2009年03月

2009年03月31日

takahasiyouiti

植草一秀氏を痴漢に仕立て上げて社会的に抹殺したのが小泉であることは有名だが、今度は小泉のブレーンがこそ泥に仕立て上げられた。
小沢の国策捜査といい恐ろしい国になったものである。
アメリカの意向とはいえ、権力の座から滑るとこうも悲惨な末路が待ち構えているものなのだろうか?

断っておくが、仕掛ける方だって馬鹿ではない。相手の弱みを徹底的に研究してそこを突いてくるのだ。「こいつならやりかねない」と知人も納得してしまうようなぎりぎりのラインで攻めてくる。植草氏に異常性癖があるのは事実である。しかし、氏とて馬鹿ではない。自分の社会的生命を失墜させるまでの愚行はやらかさない。それをやらかしたように見せかけてしまうのが冤罪の恐ろしいところである。

植草氏が性的にアブノーマルなのは事実だろうから、裁判沙汰になっても本人としては無実を立証するのに勇気がいるのだ。
無実を証明するためには人格上の欠陥を白日の下に晒さなければならない。
今回の高橋氏の場合はおそらく時計フェチだったのだろう。それを狙って嵌めたのである。

小泉ブレーン・高橋洋一東洋大教授を窃盗容疑で書類送検

≪高橋洋一・東洋大教授 警視庁練馬署は30日、温泉施設のロッカーから財布や腕時計を盗んだとして、元財務官僚で東洋大教授の高橋洋一容疑者(53)を窃盗容疑で書類送検した。≫

高橋教授は24日午後8時ごろ、東京都練馬区の温泉施設「豊島園庭の湯」の脱衣所で、区内に住む男性会社員(67)が使っていたロッカーから、現金約5万円が入った財布や、数十万円相当のブルガリの高級腕時計を盗んだ。何故かロッカーは無施錠だった。

男性の通報でたまたま駆けつけた同署員が調べたところ、防犯カメラに高橋教授が写っていたため、浴場から出てきた高橋教授に事情を聞くと、盗んだことを認めた。高橋教授は「いい時計だったので、どんな人が持っているのか興味があり、盗んでしまった」と供述している。

≪高橋容疑者は小泉政権のブレーンとして郵政民営化や道路公団民営化などを推進。安倍政権では内閣官房参事官として公務員制度改革の青写真を描いたが、2008年3月に退官。「さらば財務省!官僚すべてを敵にした男の告白」などの著書がある。東洋大広報課は「状況がわからず、コメントできない」としている。≫

郵政民営化。そう、口封じである。

2ちゃんねるに投稿されたID:NQOqmxxB0氏の記事

==============================

■現在まで確定している事実(目撃情報ほか:まとめ)■ ※一部相反情報あるも、ほぼ確定

・被害者は警察OB?らしい(取材拒否)
・ロッカーから出てきた時計はブルガリではない、もっと安物(時計ヲタ目撃情報)
・捜査員は、午後5時くらい(犯行の3時間以上前)から張り込み
・高橋氏、午後8時ころ浴場に入った後、何者か(管理者?)が高橋氏のロッカーを開けて高級時計とサイフをぶちこむ
・捜査員と思われる数名がビデオカメラ設置及び作動
・高橋氏風呂からあがる。ロッカーに不審な時計発見
・捜査員一斉に高橋氏に飛びかかり検挙
  ↓
捜査員:盗んだんじゃないか?
高橋:見たこともない時計です
捜査員:ロッカーから出したとこ、ビデオに映ってるよ?物的証拠あるんだ
高橋:知らないものは知りません
捜査員:あ、テレビで有名な高橋さんですね。とりあえず窃盗を認めないと逮捕拘留ですよ。
高橋:え?
捜査員:テレビ沙汰になったら困るでしょう。容疑を認めれば書類送検で済みますから。
高橋:(じゃあ認めます)というような趣旨の言動。以降任意同行で目撃情報なし
  ↓
警視庁記者クラブのリーク「いい時計だったので、どんな人が持っているのか興味があり、盗んでしまった、と供述しているという」←どんだけ不自然な供述なんだよw
  ↓
クラブ申し合わせ「リーク情報どおり一文字一句同一報道。抜け駆け厳禁」協定あり ←■今ここ

