2009年01月

2009年01月31日

virus
新型インフル疑い一時騒然 成田空港、職員ら隔離

≪香港から成田空港に到着した台湾人の男が入国チェック中に倒れ、簡易検査で新型インフルエンザの発症を疑われたため、立ち会った東京税関や入国管理局の職員らが一時隔離される騒ぎがあったことが29日、分かった。男は精密検査で大量の覚醒剤入りの袋を飲み込み中毒症状を起こしていたことが判明、騒動は終息した。≫

ふざけた奴である。しかし、この調子では実際に空港で新型インフルエンザ患者が発見されたら日本中が大パニックになることは請けあいである。国際路線がある空港周辺の住民は大変だ。

成田空港がタミフル備蓄 新型インフルで行動計画

ということで、今までタミフルを備蓄していなかったのである。耐性型流行で治癒効果が期待できないと判明した後でこれである。お役所仕事以外の何ものでもない。

タミフルが効かない!? 今冬、要注意

盗撮で逮捕の厚労省技官はタミフル解禁のキーマン!?

≪電車内で女性の足を撮影したとして警視庁池袋署は13日までに、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で厚生労働省付属の研究機関「国立医薬品食品衛生研究所」薬理部長の男(50)=北区田端=を逮捕した。容疑者はインフルエンザ治療薬タミフルの安全性を審議する専門家会議委員。大流行が懸念されるなか、容疑者の逮捕によってタミフルが治療に使えなくなる可能性も浮上し、厚労省内はてんやわんやとなっている。≫

いやはやである。「電車内でインフルエンザの兆候を皮膚から確認するためのデータを集めていた」とでも弁明したのだろうか?
「超法規的措置」でこの御仁を釈放するしかないかな?

タミフル備蓄「ばかげている」 橋下知事 厚労省を批判

腐痴事のくせに出費がらみの話だとまともなことを言うところが面白い。尤も、腐内では絶大な人気だそうで…。

そんなこんなの中で、日本が世界に先駆けて、「抗耐性型の万能インフルエンザワクチンを開発した」というニュースが飛び込んできた。これが本物なら「タミフル」以上の世界的大発明である。
インフルエンザウィルスは変異の早さが問題視されている。特効薬として期待されていたタミフルも耐性ウィルスの出現で効果がなくなったという報告が続いている。
その耐性ウィルスにも効果があり、流行が懸念されている新型インフルエンザにも効果があるとしたら、まさに夢の大発明である。

インフルエンザの万能ワクチン開発 厚労省研究班

≪新型インフルエンザを含め、あらゆるタイプのインフルエンザウイルスに効く可能性があるワクチンを厚生労働省の研究班が開発したことが29日、分かった。マウスを使った動物実験で効果を確認しているが、人間に接種した場合の副作用などを詳細に調べる必要があり、実用化には数年はかかる見通し。≫

副作用の確認に時間がかかるのはやむを得ないが、新型インフルエンザはいつ流行してもおかしくない状況である。特例措置で実用化の短縮を検討してもいいかもしれない。
しかし、ワクチンだから発症前に使用しないと効果がないし、副作用の程度も判らない状態では一般人から人柱の希望者を募るのは難しいだろう。末期がん患者への抗がん剤使用とは事情が違う。
「死刑囚の中から志願者を募り、罪一等を減じる」などという措置を考えるべきである。

≪開発中のワクチンは、変異しにくいウイルス内部のタンパク質に注目して製造された。抗体が内部のタンパク質を確認すると、細胞そのものを攻撃し、増殖を防ぐ。≫

着眼点は面白いのだが、「内部だと抗体が作りにくいのではないだろうか?」という不安がよぎる。

≪研究班の内田哲也主任研究官は「人工合成タンパク質を使っている点で安全性も高い。人間への安全性を確認し、早期の実用化を目指したい」としている。≫

言っている意味がさっぱりわからない。専門知識がないから仕方ないか。
ぬか喜びでないことを期待する。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 00:51コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

