2010年07月

2010年07月31日


111歳年金詐欺事件がマスコミにも取り上げられ話題になっているが、過去においても似たような詐欺事件が多発している。今回の事件が特別珍しいというわけでもない。
全国に100歳以上の老齢者は4万人いるとされているが、そのうちの半数に当たる2万人に関しては生存が確認されていない。つまり、最悪の場合2万人が年金詐欺をしている可能性があるのだ。
このようなでたらめな状況であるにもかかわらず、何と!厚労省の役人は、「生存確認徹底は事実上不可能」などと戯言を抜かしている。
役人どもには問題を解決する心構えが存在しないようだ。
この場合政府主導で役人どもを指導しなければならないのだが、民主党政権は今のところ黙りこくっている。「ミスター年金」の長妻さん、早く何とかしろよ!
馬鹿高い年金保険料を払っている身にとっては、こんな悪質かつ稚拙な詐欺がまかり通ったままではアホ臭くてやっていられない。

家族の生存を装った年金不正受給事件 厚生労働省は、生存確認の徹底は事実上不可能と話す

≪捜査関係者によると、署員と区の戸籍住民課長らは26日、加藤さんの安否を確認するため訪問した。
孫の女性(53)と長女(81)が応対したが、2人は「高齢者表彰の記念品は辞退するから帰ってください」「おじいちゃんは植物人間だから戸籍を抹消しても構わない」などと強硬に立ち入りを拒否したという。 ≫


こんな稚拙な言い訳が30年間も通ったとはそら恐ろしい。

≪孫の女性はその翌日、加藤さんの妻の墓石を作った知り合いの石材店の役員に「実は昨日、役所や警察の人が来て驚いた」と相談を持ちかけた。
「祖父は30年前に1階の部屋に引きこもり、外から開けられなくなってしまった。
母も『放っておきなさい』と言い、そのままの状態になってしまった。多分、亡くなっていると思う」と 打ち明けたという。 ≫


この孫も共犯者と断定していいだろう。知的障害者でなければの話だが…。

≪家族の生存を装い年金を不正受給する事件は全国で相次いでいるが、厚生労働省は「年金受給者は今年3月現在で4000万人おり、個別に生存確認するのは困難」と説明している。不正を見破る有効な手だてがないのが実情だ。 ≫

間抜けな民主党政権に働きかけて、本人確認できない場合は支給しないように年金制度を改正すればいいんだよ。「余計な仕事は増やしたくない」と考えてしまうのは役人の本能である。

≪09年2月に逮捕された沖縄県うるま市の男らは、75年に80歳で死亡した祖母の死亡届を役所に提出せず、約29年にわたり老齢福祉年金約950万円を詐取し、詐欺容疑で逮捕された。
テレビ局が04年に「長寿者紹介の番組で取り上げたい」と市役所に相談したことが発覚の端緒だった。
不正受給は遺体を隠す手口が多く、近所の人が「最近姿をみかけない」と役所に連絡して発覚するケースもある。≫


死亡届を出さないだけで発生する幼稚極まりない詐欺なのだが、長寿者表彰拒否騒ぎを起こさない限り発覚しない現在の法体系が不備なのである。

≪厚生労働省によると、年金受給者の生存確認は年1回、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)で行われている。
しかし、親族が死亡届を提出しない場合は「生存」扱いとなり、年金の支給は続いてしまう。≫


年金制度は幾度か改正しているが、その間一度もこの手の不正受給問題は話題に上らなかったのだろうか?

≪厚労省の担当者は「生存確認を徹底しようとすれば、単純計算で日本年金機構の職員1人が年間約4000人を戸別訪問しなければならない。他の業務もあるので事実上不可能」と話す。≫

役人の「不可能」は「やる気がない」という意味である。今まで散々天下り法人に外注し続けてきたのだから、人手が足りなかったらお得意の民間委託でもすればいいだろう。現行法の条件だってやる気があればできる。
2万人いると想定される「偽装100歳以上長寿者」が年間150万円詐欺しているのならば、年間300億円の損失である。40人の臨時職員が1日2件回れば1年間で全件数の戸別訪問が可能である。臨時職員に給与を500万円支給しても総人件費は2億円だ。
本人確認するだけの簡単な仕事なのでアルバイトでも充分である。時給1500円程度なら、応募者が殺到するはずだ。
不正受給者は100歳以上と限ったわけではない。実際は65歳から不正受給があるものと考えられる。年金受給者全体を対象にした場合は、100歳以上のように「2人に1人が怪しい」などと言う極端なことはないだろうが、4000万人のうち数%は不正をやらかしているものと思われる。当然ながら高齢になるほど不正受給の比率が高まることになる。仮に全体の1%が不正受給しているとした場合、1人年間150万円としても年間6千億円が不正受給されていることになる。

確かに4000万人相手では簡単に調査もできないだろうが、ターゲットを特に悪質な100歳以上の事例に限定すれば、外注しなくても調査可能のはずである。
旧社会保険庁は日立とかNTTに法外な外注費を支払っているくせに「他の業務もあるので事実上不可能」とはよく言うものである。偽装解散して日本年金機構になったところで実態が変化したわけではない。

≪◇家族の生存を装った最近の主な年金不正受給事件◇
08年1月 福岡県大牟田市の1908年生まれの男性宅から白骨・ミイラ化した5人の遺体が発見された事件で、両親の老齢福祉年金91万円を不正受給したとして、福岡県警が長男(70)ら3人を詐欺容疑で逮捕