=================================

ID:NQOqmxxB0氏の推察は大体的を射ているだろう。

実際に豊島園庭の湯に防犯カメラがあるかどうか質問した者もいたが、豊島園側は「ない」と返答したようだ。
勿論、今後の警察の圧力でどうにでもなってしまう問題だが…。

大方の日本人は馬鹿である。

テポドンがヤラセであることも気付かないし、小沢秘書の逮捕が国策捜査であることも気付かない。今回の事件も単なる窃盗事件と思ってしまうだろう。

正確には、「見ざる聞かざる言わざる」という江戸時代の庶民丸出しの根性で、為政者のやることに疑問も持たず口を挟まない習性がこびりついているのである。

為政者にとってこんな扱いやすい国民も珍しいだろう。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 09:12コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2009年03月30日

sumidaku

「静養ホームたまゆら」は体のいい姥捨て山だったようだ。

「静養ホームたまゆら」に入所者を紹介していた東京・墨田区の高橋保護課長は会見で「受け入れ施設がなかった」と釈明していた。
しかし、実際には墨田区の財政は他の地方都市がうらやむリッチな状況だったようだ。
その一例が2012年完成予定の東京スカイツリー。日本最長のタワーになる予定である。その関連事業費に約70億円も見込むなど金は有り余っている。

“老人施設不足を嘆く”墨田区の仰天「優良」財政

≪墨田区吾妻橋。地下2階、地上19階建てで、大企業のオフィスと見間違うほど豪華な建物がある。総事業費約160億円を投じた区庁舎だ。≫

老巧した家屋が目立つ墨田区だが、区庁舎の豪華さは区内でも指折りである。

≪「墨田区の09年度一般会計予算は約960億円。都内の自治体が緊縮財政を組む中、前年度比で0.5%増でした。特別区民税の税収は、5年前(04年度)と比べて55億円も増え、自由に使えるカネ(基金)は140億円もある。財政健全化判断比率の数値では、公債費比率が5.1%(07年度)と基準を20ポイント以上下回るなど優良財政はお墨付き。都内でも高齢化率が進んでいる区だけに、高齢者施設の建設提案は議会でも取り上げられることが多い。その気になれば、5棟や10棟は造るぐらいの財政力はあります」(区議会議員)≫

老人が多いにもかかわらず、福祉関連は極端に出し渋っているようだ。

≪それじゃあ墨田区は一体何にカネを使っているのか。手厚いのは職員の人件費だ。

 区の職員給与の状況によると、平均年齢44歳で月給46万円。国よりも月額4万円近く高く、年収は軽く600万〜700万円はいく。驚くのは技能労務職と呼ばれる職員だ。「清掃職員」の平均年収は765万円で、民間類似職の2倍近い。「守衛」は770万円で1.7倍、「用務員」は720万円で2倍以上、「自動車運転手」も740万円で1.6倍――と軒並み“高給取り”だ。≫


墨田区の公務員になれば「勝ち組」ということだ。技能労務職は高齢者が多いのだろうが、この手の業種の民間と格差が大きいのも事実である。
「人件費を削って福祉に回せ」というのも極論だが、職員の採用が公正だったか、予算の支出が適正だったか、この区に関しては吟味した方が良さそうだ。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 11:20コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2009年03月29日

moritakensaku

選挙期間中は「森田氏の批判をしたら選挙妨害かな」と思って遠慮していました。しかし、もう遠慮はいらない。彼の実態を白日の下に暴き出します。

事前予想でも森田氏が優勢だったから、驚くに値しないが、彼を支持していたのは団塊の世代である。彼らは本来は分別盛りの歳なのだが、それを期待するのはやはり無理だったようだ。

千葉知事に森田氏が初当選確実 民主推薦候補ら破る

しかし、どうして森田氏みたいな人物が知事に当選するような事態になってしまったのだろうか?

ズブズブの自民党である森田氏だが、自民党の低支持率にビビッて無党派を擬装して選挙を行った。
麻生さんなんかが応援に行ったら落選してしまう。

それにしても、こんな見え見えの作戦にコロリとダマされてしまう千葉県民の民度にも改めて呆れる。

もともと千葉県と言えば東京近郊では一番えげつない選挙違反をやっている地域である。選管自体の不正も報告されている。

この選挙結果で、小沢氏を辞任に追い込む情勢が加速されることになるだろう。
アメリカの日本支配は更に強まる結果になりそうだ。
アメリカとマスコミの洗脳工作にこうもあっさり踊らされる国民も憐れである。

dj19氏のブログである。

森田健作先生のマニフェストがひどい。

こんな酷いマニフェストは私も他に知らないが、どうせ森田氏に投票した人は何も考えずに「あっ、この人名前知っている」程度で投票したのだろう。

貰うものを貰った人や恫喝された人がいたかは知らんけど…。

森田健作

≪参院選出馬
1992年には大内啓伍の誘いで第16回参議院議員通常選挙に、東京都選挙区から無所属で立候補。連合主導で民社党、社会党、社民連の推薦を受け当選した。当選後特定の会派に所属しない約束で、覚書も締結していた。無所属のまま民社党と会派を組んだが、連合は約束が違うと抗議声明を出した。民社党解党前の1994年には野党時代の自民党に移り、同年6月の内閣総理大臣指名選挙では党議に反して日本社会党委員長の村山富市ではなく、当時自民党総裁の河野洋平に投票した。