2009年01月30日


本ブログでは非常に消極的に民主党を支持している。自民党・公明党があまりにも腐敗堕落しているし、野党で民主党以外に政権担当能力のある政党が存在しないのでやむを得ない選択である。
中には「自民と民主が分裂して新政党を作れ」などという意見もあるが、両党からまともそうなのをかき集めても過半数には到底及ばないだろう。政界再編をするのならば衆議院の定数を100くらいにしないとだめだ。
右翼系の中には新党作りを叫んでいる連中もいるが、「カネなしコネなし」で超ミニ政党しかできない。
その唯一の「期待の星?」である民主党であるが、これがまた自民党よりひどい寄り合い所帯である。自民党には「利権」という実利的な接着剤がある。しかし、民主党の求心力は「利権の権利」という投機的なものしかない。現実に政権を執るまでは「空証文」なのである。
しかし、民主党の寄り合い団体自体はそれなりの実利的利権を持っており、団体自体の結束力は案外堅い。
その中で、いわゆる「部落系」の連中は利権から絶対はぐれないように、それぞれの政党に「圧力団体」を送り込んでいる。
「体制がどう替わろうが一族郎党は生き残ろう」という戦国武将並の作戦である。
カルト系や在日系も同様だ。ギャンブル系もまた然り。

民主・松岡徹氏(ネクスト法務副大臣・部落解放同盟幹部)の次男による事務所荒らし事件、警察は「被害額小さいし」と発表せず

2ちゃんねるの敏腕記者として誉れの高いばぐた氏が立てたスレッドである。2ちゃんねる自体統一教会との関係が取りざたされているが、今回はそれには触れないでおこう。
タイトルがおもしろかったので、パクらせてもらいました。

元記事は朝日さんの記事である。

(元記事)松岡徹参院議員の次男逮捕 事務所荒らしの疑い 大阪

≪会社事務所から現金5万5千円入りの手提げ金庫を盗んだとして、大阪府警貝塚署が 民主党の松岡徹参院議員=比例区=の次男の無職松岡潤(ひろし)容疑者(30) =大阪府熊取町久保2丁目=を窃盗の疑いで逮捕していたことが28日、同署への取材で わかった。同署は「被害額が小さい」として発表していなかった。≫

いったい、何が悲しくて国会議員様のご子息が「こそ泥」になってしまったのだろうか?
彼に限らず、国会議員の縁者で犯罪者(汚職・脱税関連以外の)になる奴は案外多い。有名なのは小泉元首相の親族男性である。

ばぐた氏はその手がかりを探るためにWikipediaから松岡徹議員の経歴を洗い出している。
この次男が誕生したのは西暦1979年前後と思われる。そのころ松岡氏は何をしていたのかを注目したい。

≪※民主・松岡徹議員 - Wikipediaより
・ネクスト法務副大臣、法務委員会理事などを担当。
・市議就任の前から部落解放同盟で活動しており、1975年部落解放同盟に参加、青年部に入り1977年〜1988年大阪府連専従オルグ担当。(2007年1月4日 しんぶん赤旗)
 1998年には部落解放同盟大阪府連執行委員長、2002年には部落解放同盟中央書記長に就任。
・金日成生誕95周年記念 金正日生誕65周年記念として2007年4月7日、大阪で開かれた「自主と平和のための全国フォーラム」(主体思想研究会全国連絡会主催)に参加し、挨拶をおこなっている。
・反差別国際運動日本委員会専務理事、アジア・太平洋人権情報センター理事、ニューメディア人権機構理事、西成地区まちづくり委員会顧問、ヒューマンライツ教育財団理事長
・在日韓国人等に参政権を付与することを目的とする「在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟」に所属。≫


この次男が多感な少年期を送っていた頃、松岡氏は同盟の活動に邁進していたようだ。少年期の生活環境や交友関係なども大きな影響を与えただろう。
この次男のひととなりはまあ想像できるのだがあまり書かない方がいいだろう。
アンチ民主のバカウヨどもは「ネクスト法務副大臣」という肩書きを見て鬼の首を取ったように囃し立てるだろうが、自民・公明の現実の副大臣経験者がどんな御仁だったかを調べてから囃し立ててもらいたいものである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 00:41コメント(1)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

とはいうものの、まあ無理だろうなあ。

拿捕:鳥取の漁船員「仮眠中に流された」「言葉通じない」

ロシア支配海域で相変わらず日本漁船が拿捕されまくっている。この件に関しては事実関係が不明なので善悪のほどは判断できないが…。

スケトウダラの密漁横行 ロシア極東

ロシア側も派手に密漁をやっているようだが、日本側がロシア船を拿捕したという話は聞いたことがない。

「ビザなし交流」国後上陸を断念 出入国カード求められ

入国拒否されることは百も承知で行ったのだろうから、「珍しく、日本側から威嚇行為を仕掛けた」と見てもいいだろう。本当にビザなしで上陸できると思っていたのなら、大間抜けな話である。

