柔道整復師は、包帯が大変上手に巻ける職種です。

柔道整復師養成施設(柔道整復師の学校)では、「包帯固定学」という教科書を使って包帯の理論や実技を勉強していますね。
その講義で使う包帯は、「さらし木綿包帯」ですね。

以前、お医者さんや看護師さんの前で包帯を巻く機会がありました。
私が包帯を巻く様子を見て、「包帯がまるで生き物のように巻かれていく」と言って絶賛を受けたことがあります。(^^;

どうやら、お医者さんや看護師さんは普段、伸縮包帯を巻いて「さらし木綿包帯」に接する機会が少ないことが原因しているようです。

ところで、「さらし木綿包帯」は、固定に用いますね。
シーネを併用した固定では、「さらし木綿包帯」が必須です。
伸縮包帯では固定になりませんからね。
それだけに、「さらし木綿包帯」は柔道整復師とは切っても切れない関係にあると言えるでしょう。

包帯は、巻けば巻くほど包帯の気持ちが分かってきます。
自分が思っているところへと包帯に進んでもらうのではなく、包帯が行きたいところに包帯を進めるのです。
もちろん、包帯が行きたいところに進めるとは言え、巻き始めなどの段階で次の帯行を考えて巻きますけどね。

巻けば巻くほど包帯は手に馴染み、次第に包帯をアート(芸術)のように巻ければ一人前の柔道整復師です。

整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次