衆議院へ
1998年、新井将敬の自殺に伴う衆議院東京4区補欠選挙に立候補し当選。2000年の第42回総選挙では、自公保連立下の候補者調整により、自民公認漏れとなったが再選。2000年8月には自身の公設秘書が公職選挙法違反にて逮捕され、連座制適用による自身の失職も想定されたが、東京簡裁にて罰金50万円の略式命令となり、連座制適用は見送られた。2003年の第43回総選挙には不出馬。

献金
消費者金融(サラ金)など貸金業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)から政治献金を受けている。≫


政界めざす「幸福の科学」が森田健作らを支援

マニフェストを見て判るように、森田氏は役さながらの筋肉脳の持ち主で、商業右翼的発想の御仁である。思考はバカウヨと大差なく、右翼用語を羅列するが論理的脈絡はない。
政財界に太いイプを持ち合わせていないので、現職の議員でありながら2003年には干されてしまった。
千葉県知事選に出るも落選。
その後の彼の資金源は何だったのだろうか?
サラ金からの献金だけではあまりにも心許ない。
そう、「困った時の神頼み」彼を拾ったのはカルトだった。そこそこの知名度に目を付けたカルトが彼を拾ったのである。
充分な証拠はないが統一教会も絡んでいるようだ。

今回の選挙は実に作戦が巧妙だった。森田氏の発案ではないだろう。背後で森田氏を操っている頭のいい人がいるはずである。

森田氏の取り柄は、どういう訳か創価学会と仲が悪いことくらいだろう。金になる話ならダボハゼのように飛びつく政治家も多いが、森田氏と創価学会の間に何があったのだろうか?

ということで、ネット上では創価系の工作員が今後森田氏に関してあることないことをいっぱい書き込んでくれるだろう。森田氏を擁護するのは…、書かなくても解りますね。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 23:06コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 
raza

家畜と野生動物の差は危機管理意識の違いである。犬と狼、猫と山猫、雁とガチョウ、そして猪と豚。

戦前の日本は猪だった。戦後はアメリカに飼われて豚になった。豚という動物は見かけとは違って頭がいい。多分猪よりもIQは高いだろう。家畜化されることによって知能が向上したのである。現在のように食肉用に飼われている限り、今以上の知的向上は期待できないが、ペット用や特定の作業用に改良すれば更に頭のいい豚も誕生することだろう。
犬や猫なども家畜化されたことによって知能は向上した。しかし、一般に家畜化されると自己防衛は飼い主に依存することになり、その意識は大幅に低下してしまうのである。 

社民・福島氏、北ミサイル迎撃批判を延々と 野党席からも失笑

マスゴミはみずほタンを小馬鹿にしているが、実は政府から重要な本音を引き出しているのである。

鴻池氏:「弾同士当たるの困難」北朝鮮ミサイル迎撃

政府の連中も内心では誰も迎撃できるなどとは思ってないのだ。

千葉県にテポドンを撃ち込め!

物騒なタイトルだが個人ブログである。ブログ主は以下の記事を読んで頭に来たようだ。

対ミサイル誘導弾、首都圏で展開開始 反対運動も 

この手の反対運動に生理的嫌悪感を抱くのは理解できる。しかし、迎撃できない玩具の移動についてどうのこうの言っても始まらない。
この玩具が数兆円もしたら、それこそ「そんな金を使う暇があるのなら福祉に回せ」と騒ぐ連中の方がスジが通っているのである。

朝鮮ミサイル:破壊措置命令…危機管理で政権浮揚期待

≪政府が27日、北朝鮮の長距離弾道ミサイルの落下に備え、法律上は公表する必要がない自衛隊法82条2の3項に基づく「破壊措置命令」の発令をあえて発表したのは、緊張を高める北朝鮮に対し、毅然(きぜん)とした姿勢を示す必要があると判断したためだ。北朝鮮への強硬姿勢と併せて危機管理に万全を期す政府の姿勢を強調し、政権浮揚につなげたいとの思惑も見え隠れする。≫

要するにアメリカの猿真似である。アメリカでは政権の支持率が低下すると何故かテロが起きて戦争になり、政権の人気が回復することを繰り返してきた。最大のテロは真珠湾攻撃だろう。