08年8月 兵庫県警が84歳で死亡した父の遺体を押し入れに1年半隠した息子(56)を死体遺棄容疑で逮捕。 厚生年金360万円を詐取した詐欺容疑で追送検

08年9月 京都府警が73歳で死亡した母の遺体を押し入れに3年間放置した娘(44)を死体遺棄容疑で逮捕。
遺族年金240万円を不正受給した詐欺容疑で再逮捕

09年2月 沖縄県警が75年に死亡した祖母の死亡届を出さず、老齢福祉年金68万円を不正受給した孫の男(70)らを詐欺容疑で逮捕

 *年齢は当時≫


もっと良い方法を思いついた。アルバイトの臨時職員の募集も年金機構職員の臨時出張もいらない名案だ。
警察を使うのである。シートベルト違反とか一時停止違反とか右折禁止違反とか一通違反等で獅子奮迅の活躍をしている全国県警の交通警官の諸兄に代行してもらうのである。足りなければ免許センターで熱心に会員募集したりカードを売りつけたりしている安全協会の方々の支援を仰いでも良い。

高齢者と同居する家族は日本の場合悪質詐欺犯である可能性が高い。詐欺犯どころが死体遺棄、殺人まで視野に入れなければならない。いずれにせよ刑事事件なので警察が捜査するのが筋というものである。
面会拒否する高齢者家族は全て容疑者と断定できるのである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking



seiginomikata8 at 12:53コメント(3)トラックバック(0)憂国 

野球賭博というとお相撲さんに愛好者が多いことが判明したばかりだが、ご本家のプロ野球界では体育会系の旧タイプ型コーチと新人類系の若手選手との間で熱いバトルが繰り広げられている。
バトルの場所になったのは西武球場である。

罰金徴収を球団に注意され逆恨み、訴えたのを雄星と決めつけ暴行…西武の大久保博元前コーチ

≪西武は29日、注目ルーキーの雄星投手(19)に対する暴力行為などがあったため、大久保博元前2軍打撃コーチ(43)を解雇すると発表した。埼玉県所沢市内の球団事務所で記者会見した小林信次球団社長は「暴行は許されるべき行為 ではない。非常に重い行為と認識した」と説明した。1、2軍を問わず、シーズン中にコーチが解雇されるのは異例。≫

ということで、あのデーブ大久保氏がクビになってしまった。

≪大久保氏は2008年に知人女性に軽いけがをさせた疑いで書類送検され、09年3月に略式起訴された。≫

デーブ氏は手が早い人物として知られている。現役時代、足は遅かったのだが…。

西武・大久保前コーチ、雄星投手の髪の毛を鷲掴みにして壁に叩きつけていた その際更に土下座を強要も

≪事の発端は今月14日。選手会から球団に、大久保前コーチが若手選手から高額な罰金を徴収している、との報告があったため、球団が同コーチに徴収をやめるよう指示した。
すると同コーチは雄星に対して「テメーだろう、チクったのは!」と激高。髪の毛をわしづかみにして、そのまま壁に叩きつけるなどの暴行を働いたという。その際には無理やり正座をさせようともした。球団は関係者に対するヒアリングを通じて「完全に暴行行為だと認定した」(小林社長)と判断。 ≫


お相撲さん同様、「何で新米を殴っちゃいけないの? 俺だって先輩から散々因縁つけられて巻き上げられてきたんだぜ」という体育会系諸兄の怨嗟が聞こえてきそうである。

≪大久保前コーチが徴収していたとされる罰金は「1分間の遅刻で1000円」などというもの。選手によっては罰金額が30万円の高額になったケースもあったという。≫

徹底的にカモられた新人もいたようだ。妬みに起因する大型新人イジメは体育会系の常識である。高校野球以来の伝統だ。

≪また球団は今回の調査で「チームの統制を害する言動があった」とも明かした。同コーチには自主参加のはずのアーリーワークを欠席した選手に対して「このままだと、打撃練習の組から外すぞ」などと強要したり、選手のヘルメットを蹴るなどの行為があったとされる。 ≫

日本では「言葉通りに解釈する奴は馬鹿」というのが常識のはずなのだが…。権力者はよくこれを逆手にとって庶民を恫喝する。

≪西武ではグループ全体でコンプライアンス(法令順守)の強化を図っており、親会社の西武ホールディングスの株式再上場という思惑も絡み、黄金ルーキーの雄星への暴行は大きなイメージダウンでしかない。今後も球団側は調査を続け、フロント陣にも処分を科す方針。≫

ということです。雄星選手とデーブ氏とでは商品価値が違いすぎました。こんな簡単な企業論理が解らなかったデーブ氏はやはり筋肉脳?

西武を解雇された大久保博元前コーチ「自分は罰金を一度も取ったことはありません。これだけは命に懸けても言わせてもらいたい」

≪西武を解雇された大久保博元・前2軍打撃コーチ、トラブルのきっかけとなった罰金制度について「自分は罰金を一度も取ったことはありません。これだけは命に懸けても言わせてもらいたい。
選手たちの間でやっていたことで、コーチの自分が入る範疇ではない。球団の言っていることは違う」と反論した。 ≫


徴収した罰金を誰がどう管理していたのか、肝心の所は記事に書かれていないが、共同の遊興費に使われたものと推定される。当然ながら、収益金を管理している人物が一番楽しい思いをすることになる。また、デーブ氏が直接罰金を徴収したのではなく子分にやらせていた可能性も考えられる。

≪大久保氏はこの日、早朝練習の遅刻などによる罰金制度は選手が導入したものと強く主張。さらに2軍の試合で野手が犠飛を打てなかった時には「500円」の罰金制があり、「自分も担当コーチの責任として選手と同じように罰金を払っていた」とも語った。≫

何かみみっちい数字だが、2軍選手の年収を考えると結構な負担だ。この程度の負担ならデーブ氏も支払いに応じていたようだ。
保管球団に関しては不明だが、少なくとも西武球団に関しては理不尽な罰金徴収が横行していたものと断定できる。

≪一方で、解雇の理由となった雄星(球団は選手名は公表せず)への暴行については明言しなかった。 ≫

ボコボコにしたのは事実のようだ。

大久保博元前コーチ(43)が西武&マスコミと全面対決へ 不当解雇と名誉毀損で法廷闘争に

≪大久保前コーチはこの日夜になって談話を発表し、一連の騒動についてチームに謝罪した。 一方で、解雇に相当する行為には及んでいないと反論。法的手段に訴えることも示唆し、処分を巡って法廷で全面的に争う可能性も出てきた。 ≫

雄星選手が暴行罪で刑事告訴したら、デーブ氏はどうなってしまうのだろうか?