北方領土の訪問団問題、露側が声明「政治化は非生産的」

ロシア側が日本に期待しているのは「カネ」だけである。一時石油バブルで潤い日本を軽視する傾向にあったロシアだが、アメリカのおかげでそれがはじけてしまい、目下のところは広げすぎた事業の金策に追われている。

北方領土問題に関しては、少し日本側に風が吹いてきたようだ。

ここで鳩派路線で行くか鷹派で行くかは思案のしどころだろうが、相手は日本をなめている。「相手に恩を売って親近感を持たせよう」的な鳩派ではうまく進展しないだろう。

北海道に強力な軍事施設でも作って、ロシアを緊張させ、無駄な軍事予算を使わせる「嫌がらせ」も有効な作戦である。アメリカに要請して沖縄の米軍基地を北海道に移転させれば、一石二鳥だ。「移転費用は日本が持つ」と言えばアメリカも反対しないかもしれない。もともとアメリカ人は広いところが大好きである。涼しい環境はアメリカ本土に似ているので、風土的にも北海道はアメリカ人に合っている。米軍が出て行けば、少なくとも沖縄県民は喜ぶだろう。

えっ、「そんなタワゴトを、旧社会党王国で『無防備中立論者』がうじゃうじゃいる北海道で道民が納得するわけないだろう。相手を挑発して緊張が高まれば国防上のリスクも高まるじゃないか」ですか?

でも北海道も不景気のどん底ですからね。ハコモノで金が落ちるのは確実。景気浮揚策も兼ねているし、それなりにメリットはあるはずだ。
北海道は北朝鮮からも近いし、丸裸でいるよりは手に何か護身具を持っていた方が安心だ。むしろ、仮想敵国に囲まれているくせに、今までオホーツク海沿岸以外の北海道民は自覚と緊張感が無さ過ぎたのである。

いずれにせよ、今のままのていたらく外交では未来永劫北方領土は返還されないよ。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 00:34コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2009年01月29日

kabukiza

しかし、都民はどうしてこんな御仁を再選させたのだろうか?
大阪の腐痴事といい、東京賭痴事といい、この連中に投票した選挙民の見識を疑うばかりである。
賭痴事の方は慎太郎銀行の不正が明らかになって任期途中での辞任がカウントダウンの状況になった。

歌舞伎座、装飾を抑え現代風に 建て替え計画案提出

≪歌舞伎専門の劇場「歌舞伎座」(東京・銀座)の建て替えで、新劇場の外観が派手な装飾を抑えたデザインに生まれ変わる。親会社の松竹が、都に建て替え計画案を提出した。当初は今の外観を忠実に継承する方針だったが、石原慎太郎都知事から、「銭湯みたい」と物言いがつき、見直したという。

 松竹は05年、新劇場の外観について、ビルを建てても現在の歌舞伎座の原型となった太平洋戦争前の建物を復元すると説明していた。だが、計画に携わった伊藤滋・早大特命教授らによると、事前調整段階で石原知事から「銭湯みたいで好きじゃない」「オペラ座のようにしたほうがいい」などと注文がついた。 ≫


「オペラ座」とは恐れ入った。この御仁に日本の伝統文化を説いても無駄だろう。何せ「大江戸線」のセンスである。
しかし、松竹もプライドのない会社だなあ。

箱物が完成したら「慎太郎歌舞伎座」として後生の笑い種になること請けあいである。

しかし、それにしても設計した人は凄いセンスだなあ。

新銀行東京:「石原都知事ファミリーの口利き問題」が深刻化

石原知事「新銀行東京への融資口利きは都議の当たり前の仕事」


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 09:33コメント(0)トラックバック(0)憂国 

空き巣犯が侵入した家でデリヘル嬢を呼び、「プレー」と称して全裸にし、体を縛ってデリヘル嬢の財布と衣服を奪って逃走するという事件が発生した。
デリヘル嬢は自力で縄をほどき、警察に通報した。
前代未聞の「凶行」に矢板署は緊急配備体制を敷き、ほどなくして憎むべき犯人を逮捕した。

<窃盗>空き巣侵入先で風俗の女性呼ぶ 栃木で容疑者逮捕

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 09:15コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