しかし、もともと日本人はアメリカ人ほど好戦的な民族ではないし、家畜化されて久しい。豚化が進行しているのである。

首相また“言葉足らず”「4月4日、北朝鮮がミサイル撃つ」

相変わらずこの御仁は緊張感がないなあ。まあ、裏を知っていれば緊張感など出てくるわけもないか。
裏とは北朝鮮がアメリカの傀儡国家ということである。

安保で政府内ちぐはぐ 破壊命令防衛省と官邸対立

一応はミサイルが上空を通過して行くのを指をくわえて見ているだけの段取りなのだが、テポドンはいい加減なミサイルである。日本領空に落ちてくるかもしれない。
そうしたら迎撃せざるを得ない。その場合万が一どころか万が9999失敗するのである。
早くもその責任のなすり合いをしているわけだ。

ミサイル防衛システム大丈夫なのか 専門家から「技術的に困難」の声

「ミサイル防衛システム」の実態はハコモノということだ。この点では日米共通している。長良川河口堰みたいなものである。利権目的なのだ。

ミサイルなどの落下阻止、成功すると思う?

素人判断は半々と言うことだ。一般的日本人は防衛知識が全くない。従ってこんな質問をされたらヤマカンで答えるしかないわけだ。

北の「衛星」矛盾 中・短距離ミサイルも準備 テポドン直後に発射か

北朝鮮は「花火屋」と思っていれば間違いないだろう。相図を待って準備するだけの存在だ。
「迎撃ミサイルに撃墜されたように装って日本上空で爆発」なんて洒落た技術はないだろう。(アメリカが技術援助したにせよ)

米イージス艦 青森港に入港 ミサイル迎撃能力持つ

≪ステザムは、トマホークミサイルなどの垂直発射やミサイルの迎撃ができる最新鋭の装備があり、物資補給などをして26日午後2時に出港する予定。≫

北朝鮮ミサイル 海自イージス艦3隻が出港

≪こんごうとちょうかいは、米ハワイで各1回SM3の実射試験を経験したが、ちょうかいは米製弾頭の不具合で、模擬ミサイルの迎撃に失敗した。米海軍は16回の実射試験中13回を成功させたという。≫

同じイージス艦でも日米ではかなり性能に差がありそうだ。当たり前の話だが…。

夜の首都圏PAC3配備、テポドン迎撃の落とし穴

≪北朝鮮が「人工衛星」として発射する長距離弾道ミサイル「テポドン2」が日本列島に落下した場合に備えて浜田靖一防衛相から破壊措置命令が出されたのを受け、航空自衛隊は27日夜、首都圏警戒のため地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を闇にまぎれて首都圏各地に配備した。一応の迎撃態勢が整ったかたちだが、そこには落とし穴がある。ミサイルの破片が雨あられとなって首都圏に降り注ぐ可能性がある。≫

みずほタンもこれを心配していたのだろうが、当たらないから大丈夫です。ただし、テポドンそのものとパトリオットは落ちてきます。

アメリカのミサイル迎撃態勢は日本と大差ない。しかし、それは表向きの話である。

アメリカはライフルで原住民をを殺戮し、メキシコ人を追い出して作り上げた国である。いまだに銃器の所持禁止も不可能なくらい防衛意識の強い国だ。
指をくわえているような間抜けなことは考えない。アメリカの実際の仮想敵国は中国とロシアである。ECの造反も警戒しているだろう。

ミサイル迎撃の本命はキラー衛星である。

衛星攻撃兵器

一般にキラー衛星というと対衛星攻撃を指すが、現在では広義に使用されてミサイル迎撃衛星に対しても用いられる。

ミサイル迎撃には実はレーザーが一番有効なのだ。

戦術高エネルギーレーザー

これを装備した迎撃用航空機も実戦配備される予定である。

AL-1 (航空機)

しかし、航空機よりも人工衛星に配備した方が効率がいいし確実である。当然ながら、その手の軍事機密は一般に流されてはいない。

キラー衛星がテポドン発射基地に標準を合わせて、発射した瞬間もしくはそれ以前にレーザー砲を浴びせれば100%迎撃できるのである。

ミサイル防衛に関しては以下のサイトが詳しい。

ミサイル防衛
当然ながら軍事機密に関してはスルーして書いてあるが、防衛予算がいい加減なこと程度は推察できるようになっている。

実際に発射されてしまったミサイルを迎撃するのは難しいが、一番有力なのはレールガンである。

レールガン

表向きは実験中だが、実戦配備されているとのもっぱらの噂だ。
事実上のプラズマ兵器である。

実は、日本はレーザーとプラズマ研究に関してはいい線を行っているのだ。核兵器を持ちにくい現状では、こっち方面の開発にもう少し本腰を入れてもいいかもしれない。役に立たないパトリオットやイージス艦、更にはステルス機能もない玩具戦闘機なんかを買わなければ、これらの兵器は現行の予算枠で充分開発可能だ。勿論、アメリカは許可しないだろうが…。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 13:15コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2009年03月28日

