HPのトップページにも書いていたのですが、受験生で成績が伸び悩みの方にはぜひお勧めしたいのでBlogに残すことにしました。

来春の柔道整復師試験まではもう残すところ2か月とちょっとですね。

この時期、成績が飛躍的に伸びてくる人たちがいます。
もちろん、今まで積み重ねてきた勉強が成果を見せているのに違いはないでしょうが、これらの人たちの多くは「過去問題集」をコツコツと解いています。
すでに解いている人たちは問題ありませんが、まだの人はこれから始めてはいかがでしょうか?

この問題集は1ページを左右の2段に分け、左側に問題、右側に解答と解説が掲載されていますね。
まず、解答や解説を見ることなく問題を解きます。
そして、自分が出した解答が正解であれば○を、間違っていれば×をその問題番号の上にでも書いて下さい

これを何度も繰り返すのです。

問題番号の上にできる○や×は、その問題を解いた回数分つきますね。
何回か解いてみれば、問題によって○や×の付き方が多種多様であるのに気付くでしょう。

「○○○」というふうに3回も○が続いているようなら、その問題は理解できていると言えるでしょう。もう、それ以上は解く必要はありません。

「×××」というふうに3回も×が続いているようなら、その問題は理解できていないと言えますね。解説や教科書を見て、ちゃんと復習しておきましょう。そして、また今度、その問題を解いてみます。

いつ解いても正解する問題はその後、解く必要はありません。

そうすることによって、クリアしなければならない問題は減ってきますね。

全ての問題に○が3つくらい連続するようになれば、国家試験の合格圏内と言えるでしょう。

この時期、3年生で成績が飛躍的に上がってきた人の多くは、以上のような方法をとって勉強しています。
最初やり始める頃は解かなければならない問題が多いので大変でしょうが、がんばって解いているうちにペースが上がってきます。

国家試験まではもうカウントダウンが始まっています。
受験生にはお正月もありません。
ラストスパートだと思って頑張ってくださいね。

整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次