「自動車損害賠償責任保険(交通事故の自賠責保険)を取り扱った場合の料金はいくらなのですか?」という質問を受けることがあります。

健康保険や労災保険であれば協定料金が明示されていますが、自賠責保険の施術料金は明示されていませんね。
これは、自賠責保険の施術料金は協定によって決められるものではなく、自由施術と言って各施術所においてその料金を決める性質であるからです。

1990年代半ばまでは便宜上の料金として、「上限の目安」というものがありました。
しかし、それは「上限の目安」をもって自賠責保険施術料金を規制し独占禁止法という法律に抵触する(触れる)として撤廃された経緯があります。

それでは実際、自賠責保険料金を算定する時、いくらにすればいいの?・・・ってなりますね?
「上限の目安」があった頃、自賠責保険料金は健康保険施術料金の3倍労災保険施術料金の1.2倍くらいが妥当だという話がありました。
当時の損害保険会社から配付された「自賠責保険施術料金の目安表」では、労災保険施術料金の1.2倍に相当する金額が記載されています。
労災保険施術料金を元に作成されていますから、指導管理料や運動療法料、特別材料費や包帯交換料なども料金として記載されています。
ただ、労災保険施術料金にはあり得ない多部位逓減(3部位以上の施術に対する逓減)や長期逓減がかかる仕組みにもなっています。

以上のお話を聞いたら皆さんは、労災保険施術料金を1.2倍して、それを元に自賠責保険請求を行うのかも知れませんね。
でも、冒頭にも書いたとおり、自賠責保険施術は自由施術です。
従って、「自分が後療を行った場合はこの料金が妥当だ」という料金で請求すれば良いのです。
料金の設定について、保険会社に理由を説明できれば問題ありません。
ですから、何も労災保険施術料金の1.2倍などに固執せずとも、自分自身で料金表を作ってみると良いでしょうね。

太郎が自賠責保険施術を行う場合は、自賠責保険施術の開始前かその直後、保険会社の担当者に対して電話連絡し、「自分の施術所ではこれくらいの料金で請求を行います」と了解を得ておきます。
また、保険請求は毎月行うこととして、月が替わったら5日までに請求書を送付するようにしています。
保険会社との連絡を密にすることによって信頼関係も生まれ、トラブルが起こることなく請求できます。

なお、太郎が自賠責保険請求を行う場合は、指導管理料や運動療法料を請求するのはもちろん、テーピングを施行した場合はその料金、頸椎カラーを装着した場合はその料金を請求することもあります。
多部位逓減や長期逓減はケースバイケースで(気分で?)行う時もあれば行わない時もありますね。

なお、自賠責保険料金を請求する場合は、施術証明書料および施術料金明細書料も請求できます。
また、請求書には振り込み銀行名、支店名、口座種別(普通預金など)、口座名義人および口座名義人のフリガナもお忘れなく。



整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次