ptriot333

騒いでいるのは、いわゆる無防備論者のプロ市民団体だろうが、彼らと全く別の意味で「パトリオットミサイルはいらない!」には賛成である。

理由は簡単。「迎撃できそうにもないからである」
アメリカから法外な値段をふっかけられて買わされたパトリオットだが、性能は今ひとつである。

今回のように一発だけならもしかしたら当たるかもしれないが、パトリオットと同様に弾頭が拡散するタイプだったり、何十発も打ち込まれたりしたらまず役に立たない。

こんなものに金を使う暇があったら、キラー衛星を日本上空にいっぱい配備した方がいい。日本のレーザー技術は世界のトップクラスだから、そっちの方面に金を使った方が有効である。

しかし、属国の悲しさ。日本の防衛はアメリカの言いなりなのである。

対ミサイル誘導弾、首都圏で展開開始 反対運動も 

≪習志野演習場には、市民団体「パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動実行委員会」のメンバーが駆けつけた。
吉沢弘志代表は「今後、防衛省などに抗議していきたい」と話した。 ≫


消火器にも使用期限があり、古くなった消火器を集めて広場で消火訓練をやったりするが、何やらそれを彷彿させる軍事行動である。

テポドンの一部が落下したら危ないらしいが、迎撃したパトリオットが落下しても危ないのである。危なさから言えばパトリオットの方がより危険である。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 20:06コメント(0)トラックバック(0)憂国 
asokakizome

事の発端は西松建設ではない。小沢の第7艦隊発言である。その発言がアメリカの怒りを買ってしまった。アメリカがマスコミに命じて小沢叩きをやらせたのだ。
その前に小沢はヒラリーと会っている。そこでも色よい返事をしなかったものと思われる。
アメリカは一度切るつもりでいた自民党を復活させ、民主党には屈服するように強要しているのである。

小沢代表「辞任を」66% 共同通信の緊急電話世論調査

≪共同通信社が25、26両日に実施した全国緊急電話世論調査で、民主党の小沢一郎代表が西松建設巨額献金事件で公設第1秘書が起訴された後も続投を表明したことに関し「代表を 辞めるべきだ」との回答が66・6%に上り、「代表を続けてよい」の28・9%を大きく上回った。

 麻生太郎首相と小沢氏の「どちらが首相にふさわしいと思うか」との質問でも麻生氏が前回比7・5ポイント増の33・1%、小沢氏が同2・4ポイント減の31・2%と逆転した。≫


世論調査の数字がいい加減なことは今に始まったことではない。「この数字に釣られる馬鹿が少しでも増えれば儲けもの」くらいのつもりでやっているのだ。

<民主党>進退問題「あくまで小沢代表の判断」 鳩山幹事長

≪石井一副代表は「世論操作がされており、情けない。党は一致結束すべきだ」と述べた。≫

民主党も腰砕け気味である。宗主国様に睨まれた小沢をフォローするのに危機感を抱いているのだろう。

「なぜ野党だけが標的?」社民・福島氏 西松事件

≪社民党の福島党首が27日の参院予算委員会で、西松建設の違法献金事件を取り上げ、「なぜ野党だけターゲットにするのか」と麻生首相や森法相らを追及した。沈黙する民主党に代わり、弁護士の福島氏が反攻役を買って出た格好だ。≫

「なぜ野党だけが標的?」
当たり前だ。国策捜査だからだ。それもアメリカの命令によってだ。
社民党も朝鮮総連などとはズブズブの関係である。そっち方面から叩けばいくらでも埃が出てくる。

北朝鮮が事実上アメリカの支配下にあるにもかかわらず、北朝鮮に媚びているのだから基盤の弱い政党と言わざるを得ない。

その気になられたらいつでも国策捜査の対象になってしまう政党である。

アメリカに睨まれたらやっぱヤバいから、腐敗堕落した自民をまだ担いで、アメリカに恫喝され、天下りや利権屋の餌食になりながらも、何とか食いつないでいこう」そう判断して麻生支持をするのも一つの見識である。

何れにせよ日本人の民度が問われているのである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 13:14コメント(1)トラックバック(0)憂国 
utimouko

「朝鮮」ということばは差別用語なのだろうか?