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking





seiginomikata8 at 12:49コメント(1)トラックバック(0)憂国 

2010年07月30日


日本は世界一の長寿大国とされ100歳以上の長寿者が4万人もいることになっている。ところが長寿者は調査員との面会を拒絶するケースが多く、生死未確認のまま年金を払い続けている実態が明らかになった。
一説によると、実際の生死が確認されないまま年の支給を受けている100歳以上の「長寿者」は2万人とのことである。

「全国で長寿2番目に認定されていた」 〜東京の111歳男性、実は30年前に死亡していた ミイラ化で発見

今回の事件は建前上日本2位の長寿者とされていたことから、マスコミも派手に取り上げた。
そして判ったのは、実際は30年前に死亡していたということである。
その間に支払われた年金の総額は判っているだけでも1000万円近くにのぼるとされている。しかもこれは妻の遺族年金で、本人分に関してはこの記事に付されていない。

111歳男性の家族に支払われた年金は5700万円!!

この情報が正しければ、巨額詐欺事件である。

足立区がどうしてこのような怪しい事例に年金を払ってしまったのか、その支給システムに欠陥があるとしか思えない。年金を支給する際には最低でも本人確認するべきである。
お役所のシステムは本当に不可解である。

≪81歳の娘が「父は誰とも会いたくないと言っている」と話し、記念品も辞退した。

その後、53歳の孫が千住署を訪れ、「祖父は『ミイラになりたい』『即身成仏したい』と言って30年前に自室に閉じこもったままだ」と説明。≫


家族ぐるみの犯行と判断せざるを得ない。

≪足立区によると、高齢者の安否を確認していた地元の民生委員が男性に会うことができなかったため心配し、今年2月に区に連絡。区の担当者が訪問したが、この時も「本人が会いたくないと言っている」と家族に拒絶されていたという。 ≫

30年間もこの調子だったとしたら、お役所の責任も大きい。

「岐阜の寺で説法をしている」「誰にも会いたくないと言っている」…足立区ミイラ化遺体、「111歳」家族が何度も面会拒否

≪「まさか自宅に死体があるとは思わなかった」。区戸籍住民課の課長は、何度も訪れた玄関先の奥で加藤さんが亡くなっていた事実を知り、驚きの言葉がついた。 ≫

嘘をつけ!

≪区によると、加藤さんの安否について初めて連絡があったのが1月27日。近所の女性民生委員から「最高齢者の加藤さんをしばらく見ていない。確認できないか」と連絡があった。 ≫

お役所の「しばらく」は30年間か?

≪2月上旬、区は対応会議を開き、職員が自宅を訪問したところ、「家で寝ている」「会いたくないと言っている」などと玄関先で家族が話し、面会できなかった。加藤さん宅には長女夫婦と2人の孫の計4人が同居していた。≫

30年目にして、やっと少しまともな職員が登場したわけだ。

≪「弟がいる岐阜の正道寺で説法をしている」と説明されたこともあったが、その寺に加藤さんはいなかった。「広報誌に紹介したい」と写真の提供を申し込んでも、断られた。「一目だけでいいから、会わせてもらえませんか」。職員がこう説得してもかなわず、最後は警察の捜査に委ねるしかなかった。≫

この職員は岐阜の寺まで確認作業をしている。なかなかやる気はあるが、足立区は犯罪性についてもっと早い段階で考慮するべきだった。

≪区によると、加藤さんは2007年4月以降、区内最高齢だった。死亡届が出されなければ「生存」扱いとなり、敬老の日近くになると、「長寿者」として毎年、都に報告していた。 ≫

総て足立区の責任と言うことで、都には累が及ばないシステムである。

≪区によると、70歳以上を対象にした「生きがい奨励金」として90年以降、11万6千円分の現金や商品券が支給されたとみられる。 90年に申請書が出ていた。 ≫

しかし、がめつい家族である。

≪健康な90歳以上が対象の「元気高齢者記念品」でも本人名義の申請があり、08、09年、区長のお祝い文を添えて計2万円分の商品券を簡易書留で贈っていた。米寿と白寿の敬老祝い品も贈っていた可能性があるが、資料は残っていないという。区は「該当しないのに受給していたのであれば、返還請求せざるをえない」としている。≫

紙の時代ならともかく、この時代なら記録は電磁化していたはずだが、故意に消去したな。

≪05年3月には、107歳で兵庫県の最高齢男性とされていた金岡久次郎さんのミイラ化した遺体を伊丹市の自宅で伊丹署員が発見した。死亡時期は92年6月ごろと特定。軽犯罪法違反(届け出義務違反)容疑で同居の長男、次女、四女が書類送検された。遺体は布団の中で、浴衣を着てうつぶせの状態で、市長らが自宅を訪問した際などには家族が「寝たきりの状態」などと面会を拒否していた。≫

長寿番付19位の110歳女性 実は40年以上も行方不明

実際は死亡しているにもかかわらず生存と認定されている「年金詐取目的の長寿者」が2万人に及ぶのが事実ならば、統計上の影響も避けられない。日本は世界最長寿国とされているが、長寿者の生存確認を徹底すれば、平均寿命や余命が大幅に低下してしまう可能性もあり得る。

