2010年09月

2010年09月30日


中国が唐突に尖閣諸島に工作船を送り込み悶着を起こしたのは、「何らかしらの国内事情によるものではないか?」と当初から指摘されていた。

専制独裁国家である中国に投資することは高リスクを伴う。契約の概念が希薄で、中国側の都合で勝手に変更されたり反故されたりする可能性が常時存在する。
しかし、それも恐ろしいが、もっと始末が悪いことがある。経済破綻である。現在の中国がバブル景気であることは誰もが知っている。バブルはいつかはじけるのであり、それに関わっていた者は手ひどい目に遭う。

中国経済に二番底の最初の兆候が出現、香港と中国国家発展改革委員会経済研究員の経済学者が指摘

これまで中国の景気を支えていたのは格安の人件費だった。これを武器に世界中から工場を誘致し経済を発展させてきたのである。
しかし、GDPが向上すれば、個人所得も上がる。個人格差が広がれば建前で掲げている共産主義の矛盾も広がる構造だ。
外国企業と人件費トラブルが多発している最中に金融危機が起こり、中国経済に深刻なダメージを与えた。
それを克服したのは4兆元(約50兆円)を投資した「10大産業振興計画」である。これによってかろうじてバブルを維持させることに成功したが、勿論これは見せかけで、サクラを大量に雇って盛況ぶりを偽装させているようなものである。「店が繁盛している」と錯誤したカモが大量に舞い込まないと破綻してしまうギャンブル的経済政策だった。

中国「世界の工場」に幕 労働力不足と賃上げ ルイス転換点に

「№2を潰せ」がアメリカのモットーである。アメリカは虎視眈々と中国を潰すチャンスを伺っていた。
しかし、ただ潰すのでは芸がなさ過ぎる。「充分得をして搾るだけ搾ってから潰したい」と考えるのが人情というものだろう。

日本を叩いた時は実にあっけなかった。一度楽をしてしまうと、どうも怠け癖が付いてしまう。中国相手ではアメリカもだいぶ苦戦しているようだ。中国だって日本の潰れ具合を研究しているから、同じ手は喰わない。

米中『貿易戦争』を覚悟せよ--NewsWeek

アメリカが画策しているのは人民元切り上げ圧力である。この圧力に中国が屈すれば、中国のバブルは完璧にはじけ、経済破綻に至る。下手をするとそのどさくさでアメリカに対する莫大な債権も消失してしまう可能性さえある。

今回の尖閣問題はアメリカが実際にどのように関与したかによって見方が違ってくる。
アメリカが既に中国潰しに動き出した兆候はないので、「まだ時期尚早と見て様子見をしている」のか、「搾り取りの仕掛け作りの途中」なのか、のどちらかということになる。
米中が様子見状態なら、尖閣問題は「中国が放ったジャブ」ということになる。
日本よりもアメリカの反応を見ているのである。

「尖閣は、沖縄県と一緒に日本に返還した」…米国防次官補、日本の立場全面支持

当初は「日中間で適当に話し合え」とつれなかったアメリカだが、ここに至って何故か日本の尻をたたき出した。

バカウヨどもは「宗主国さまのご認可をいただいた」と泣いて喜んでいるが、中には「何でいちいちアメリカに確認してもらう必要があるんだ?」と不審に感じた連中もいる。バカウヨの中でも多少は学習してバカウヨから半バカウヨに成長した奴もいるようだ。

【尖閣問題】 わざとぶつけた船長、甲板に立って挑発行為までしていた…日本政府「ビデオ公開したら、釈放への批判出てしまう」

侵犯船や船長・船員を解放したのはアメリカの命令によるものである。このビデオが軟弱な菅政権に残された最後のカードだから簡単には切らない方がいいだろう。尤も、カードを切る指令を出すのもアメリカだが…。