大河ドラマ『天地人』で長澤まさみ演じる役設定が急遽変更

妻夫木聡が主演のNHK大河ドラマ『天地人』の主要キャストで初音が、戦国武将・真田幸村の“妹”から“姉”に、放送中にも関わらず急遽役設定が変更された。
初音は、直江兼続にとって、肉体関係を結ぶ“初めての女性”だが、当初は真田幸村の妹役という設定だった。ところが、それでは兼続と幸村の年齢差から、「初音が10歳以下で肉体関係を結んだことになってしまう」という視聴者からの問合せにより、NHK側が慌てた。どう見ても「準児童ポルノ」になってしまう。
そこで急遽番組公式ホームページに掲載されている登場人物関係図を、28日(水)より初音の設定が“妹”から“姉”に変更された。これに対しNHK広報は「年齢設定の部分で混乱や誤解を招く恐れがあるので原作通りに戻しました」となりふり構わぬコメントしている。
初音は史実にはない架空のキャラクターで、小説家・火坂雅志氏の原作では、真田幸村の“姉”となっているが、ドラマでは“妹”という設定で制作が進められてきた。
ずいぶんと間抜けな脚本家である。

準児童ポルノ

記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 09:06コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

赤白ストライプ邸、調和乱すとまでは…楳図かずおさん勝訴

「まことちゃん」で知られる漫画家の楳図かずお氏が、東京都武蔵野市内に新築した赤白ストライプの外壁を持つ自宅を巡り、近隣住民2人が「閑静な住宅街の景観が破壊される」などとして、外壁の撤去や損害賠償などを求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。裁判長は「周囲の目を引くものではあるが、景観の調和を乱すとまでは認めがたい」と述べ、原告らの請求を棄却した。
一説によると、原告は「ナンミョウ」と唱える某カルト団体の信者とのことである。掲示板等では「ザマー!」などというコメントが乱舞している。
原告側が控訴するのは確実と思われる。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 08:59コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

2009年01月28日

insyu2

道交法改悪され「酒気帯び」でも一発取り消しだそうだ。

「『改悪』?、『改正』だろう。酒に甘い日本では飲酒運転による悲惨な事故が絶えない。飲酒して運転するような悪い奴には徹底した取り締まりをするしかなかろう」
勿論これは正論である。本ブログも「飲酒運転撲滅」には大賛成である。日本には低級なドライバーが多く、携帯電話をかけながら運転している奴、助手席のネーちゃんといちゃつきながら運転している奴、煙草の吸い殻をまき散らす奴等クズドライバーが街中を走り回っている。
中には漫画を読みながら運転している馬鹿までいる始末である。飲酒運転を繰り返しているアル中も多い。こんな馬鹿から免許証を取り上げるのは確かに有効な方法である。多少悪質なひき逃げ事故は増えるだろうけれど…。

では、どうして「改悪」などというこれ見よがしで挑発的な見出しをつけねばならないのか?

その質問に答える前に、あなたは「全日本交通安全協会」という団体をご存じかな?

免許証を更新する時、入り口に居並んで無理矢理金を取ろうとしているあの団体である。
警察OBの天下り先と縁者の就職先確保以外にこの団体の存在意義があるのならば教えてもらいたい。
そこのHPがいきなりこれである。

全日本交通安全協会

≪全日本交通安全協会では、ハンドルキーパー運動を国民運動として定着化させることを目指し、運転者側の団体のJAF(日本自動車連盟)、酒類を提供する側の団体のJF(日本フードサービス協会)、都道府県交通安全協会、安全運転管理者協議会などと連携して、ポスター、チラシなどハンドルキーパー運動を国民に周知するための広報、運転者関係団体に対するハンドルキーパー運動への参加呼びかけ、酒類を提供する店舗に対するハンドルキーパー運動への協力要請などの活動を行っていくこととしております。≫

暴力団のシノギに、縄張り内の店舗に「おしぼり」や「芳香剤」を売りつけたり、「植木」のレンタル、なんてのがある。

「酒気帯び」でも一発取り消し…道交法改正案を閣議決定

≪政府は27日、飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを柱とした道路交通法施行令の改正案を閣議決定した。今年6月1日から施行される。

酒気帯び運転のうち、呼気1リットル中のアルコール濃度が0・25ミリ・グラム以上の場合、違反点数が13点から25点に引き上げられ、過去に違反歴がなくても一発で免許取り消しになる。同0・15ミリ・グラム以上0・25ミリ・グラム未満の場合は6点から13点に引き上げ、免許停止期間が現行の30日から90日に。飲酒によって正常な運転ができない「酒酔い運転」も25点から35点に引き上げられる。

