今日は早めに就寝するとしよう。枕元にはカラフルモーニングを迎えるためにりんご汁を用意した。きっと楽しい朝になるだろう。小鳥のさえずりと共に目覚め…。おっとその前に、「天空の城ラピュタ」についてちょいと語りたい。地球に生存する、シータのその後が気になり、毎晩激しい悪夢にうなされる者の独りとして。あれは確か、小四の夏であった。その日はいたく暑く、昼から暑さにやられていた。そして、暑さに怯えていた。まるで迷子のキツネリスの様に。
と思いきや、テンポの速いパズーとシータの冒険活劇を語れば寝ることができないのでおやちゅみするね。またね!