2010年01月

2010年01月31日


人員整理、閉店でも出口の見えない百貨店業界の泥沼

百貨店は閉鎖の嵐である。それに伴う人員整理で大量の失業者を増産している。

≪松屋は2月から120人の退職者を募集し、井筒屋(福岡県)は3月から240人程度を募集する予定だ。昨年は三越や高島屋、近鉄百貨店などが人員整理に踏み切り、三越は全社員の3分の1に迫る1600人が退職することで話題になった。≫

有楽町西武も潰れてしまった。

≪有楽町店は84年に営業開始。1万5700平方メートルの売り場に若い女性が詰めかけ、バブル期に売り上げを伸ばしたが、近年は周辺にユニクロなどの低価格店が進出したこともあり、ピークの92年に275億円だった売上高が161億円まで落ち込んでいた。≫

有楽町西武は若い女性向けのファッションに力を入れていたようだが、経営戦略が基本的になっていなかった。
同じことは他の百貨店にも言える。ブランドイメージにこだわりすぎて時代の変化に対応できなかったのである。

まだ既存の百貨店も残っているが、大小の差こそあれ、基本的には似たようなことしかやっていない。客に厭きられて消滅するのは時間の問題だ。徹底的な安売り多売戦略を取るとか専門性に特化するとかの工夫が必要だ。ネット販売に主力を移行したっていいのである。

日航株、初めて終値1円

もう少しギャンブル相場が楽しめるかと思ったが、意外と早く1円に収斂してしまった。こうなったらもううま味はないな。3円で買った人は涙目である。2円でも売り抜けるのは難しい局面だ。

JALに続いて近ツーも 企業年金「減額」ラッシュの悪夢

失業を免れて会社に残れても、定年後の生活設計は真っ暗である。企業年金が完全に崩壊状態だ。

≪積み立て不足の企業はゴマンとある。上位の企業を拾うと、1兆円を超すのがNTT(1.6兆円)、日立製作所(1.08兆円)で、東芝(7200億円)、JR東日本(6600億円)、トヨタ(6500億円)、三菱電機(5900億円)、ホンダ(5600億円)が続く。≫

企業名を聞いてビックリだ。「大船に乗った」という言葉はもはや死語である。

今更ながらグリーンピアには頭に来る。検察はアメリカの顔色をうかがってばかりいないで、これらに荷担した国賊のあぶり出しに力を入れるべきだ。(言っても無駄か…)


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 14:43コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

高砂親方は30日午後、日本相撲協会を訪れ、武蔵川理事長に「当事者間で示談が成立した」と報告した。同理事長はマスコミに「師匠から、口頭で示談になったという話があった」とだけ説明し、相撲協会としての対応は新しい役員が決まってから決定することになりそうだ。

相撲協会は2月1日に役員改選を終えた後、理事会で改めて、師匠に事実関係や示談内容の詳細について、報告を求めることにしている。

当の朝青龍は、30日両国国技館で行われた元幕内皇司の引退相撲に姿を見せた。マスコミの前に姿を現したのは、千秋楽翌日の25日以来5日ぶりである。支度部屋では報道陣の問いかけに一切答えず、無言で引き揚げた。

朝青龍は力士会代表として断髪式でマゲにハサミを入れた後、土俵入りと取組に参加したが、渋面のままでさすがに冗談などは言わなかった。

横綱審議委員会の鶴田卓彦委員長は「処分は必要」と言明しており、示談が成立しても相当な処分が下されるものと思われる。
後輩の白鵬は「入門した時、先輩にお相撲さんの手は刀になるから、人を殴ってはいけないぞと教えられた」と語った。
別にお相撲さんでなくても人を殴ってはいけない。

無言の朝青龍…高砂親方は示談成立を報告


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking




seiginomikata8 at 13:51コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2010年01月30日

takasagooyakatax


朝青龍の酒癖が悪いのは有名だが、実は親方の直伝であることが発覚した。

高砂親方「オレは悪くない」はしご酒4時間30分!