悪質な事故などで免許取り消しになった後、運転免許証の再取得が禁じられる欠格期間の上限も5年から10年に延長され、危険運転致死罪は8年、同致傷罪は被害者の負傷程度に応じて最長で7年になる。酒酔い運転による事故も、2〜5年から3〜7年に引き上げる。いずれもひき逃げが加われば最長の10年になる。≫


酒をたしなむ人は、「ずいぶん厳しくなったなあ」という感想をお持ちだろう。
飲酒運転が悪いのは誰もが認めるところだが、それと紛らわしい名称の「酒気帯び運転」の根拠が判然としないのである。
一応の根拠は呼気と血中のアルコール濃度である。
「少し酒を飲んで運転するのが酒気帯び運転」と思ったら大間違いである。そんな単純な話ではない。

飲酒運転

≪アルコール飲料以外にも、酒類を用いた洋菓子や奈良漬の他、ノンアルコールビールなどを食べたり飲んだりした場合、体質や摂取量によっては飲酒運転になる可能性がある(ノンアルコールビールとよばれているものでも、一般に0.1〜0.9%程度のアルコールが含まれているため、基準に該当する可能性がある)。また、栄養ドリンクにも微量だがアルコールが含まれているものがある(高いものでは3%程度のものも)。
交通事故により病院に搬送された場合、採血試料がエタノール検査に供されることがある。日本の医療機関では皮膚消毒にエタノールを含む消毒薬を用いることが多く、採血部位の皮膚消毒に用いたエタノールが採血試料に混入し、誤って飲酒運転と判定される可能性が指摘されている。≫


明らかに飲酒した後運転して検挙されたのならば納得もするだろうが、翌日だったり、「酒類」を飲んだ記憶がないのに検挙されたらどうしますか?
飲酒したら二日間は運転しなければ問題はないだろうが、日常生活でそんなことをやっていられるだろうか?

外国の飲酒運転って厳しくないんですか?

         呼気(ml)  血中(mg/ml)
日本        0.15     0.3
スウェーデン    0.1      0.2
フランス      0.25     0.5
ドイツ       0.25     0.5
スペイン      0.25     0.5
イギリス      0.35     0.8
イタリア      −      0.5
デンマーク     −      0.5
オーストリア    0.8      1.6
ニュージーランド  0.4      0.8
ロシア       −      0.5
ワシントンDC   0.38     0.8

御覧のように、日本の罰則基準は諸外国と比べて異様に厳しくなっている。何故、日本がこの基準にしたのか、その理由も曖昧模糊である。
「飲酒運転が減らないから」「低濃度のアルコール残存量でも危険だから」などと答えるのだろうが、根拠にはなっていない。呼気0.25のままにして、違反者への罰則を強化しても良かったはずである。どうして警察は「0.15」に固執するのだろうか?

警察庁「飲酒運転の根絶に向けて」

Q なぜ飲酒運転はいけないの!

以上は「お役所」のHPであるが、「少量の飲酒も危険だから罰則を強化する」と脅しているだけで、「飲酒後どれくらい経過すれば安全なのか?」という疑問には全く答えていない。
個人による差異が大きいから答えにくいのだろうが、「翌日運転だろうが、洋菓子やノンアルコールビールや栄養ドリンクを飲んだだけだろうが、呼気0.15以上出たらおまえの人生は破滅だぞ」と脅迫しているのである。

どんなことをしたら「呼気0.15」前後になるのかは、お役所は全く情報を公示していない。極めて重要な情報のはずなのだがマスコミもろくな情報を流さない。

そもそも「呼気0.15」が運転にどの程度の影響を与えるのか、そのデータも曖昧である。この程度だと、本人も「二日酔い」の自覚症状がない場合が多いだろう。風邪薬やコーヒーなどの刺激物を飲んだ時との対比データもない。

一度飲酒した人は翌日、いつ頃運転すれば安全なのか判らないまま不安にさいなまれながら運転しなければならないのである。
ちなみに(安っぽい)市販のアルコール検知器はいい加減である。それで「安全」と出ていても、「検問で引っかかっても保証しません」と当然ながら説明書に書いてある。

この手の情報はネット上でも少ないのだが、以下のサイトは多少それの説明をしている。

飲酒量 vs 呼気中アルコール濃度(経時変化)

これを見てもいい加減な計算しかできない。

「飲酒運転撲滅」といえば、誰も反対しない「錦の御旗」である。これを大上段に振りかざして庶民を恐喝して場合によっては金をせびろうという態度はいかがなものだろうか?