「本人確認しない限り年金を支給しない」のを原則とするべきである。
本人が面会を拒絶しているしている場合は、詐欺を疑うべきだ。更には殺人まで視野に入れなければならないだろう。最低でも遺体遺棄罪は免れないところだ。

百歳以上の高齢者の数

厚労省は2006年の段階で長寿番付の公表を廃止している。表向きはプライバシーの尊重とか称しているが、実態を知って慌てて中止した可能性が高い。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking



seiginomikata8 at 19:01コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

敗戦を終戦とごまかし、占領軍を進駐軍、進駐軍を在日米軍などとみみっちく言い換えている日本人の卑屈な根性である。「思いやり予算」という名称も宜なるかなだ。

どうして日本人は現実を直視せず、言葉だけで逃避しようとするのだろうか?
アメリカに追従して自慰満足しているバカウヨどもの多さを見るにつけ、つくづく情けなくなる今日この頃である。

アメリカ国防次官補 「日本政府は国民の安全を守る意思を示すため、防衛予算や思いやり予算を増やすべきだ」

≪グレグソン米国防次官補(アジア・太平洋担当)は27日、下院軍事委員会の公聴会で証言し、米軍普天間飛行場移設問題について「専門家協議での検討は予定通り(8月末に)完了し、今秋に最終的に政治決定できると期待している」と述べ、11月のオバマ大統領訪日までの決着は可能との認識を示した。
移設問題をめぐっては、11月下旬の沖縄県知事選後への決着先送り論が日本側で強まっているが、これにクギを刺した形だ。 ≫


要するに「思いやり予算」とはみかじめ料のことだ。
アメリカの日本の財政が左前なのを知っているので、「みかじめ料をケチろうとしているのでは?」と猜疑心を抱いているのだ。

普天間が足かせの恐れ 民主党政権の思いやり予算への切り込みは「尻すぼみ」となる可能性

≪22日に始まった在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)見直しをめぐる日米交渉で、日本政府はこれまで「聖域」扱いされてきた同予算の思い切った削減を目指す。だが、両国間でこじれた状態が続く米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題が足かせになるとの見方があり、日本側が主張を押し通せない展開も予想される。≫

アメリカ支配下のマスゴミは当然のことながら国民に少しの真実も知らせていないが、普「思いやり予算削減」に関する水面下の攻防が普天間問題にも多大に影響していたのである。

進駐軍に財政支援している属国など世界中で「日本」以外では見たことも聞いたこともない。

在韓米軍の駐留経費の韓国側負担割合について

民主党政権に対して極端に冷たい対応をしているアメリカだが、取り立てに関してだけは殊の外熱心である。

米次官補、思いやり予算協議で訪日へ 菅政権で初



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking





seiginomikata8 at 18:57コメント(1)トラックバック(0)憂国 

2010年07月29日


狙われる日本の水源地 「聖地」に伸びる中国の触手 日本も水紛争の戦場となるのか

中国人ブローカーが目をつけたのは三重県の大台ヶ原。知る人ぞ知る降雨量日本最多地域である。
ブローカーが買おうとしたのは1千ヘクタールほどだった。
ブローカーは買う気満々だったみたいだが、役場の職員が「道がない」と説明すると諦めた。
表向きは材木伐採と称していたが、地下水目当てであることは明らかと役場の職員は語っている。
大阪の不動産屋にも中国人ブローカーが訪れた。やはり材木伐採を名目に奈良県吉野の水源地を入手しようとしたと推測される。しかし、「地権が入り組み整理するのに2〜3年かかる」と説明されこれまた諦めた。

記事では失敗例ばかり載せているが、当然ながら買収成功例もかなりありそうだ。

日本という国は先進国のくせに国際化が遅れており、なおかつ国際情勢に疎い。世界的に深刻な水不足であることは認知しているが、それに対する対策は全く講じていないのが現状である。実際に水不足状態になってから騒いでも、すでに手遅れである。先見の明とか転ばぬ先の杖とかいろいろと言葉はあるものの、将来に対して投資したがらないのが日本の国民性である。
本年度予算審議についても、「当面不要の企画は先送りにして、生活に密着したものを最優先に使え」と与野党とも金切り声で叫んでいる。この分では水不足対策予算など付くとは思えない。仮に付いたとしても怪しげな天下り法人に資金が流れて、遊興費と退職金に化けるのが関の山だ。

水不足のタイ、中国にメコン川ダムの放水要請へ

東南アジアを流れる大河はいずれも中国が上流を支配し、自国領内に巨大ダムを造り、下流に流れるのを制限している。

中国が阿漕なまねをする理由は、自国の深刻な水不足である。しかも、日本では想像できないような酷い状況だ。なりふり構わないのもある意味では当然かもしれない。
自分が生き残るには他人から奪うしかないのだ。

水汚染深刻に 黄河など北方主要河川は飲めないどころか触れるべきでない水 干ばつにより飲料水不足更に深刻化

■川筋汚染により小村で癌患者が急増

■4分の1の中国人は安全な水を飲めない

■北方の河流汚染が深刻

■南方の湖ではアオコが大発生

中国内モンゴル、干ばつで家畜20万頭が死ぬ 189万人が水不足

世界的な水不足は地球温暖化による干魃が直接的原因だが、世界人口の増加がそれに拍車をかけている。現時点ですでに、地球上には人口を充分養えるだけの淡水が存在しないのである。
追い打ちをかけるのが中国とインドの生活水準向上だ。水準が上がれば1人あたりの水の消費量が跳ね上がる。

現段階で日本人が水不足に興味を示さないのは、金で何とかなるからだ。日本人が興味を示すのは水の量ではなく質である。水道水でも充分なのに、あえて法外な値段のミネラルウォーターを購入する連中が多い。中国やインドでも、大半の国民が疲弊しているのと裏腹に資産家階級はそれこそ湯水のごとく浪費する生活パターンを維持している。