横綱・朝青龍の泥酔暴行問題で渦中の高砂親方が真相究明と示談へ向けての努力を28日の理事会で約束し、翌日の夜に焼き肉店と居酒屋ではしご酒を敢行した。

取材陣が高砂部屋を包囲する中、高砂親方は示談に向かう気配もなく午後5時30分取材陣に姿を見せ、「何も話すことはない」と口を閉ざすと4人の弟子を連れ徒歩1分の行きつけの焼き肉店へ入った。乾杯すると店内のテレビに映し出される朝青龍問題のニュースに笑顔で見入った。

そこでたらふく食べた親方は、車に乗り込み高砂部屋の前にある行きつけの居酒屋に向かった。店に入ろうとする親方に追いかけてきた報道陣が一斉にフラッシュを焚くと、「お前ら何撮っているんだ! おまわりさん呼ぶぞ」と親方は大声で威嚇した。
しかし、店内に入るとおかみさんや提灯記事を書く知己の記者などと酒を酌み交わし、外にまで会話が聞こえるほどの大騒ぎして上機嫌だった。
午後9時58分にほろ酔い気分で再び外に出てきた親方は、今度は待ち受けていた取材陣にぶとうパンとみかんをふるまい「オレは悪くない」とつぶやいた。

どうも店内で酔っぱらって転んだらしい。最後は娘の肩に掴まって部屋に戻った。お相撲さんの娘だけあって腰の強い人である。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking




seiginomikata8 at 12:05コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

中国から犯罪目的で来日した中国人が極悪非道の乱行を重ねている。
中国人による犯行は集団で行うケースが多く、その手口も残虐かつ強引である。

昏睡強盗は昔から知られていたが、店ぐるみで犯罪を行っている可能性もある。昏睡強盗の被害が出た店は東京の上野周辺だけでも20店あることが判明した。実態はその10倍以上の被害があると思われる。

昏睡強盗容疑で中国人逮捕=付近で被害1億8500万−警視庁

≪酩酊状態となった男性客のクレジットカードを盗み、現金を引き出したとして、警視庁組織犯罪対策2課などは29日までに、昏睡強盗容疑などで、東京都墨田区石原、スナック「UNFINI」経営林桂珍容疑者(41)ら中国人の男女5人を逮捕した。≫

こいつらの手口は店でブランデーと焼酎を混ぜたものを客に執拗に飲ませ、泥酔させ犯行に及ぶというものだ。
記事にも書いてあるとおり犯人自身がスナックの経営者である。自分の店でやればやりたい放題だ。ただし、あまりやり過ぎると客が来なくなるので、出張に及んだのだろう。

新宿歌舞伎町のクラブ「白の華」で中国人と台湾人を不法就労させる、中国人2人逮捕

≪東京・新宿区で、就労資格のない中国人らを不法に働かせていたとして、中国人の女経営者ら2人が逮捕された。

不法就労助長の疑いで逮捕されたのは、新宿区歌舞伎町でクラブ「白の華」を経営する中国人の鄭羽淳容疑者(53)と、宋小紅容疑者容疑者(30)の2人。

鄭容疑者らは、留学ビザなどで来日した中国人や台湾人など4人を、就労資格がないと知りながら、不法に働かせていた疑いが持たれている。 ≫


中国と台湾は仲が悪いが、犯罪者同士はそうでもないようだ。

黒社会

黒社会は日本語で言う裏社会や闇社会と同義である。黒幇、黒道などとされることもある。「江湖」も黒社会と同じような意味で使用されることがある。

≪香港

三合会を筆頭として、その構成組織である14K、新義安、また和勝和など、幾種の犯罪組織が割拠しており、しばしば(中国語圏における)黒社会の首都とも呼ばれてきた。1997年前後には、香港の中国返還で取締まり強化や中国の刑法の厳格な死刑適用を懸念し、少なからぬ数の構成員が英国やその他の国に移動したと推測されている。≫


当然日本にも大量に流れ込んできたわけだ。

≪台湾

竹聯幇、四海幇、天道盟などが有名である。≫


日本における『黒社会』は東京の新宿-歌舞伎町が最大の拠点とされ、かねてより複数の組織が存在し、縄張りや利権をめぐって抗争事件を引き起こしている。

蛇頭

≪蛇頭は中国福建省を拠点とする密入国を斡旋する犯罪組織で、英語圏ではSnakehead(スネークヘッド)と呼ばれている。
1980年代初頭から中国人密入国に関与して有名になった。現在日本ばかりでなくアメリカやヨーロッパにも密入国のネットワークを構築している。一般的には組織犯罪と認識されがちであるが、その実態は、送り出し、輸送、出迎えなどに役割が分担され、各担当は繋がりがなく面識のない者同士がブローカーから請け負っていることがほとんどで、組織としての体を為していない。そのため、事件が発覚しても全容解明にいたらないことがほとんどである。≫