「酒気帯び運転」というネーミングも大いに問題がある。この言葉からは「残存アルコール量」の意味合いが正確には伝わってこない。

「酔っぱらい運転なんてする人は人間のくず」と思っていた女性が、検問でつけていた香水にアルコール検知器が反応してしまったらどう対処するだろうか?
口臭を気にして薬品でうがいをする習慣のある人も同様に危険である。
洗浄綿で汗をぬぐった直後、検問にひっかかったら…

「まさか、そんなことで検問には引っかからないだろう」と思っている御仁も多いだろうが、何せ警察は「0.15」の実態を公表していないのである。国民は「どうすればひっかかてしまうのか」さっぱり判らない。
魔女狩りと似てませんか?

霜取りスプレーをうっかり車内に発射したりしたら、しばらく車に乗れませんね。

本気で飲酒運転を撲滅させる気があるのなら、もう少しマシな改正法があると思われる。
少なくとも「0.15」に固執する態度は改めてもらいたいものである。固執するのであれば、アルコール残存量に関するデータを国民に公表するべきである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking


→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 00:53コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2009年01月27日

piraets

海賊被害、過去最悪に 世界中で293件

「歯がゆい」「まだるっこい」とは日本の対外政策を指した言葉だろうか?
海賊問題でも相変わらずのすったもんだが続いている。
本ブログとしては、一応民主党を支持している。勿論極めて消極的にだが…。とにかく自民党では腐りきっていてどうしようもないのである。政権交代はどうもアメリカのシナリオで、その意向を受けてマスコミが騒ぎ、国民を洗脳している節があるので気にくわないが、まあ他に選択肢がないからやむを得ないだろう。
ところでソマリア沖等で頻発している海賊問題だが、民主党が足を引っ張っている。
強力な軍隊を派遣して駆逐してしまえば良さそうにも思えるのだが、アメリカもなかなか本腰を入れない。背後でアメリカと海賊はつながっているのだろうか?

民主「海賊対策」視界不良 他の野党に配慮、方針打ち出せず

≪アフリカ・ソマリア沖の海賊対策として海上自衛隊の護衛艦を派遣する政府方針への民主党のスタンスが定まらない。党内の意見集約ができていないことに加え、政権交代時の連立相手と想定している社民党、国民新党が自衛艦派遣に強く反対しているためだ。安全保障論議は、かねてから民主党のアキレス腱と呼ばれてきたが、海賊対策で、また一つその危うさが露呈した形だ。≫

社民党はあんなだから論外として、国民新党が反対している理由がよくわからない。調べれば解るだろうが、そんなことをする時間がもったいない。

≪野党では共産党に加え、社民、国民新の両党が「一義的には海上保安庁で対応すべきだ」などと反発している。≫

調べていないので、いい加減な予想だが、「自衛権の憲法上での法解釈」でゴネているのだろう。憲法遵守の立場で言えば、巡視艇を派遣するのもまずいんじゃないのかな?
そもそも巡視艇は外洋向けには設計されていないから、新たに大型の巡視艇でも造れと言うのだろうか?
自衛隊の軍艦を海上保安庁に払い下げるという手もあるか。ついでに自衛官も海上保安庁職員に転職させればいいか。

≪23日には両党の幹事長が、民主党の鳩山由紀夫幹事長に「反対」で共同歩調をとるよう求めた。鳩山氏は野党共闘を重視し、「できる限り一致していけるように努力していきたい」と応じた。≫

党内も意見がバラバラだから、コメントしようもないだろう。

≪ところが、民主党の平田健二参院幹事長は20日の記者会見でこんな驚くべき発言をしてみせた。
「海賊というのは漫画で見たことはあるが、イメージがわかない。ソマリア沖で、日本の船舶が海賊から襲撃を受けて被害を受けたということがあったのか?」≫