この現状を認識して、少しでも頭の働く日本人ならば、将来確実に襲うであろう水不足問題をもっと憂慮するべきだろう。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking



seiginomikata8 at 14:08コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

直感的に猥褻な印象を持つ記事だったが、その通りだった。内容があまりにも変なのでついネタにしてしまいました。

中国人「女体盛りは日本では一般的なサービスでしょ」「日本の男性は大部分が女体盛りを提供する店に行ってるはずだよ

「女体盛り」
この見出しを見ても何のことか解らなかった。
「女体」も読み方が「じょたい」と「にょたい」がある。
「盛り」も「さかり」と「もり」に読める。つまり、4パターンの読み方を検討しなければならなかった。
最初に思いついたのが「じょたいさかり」である。「女の体が盛ん」という意味だが、やはり何となくいやらしい。

そもそも「女体」自体が日本語としては猥褻な意味を含んでいる。実際にGoogleで検索してみると…。

女体

ということで、目を覆うような下品極まりないサイトばかりが検索されてしまう。(18歳未満の人は絶対検索しないように!)

正解は「にょたいもり」
女の体を皿に見立てて、その上に料理を盛りつける趣向である。中国人は日本文化であることを強調するが、最初に始めたのがどこの国かは定かではない。

記事は、中国人の大部分が「女体盛り」は日本では一般的なサービスと思っていると言う内容である。実際に盛んなのは中国のようだ。私はこの手の発想は中国人好みなので、起源は中国と推測しているのだが…。韓国の人に起源を主張してもらいたいですね。

Wikipediaで調べたら、日本でも結構愛好者が多かった。

女体盛り

欧米でも愛好者がいるようで「nyotaimori」と呼ばれ、中国人同様「日本の伝統的性文化」として実態以上に宣伝されている傾向にある、とのことである。日本では刺身が主流だが、欧米では女体をケーキに見立てて果物や洋菓子を盛りつけたり、チョコレートや生クリームなどを塗ることもあるとのことだ。

女体盛りで問題となった事件

≪ 同志社女体盛り・男体盛り事件
1997年、同志社大学の学園祭において、学生による模擬店で「松(3000円)」「竹(2000円)」「梅(1500円)」の3コースを設定。松は水着姿、竹は体操着姿の女子学生が、梅は上半身裸の男子学生がそれぞれ横になり、食品包装用ラップフィルムを巻いた腹の上にプリンやポテトチップなどを盛って客に提供した。しかし、「社会常識を逸脱している」との大学側などの指導で最終日には営業を止めた。≫


これは結構有名な事件らしく、今でも関西方面では語りぐさになっている。「食品包装用ラップフィルムを巻いた」ので最低限の衛生には配慮したようだ。

≪ 日本青年会議所女体盛り事件
1998年2月、社団法人日本青年会議所(日本JC)が北海道旭川市で開催した会合において、コンパニオンとして呼んだ16歳の少女を裸にし女体盛りパーティーをした。1998年11月、写真週刊誌『FLASH』にその現場を掲載され、北海道青少年保護育成条例違反などで逮捕者が4人出ている。当時、松山建設代表取締役社長で日本青年会議所副会頭だった松山政司参議院議員(当時39歳、翌1999年度日本JC会頭就任)もその場に参加していたとして問題になった。≫

1
6歳ですか。犯罪ですね。日本青年会議所の和気藹々とした倫理観がよく伝わる事件でした。欧米で議員さんがこの手の事件に関与すると、ゲルマン系の国ではスキャンダルとして大騒ぎし足の引っ張り合いをするが、ラテン系やスラブ系の国では不問に付す。

≪中国雲南省女体盛り事件
2004年4月2日、日本に帰化した中国系の飲食店の経営者が、中国雲南省昆明市の飲食店で、話題集めに女体盛りキャンペーンを行うと広告。これを知った地元の衛生局と工商局により、風俗を乱し、婦人の人権を貶め、衛生面でも問題があるとして、キャンペーンを取りやめさせると共に罰金2000元(1人民元=15円として約3万円)を科した。≫


衛生局と工商局の役人を招待するのをうっかり忘れたのでしょう。

≪女体盛りを扱った作品
スペイン人女性映画監督イザベル・コイシェが2009年に発表した映画「マップ・オブ・ザ・サウンズ・オブ・トウキョウ」では、日本企業が外国人を金髪女性の女体盛りで接待するシーンが登場する。このシーンについて同監督は、カンヌ国際映画祭の記者会見で「ロサンゼルスで見た」と説明した。
漫画「リーマンギャンブラーマウス」にて、主人公に力を与えるために、ヒロイン・インドまぐろ子による様々な種類の女体盛りが登場する。≫


女体盛りの実演は不衛生なのでごめんだが、映画の方は社会派っぽいので少し興味がある。

「日本で女体盛りのバイト」の手記…中国で筆者本人への非難殺到

いささか不自然な記述が目立つが、「女体盛り」は某保守政党の国会議員まで体験済みなので、あながち捏造記事とも言い切れない。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking





seiginomikata8 at 14:03コメント(0)トラックバック(0)雑文の目 

2010年07月28日


桑田佳祐 食道がん 声帯に影響を及ぼす可能性も

≪サザンオールスターズの桑田佳祐(54)が食道がんを患っていることが28日、分かった。所属事務所が明らかにした。

検診で判明したといい、今後、手術を受け、しばらく療養する。がんは初期だが、 声帯に影響を及ぼす可能性もあるという。所属事務所は「幸いにも早期発見により初期段階での治療で済む状態でした」と説明。桑田は31日に自身のラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM)でファンに報告する。 ≫