以下は中国人犯罪の典型的なパターンである。

「キャバクラ嬢連れ回し」と100万円要求 恐喝未遂容疑で3人逮捕 

違法住居斡旋事件、新たに中国人ら6人逮捕…神奈川県警

東京・秋葉原の警視庁万世橋署の隣の雑居ビルで売春行為あっせん 風俗店店長ら3人逮捕


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 11:54コメント(1)トラックバック(0)憂国 

2010年01月29日

asasyoryu


朝青龍が本場所中に酔っぱらって殴った相手は一般人だった。この被害者男性が告訴すれば朝青龍は犯罪者となり、間違いなく懲役刑である。当然角界から永久追放されることになるだろう。

朝青龍逮捕も!殴った相手は一般人!協会にウソ報告

この被害者は朝青龍に乗用車に閉じこめられ「殺してやるよ」などと脅迫を受けた上に顔面を殴打され、鼻骨骨折などで全治1か月の重傷を負った。

朝青龍に殴られて生きていられただけでもまだ幸いである。

被害者は当初、麻布署に「朝青龍関が謝罪してくれれば問題にするつもりはない」と話していた。しかし朝青龍から謝罪がなかったため、弁護士と協議したうえで25日に麻布署に相談に来たという。

朝青龍側に「虚偽説明」の疑いも…協会は処分決定を先送り

≪高砂親方は理事会の席上、「示談したと聞いている」と説明。しかし外部監事である吉野準・元警視総監から「示談書を見たのか」と詰問されて「それに向けてやっている」と修正したという。虚偽の説明を試みたと見なされても仕方がない。そんな人物の再調査で客観的かつ正確な報告がなされるか疑問が残るが、協会が直接調査に乗り出すことはないという。≫

被害者と賠償金を巡ってもめているようだ。
おそらく示談金で解決すると思われるが、相当賠償しないと収まりがつかないだろう。
仮に示談になったとしても、引退勧告を迫られることは必至である。

しかし、本場所中に泥酔している相手に勝てない他の力士もだらしない。

えっ、他の力士も…!?。

朝青龍に新疑惑 バーで泥酔し暴れる?

≪モンゴルで療養中の横綱・朝青龍に新たな疑惑が持ち上がった。17日付の地元紙「ネゲオードル」が報じたところによると、朝青龍は13日にウランバートル市内のバーに女性同伴で来店し、泥酔した揚げ句に椅子やテーブルなどを破壊。関係者が弁償したという。≫

これは2007年11月の記事。この御仁は典型的な酒乱である。

朝青龍、清原にケンカ売る

朝青龍の酒に関わるネタは尽きることがないようだ。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 10:26コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を送ろうという運動がある。これに対して賛否両論だ。どちらかというと否定論の方が多い。
私はひねくれた性格なので、他人が大勢反対していると賛成派の肩を持ってやりたくなるのだが、…持ち上げてやるところがないなあ。

ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪

≪「家族を失った人たちに1人じゃないことを伝えたい」−。

 ハイチ大地震で被害を受けた人たちに、千羽鶴を贈って元気になってもらおうという動きが、インターネットの会員制コミュニケーションサイト「mixi」(ミクシィ)で広がっている。呼びかけ人の会員の元にはすでに全国から鶴が多数寄せられており、今後、NGOなどを通じて被災地に送られることが検討されている。≫


●◯ 折り鶴を折ってハイチに ●◯ YELLを贈ろう。

ほのぼのとしたメッセージではあるが…。

賛否両論を簡潔にまとめた記事もある。

「ハイチに千羽鶴贈ろう」 被災者喜ぶのか、迷惑なのか

日本人送り手の熱意は解るが、問題はハイチの被災者が千羽鶴を受け取って喜ぶかである。

日本でも大地震で被災すると、大量の古着が送られてくる。善意と厄介払いの一石二鳥のつもりで送るのだろう。
被災地は古着の山となり迷惑する。

千羽鶴を送りつけるメリットは、送り手の自己満足だけである。
それに対してデメリットを見ると、

「千羽鶴は紙なので調理用などに燃やされるだけであり、NGOに危害が加えられる恐れや医薬品などを運ぶ飛行機のスペースが削られる心配がある」

「ハイチで信仰されているブードゥー教では、鶴は『悪魔の使者』として縁起が悪いとされており、千羽鶴を贈るのは失礼に当たる」

「文化や宗教などの違いで、気持ちは伝わっても、『そんなもの』となるかもしれない」

「食べられるものの方がありがたがられる可能性はあります」

ハイチの日本人スタッフは「迷惑」と明言しているが、ハイチ政府は「気持ちは受け取る」と回答している。社交辞令である。

送り手側の肩を持ってやりたいが、見てのように好材料は何もない。
「無知な善意は悪意に通じる」といったところか?