「この恥ずかしいビデオをばらまかれたくなかったら判っているだろうな」と暗に脅した方が効果的である。ばらまいてしまえば中国も開き直るだけだ。

【尖閣問題】中国漁船衝突:軟化に含み 中国政府高官「ほぼ終わった」、日本側に冷静な対応と歩み寄りを促す思惑

アメリカの支援と恥ずかしいビデオが効いたのか、中国も腰砕け気味である。

やはり、背景にあったのは米中の人民元バトルだったのだろうか?
今回はアメリカ側が「人民元の上昇を中国に促す法案」を引っ込めることで手打ちした可能性もある。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking




seiginomikata8 at 01:31コメント(1)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

尖閣問題は人民元切り上げがらみの米中間の抗争という見方もあるが、実はなれ合いで、国民の目を外に向けさせることによって内政問題をうやむやにするための猿芝居であった可能性もある。米中は最終的には抗争状態になると予想されるが、現段階ではまだそこには至らず、腹の中を探り合い、状況によっては野合する場合もある。

アメリカの事情はオバマ政権の不人気である。この場合仮想敵国を捏造することで国民の目をそらすのが常道だ。中国の事情はバブル崩壊による不況と所得格差に対する庶民の不満捌け口探しである。
そしてスケープゴートに選ばれたのが日本というわけだ。中国に日本を叩かせることによって、中国は国民を反日に向かわせ、アメリカは中国リスクを喧伝して、国民の好戦意識を煽る。
日本がまるで馬鹿丸出しのようだが、日本とて全く損というわけではない。国内にくすぶっていた安保縮小論を蹴散らすことができるし、沖縄に進駐軍が居座る名目もできる。さらにアメリカ追従を是認する風潮を作ることができる。
民主党政権としては不景気に対する抜本的な解決策が見いだせず、国民の不信感は募るばかりである。
で、国民の目が外国に向いてくれれば、しばらくは国内問題の矛盾に頬被りする時間稼ぎができるのである。

見た目の状況と違いすぎるいささか荒唐無稽な推論だが、実際に国内で行われている不可解な行動事例を見ると、他の解釈では説明が付きづらいのも事実だ。

【経済】 世界2位の経済大国中国に支援は不要=英独が対中援助中止・削減へ―米メディア

「この期に及んで中国に経済援助をしている国などあったのか!」と呆れる諸兄も多いだろうが、その筆頭国は他ならぬ日本である。

勿論、文字通り「援助」と解してはこの謎は解けない。援助は援助でもこれで交際しようという意味だ。

≪2007年から2008年にかけ、外国の対中援助額は26億ドル(約2190億円)に上る。
一方、一人当たり収入が中国の10分の1しかないエチオピアが受け取った外国の援助はわずか16億ドル(約1350億円)だ。≫


ここで義憤に駆られてエチオピアを引き合いに出すのも愚かというものである。エチオピアは世界有数の美女産出国だが…。

【日中友好】 高松市、中国姉妹都市と親善訪問決行 「厳しい状況だからこそ草の根の交流は大切」と大西秀人市長

バカウヨなどは口から泡を飛ばして騒ぎそうだが、逆に日本のこのような不可解な行動は中国側にしても彼らの常識外のしろもので、相当に不気味なはずである。したがって、高松市の対応は一概に非難できない。中国の一般人は日本を「得体の知れない国」と畏怖してくれるかもしれない。

今回の尖閣問題が日中米のヤラセであっても、高松市あたりにはそんな情報は伝えられていないはずだ。今回は市長の判断ではなくもっと上からの指令で動いているのだろう。
 
【尖閣衝突】日中関係という国益を優先することが最も重要-経団連会長、船長釈放を評価

一見売国的発言のようだが、このクラスの御仁ならば国家機密も当然知っているだろう。尤も、この問題がヤラセであったとしても、会長の発言自体がお馬鹿な印象を免れない。自分を馬鹿に見せて相手を油断させる作戦か?

