修を実施しました。

初日は岩手県滝沢村です。
平成18年度日本経営品質賞地方自治体部門を受賞されたという卓越した行政手腕を研修してきました。

滝沢村役場


滝沢村での研修


宮城県大崎市ではファミリーサポート事業と子育て支援事業を研修してきました。

大崎市役所前にて


大崎市挨拶


大崎市子育て支援総合施設にて


宮城県多賀城市ではスポーツを通じたまちづくり協働事業について研修してきました。
全国に先駆け、市域でひとつの総合型地域スポーツクラブに取り組んでこられた経過の説明を受けました。
多賀城市歓迎挨拶


多賀城市行政視察


歴史ある多賀城市の埋蔵文化財について説明を受けています。
多賀城市文化財

kitanifarm at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月22日

会派会議

清風クラブ、秀峰クラブの合同会派会議が開催され、
米原市行財政改革実施計画と健康まいばら21計画(案)について
当局の説明を受けました。

会派会議

kitanifarm at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月11日

市議会議員特別セミナー

平成20年度第1回市議会議員特別セミナーが、10〜11の二日間、大津市唐崎の全国市町村国際文化研究所で開催されました。
清風クラブは全員が参加、見識を深めてきました。

会派研修

会派研修2

カリキュラムは次の通りです。

1.イノベーションと社会企業
    講師:一橋大学イノベーション研究センター教授 米倉誠一郎氏
  日本を元気にする4つのイノベーション
   ‘本のポテンシャルを理解する
   ▲ぅ離戞璽轡腑鵑狼蚕儚弯靴世韻任呂覆
   ヴジャデの精神
   い發里鼎りからソリューションへ
  こんなことを、具体的な例をあげながら説明していただきました。
   ・カリフォルニア州と日本、面積はほぼ同じだ。知事の数はどう違う?
   ・日本を道と州に分けてみて、GDPを外国と比較してみよう。先進諸国並みだ。
   ・ヴジャデとはデジャブの逆読みだ。見慣れたものを新しく見るということ。

2.これからの社会保障と地方財政
    講師:総務省地方財政審議会委員 木村陽子氏
  議員の顔が見えないなどとの発言に、会場の議員からはブーイングも。

3.地方分権と政治改革「地方議会改革の意義」
    講師:政策研究大学院大学教授 飯尾潤氏
  きれいで整った会議がよいのか、実質的な議論ができるのが良いのか。
  標準会議規則に則った議会運営について考えさせられました。

4.世界潮流と日本の針路
    講師:財団法人日本総合研究所会長 寺島実郎
  大中華圏を中心にアジアが貿易の中心になっている。
  海上物流は日本海にシフトしている。
  経済成長だけで評価はできない。産業力が大事。原油高に負けない日本の産業力。
  日本の金が日本の産業に向かっていないのは金利のせいだ。低金利は日本だけの異常な状態。
  常識を疑え。円高が日本の産業に有利か。安い金利は産業を支えるのか。

