接骨院から医療機関に対して依頼状を書く際、封筒にはどのように書くのでしょうか?

一般的に依頼状は患者さんに持って行ってもらいますから、住所まで書く必要はありません。
封筒の中央(宛名部分)には・・・

○○整形外科
 ○○○○先生 侍史

と書くのが一般的です。

さて、この「侍史(じし)」という語句は、どういう意味でしょうか?
国語辞典では、

1 貴人のそばに仕える書記。右筆(ゆうひつ)。
2 《直接渡すのを遠慮して、右筆を通じて差し上げる意》手紙の脇付(わきづけ)の一。宛名に添えて敬意を表す。

とあります。

そもそも依頼状は、患者さんに委ねて医療機関に持って行ってもらうものですね。
私の代わり(代理)に、患者さんに任せて持って行ってもらう。その患者さんを指す言葉とも言われています。

侍史は封筒だけでなく、依頼状などの書面にも用います。

また、宛名を書いた左端(封筒の左端)には、患者さんの氏名を記しておきます。

 ××××様 病用

と書きます。



整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次