村田製作所、国内非正規社員3000人削減へ 円高対応で余剰設備をアジアに

「来年4月に中国・無錫で主力のコンデンサーなどを製造する新工場の稼働を予定」とのことだが、マスゴミ報道だけを鵜呑みにすればこの会社の行動はお馬鹿そのものである。しかし、少し頭が働く御仁なら、「何か変だな」と気付くはずである。

ここ以外でもトヨタを始め大企業がこぞって中国に設備投資をしているのは周知の事実である。

当然彼らはある程度資産に対する安全性の保障があるからこそ投資を行っているのだろうが、中国リスクが存在する事実に変わりはない。
リスク計算の結果による判断なのか、アメリカに命令されて実行しているだけなのかは不明である。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking



seiginomikata8 at 01:27コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

中国・ロシア、「日本」を侵略者と名指しして被害者の立場強調。歴史歪曲を非難…中露首脳共同声明

沿海州を始め、中露間には深刻な領土問題があるはずだが、中国は旧領土回復をあっさり放棄してしまったのだろうか?
日本から沿海州の返還要求をしてやってもいいくらいなのだ。
現時点で、中国は「北方領土は日本領」と主張していたが、今後はどうなるか判らない。

【対馬問題】 「対馬は私たちの領土」〜韓国与野党議員37人、返還求め「対馬フォーラム」創立

≪イ・クンウ釜山経済大対馬研究センター所長は「現在、日本領土が明白な対馬を私たちの領土と主張することは私たちの独島領有権主張に対する国際社会の信頼まで失わせかねない」と指摘した。≫

どさくさに紛れて韓国が騒いでいるが、 イ・クンウ氏の言の通りで、このような動きは日本にとっては大歓迎である。実は尖閣問題でもこれに通じるところがある。日本に外向的手腕があれば、相手の軽率な行動を逆手にとって大戦果を上げることができるのだが、現実は見ての通りの次第である。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking



seiginomikata8 at 01:01コメント(1)トラックバック(0)憂国 

朝鮮民主主義人民共和国とはまた悪い冗談を国名にしたものだ。
世の中には不美子などという名前もある。名付けた親の考えは、「名前は実体と反対になることが多いから…」というものだが、確かに私の周囲を見渡してもそんな感じである。
日本にも自由民主党や公明党などという政党もある。

キム・ジョンウン氏、正式に後継者に決定 「大将」任命に引き続き「軍事副委員長」に選出される

ジョンウン氏の近況写真も一部機関で披露されたが、少年時代の顔をそのまま肥らせたような印象だった。いささか運動不足のようだ。

北朝鮮・金正日の三男ジョンウン、いきなり「大将」に…前原外相「後継への意思表示に間違いない」

無意味としか言いようのない記事である。

労働党の代表者会を前に「党は思想的に純潔」、国民に団結を呼びかける

国民全体が収容所に軟禁されているような状況の国である。

在日コリアン、後継者ジョンウン氏に近隣国との関係改善を期待

民主党はこの連中に地方参政権を付与する気なのか?

“大将”金正銀氏、バスケット大好き、歌や漫画を好む気さくな性格…母は大阪生まれの在日朝鮮人・故高英姫氏

確かにアキバオタクと通じるものがあるご面相である。

「売り家と唐様で書く三代目」ということで、北朝鮮もいよいよ後がなさそうだが、日本もジョンウン氏を小馬鹿にできない事情がある。

某OLがいきなり代議士、国務大臣になってしまったような国であるし。(自ら出産したので立派に大臣の職責は果たしたが…)
歴代首相に3代目が続いていた。やっと世襲を逃れたら…。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking





