頸部、背部、腰部、肘、大腿部など至るところに痛みを伴う原因不明の病気に線維筋痛症(fibromyalgia)があります。

ある日突然、身体の一部に痛みを感じます。
貼り薬などを用いても痛みが取れず、整形外科などで血液検査や磁気共鳴画像装置(MRI)検査、筋電図検査を行っても異常は認められません。
一見、心因性の症状にも見えるので、精神科や心療内科への受診を勧められるケースもあるようです。
患者さんは、関節リウマチ(RA)の約3倍(*1)にも上り、国内では推定200万人がいる(*2)と言われています。

*1 聖マリアンナ医科大学 西岡久寿樹・難病治療研究センター長
*2 厚生労働省

【好発年齢および性差】
中高年に多く、約8割が女性。
10代に発症することもある。

【症状】
背中や首、肩、手足など身体のあちこちに疼痛が出現。
関節のこわばり感や抑うつ気分、月経異常を伴うことが多い。
約9割に睡眠障害を伴う。

【発症の仕組み】
現在のところ未解明。
鞭打ち症や脊髄損傷、虫歯治療などで神経が傷付いて、それが元になって発症するケースや、職場や家庭内の人間関係やトラブルがトリガー(引き金)になって発症するケースがある。
不眠やうつ病がきっかけとなって発症する場合もある。

【診断】
疼痛が3か月以上続き、診断基準となる18か所のポイントで11か所以上で圧痛を訴える場合は線維筋痛症と診断される。

【分類】厚生労働省研究班
stage 1:
診断基準18か所のうち11か所以上で痛みがあるが、日常生活は可能。
stage 2:
手足の指などに痛みが広がり、不眠・不安感・うつ状態が続く。
stage 3:
爪や髪への刺激、温度・湿度変化でも激しい痛みが全身に広がる。
stage 4:
痛みで身体を自力で動かせず、ほとんど寝たきり状態になる。
stage 5:
激しい痛みに加え、直腸の障害、口の渇き、尿路感染なども現れる。

【治療】
薬物療法が中心。
炎症に基づく痛みではないので消炎鎮痛剤はほとんど効かない。

重症なものは例外として、stage1〜2のものであれば、私たちの施術所を訪れるケースも否定できないようです。
単なる肩こりや腰痛、筋肉痛として見逃しがちなこの病気の勉強が必要ですね。

【参考サイト】
線維筋痛症の会
線維筋痛症に関する情報は、Web上に沢山あります。
「線維筋痛症」で検索してみて下さい。


整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次