kitanifarm at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年04月01日

20年度に向けて

清風クラブ代表  滝本善之
 米原市民の皆さん、米原市議会清風クラブとして3回目の広報誌発刊をさせていただくこととなりました。市民各位におかれましては米原市議会に対してご理解ご支援を賜っておりますことに対して感謝申し上げます。
 さて、3町合併して4年目になります。また新市発足以来2年5ヵ月となりました。
 米原市が合併後早々に取り組んだことは、市民として守らなければならない法律、「自治基本条令」の制定、そして、国の構造改革に基づく行財政改革の促進、さらに本年は、自治基本条例に沿った米原市総合計画の基本構想が出来上がりました。このことは、今後十年間に米原市がいかなるまちづくりをしていくのかの指針であります。十年を、前期後期5年、5年で何をするのかを計画する基本計画、そしてそれを具体的に指し示す実施要綱が立案されます。期待して待っているところであります。米原市は、市長の最重要課題として、就学前教育と学童保育の充実を当てられております。このことは、小子化、および、男女共同参画社会において非常に大切なことでありますが、小、中学生の教育の充実についてはいかに考えておられるのか・・・・・さらに、各地域で種々問題が山積しています。解決するにはその順位が課題となります。現在考えられる米原市としてハード面で地域別に考えられる大きな問題点は、
伊吹地区
 ―四大阪セメント解体後の跡地利用について
 伊吹山の観光と維持管理について
 水源の里(限界集落)の問題
山東地区
 〇嚇譽哀薀鵐斌簑
 ▲モンバスの運行
 D慌駅前開発問題
近江地区
 〜侏嫦羈惺斬琉藉曄近江体育館改築問題
 ∈篥脹愾鯵発問題
 E渓鄒釛含悗板肱景菽論邁修問題
米原地区
 ‘江干拓開発問題(天野川浚渫土砂搬入と公園建設)
 湖北広域行政事務センターが設置を考えている一般廃棄物処分場
 これらの問題に対し清風クラブとしては、クラブ内において議論を重ね今年度の提案に対し是々非々の立場で問題を解決するよう努力していく覚悟であります。市民各位の益々のご支援をお願いします。


竹中桝夫
 米原市が誕生し、4年目となりました。内外的にも新市としての将来へ結びつく、骨格形成が求められる年となってきた訳であります。一方では、分権型社会への推進により、地方分権が進行し、自己決定・自己責任の重要性が、市政や地域の発展を大きく左右する時代へと、変化してきました。また、少子高齢化社会への支援など、種々の諸問題が山積しています。
 々域幹線道路の整備と企業誘致・住宅開発等の促進、番場地先の一般廃棄物最終処分場建設の早期実施、J童供Χ畊消楼莵臚餌琉藉曚侶設、ぢ膾絅札瓮鵐叛彙呂両況チェック、セ堋舎建設問題(分庁方式の是非)・・・等々、その他多くの取組課題の中で、市民の皆様からの負託に応えるべく、議員としての立場を自覚し、将来への夢を含め、安全で安心な"住みよい米原市づくり"に、その責務が果たせるよう頑張る決意であります。


磯崎清
 平成17年に近隣4町が2度の合併を経て、米原市が誕生して2年5ヶ月が経過致しました。
 この間、市民の皆さんには、市議会に対して、暖かいご支援を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、昨年から米原市の将来に一体感がもてる都市マスタープランが策定され、施策に関しては、概ね10年間と想定した「都市づくり」となっています。主体は、米原駅周辺、坂田駅周辺、近江長岡駅周辺、春照の4地域を核とした「地域別構想」が示されています。この構想には、東西地域(伊吹山から琵琶湖まで)を結ぶ道路整備が必要であると考えます。東西35kmある広大な面積を持つ米原市には、交通アクセスが不可欠で、現状では、満足できるルートもありません。
 また、米原・近江地区と山東・伊吹地区間は、山で遮られ、両地区を結ぶ道路には歩道もなく、特に歩行者には危険な道路形態です。各地区を結ぶ交通アクセスが整ってこそ都市づくりも完成すると確信しています。
 この他にも、福祉、農業、環境、教育など種々提案されています。
これらを実現するため、一生懸命努力いたしますので、市民の皆さんのご支援を宜しくお願いいたします。


堀川弥二郎
 米原市が誕生して4年目を迎えました。市民の皆様には議会活動に対してご理解ご支援賜りまして有り難うございます。合併後の課題は旧町のときより多くなってきています。子育て支援や農業問題、環境問題、国道8号線バイパス問題、米原駅周辺都市整備事業(SILK事業)、水辺の郷構想について引き続き課題解決に少しでも答えられるように頑張ってまいります。
 自治基本条例で示されている各地域の声が反映される市民主権、市民が主役のまちづくりが自治の基本であることを再認識し、各地域で汗をかいて活動されている方々の支援のお手伝いをより積極的に取り組んでまいります。しっかりと行政に問題提起し、安全で安心して住んでよかったまちづくりのため、皆さんとの対話を大切にしながら議員として皆さんの要望に応え、地域の発展のためにその責務を果たしていきたいと思います。


