違う職種への転職

私はシステムエンジニアだ。
大体が、システム系の仕事をしていると
次の仕事もシステム系の仕事だったりする。
違う言語を扱う仕事になったり、
マネジメント主体のポジションだったり、
若干前職と違うが大きくはシステム系の仕事になる。
(もっとも、システム系の仕事独特の世界が嫌になって
全く違う世界に行く人間も少なからずいる。)

私の知人でシステム系?なんだろうけど、
今まで私の知る範囲では存在しなかった、
システム監査職につく知人がいた。

システム系の仕事をしている人間は
一度は受けているであろう、情報処理試験の
最高峰に、システム監査技術者試験というのがある。

システム監査とは
やはり、この資格がないとできない仕事なのだろうか。
知人の話では周りを見ると資格を持っている人間もいるが、
別段もってなくても仕事をすることはできるらしい。

これを機に転職を考えてみるかなぁ。

転職の難しさ


転職して2年がたとうとしている。

転職は本当に難しい。


面接や事前の情報収集でも
そこそこの好感触でも
いざ入ってみると全然ちがうなんて
ホントざらにある。

最近、入社してきた中途の人間も
会社のスピードとか文化になじめなくて
1ヶ月で辞めてしまった。

採用は企業にとってリスクなんていわれることも
あるけれど、
ホントにリスクは前の会社を辞めて転職してくる
人間だよなーって思ったりもする。

エンジニアといっても色んな職種がある


最近感じることに職種に対する呼び名の違いがある。

社内システム管理や、基幹系システム開発、
その他会社で使用するようなシステムに限らず、
社会インフラシステムなど、
そういったものに携わるエンジニアは
システムエンジニア、

ネット系、ゲーム系に携わるエンジニアは
エンジニアという

両方経験した俺は
呼び名以外にも、開発スタイルや
スピード、人間的特色などにも
違いがあると思う。


開発スタイルでいうと、
前者はウォーターフォール、
後者はアジャイル
大きくいうとこんな違いか。

長くなりそうなので、続きは次回
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