朝鮮民主主義人民共和国という国が存在する以上差別用語であるはずはない。

しかし、韓国では「朝鮮」という名称を毛嫌いしているようだ。自国と北朝鮮とを差別化したいからだろうか?

国名に関してはどんな名称にしようが勝手である。しかし、外国側からすればその名称をどう呼ぼうが自主判断にまかせられている。

オランダは「ネーデルランデン」が正式名称であるが、「オランダ」と呼んでも文句は言われない。イギリスもそうだ。
ドイツをアメリカ人が「Germany」と呼んでも問題にはならない。

ロシアがソ連だった時もアメリカは「ロシア」と呼んでいた。

日本人は相手国から要請があると簡単に呼称を変更してしまう習性がある。

ビルマを「ミャンマー」などと言い換えたが、軍事政権の要請を無批判に受け入れた結果である。ほとんどの国はその要請を拒絶していまだに「ビルマ」と呼んでいる。

カンボジアも一時「クメール」と称していた。軍事独裁政権になると国名を一方的に変更することもよくある。

ヨーロッパでも「フィンランド」や「ハンガリー」などはそう呼ばれるのを嫌がっている。「アジア系種族が建てた国」という意味だが、そのことを誇らしく思っていないのである。

中国を「支那」と呼ぶと怒り出すのは有名な話だ。しかし、「China」だと気にしないようだ。
使用する側に差別意識があるかどうかで反応も違うということだ。
こちらに差別意識がなくても、相手が差別されたと感じれば問題になってしまう。
国名や地名の呼称はデリケートでややこしい。

しかし、我を張って押しつけがましい奴が嫌われるのは自明の理である。

中国も「支那」と呼ばれて怒るくせに「蒙古」と言ってはばからない。
「支那」には文字的に差別の意味合いはないが、「蒙古」は侮辱語である。東夷西戎北狄南蛮の世界である。

韓国大統領の中国への要求「大韓半島と呼べ」

≪3月13日、韓国ソウルで行われた記者会見において、李明博大統領が「中国に対し、朝鮮半島という名称を大韓半島に変更するよう要求する。さらに、朝鮮半島という言葉を今後は使用しないよう求める」と宣言した≫ 

自国を大韓民国と称しているくらいだから、自国領土を「大韓半島」と呼ぶ分には勝手である。
しかし、「他の国もそう呼べ」と要求して相手が納得するかは別問題だ。

中華思想丸出しの旧宗主国様が「大」などとついた地名を認めるとも思えない。日本のことをわざわざ「小日本」などと呼んでるくらいだから、もっと小さい朝鮮半島に対しては抵抗を感じるだろう。

≪李明博大統領は「絶対的多数の国家が一方をKOREA(大韓民国)と称し、もう一方をNORTH KOREA(北朝鮮)と称しているにも関わらず、これら2つの国が存在する半島を朝鮮半島と呼んでいる」と発言。

 続けて、「中国には朝鮮族の人々が多く存在するが、朝鮮半島という名称では、まるで我々が他人の土地に住み着いているようではないか」と発言した。李明博大統領の発言のあった当日、ソウルにある中国語で運営されていたウェブサイトでは「朝鮮半島」という名称が「大韓半島」に修正されたのだった。≫


「KOREA」は「高麗」が語源である。この理屈だと高麗半島と呼ぶのが筋というものだろう。
現在の名称でトラブルがある場合は古称を復活させて妥協する話はよくある。
レニングラードがサンクトペテルブルクになったような事例だ。

では高麗半島ではどうしてまずいのか?
理由は簡単。高麗は中国の属国だったからだ。「高麗」という漢字には中国に対する屈辱的なイメージがあるのだろう。
「朝鮮」という漢字が日本に対する屈辱感を想起させるのと同じ理屈だ。

韓国(朝鮮半島ではない)は有史以来外国の軛を離れて独立状態を勝ち取った時期が数回あったが、独立度では現在が最大である。したがって民意が昂揚しているのである。今までの抑圧されていた民族の誇りが一気に噴出した状態である。今回の地名改変改竄や一連の歴史捏造運動もその現れである。

そのとばっちりを受けた周辺諸国が困惑している。
尤も、その周辺諸国とは中国、日本、ロシアのことで「いじめっ子」だったわけだ。いじめられっ子に味方して一本立ちさせてくれたのがアメリカである。

つまり、韓国の一連の地名改変改竄歴史捏造運動を支えているのはアメリカということだ。

支えているどころか裏で「指示」しているのかもしれない。狙いは旧いじめっ子どもへの牽制である。
本ブログでは再三述べているが、北朝鮮はアメリカの傀儡国家である。南北朝鮮は表現法を変えてはいるが同じ目的でアメリカに使われているのである。

