生命保険会社(終身がん保険→入院保険担当)に勤める一社員のブログ

医療保険の知識、その他ニュース、思ったことなどを書いていきます。仕事は今、入院医療保険担当です。

スポンサードリンク

生命保険

医療保険のランキング

医療保険とは、入院した場合にお金がもらえる保険ことです。
死んだ場合には出ません。
まあ、死ぬ前に入院してるでしょうから、入院している間は保険が下りますけど。

最近、医療保険が人気です。
死んだ場合よりも、寝たきりになってずっと生きているというような事態に
備える人が多いですね。

医療保険はたくさん入る必要はありません。
入院しない確率の方が高いのですから。
医療保険に入るのであれば、医療保険ランキングで確認すると分かりやすいです。
評価が高い保険に入ると良いです。
評価が低い保険に入る必要はないでしょう。
保険料が高いということです。

災害死亡保険金など全額支払いについて

とある生命保険会社のホームページに・・・

災害死亡保険金等の全額支払いについて
災害関係特約については、約款上に地震等による災害死亡保険金、
災害入院給付金を削除したり支払わない場合があると
規定されていますが、今回はこれを適用せず災害死亡保険金等を全額お支払いいたします。

とあります。

別にこれは生命保険会社がエラいということはありません。
いまだかつて、こういう大災害の時に
こんなのが適用されて免責になっちゃったなんて前例はありません。
こんな時こそ支払うのが当然であり、
払うと決断した生命保険会社がエラいということは全くありません。
一応書いておきます。

生命保険の保険料を安くする

こないだ2011年になったなあと思いきや、もう3月・・・。
時が移ろうのは早いものです。
この時期になると、今入っている生命保険がどうなのか
見直したいという人が多いです。


といっても、すぐに保険に入ってくれるわけではないのですけどね(笑)
一番大事なのは、納得して、違いが分かってから保険に入ること。


そうしないと、せっかく良い保険に入っても意味がありません。
生命保険(医療保険なども含め)の選び方などを
勉強したいということであれば、こちらのサイトが良いです。
さしあたって・・・死亡保険はこんな感じです。
色々載っているので見てみると良いと思います^^








生命保険ランキング~保険料を節約。

支出をできるだけ減らしたい、使わないものは買いたくない。
そう思いませんか?
毎月払っている生命保険料(医療保険とかがん保険も含む)
は結構な負担だと思います。

保険料が高い会社と安い会社があるのはご存知ですか?
生命保険を比較ランキングしたサイトです。
日本生命、第一生命、明治安田生命などの保険料は高い?安い・・・?
良い保険に入っておきたいものです。

貯蓄性終身医療保険

基本的に、終身医療保険は掛け捨てが安いです。
貯蓄性終身医療保険は戻ってくるタイプのことなのでしょうが、
解約返戻金があるタイプは最初から保険料が高めに設定されています。
基本的に貯蓄性ですと、死亡保険です。
貯蓄性終身医療保険を考えていらした場合はこちらが参考になると思います。
それと、こちら
この辺りを勉強すると良いと思います。
勉強というほどではなくても、見てみるくらいでも(笑)

視力回復・・・失明に人工視覚、白い光「見えた」…国内初

視力回復ができたら良いですね。
ましてや失明した人に光を与えられることは素晴らしい進歩です。
健康保険でできるかどうかは分かりませんが、こういう研究が進むと良いと思います。

因みに、レーシックで視力回復した場合の、生命保険は今は×です。
昔は、生命保険、医療保険が使えたのですが、レーシックをやるために
生命保険、医療保険に入り、レーシック手術→視力回復→保険金請求
→保険金受領→保険解約
ということが多かったので、各生命保険会社は保障範囲からレーシックを
外したのです。それで今に至ります。

昔の保険であれば、今もレーシックで適用されることもあるかもしれませんが、
最近入った保険であれば、ほとんどレーシックに適用されなくなっていると思います。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101204-00000970-yom-sci

第一生命保険 支払い遅れ最大2000件

第一生命保険が失態です。
保険料をしっかりもらっておいて、
いざ支払うべき時にしっかり支払わない・・・
窃盗未遂と同じです。

第一生命保険は株式会社化しましたが、
株価が上がることはないでしょうね。


以前、第一生命が株式会社化した時に、
第一生命保険の契約者は株券をもらったりできましたが、
その時もらう権利のあった人は実は損をしているんですよ。

い~っぱい保険料を納めた人がほんのちょっともらう権利が
発生したというだけの話、いかに会社に貢献したか
(保険料を多く払ったか)ということなんです。

医療保険・がん保険

久々に真面目な話題です。
医療保険とがん保険は性質が似ています。
掛け捨てだという点です(解約返戻金があるタイプは×)。


医療保険を比較してみると、分かるのですが、
結局のところ、良い医療保険といわれるものは数個しかありません
(ハッキリ言いすぎかな・・・ 笑)。
そして、必ずしも入った方が良いという性質ではありません。

いろいろ比較してみると良いのは
オリックス生命「ビリーブ」
アリコ「終身がん保険」
東京海上日動「がん保険」
アフラック(ちょっと落ちる)
この4つほど・・・。
この中から検討すれば十分です。

一概にすぱっとは言えないのですが、
医療保険よりがん保険の方が必要かなという気がします。

死亡保険

保険は分かりにくいと言われます。
それもそのはずで、私も全部は知りません。
保険会社の社員でさえ、自社保険の全部を知りません
(名前くらいは知っていますが、その内容までは知らないはずです)。
一般の人たちはもっと知らないと思います。
死亡保険と言う言葉、私もよく分かりませんでした。
保険会社の社員でもこういうところからスタートします。
死亡保険、死亡保障、生命保険・・・これは同じ意味だと思って
差し支えありません。
保険は、いろんな付帯サービスをつけるから分かりにくくなってしまいます。
シンプルに行くのが一番だと思います。
livedoor プロフィール
最新コメント