seiginomikata8 at 00:54コメント(2)トラックバック(0)憂国 

2010年09月29日


尖閣、ガス田周辺に中国調査船続々 10隻以上が示威活動か

と言うことで、中国は露骨に日本の排他的経済水域内に侵犯し、領海ぎりぎりのラインで威嚇行動をとり続けている。

なぜ釈放?漁業者らから戸惑いや憤りの声 「中国漁船、どさっと来る」

日本の漁業関係者が不安になるとは当たり前である。

【尖閣衝突事件】漁業関係者の不安に「風評で盛り上げるべきでない。事実を踏まえて冷静に対処すべきだ」と仙谷氏

「風評」とは、どこまでもとぼけた御仁である。

今回の馬鹿丸出しの行動で、中国の国際的信用はがた落ちだ。菅政権が有能ならば、この状況を利用して利益誘導も可能なのだが、現実にやっていることはかくも情けない弱腰外交で「世界の嗤いもの」である。まあ、アメリカの指示通り動いているだけなのだろうが…。
指導者が馬鹿だと国民も辛いが、「この国民にしてこの政府あり」安保条約を是認している国民が大勢である現状ではやむを得ない。

"中国リスク"でインド・ASEANシフト加速へ--

ASEANとしては、「日本は腰砕け、中国はやばい」ということで、台頭著しいインドに期待を寄せるようになったという次第だ。

インドとしては、今回の事件は中国から逃げ出す企業を受け入れる格好の機会になった形である。

【尖閣問題】「オバマ政権は日本を強く支持すべき」「国際ルールに従わない中国」「独裁国家、中国」…米Wポスト、NYTが中国批判

WポストもNYTも国策新聞だが、突然中国リスクを前面に出している。いつも日本バッシングばかりやっているNYTが今回はどうしちゃったのだろう?

オバマ大統領の支持率が過去最低を記録 - アメリカ

大統領支持率が下がった時は国際緊張を捏造して国民の目をそらすのは常套手段だが、今回は日本がダシに使われたようだ。

中国の行動も馬鹿丸出しながら周到な準備をして行っていることは判明しているので、米中が示し合わせている可能性も否定できない。国内問題を外に向けさせたい事情は中国も同じだから、両国がつるんで芝居してもおかしくはないのである。

それにしても、中国の損は酷すぎる。中国内部がどうしちゃったのかは、依然ブラックボックスなのである。

<尖閣問題>予想以上に強大な中国=韓国は中国に接近するべきだ―韓国紙

中国リスクが世界的に話題になっている中、真逆の発想である。

「人の行く裏に道あり花の山」ということか?
案外、いいセンスかもしれない。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking




seiginomikata8 at 00:37コメント(1)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

小学生交流団の中国派遣を予定通り実施すべきか、中止すべきかで栃木市の関係者が悩んでいる。
旅行会社へのキャンセル料などの問題から、決断のリミットは今週いっぱいだそうである。

中国派遣すべきかどうか 栃木市の小学生交流団 決断迫られる市担当者

悩むほどのこともない判断に苦慮している栃木市に対する世間の目は冷たい。

================================================

悩む必要があるのか? 馬鹿じゃないの

命とキャンセル料、どっちが大事か分からんのか

日中友好を選ぶか、子供の安全を選ぶかで迷ってるんだな。
これを迷うって、どんな精神構造してるんだろうな。

=================================================

≪小学生を対象に7月に募集したところ、定員の10人を上回る18人が応募。
国際交流協会の基金を使うなどして、応募者全員が参加することが決まっていた。≫


子供をダシにした利権話はよくある。よもや栃木市の場合は無関係だろうが、利権がらみだったら悩んでも不思議ではない。

この状況で子供を中国に送り込む親は肝が据わっている。

フジタ社員4人は空軍療養所で拘束 香港人権団体伝える

フジタ社員4人がCIAのスパイだった可能性もある。あまりにもタイミングがいいので、わざと捕まったのだろうか?