正義感に燃えて被災地に駆けつけても、知識も技術もなかったらかえって足手まといになる。

今回は、支援者の発想が無知で幼稚だったために批判を浴びたが、ボランティア精神自体は尊い発想である。

仏教で言う菩薩とはボランティアのことなのだ。純粋にボランティア活動をしている人間はそのまま菩薩界の境地にいるのである。
「見返りを期待せず、ひたすら他人に尽くす」
ハイチの人を思って一心不乱に千羽鶴を折る行為自体は決して悪い行為ではない。しかし、送る時期を間違えてしまえば、「嫌がらせ」と同じになってしまう。

日本ではボランティア活動に対する技術的な教育が立ち後れており、表面的な道徳教育しか行われていないので、今回のようなすれ違いが発生してしまうのである。
政府はボランティア推進教育のあり方を見直すべきだろう。善意は相手に通じて初めて意味を持つのである。

私が心配するのは、今回千羽鶴を送ろうとした連中がボロクソの叩かれてめげてしまい、今後ボランティア活動自体を敬遠するようになってしまうことである。
「この程度で懲りてしまうようならば、ボランティアをする資格などない」と突き放すこともできるが、そこまで厳しい要求をする必要もない。ボランティア活動は誰でも気軽にできなければ意味がないからだ。

せっかく折った鶴だから「義援金を添えて半年後に送る」などという方法も考えられる。今送っても、瓦礫の山では飾る場所もない。深刻な食糧不足で、肉親の死を悼む余裕があるかも疑問である。
今回の過ちを教訓にして、次回ボランティア活動をする時には正しい知識を仕入れてから行うように努力すればいいのである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 10:15コメント(1)トラックバック(0)憂国 

2010年01月28日

tokunosimax


普天間基地の移転先がなかなか決まらない。宗主国様はお怒りのご様子である。

イノウエ氏、普天間で忍耐限界も 5月決着強く促す

そこまで文句を言いたいのなら、いっそのことアメリカの方から日米安保条約を解消してしまえばいい。

普天間の移設候補地 鳩山首相「徳之島も選択肢の一つ」

どこから徳之島が出てきたのかはさっぱり解らない。近場にある島を出まかせに言ったのだろうか?

徳之島は奄美諸島中2番目に大きな島で面積は約247.77km2ある。島中を基地にしてしまえば、普天間どころか沖縄にある米軍基地の大半も移設できる。ただし、平坦な地形ではないので大工事が必要だが…。

人口は2万7千人と過疎化が深刻である。観光地としても今ひとつだ。

しかし、開発されていない分、貴重な自然が多く残されており、「生物の宝庫の島」とも呼ばれている。
基地などできたら、貴重な自然が失われてしまうのは言うまでもない。

突然話を振ってよこされた徳之島側は怒りまくっている。

徳之島の町長、官房長官との会談拒絶「移設は不可能」

と言うことで、徳之島側の承諾は期待できそうにもない。
沖縄県側の移設候補地である名護市も反対の意思を鮮明にしている。

新顔・稲嶺氏当選「辺野古に基地造らせぬ」 名護市長選

結局移転先はどこも不調で終わりそうな雰囲気だ。数多く転がっている赤字経営の無駄空港を廃物利用するのが一番合理的解決法なのだろうが、何故かそういう話題は日米共に出してこない。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 10:38コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

「忙しくて風俗店に行けず」… 下半身露出のデリヘル経営者を逮捕

「忙しくて風俗の店に行くこともできず、自分で処理するためにやった。他にも10件以上やっている」

これは逮捕された経営者の言。
「性処理をするのならば、自前の従業員を使えば良かったのに」と誰しもが考えるだろう。不自然な事件である。金を払いたくなければ「新人研修」することもできる。
商売ものには手を出さないという律儀な性格だったのか?
それとも素人にしか興奮しない体質なのか?