早期発見だったので、手術で声帯を全部摘出するようなことにはならないようだ。しかし、声質はだいぶ変わってしまうだろう。

桑田氏は40代で禁煙している。しかし、癌が発症するのは数十年後だから、今回発症してもおかしくはない。

桑田氏に影響されて禁煙を決意した福山雅治氏も今頃は真っ青になっているだろう。

井沢八郎

女優・工藤夕貴のパパ井沢八郎氏も食道癌で亡くなっている。

忌野清志郎

忌野氏が咽頭癌で亡くなったのは記憶に新しい。忌野氏はヘビースモーカーとし有名だった。

70代以降の人は今更禁煙しても無意味だが、それよりも若い人なら禁煙は意味がある。桑田氏は禁煙後十数年で発症してしまったが、早期発見できた。禁煙すれば発症や進行のリスクは軽減されるのである。
ほら、そこの、まだ10代のくせに喫煙しているバカウヨのボクちゃん、忌野氏みたいになりたくなかったら、煙草を吸っちゃダメだよ。

壮年齢で喫煙している人はストレスに弱いタイプが多い。喫煙もストレス解消目的だろうが、ストレス自体が免疫力を低下させるので、喫煙による癌発生リスクは更に高まってしまうのである。

「桑田の食道癌の原因が喫煙と決まったわけではないだろう?」などと書き込まれそうだが、喫煙者がそんな書き込みをしても自慰行為以外の何ものでもない。

私は、全ての癌はレトロウイルスに起因しており、その発症のメカニズムは免疫力の低下によるものだと思っている。確かに、桑田氏の場合、喫煙との直接的因果関係など解ろうはずもないが、喫煙が発癌物質を吸収し、免疫力を低下させているのは紛れもない事実なのである。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking



seiginomikata8 at 15:41コメント(1)トラックバック(0)憂国 

落選したにもかかわらず、法相の座に居座る千葉氏に対して、野党は猛烈に批判していた。その最大の根拠は、千葉法相が死刑制度に反対の立場だったからだ。

千葉法相、2名死刑執行。「見届けるのも責任」と執行に立ち会い…宝石店で女性6人焼き殺した男など

かく言う私も死刑制度には反対である。バカウヨどもとは頭の構造が違うのである。
「氏ね」が口癖のバカウヨどもに人命の尊さを説いても無駄である。
しかし、私も別に高邁な理念を持っているわけではない。右の頬を打たれたら左の頬を差し出すどころか、叩いた相手をボコボコにしないと気が済まない性格なので、人格的にはバカウヨどもと大差ない。

大半の先進国は死刑制度を廃止しているが、それは先進国のほとんどがキリスト教圏であることが大きい。いささか偽善的ではあるが、「博愛精神」である。報復を「野蛮な風習」と嫌う感覚が強いのである。
それに対して日本人は西欧的には野蛮そのものの「仇討ち」大好き民族である。犯罪者の死刑を一番強く望んでいるのは被害者家族である。犯人に死刑の判決が下されないと、怒りまくって騒ぐ家族も多い。マスコミもそれをおもしろがって取材する。
「死刑制度反対」とブログに書いたりすると、必ず馬鹿から「なら、おまえの家族が殺されても、おまえは平気なんだな」などと極端なコメントが寄せられる。私の家族で殺された者はいないが、もし、そうなれば勿論頭にくるだろう。しかし、「死刑にしろ」とは思わない。むしろ、生きて働いて損害分の賠償を払ってもらいたい。

現在の刑務所のシステムでは重労働しても役人にピンハネされて大した稼ぎにはならないが、もっと収益性を工夫すれば時給1000円程度は稼げるだろう。知能犯系の奴なら時給数千円相当の仕事もできそうだ。
仮に婆さんを1人殺して8000万円の損害金を出したのならば、1日1万円として8000日分労働してもらうことになる。

バカウヨどももそうだが、死刑賛成論者に多いのは、「人間のクズを養うのに税金を使うのはもったいない」という意見である。中国みたいに大量の死刑囚を出している国では、死体をパーツとみなしてしっかり換金化しているが、日本では死刑制度はあるもののそこまで徹底してはいない。

確かに、死刑囚を養うのは税金の無駄である。しかし、これも本人に働かせて経費を納めさせれば税金負担は減る。払える金額に応じて、タコ部屋から個室まで格差をつければ働くにも真剣みが出るだろう。

刑務所の生活環境だとタコ部屋ならば1人1日2000円も払えば充分だろう。受刑者を2時間残業させればいいだけである。

先の8000日賠償計画でも、年に換算すれば22年である。犯人が70歳の爺さんだと完済はおぼつかないが、1日8000円程度の賠償金でも年間では292万円になる。

勿論民事訴訟で犯人からきっちり賠償金を取り立てられればそれに越したことはないが、多くの場合は犯人に賠償能力はなく、被害者側は泣き寝入りしてしまうことになる。

その場合、単に「死刑にしてやった」と憂さ晴らしで終わるより、完済に至らないまでも毎年292万円取り立てた方が得であることは言うまでもないだろう。
現在、日本で死刑賛成論者が多いのは、このような賠償制度がないからである。死刑囚からの謝罪の手紙程度では到底怒りが収まるわけはない。

えっ、「病気になって働けなくなった受刑者はどうするのか?」ですか?