漁船衝突事件の影響なし 中国・丹東市を訪れていた徳島市の親善訪問団が全日程を終えて帰県
 
現段階で中国側もフジタ以外の拘束事件は起こしていない。しかし、今後のことは判らない。子供でも容赦はしないだろう。
政府が指令を出さなくても、国民の方が先走るお国柄だ。その場合、政府も愛国無罪にするしかない。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking




seiginomikata8 at 00:34コメント(1)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

警察のホームページ掲載情報利用し、警視庁・埼玉・千葉県警から落とし物を42点詐取、転売で80万稼ぐ 無職男と女子大生逮捕

虚偽の遺失物届で落とし物をだまし取ったとして、警視庁はさいたま市在住の無職男(28)を詐欺容疑で再逮捕するとともに、新たに男の愛人で犯行当時19歳だった女子大生を同容疑で逮捕した。
  
2人は昨年10月8日、ウソの遺失物届を同庁遺失物センターに提出し、ネックレス(約2万円相当)をだまし取った疑い。同庁のホームページを見て警察署に問い合わせ、特徴を聞き出していた。

この男女は昨年9月以降、同庁や埼玉、千葉両県警のホームページに掲載された遺失物情報を悪用していた。 計42回にわたって貴金属などをだまし取って転売し、約80万円を稼いだ。

警察相手に詐欺とは、ハイリスクの割には年収80万円とローリターンな仕事だった。

警察署の車窃盗容疑で少年3人を逮捕記事

警察署内での窃盗は意外と簡単にできるみたいだ。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>
→人気blogRanking





seiginomikata8 at 00:30コメント(0)トラックバック(0)憂国 

2010年09月28日


日本政府が侵犯漁船を解放直後、

尖閣沖で衝突した漁船、福建省へ帰国した際に右側船首に謎の穴が…「接触したのは左舷」と海上保安庁
穴の正体が何なのかネット上でも話題になった。

「鋭角の鉄の船首でぶつかってきた」 中国漁船衝突ビデオの衝撃中身

どうも最初から特攻用に改装されていたことは明らかである。
中国への帰還時に装甲部分を撤去したのである。「最初から巡視艇ぶつかる目的だった」ということだ。

中国衝突漁船は「スパイ船」だった!漁船を仕切っていたのは船長ではない。船員に偽装した中国情報機関員か政治士官

これが真相である。

釈放の中国船長「また釣魚島(尖閣)に行って漁をしたい」「日本政府など怖くない」

工作員のくせによく言うものだ。

尖閣侵入中国漁船 日本政府 船長以外の船員を釈放 漁船も返還へ

日本政府は百も承知で、工作船と工作員を全員解放してしまったのである。
無知な庶民は政府の弱腰に憤っているが、事情通は政府のお馬鹿ぶりを嗤っているのである。

しかし、「証拠ビデオを世界的に公開する」という奥の手はまだ残しているが…。

「ビデオを公開しろ」と要求している議員もいるが、一見憂国の士風だが、「最後の対抗手段も使ってしまえ」と言う意味なので案外売国奴なのかもしれない。



記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking



seiginomikata8 at 10:54コメント(0)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

"日本の花火師の参加日だけ中止" 上海の花火大会…米国、カナダ、フランス、中国の花火師参加日は予定通り

せこい嫌がらせのようだが、中国は独裁国家なので、戦時中の日本と同じである。国家の以降に同調しないと「死刑まで有り」だ。中国国民も案外戦々恐々なのである。この場合権力側に付いて便乗して騒ぐ方が安全でストレス発散できる。民主党政権の日本と違ってある意味では中国のバカウヨは幸せだ。
しかし、表現の自由が極端に拘束されている国民が13億人もいる国というのも酷いものだ。

日本経団連の米倉弘昌会長「(紛争になることを)未然に解決する仕組みを日中両国政府で考えるべきだ」

「国益より自分の懐に入る金が心配」と言っているのである。正直な人だ。

船長釈放 日中関係の修復を急げ

朝日を中心にこのような寝言を言うマスゴミも多い。相手が関係の破壊を目論んでいるのに、どう修復すればいいというのか?