≪韓国は数百年にわたって使用してきた漢字を捨て去り、中国を感じさせる名称を廃止するなどの「脱中国」を進めている。例えば、「中医(中国医学)」を「韓医」と変更したほか、首都ソウルの漢字表記を「漢城」から「首爾」へと変更している。≫ 

「首爾」だって漢字だろう。
日本海を「東海と呼べ」という韓国の要求に対しては、日本同様中国も頭に来ている。反韓感情は日本よりも強いようだ。

この調子だと韓国は日本に対しても同じ要求をしてくるだろう。
腰砕けの日本政府がどう対応するか見ものである。

日本海と違って他所の地名である。「大島」と名前のついた小島が日本にもいっぱいあるから、「大」にこだわることはないだろう。
しかし、「韓」は中国の古代国家の名称のはずだ。全く違う場所で勝手に名乗る方が問題だと思うが、言い伝えによると、秦からの圧制から逃れてきた中国の「韓」の難民が住み着いた土地が弁韓であるとされている。
だとしたら、New○○という地名と同じ理屈だから、「新韓」ならば問題ないかもしれない。ただし、現在の朝鮮人と弁韓人との間で血縁関係があるかどうかは不明である。むしろ弁韓人は弥生系日本人であった可能性が高い。

マケドニアの呼称問題と似ていなくもない。日本政府にしては珍しく「マケドニア共和国」の名称を認めていない。マケドニア共和国の住民がスラブ人なので「マケドニア」を名乗るのは不適当だというギリシャの主張を受け入れているからである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 13:10コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

2009年03月27日

tepokakasix


結論から言っておこう。猿芝居である。
北朝鮮はアメリカの衛星国である。北朝鮮は自ら人工衛星を打ち上げる技術など持ってはいないが、しっかりアメリカの衛星の役割を果たしている。

北朝鮮の元首である金正日の父親は金日成だが、この人物は調べてみると実に胡散臭い御仁である。
金日成自身がアメリカと内応していた可能性も考えられる。勿論、ソ連のスパイと見るのが常識ではあるが…。

北朝鮮の役割はテロ国家として悪役レスラーになり、アメリカの軍事予算を議会から承認させるのが目的である。

北朝鮮が騒いでくれるだけ、アメリカの軍も予算を請求しやすい仕組みである。ソ連がこけてしまった今、軍事予算を捻出させる根拠はテロしかないのだ。

北朝鮮の国家予算は日本の福井県と同程度である。北朝鮮を飼うこと自体造作もないことなのだが、飼育料は日本が負担している。
在日北朝鮮人の仕送りが北朝鮮という国家が成立している根拠になっているのである。
テポドンも実際は日本の資金援助で開発した兵器である。

アメリカの衛星国がアメリカの属国にミサイルを飛ばしたところで、「だからどうした?」というだけの話なのだ。

アメリカから無理矢理買わされた対ミサイル防衛システムは実にちゃっちい。

クレー射撃を知っているだろう。あの程度の存在なのだ。クレーを撃つ銃が、ライフルから散弾銃になっただけの話だ。

イージス艦も実は張りぼてである。漁船にぶつかった事例を覚えているだろうか?
いろいろと体裁を並べて誤魔化しているが、基本的にはハコモノなのである。造ることに意義があるだけの存在だ。

日本の対ミサイル防衛システムは玩具であるが、アメリカ自身は完璧な防衛システムを持っている。

アメリカとて一度発射されたミサイルを打ち落とすのは至難の業である。ではどうやって防ぐのか?

実は簡単である。スパイ衛星が監視しているのである。

軍事力がお粗末すぎて例えとして役に立たないが、北朝鮮がアメリカ本土にミサイル攻撃を仕掛けた場合どうなるか?

北朝鮮のミサイル発射施設は既にアメリカに特定されている。スパイ衛星が監視しているわけだ。同時にレーザー砲を備えたキラー衛星が発射台に標的を合わせている。
北朝鮮がミサイル発射準備に取りかかった段階で、発射台を破壊してしまえばいいのである。

発射直後でも迎撃可能だ。実戦ならばそんなまだるっこしいことをする以前に通常爆撃してしまうだろうが…。

状況によっては爆撃に中性子爆弾を使用するかもしれない。
仮に北朝鮮がアメリカに刃向かえば秒殺である。

アメリカは日本にテポドン迎撃を禁止している。どうせ失敗することが解りきっているからだ。
失敗すればイージス艦やパトリオットを他の国に売りつけにくくなる。
「商品に傷を付けるな」と言っているのである。
アメリカ傀儡の日本政府も、テポドンを「迎え撃つ」とは口先で言っているが、文脈をよく読めば詭弁であることが解る。
「ミサイルがそれた場合」「落下物には」などと条件を付けているのである。
本来ならば、「日本領空を通過したミサイルに対して」と言うべきだろう。