露出症(Exhibitionismus)は、性器などを露出することで性的興奮を感じる精神病である。一般的には露出狂と呼ばれている。

患者は女性の方が圧倒的に多い。もともと女性がかかりやすい精神病である。精神病とまでいかなくても、傾向的要素は誰でも持っている。女子高生が下半身丸出しのようなスカート丈で街中を闊歩できるのもこの傾向があるからだ。実際に下着をはいていない女性も意外と多い。

「スカート男子」なる存在は承知しているが、男の場合スカートをはくことは通常ないので、性器を露出する極端な事例に至って発覚するのである。

下半身露出しバイク運転、京都市消防局幹部を逮捕

この患者はミニバイクを道具に使っている。より大勢に露出したかったのか?
あるいは、移動中に感じる風圧に快感を感じたのか?
逃走しやすさを考慮したのか?

私服女性警官に“ご開帳” 下半身露出男を公然わいせつ容疑で逮捕

この患者はかなり高齢である。認知症と合併しているのかもしれない。

下半身露出の自衛官逮捕 兵庫

自衛隊員が露出症になるケースは実に多い。隊員の精神ケアに問題がありそうだ。

“特製”ズボンで下半身露出 公然わいせつ容疑で講師を逮捕

変なところでアイディアを出すものである。露出症には意外と知的職業の者が多い。
「社会契約論」や「エミール」などの著作で知られる教育家のルソーの事例などがある。

地下鉄車内で下半身露出 公然わいせつ容疑、巡査長を逮捕 

自衛隊員と並んで露出症になりやすい職業が警官だ。警官の場合、もっと悪質な犯罪にいたるケースが多いので、露出症程度なら軽微な方である。

休日の車内で下半身露出 容疑の県立高教諭を逮捕

教員の場合は露出症よりもその他の変質者が多い。もともと社会的に適正を欠く人物が就職しやすい環境が影響を与えているのだろう。
自衛隊や警官違ってもともと内在的な患者が発症し発覚したケースである。

女子高生に下半身露出 サクソフォン奏者逮捕 埼玉

音楽家の場合は薬物を疑った方がいいかもしれない。

で、露出症患者が急増した理由は?

日本ではヌーディストクラブが合法化されていないせいですかねえ。それがあっても、公然猥褻をする奴は減らないと思うけど…。
日本では突出して自殺率が高いのと同じ原因だろう。ストレスが異常に高い社会構造なのである。不景気でそれが加速されたのである。露出事件と自殺数は比例関係にあると思われる。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking





seiginomikata8 at 10:29コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2010年01月27日


ニューヨーク・タイムズが珍しく日本ネタの記事を書いた。「米国は対日外交で中国に負けた」という衝撃的?なタイトルである。

<対日外交>「高圧的で失礼な」ゲーツ訪日と「小沢訪中」、米国が初黒星

アメリカでは勝ち負けを見出しにすると、割と関心が集まる。単純な国民性で、○×思考の連中が多いのだ。
記事では、ゲーツ米国防長官の来日と民主党の小沢一郎幹事長の訪中を比較し、「その効果は雲泥の差だ」と論じた。

≪昨年10月に来日したゲーツ長官は、普天間基地の移設計画を「日米ですでに合意したもの」として速やかに実行するよう強く迫り、日本メディアに「高圧的で失礼な態度」と報じられた。≫

ゲーツ氏にしてみれば属国相手に宗主国代表として従来通りの対応をしたにすぎないのだが、属国のマスコミ風情がケチをつけたばかりか、本国のマスコミからも攻撃されてしまった。共和党時代とは日米ともに対応が違うので戸惑っていることだろう。

≪それから2か月後の12月、小沢幹事長は600人もの代表団を率いて中国を訪問。民主党国会議員が胡錦濤国家主席と1人ずつ握手して記念写真を撮るという異例の厚遇を受けた。≫

まさに現代の遣唐使である。朝貢する相手を厚遇するのは中国のしきたりである。しかし、アメリカ人はそのあたりの知識がないようだ。

≪記事はこの2件を比べ、「日本の同盟国である米国が、北京に初黒星を喫した」と指摘した。 ≫

アメリカにしてみれば「自国の植民地に中国が殴り込みをかけてきた」という印象である。
今回の記事もその危機感の表れである。
「オバマ政権で外交・国防は大丈夫なのか?
隠れ共和党員のゲーツみたいな奴に国防長官をやらせていいのか?」
と言っているのである。

以下は巷間の意見。

≪アメリカ一辺倒だった自民政権とは違いを見せた、
その辺だけは小沢幹事長を評価する。
民主は嫌いだが、アメリカ従属の自民も困る。
日本に米軍が駐留する限り「戦後」は終わらないからなあ。≫