北村喜代信
 豊かな自然と歴史と伝統に育まれた新生米原の地は、隣接の旧4町が思いやりと信頼で、また様々な思いを引き継いで誕生しました。
 米原は一つであるとの一体感のなかで新しいまちづくりが展開されています。米原市自治基本条例の精神の下、行政の総合的な政策は市民中心であり、未来に向け市民のくらしを守り、発展していくために、福祉・産業・環境・教育等の充実を図り、市の基盤をより確固たるものにすることが最大のテーマであると考えます。
 私はこれらを実現するため、地域の声を大切にし、開かれた市政の遂行に情熱をもって行動いたします。また、小さなことからコツコツと、「道は近きにあり、而るにこれを遠くに求む」孟子の精神で取り組んで参ります。
 一年生議員でありますだけに、まだまだ力は弱いと思いますが、私なりに市民の皆様や地域に貢献する覚悟でございます。
 皆様のご指導、ご助言をいただければ幸いに存じます。


北村喜代隆
 最近うれしいことがありました。平成16年から取り組んできた「踏切の改良事業」が具体的に進展し始めたからです。「絶対無理」「議員生命を賭けるのか」と、心配いただいていただけに、その喜びはひとしおです。
 大勢の区長さんに、請願書や陳情書のハンコをお願いに歩いたことが思い出されます。同僚議員や県議、代議士、市長や職員さんの大きな力を得ることもできました。
 このことを通じ、「地域の課題解決」と「地域の夢の実現」が、地方議員の使命との気付きをいただきました。
 そして、私たちみんなが求めていること、それが「安心と希望」であることも、身にしみてわかったのです。
 「きよたか! 何とかしてくれ」こんな声を掛けていただく機会も増えてきました。そして、何とかしようと毎日、走り回っています。そうです、これが、私のスタイル。地域の「安心と希望」を模索して走り回っている「きよたか」に、叱咤激励をお願いします。

seifuclub at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月31日

会派機関紙の発行

会派の機関紙を発行しました。
新聞折込で米原市全戸配布です。

機関紙表

機関紙裏

seifuclub at 05:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年03月29日

政務調査費

清風クラブ19年度政務調査費の収支です。

【収入】
政務調査費 720,000  120,000/人 × 6名

【支出】
調査研修費  378,960   先進地への行政視察調査にかかる費用
調査旅費    25,600   議員セミナー旅費
資料作成費       0   資料コピー代、コピー機トナー代等
資料購入費    1,575   書籍購入費
広報費     184,570   機関紙の印刷や折込費用
公聴費      16,160   アンケート送料
その他の経費   9,960   ソフト等
  合計     616,825
 (注)JR交通費以外は、すべて領収書を添えて報告しています。

【残金】
差額の103,175円は市へ返還します。

seifuclub at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年02月06日

会派会議

493c0dde.jpg次の2項目について当局の説明を受けました。
〇坿存建築物耐震促進計画(案)
∋堝団蠏鮃診査等実施計画(案)

seifuclub at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年01月11日

市議会議員特別セミナー

平成19年度第3回市議会議員特別セミナーが、10〜11の二日間、大津市唐崎の全国市町村国際文化研究所で開催され、清風クラブからも参加しました。

講演は次の通り
1.「自治体運営の質を高めるには」人と経営研究所所長大久保寛司氏
2.「今後のアジア情勢−台頭する中国とどう付き合うか」早稲田大学大学院教授天児慧氏
3.「地方分権時代の地方財政のありかた」北海道大学大学院教授宮脇淳氏
4.「子どもを育てる教育−本当の学力とは何か」フリースクール ジャパンフレネ代表木幡寛氏

9d8fb7cf.JPG

kitanifarm at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!