国防意識がまるでない人ですね。
 
平田健二

≪実際には日本船籍の船もロケット弾の攻撃などを受けており、日本人が人質となった事例もある。このため日本国内の海運大手三社(日本郵船、商船三井、川崎汽船)は日本船主協会を通じ、国家レベルの海賊対策の早急な着手を請願すべく総理官邸を訪問し要望書を提出している]。また、そもそも、ソマリア沖の海賊対策のため自衛隊を派遣するというのは、2008年10月17日の衆院テロ防止特別委員会において、民主党の長島昭久により提案されたものである。
なお、国土交通省の発表によると、2008年に日本の海運会社が運航する船舶が海賊に襲われた事件は12件(前年比2件増)]である。≫


社民党は無防備中立論の流れをくんでいるから論外として、自民党はアメリカの使い走りである。アメリカのための防衛しか考えていない。この両党は国防意識が皆無と言っていいだろう。
かといって民主党もこの始末。案外共産党あたりが国防に関しては一番マシなのかもしれない。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking


→FC2 Blog Ranking




seiginomikata8 at 09:48コメント(0)トラックバック(0)憂国 

長嶋一茂氏がいろいろなマスコミに叩かれている。どうして突然叩かれ始めたのか不明である。
そもそもスポーツ選手としては大して活躍しなかった長嶋氏が引退後もテレビ界で露出している理由については解説するのも野暮というものだろう。
それはそれとして、あのゲンダイさんが長嶋氏に噛みついた。

長嶋一茂を誰か止めてやれ!

≪現在、一茂はフジテレビの情報番組「サキヨミLIVE」の“サキヨミスト”、日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」のレギュラーコメンテーターを務めている。
専門分野であるスポーツについてコメントするだけならまだいいが、このところの一茂は政治、経済、社会問題についてもしたり顔で鼻につくのだ。しかも、それが的外れでズレた発言ばかり目立っている。≫


長嶋氏には何やらとんちんかんな言動をする呪われた遺伝子でも存在するのだろうか?

≪18日放送の「サキヨミ」では、初めて同じ日に開催された自民党と民主党の党大会についてのコメントを求められ、自信たっぷりに発言したが、何を言いたいんだか……。
「民主党と自民党のどちらを応援しているというスタンスはないんだけれども、これでもし民主が(政権を)取らなかったら、今後、党存続の理由があるのかというくらいのことだと思う。(自民党は)選挙政治ばっかりやってて、結局、具体的に……(何もやっていない)。もちろん、経済政策は時間がかかるんだけれども、どうなのかなという不安ばっかりなんですよね」≫


確かにお父さんのしゃべり方を彷彿とさせるものはあるけれど、どこが「的外れ」なのか判らない。常識的な意見のように思えるのだが…。

≪「ZERO」で派遣切りの問題を取り上げたときは、「派遣はプロスポーツのように不安定雇用で、しかも給料が安い。廉価版のプロスポーツの契約のようなもの。プロ野球の世界では明日やめるかもしれない選手は育成しない。だからこそ長期雇用が必要」といった趣旨のコメントをしていた。トンチンカンにもほどがある。≫

これまた「正論」のように私には思えるんだけどなあ。

≪「一茂はスポーツコーナーに出て、巨人のことだけしゃべっていればいいんですよ」と、作家の吉川潮氏はこう言う。≫

政界には格闘技系の自民党議員もいっぱいいる。確かに「この人達が…」とは思うものの、長嶋氏にそこまで言うことはないだろう。もしかしたら長嶋氏に恨みがあるのではなくて、その背後にいる…。

【Sports Watch】一茂のWBCスタメン予想にウエンツ困惑

≪フジテレビ系列の情報番組『サキヨミLIVE』11日放送分では、いよいよ今年3月から1次予選が始まるWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2回大会に向け、野球評論家・長嶋一茂がスターティングメンバーを予想。「原監督のチーム構想、想い描いている方向性で全員で一丸となれば勝てます」と太鼓判を押した。
しかし、同番組のコメンテーターで、埼玉西武ライオンズのファンとしても知られるウエンツ瑛士は困惑した表情で、「西武の選手を一人も入れてないですよね」と苦笑い。「どう考えても、戦いにきているとしか思えないですけど、不景気の時はスポーツを皆で応援するのはいいかたちかなと思いますね。今年も一茂さんとは対決が続きそう」と無難にまとめてみせたのだった。≫


野球は9人だからね。スターティングメンバーを12球団からまんべんなく出すのは無理だろう。大リーグ帰還兵も入れるんだろう。しかし、長嶋氏が西武を嫌っていることは判りました。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking


→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 09:28コメント(0)トラックバック(0)憂国 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
カスタム検索
Google2
TOTO
auctions.yahoo
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場
楽天
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