これは多くの国民感情を代表した意見だろうなあ。

≪だからと言って、民主主義国家でない中国と親密になりすぎるのは問題。
その内、皆、まだアメリカの方がましだった…と言い出すだろう。≫


もともと日本人は従順で奴隷根性を持ったマゾヒストが多いから、中国に支配されてもすぐ慣れるかもしれない。

≪中国は永遠の仮想敵国
日本はアメリカに占領されなきゃ今頃北朝鮮のような国になってた ≫


中国に支配されないためには、中国を仮想敵国にしておくことは常識だ。
マスコミ報道を鵜呑みにすれば北朝鮮は中国の属国みたいだが、実際に北朝鮮はアメリカの衛星国だ。でなければ、あれだけ好き放題な軍事行動をとれるはずがない。
中国と北朝鮮は見かけほど友好的ではない。

≪ふん、65年前、300万の日本の女子供を焼き殺した国が何言ってんだよ。≫

そうだ、鶏並みの記憶力しかない日本人は先祖が虐殺された記憶も忘れて、犬コロに成り下がり、虐殺者の猿まねをしてしっぽを振って虐められて喜んでいるのである。究極のマゾヒズムだ。
誇大妄想的に日本を恨み続けている中国や朝鮮の根性を少しは見習った方がいい。

≪まぁ、でも実際、日本の外務大臣がアメリカの駐日大使に怒鳴りつけられたシーンで日本がまだ被占領国なんだなぁ、という事実だけは実感できたけどなw ≫

「見ざる聞かざる言わざる」が特技の日本人だが、もっと現実を直視して少しは頭を働かせるべきだ。

≪中国・北朝鮮・韓国の3国とも、急速な日米同盟の弱体化は、 結局のところその後に来る「日本独自の軍事大国化」への前振りにしかならない、と判断してる。
なので、3国政府とも、現状はあまり好ましい状況ではない、と見ている。

「核の傘を拒否=自前の核武装」
ってのが世界の常識日本の非常識だからねぇ。≫


この意見は全くその通りである。中国や韓国が最も恐れているのは日本の軍事大国化である。彼らは日本人と違って1945年以前の歴史を鮮明に記憶しているのである。子孫へ正確に伝達はしていないが…。
結論的には日本が軍事大国化するしか独立する手段はない。しかし、軍事予算は底なし沼だ。単独で軍事大国になるのもしんどいから、中国以外の景気のいい国と同盟する手段も考えられる。
しかし、それ以前にやらなければならないことはアメリカの軛から逃れることだ。そのために中国を利用するのは現段階では極めて有効な政策なのである。

しかし、脱アメリカを考慮に入れず小沢攻撃に終始しているバカウヨどもには呆れ果てる。工作員でなければ本当に馬鹿だ。無防備中立を唱えている連中とおつむの程度は似たりよったりである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking



seiginomikata8 at 11:31コメント(1)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

≪昨年末、人気力士で“角界のロボコップ”こと高見盛との交際を報じられたLカップグラドルの松坂南がバツイチ子持ちで、おまけに年齢詐称をしていたことが分かった。≫

松坂はデビュー以来何度も芸名を変えているだけではなく、現在25歳としている年齢は実は29歳だった。松坂の知人も10年前にデキ婚したが、5年ほど前に離婚したことを明かしている。しかも、バストサイズも詐称しているらしく、(もしかしたら整形で増量したのかも…)、お子さんもいるらしい。香港映画では脱いだという話もある。

マスコミを通してその事実を知らされた高見盛は「そ、そうなんだ…」と繰り返し、動揺を隠さなかった。

高見盛は今場所9日目の18日は両国国技館に招待した松坂の前で白星をあげ、翌日も連勝したものの、11日目から4連敗で7勝8敗の負け越しに終わった。まだ精神修養が足りないようだ。

≪雑誌の直撃を受けたことにより、かなり精神的にダメージを受け、終盤は支度部屋でも元気がなかった。今場所の負け越しは松坂の一件によるショックが大きい。本人は結婚も考えていたが、その可能性はゼロ。いいおカミさん候補をイチから探さないといけない≫

これは取材した記者の感想である。

千秋楽の24日、松坂は都内で開催されたDVDの発売イベントに登場し、高見盛との関係について「いつも複数で会う友達のひとり」とつれない返事だった。

高見盛ショック! Lカップ美女はバツイチ子持ちだった!


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking

→FC2 Blog Ranking


seiginomikata8 at 11:25コメント(0)トラックバック(0)憂国 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
カスタム検索
Google2
TOTO
auctions.yahoo
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場
楽天
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