国民総白痴化により、日本では横行している論理である。中学校で暴れまくる生徒に対して、「教師は生徒をよく理解して説得して解決しなさい」と指示している教育委員会と同じである。

街中でチンピラに恐喝され、「仲直りをしましょうと言え」と言っているようなものだ。
まあ、敬虔なキリスト教信者とか仏教で悟りを開いた人なら、一家言あるかもしれない。
宗教書でも紐解くべきか?

「前代未聞だ」 尖閣諸島やガス田周辺に、中国調査船集結…10隻以上が示威活動か

「前代未聞だ」とは大げさな見出しである。「例によって」が正しい。

以下は過去記事である。

2010-07-27
中国がインドネシアEEZ圏で戦艦護衛付き違法操業 拿捕された漁船を武力で奪い返す

2010-4-25
領有権争う南沙諸島 着々と中国支配進む

2009-02-19
「南沙諸島は我が国領土」―中国がフィリピンを非難

「とうとう日本もフィリピン並みに扱われてしまった」ということだ。

2009-02-12
尖閣問題:中国の掲示板が“炎上”―日本の巡視船配備で

2008-12-10
尖閣海域へ監視船派遣「いつだってやる」―中国外交部

尖閣に自衛隊常駐を 民主党の松原仁衆院議員ら、12人の連名で提言

自衛隊常駐は確かに有効な対抗策だが、いくら提言しても菅内閣の検討以前にアメリカが認可しなければ不可能である。

日本はアメリカの属国だから、尖閣問題は基本的に米中外交で決定するのである。

日本のふがいなさに激高しているバカウヨは「ふがいなさ」の意味を取り違えている馬鹿である。




記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking



seiginomikata8 at 10:50コメント(1)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 

2010年09月27日


【中国人船長釈放】 「売国奴!」 「辞めちまえ!」 菅総理が土俵に上がると、凄まじい野次が飛んだ

大相撲千秋楽で表彰式に菅首相が土俵に上がるとすさまじいヤジが飛んだ。同席したそのまんま痴事が生々しく伝えている。
菅政権の対中弱腰外交に対する国民の憤りは凄まじい。
しかし、菅氏も臆面もなくのこのこ人前に姿を晒せるものである。まあ政治屋としての資質はあるのかもしれない。

尖閣問題】 菅首相 「中国の謝罪・賠償要求、応じるつもりない」「双方とも冷静に」

馬鹿の一つ覚えか。図々しいだけか?

【尖閣・船長釈放】 怒りに沸く日本の国内世論、内閣支持率 「今回の事態で10〜20%は落ちた」という見通しが出ている

上品な記事だ。もっと落ちると考えるのが普通だろう。ところが…。

菅内閣支持率は63.2% 次期衆院選の投票先は民主37.2%↓、自民18.2%↓ 

いつ集計したのかにもよるが、実感とは真逆の結果に…。この時点でまだ船長の身柄を押さえていたのかもしれないが、侵犯船と船員は既に解放していたはずだ。
世論調査は世論操作なのである。

ついに政治結社が尖閣諸島上陸へ

バカウヨは泣いて喜んでいるようだが、ここは○暴系である。以前上陸したとき山羊を勝手に持ち込んで繁殖してしまい深刻な環境問題になったことでも有名。せっかく上陸するなら山羊の始末もお願いしたい。
この連中に対する政府の対応が見ものだ。

【尖閣問題】菅首相、創価学会系美術館を訪問 胡主席と親交ある池田氏 日中対立の中、公明党との国会運営協力狙い?

これが菅氏にできる唯一の自主的解決策か?

【日中】中国の土石流災害、日本からの援助物資を引き渡す

相変わらずおめでたいですなあ。

【日中】日中間の貨物に遅れ 中国税関、一部で検査を厳格化 中国による尖閣問題に絡んだ嫌がらせではとの声も

その点中国はしっかり嫌がらせしてます。日本は喧嘩を仕掛けられたときの対応を完全に間違えている。
中学校で学級崩壊が起こるのも道理である。「話せば解る」式の逃げ口上しか思い浮かばないのだろうか?