まあ、医療刑務所に移動することになるでしょうね。そして、新薬の実験に協力してもらう。
以前からそうやっているようだが、被害者家族が慰謝料を製薬会社や研究機関に請求する制度に変えて、利権が天下りに渡るのを防止しよう。

千葉法相 「死刑執行、時間かけて検討したら今になった」「落選後の続投批判かわす狙い?まったくない」


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking




seiginomikata8 at 15:36コメント(1)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

2010年07月27日


【南シナ海】”一触即発の海” 中国、武装艦で威嚇「拿捕の中国漁船解放せよ」 インドネシア海軍艦も応戦準備に

6月22日に南シナ海沖で。中国海軍とインドネシア海軍があわや海戦寸前の緊急事態にいたっていたことが判った。
原因は中国側の違法操業である。

事件があった場所はインドネシア領ナトゥナ諸島のラウト島から北西約105キロのインドネシアEEZ圏(排他的経済水域)である。ここに10隻以上の中国漁船団が出現し、公然と違法操業を始めた。これを受けて、インドネシア警備艇が中国漁船1隻を拿捕した。だが約30分後、中国の大型漁業監視船が2隻現れ、「インドネシアのEEZとは認めていない」と無線で主張し、現場海域からの立ち退きを命じるインドネシア海軍艦船に対し、「拿捕した中国漁船を解放しなければ攻撃する」と警告してきた。

中国監視船のうち1隻の船首付近には漢字で「漁政311」の船名があり、軍艦を改造して昨年3月、南シナ海に投入された中国最大の漁業監視船で、排水量は4450トンの巨艦である。

ファイバー製のインドネシア警備艇は被弾すればひとたまりもないのでいったん漁船を放したが、翌朝、応援のインドネシア海軍艦船の到着を待って再び拿捕した。
あっさりと中国海軍の侵犯を黙認している日本と違って、インドネシアの態度は毅然としている。
しかし、海軍の応援をもってしても、まだ中国監視船に対抗できなかったため、再び拿捕した漁船を解放せざるを得なかった。

「武装護衛艦付きの違法操業はこれが初めて」とインドネシア政府当局者は語ったが、今後同じ行動を繰り返し、既成事実化するのが中国側の狙いと思われる。

同じ南シナ海で、中国は西沙(英語名パラセル)諸島や南沙(同スプラトリー)諸島でベトナムやフィリピン相手に領有権侵犯事件を繰り返している。
台湾の海軍関係者は「ナトゥナの北に豊かな海底油田がある」と述べ、中国の狙いが水産資源より地下資源獲得である可能性を示しているが、その推測は正しそうだ。

今年の3月にアメリカのベーダー国家安全保障会議アジア上級部長とスタインバーグ国務副長官が中国を訪問した際、中国側は「南シナ海は中国の核心的利益」と公言した。

「現在周辺国が領有を主張している地域は全て中国の支配下に属する」と宣言し、アメリカ側に容認させたものと見られる。
今回の暴挙はアメリカのお墨付きを得たことが背景にあるものと思われる。

この事件に関する毎日新聞からの質問に対して、中国外務省の秦剛副報道局長は、「中国は南沙諸島及びその付近の海域に議論の余地のない主権を有している。関係国と友好的な協議と交渉を通じて争いを適切に処理し、南シナ海地区の平和と安定を願っている」と書面で回答している。

6月22日の事件について中国国営の新華社通信は「南沙諸島付近の海域で中国漁船と乗組員9人が拿捕され、交渉の末に解放された」と報じた。翌日のインドネシア海軍との対峙には触れなかった。
この事件の背後にはアメリカが絡んでいることは確かだが、世界最強の第7艦隊のテリトリーで、どうしてこのような中国の暴挙をアメリカが容認するのか?

実は過去においてもアメリカは似たようなことをやらかしていた。イラクのクウェート侵攻である。

湾岸戦争

どうして、イラクがクウェートを侵攻するなどと言う暴挙に出たのか?
常識的には理解しがたい行動だが、経緯を考えると、納得できる部分もある。

湾岸戦争に至る原因はイラン・イラク戦争に遡る。

イラン・イラク戦争

更に、この戦争も仕掛け人はアメリカと言われている。

イラン・コントラ事件

何と、この事件では統一教会まで関与している。アメリカの世界戦略の一端を垣間見させる事件である。この手のヘマはあまりやらかさないが…。

更に、フォークランド戦争でもアメリカの戦略を知ることができる。

フォークランド戦争

湾岸戦争とフォークランド戦争におけるアメリカの態度は、当初不介入のそぶりを見せ、相手を油断させ、戦争開始後公然と態度を翻すのである。

今回の中国に対しては、イラクやアルゼンチンと比べて国力が桁違いなので、アメリカが同じ戦略に出るとは思えないが、アメリカの腹の内では、「いずれ中国を潰す」ことを画策しているのは間違いない。アメリカの戦略の基本は「2番手潰し」である。

アメリカが国力でイギリスを上回った後は、本国のイギリスを潰し、替わってヨーロッパで台頭したドイツを潰し、大戦後強力な軍事ライバルに成長したソ連を潰し、その後バブル経済で経済大国になった日本を潰し、現在は日本に取って代わってアジアの雄になった中国をターゲットにしているのである。そのうち直接的軍事力で潰したのはドイツだけだが、ソ連とはいつ戦争が起きてもおかしくない緊張状態だった。
日本潰しは、日本では「バブルがはじけた」などと穏便な表現を使っているが、事実上はアメリカとの経済戦に敗北したのである。同じ相手に似たような手で2回も負けるとは情けない国である。

今回の不可解な黙認行為も、過去の事例を振り返って考えれば、何らかの戦略の一環と解釈できるが、武力衝突だけはやめてもらいたいものである。地政学的に日本が巻き添えを食らうことは確実である。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking





seiginomikata8 at 13:36コメント(1)トラックバック(0)憂国 

2010年07月26日


変な世論調査がある。毎日新聞がやらかした世論調査なのでどうせ捏造だろうが、「自民党の支持率は15%しかない」というものである。
しかし、毎日新聞でなくてもこの程度の数字しか出てこないだろう。捏造でもヤラセでも実感としてはこんなものである。

「自民党に政権復帰、期待しない」71%、「民主・みんな連立がいい」27%…毎日調べ

参議院選直後の調査結果がこれだから、参議院選の票の出方が異様だったことが判る。特に1人区が不自然きわまりなかった。
「不正選挙で、選管自体がアメリカの命令によるやらせ」と言ってしまえばそれまでだが、不正がなかった場合どう解釈すればいいのだろうか?