つまり、テポドンが予定通り日本上空を通過したら、指を咥えて見ているわけだ。

属国犬コロ宰相の妄言でも観賞してください。

北ミサイル 当たるか?被害は? 官邸緊迫

マスゴミはアメリカの洗脳機関です。

イージス艦3隻、28日出港 北朝鮮ミサイルで迎撃態勢

「この都民にしてこの都政あり」ですね。

「間近に落ちた方が国民に緊張感」=北朝鮮ミサイルで−石原都知事

≪東京都の石原慎太郎知事は27日の定例記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備をしていることに関連し、「こんなことを言うと怒られるかもしれないが、変なものが(日本の)間近に落ちるなんてことがあった方が、日本人は危機感というか、緊張感を持つんじゃないかな」と述べた。

 その上で、「(日本人は)まあ大丈夫だ、まあ大丈夫だ(という意識)で来たわけだから」と話した。外国からの攻撃などに対する国民の危機意識の薄さを指摘したとみられるが、批判も出そうだ。≫ 


いい歳こいてピエロをやるとは、東京都民の私としては、情けない限りです。アホ島の方がマシでした。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 22:43コメント(0)トラックバック(0)憂国 
hitolar

ヒトラーが画家を目指していたことは広く知られているが、実際に彼の描いた絵を見た人は少ないだろう。
ヒトラーは敗軍の将なので必要以上に貶められているが、芸術を色眼鏡で見るのはどうかと思われる。画才は意外なところで発揮されるのである。

絵画の評価なんかいい加減なものなのである。現在では数億円単位でやりとりされている絵画が、その画家の在命中は二束三文で売られていた事例も多い。

宮本武蔵は有名だが、彼は多芸で知られている。著作もあるし、絵画も多く残している。
彼の剣術の腕前がどの程度のものだったかは客観的資料がないので解らないが、彼の残した絵画が名作である評価は確定している。彼の業績で一番多く現存しているのは絵画である。
つまり、「宮本武蔵は何者ぞや?」と訊かれたら「画家です」と答えるのがとりあえずは正しいのである。勿論彼が画業で生計を立てていたわけではないが…。

実際にヒトラーの絵を見て各自で判断するのがよろしかろう。特に西欧人は過小評価しているから、今彼の絵を買っておけばお買い得である可能性も高い。

ヒトラー21歳の自画像など絵画13点が競売に 「うまい素人」レベルとの評だが…

Face of a monster: Self-portrait of Hitler painted when he was just 21 revealed at auction


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 00:18コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

2009年03月25日

soukaiwakuma

聖教新聞が岩隈投手の活躍を絶賛した。

日本WBC連覇 岩隈投手が熱投 堂々の世界一!

聖教新聞が信者の偉業を讃えるのは当然のことと思われるが、このことに対してネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。

≪大一番の先発マウンドを任された岩隈久志投手。
 応援してくださる全世界の方々に、世界一の勝利の報告を届けたい――幾たびか試練の冬を越えてきた不屈の右腕が、創価の「スポーツ部」の誇りを胸に、夢の大舞台で誓いの熱投を披露した。≫


創価学会アレルギーの連中は相変わらず多い。「失望した」という意見も多かった。野球と宗教とは別物という意見もあった。
確かに野球ファンは選手のプレーに期待しているわけだから、選手がどのような思想心情の持ち主だろうがあまり関係ない話である。
人の宗教観についてあれこれ言うのはどうかと思われる。

とはいうものの、私を含めて創価学会に不審感を抱いている人間にとっては、やはり創価系の有名人にはある種のマイナスイメージを抱いてしまうのは否めない。

ところで、高校野球ではよく宗教系の高校が出場する。その最たるものはPL学園である。

PL学園といえば、やはり桑田・清原である。
彼らは熱心なPL教徒だったのだろうか?

桑田投手も清原選手も、PL教の信者なんですか?

結果は「本人のみぞ知る」である。

松井稼頭央・立浪和義・今岡誠・福留孝介などもPL出身である。

彼らがどれほど信仰心を持っているかは解らない。言えることは「スポーツは金がかかる」ということだ。そして、特定の宗教団体はリッチである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 23:33コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
カスタム検索
Google2
TOTO
auctions.yahoo
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場
楽天
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