【尖閣問題】菅首相も仙谷長官も責任を検察に転嫁…「証拠も十分で事案も悪質。起訴すべきです!」会議室に響いた声

菅首相も仙谷長官も言っていることは間違っていない。ただし、説明が足りない。「検察は日本の管理下でなく、アメリカの命令で動いています」と説明すれば国民も納得するだろう。

≪この時点では、方針が釈放で一致していたわけではない。1時間に及んだ会議。出席者の一人の発言を契機に全員一致での釈放決定への流れが強まった。

「4人の人命はどうなるんですか。(起訴したら)危ないんじゃないですか」

準大手ゼネコン「フジタ」の邦人社員4人が軍事管理区域で撮影した疑いで中国当局に拘束されたことが前夜に発覚していた。ある幹部は「人命をてんびんにかければ、起訴という判断はできなかった」と悔しさをにじませた。≫


人質の人命を優先させたという言い逃れである。

【フジタ社員拘束】日本大使館「社員の安全と、人道的に迅速な問題処理を」→中国外務省「中国の法律に基づき公正に審理される」

日本は人質を解放したが、中国は解放する気はない。間抜けすぎる結末だ。

【尖閣問題】 「日本の戦後の地図では、釣魚島(尖閣)が日本に属してないことになってる」…中国のテレビが発表

中国政府は国民の洗脳に躍起である。

藤原紀香、中国の芸能人から面と向かって「尖閣は中国領」と言われる

香港あたりでは中国人も実情を理解していると思われるが、戦時中の日本を思い起こせば彼らの心中も想像できる。今親日的な発言をしたら中国では生きていけないのである。

「露中は血で結ばれている」、訪中のメドベージェフ大統領 旧日本軍と戦って亡くなった戦没者が眠る旅順の墓地も訪問 

「尖閣諸島は清朝時代中国領だった」などと言っているが、沿海州も中国領だった。面積的にはそっちの方が広いのだが、まだロシアに喧嘩を売るつもりはないようだ。

【沖縄】平良港に寄港中のアメリカ掃海艦の艦長がビーチを清掃→市民団体がプラカードで抗議

プロ市民がやっているのだろうが、一応はGJである。しらじらしい慈善行為を評価してやる必要などない。

【神奈川】「出ていけ!人殺し原子力空母」「核も基地も無い平和な日本を実現しよう」 横須賀母港化2年 抗議集会に市民ら1200人

これも非武装中立系のプロ市民による企画。背後に中国の工作員が動いているのかもしれないが、GJを進呈しよう。

米中がつるんで騒ぎ、安保体制の強化を目論んでいる可能性があるからだ。ただし、今回の集会も街宣右翼の手口と同様で「反安保運動」に対する国民の嫌悪感を引き起こすためのヤラセである可能性もあるが…。
アメリカとしては日本から「おもいやり予算」の増額を強要しているが、基地の拡張などは考えていないだろう。欲しいのは金だからだ。

要するに、アメリカと縁を切り、自前の軍隊を装備しない限り抜本的解決策はない。

【米国】中国製品をボイコットして、人民元の為替問題に対処せよ=米紙

「米中関係が経済摩擦で緊張している」という読みもある。いずれにしても日本がダシに使われている構図である。

【国際】オバマ大統領の支持率が過去最低を記録 - アメリカ

アメリカの大統領支持率が下がると必ず血なまぐさいことになる。
今回の降って湧いたような侵犯騒ぎだが、日本人が遠く及ばないところで、中国とアメリカのお家の事情が関わっている可能性があることは頭に入れておいた方がいいだろう。


記事が面白いと思ったら下のリンクをクリックしてくだされ!! 
<(_ _)>

→人気blogRanking



seiginomikata8 at 10:35コメント(2)トラックバック(0)国民総白痴化計画を暴く 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Google
カスタム検索
Google2
TOTO
auctions.yahoo
最新コメント
Amazonライブリンク
楽天市場
楽天
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