「有権者が愚民だった」
この表現は当たり前すぎて解釈になっていない。今回の選挙に限らず、分別のある投票行為など有権者に期待できないからだ。
普通選挙は衆愚化するから、「資格制による限定選挙にしろ」というのが私の持論だが、今ここでそんなことを騒いでも始まらない

選管が不正をしなくても「洗脳」はあり得る。直近のイメージで大衆心理は大きく左右する。

衆院選の時は麻生首相が殊更低能であるかのようにマスゴミが煽り、その洗脳行為がそのまま民主党大勝に導いた。

今回の参院選では、マスゴミが徹底的に鳩山首相を馬鹿扱いし、代打で出た菅首相をいったんは持ち上げたあげく、消費税問題でこき下ろした。
マスゴミの仕掛けは単純である。政策を評価する報道は一切せず、ひたすらこき下ろすのである。それを鵜呑みにした大衆が雪崩現象を引き起こす。

マスゴミは「自民に付いたり民主に味方したり」と節操がない。つまり、どちらの支配下にはないと言うことだ。
では、マスゴミは独立性を保持しているのか?
そんなおめでたいことを考えている御仁は長生きできる。
マスゴミも生活のためには金を稼がなければならない。マスゴミを支配しているのは金であることは誰しも認めるところだろう。
では、金の出所はどこか?

毎日新聞の事例で考えてみると、新聞の売り上げはじり貧状態で、広告収入も減少している。赤字だ。なりふり構わない状況でシノギを探さなければならない。最大のスポンサーはパチンコ屋とサラ金である。ところが、これらの業界も減益気味で苦しい。
減っていくシノギを奪うためにマスゴミどもは共喰い状況に陥っている。
毎日新聞はシノギのために聖教新聞を印刷して糊口をしのいでいる。ところが、この美味しいシノギに目を付けたのが読売である。因縁を付けて毎日からこのシノギを奪おうとしているのである。もはやこの業界に仁義など存在しない。

ところで、パチンコ屋・サラ金・ナンミョウで何か共通点を感じ取れないだろうか?
そう、韓国人脈である。更に、統一教会が加わればそろい踏み状況だ。

では、日本のマスゴミは韓国人脈に支配されているのか?
それはバカウヨ的単純思考である。日本の20%程度の経済規模しかない韓国が日本に影響力を与える力などない。日本で活躍している韓国人脈には背後が存在しているのである。そう、アメリカ資本だ。「夷をもって夷を制す」の格言のごとく、アメリカ資本は直接的に日本を支配するのではなく、韓国人脈を駒として使っているのである。利点として「使い捨て」ができるからだ。

某インチキエロ教団の事例が一番判りやすい。一介の性犯罪者に過ぎなかった男が、どうして巨大カルト教団を作り得たのか?

CIAの工作員になれば奇跡を起こさなくても実現可能だ。A級戦犯のうちから絶対服従を誓った売国奴をかき集めて作られた政党が存在することからもそのことは推察できる。

今回の世論調査も「洗脳政策」の一環だろうが、実際大衆は洗脳化されているので、実態も捏造数値と大差ないのである。

こりゃアカン! 民主党政権哀れな末路 血みどろ党内抗争へ 「菅直人はすでに死んでいる」

参院選直前でやらかした菅首相の愚行は常識の域を遙かに超えている。
せっかく、自民党が「消費税10%」などと敵塩行為(私の造語です(^^;))をやらかしてくれたのに、その塩を送り返したのが菅首相である。
実際の日本経済は消費税10%どころか30%台を検討しなければならないほど追い詰められているのは事実だが、選挙前に衆愚に向かって正論を吐いても無意味であることくらい政治家の常識である。某県知事程度の小ものでも「完全無所属」程度の嘘で大衆を騙せるのである。
菅首相はあえてその常識を破った。
非常識と言えば、鳩山前首相の普天間問題も非常識である。
軍事的に実効支配され自他共に認める属国の日本が、過去のいきさつを度外視して進駐軍基地について意見など言える立場になどない。こんなことは政治家ならば初歩的な常識である。
にもかかわらず、鳩山氏はトンチンカンな発言を繰り返し行った。

両氏が馬鹿でないとしたら、これらをどう解釈すればいいのか?

そう、CIAのスパイである。これを持ち出すと失笑する連中が多いのは百も承知だが、馬鹿が首相になれる確率の方がCIAのスパイになるより低い。特に鳩山氏に関しては祖父の代から秘密結社との関係が指摘されている。
「CIAのスパイ」という表現に抵抗のある人は、「アメリカ政府サイドと気脈が通じている人物」「対米外交を最優先に重視し、なおかつ協力的な人物」という理解でも構わない。

菅氏に関しては、一介の市民活動家が頭角を現す段階で、どこからかの支援があった可能性が考えられる。

市川房枝

菅氏が日の目を見るようになったのは市川房枝氏とコネができて以降だが、この市川房枝自身が極めて怪しい経歴の人物である。どこかでCIAとの接点があったと見ることもできる。

薬害エイズ事件

菅氏が政治家として一目置かれる様になった事件であるが、これにCIAが関与していたとしたら…。

菅直人

いろいろと胡散臭い菅氏は早々に辞任するのがお国のためと思われる。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking




seiginomikata8 at 21:59コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
カスタム検索
Google2
TOTO
auctions.yahoo
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場
楽天
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