今日は自賠責保険施術を行った際に起こるトラブルの3つ目、「c) 施術料金が高額という理由で減額を求められるケース」についてお話します。

c) 施術料金に関するトラブル

以前にもBlogでお話したように、自賠責保険施術料金は健康保険や労災保険のように施術協定料金が定められていません。
自賠責保険施術料金は施術にあたった柔道整復師が各自に設定するわけですね。

分かりやすく言えば、施術を担当した柔道整復師が自分の施術にかかる技術料を決めるわけですね。
と言うことは、腕のいい人なら1回の施術が1万円とかで、新米柔道整復師なら1回の施術が500円くらいとか?
そうなると、あなたの施術はどれくらいの値打ちがあるでしょうね?

自分の施術に対する技術料なんて、なかなか決めにくいものですよね。

それでは、患者さん側に立ってみて、あなたの施術料がどれくらいの値打ちがあるのか考えてみるのも良いでしょうね。

例えば、肩を脱臼している患者さんがあなたに整復をお願いしています。
患者さんの金銭感覚にもよるでしょうが、その患者さんは肩の脱臼を治してもらう対価としていくら払ってくれるでしょう?
肩の脱臼なら後療も必要とは言え、整復と同時に疼痛は激減しますね。
それだと1万円くらいは支払ってもらう値打ちがあるでしょうか?

また、急性腰痛症の患者さんがいたとしましょう。
不橈性疼痛が顕著です。
歩行もおぼつきません。
それを一発で治してあげれば1万円くらいの値打ちはあるかな?
でも、ほとんど痛みが変わらないようであれば、500円もらえるかどうか?

さて本題に戻りますが、前述したように自賠責保険施術を行った場合の施術料金を自分で決めれば良いわけですね。
施術の対価というか、値打ちを決めるわけです。

早く治せれば1回あたりの対価は高いでしょうし、治すのに手間取るようであれば1回あたりの対価は安くなりそうですね。

c) トラブルの予防法

今回のトラブルも昨日までに書いたトラブル同様に、保険会社の人が予期しない料金設定だから(予期した料金設定を上回っている)起こるようです。

ですから、施術料金の設定についても自賠責保険施術の開始と同時に保険会社の人に提示しておきます。

私の場合は、「平成12年に自賠責保険施術料金の上限の目安というものがありましたが、その料金設定で請求させてもらいます。それでよろしいですか?」というふうに言います。

それで保険会社の人の了解が得られれば、後になって料金が高いだのとクレームが出てくることはありません。

なお、私の場合は原則、多部位逓減や長期逓減は行いません。
とは言え、自己判断であまりにも経過が不良で長期に及んだ場合などは3か月をはるかに過ぎてから長期逓減を行う場合もあります。
ケースバイケースですね。

時々、「私の自賠責保険施術料金は1部位につき1回1万円なんだよ!」という話も聞きます。\(◎o◎)/!
自由施術ですからそれもよろしいでしょう・・・でも、本当にそれだけの値打ちがあるのかな?
2、3回の施術で治してしまうくらいなら、それくらいの値打ちがあるでしょうね。

柔道整復師の健康保険施術協定料金や労災保険施術協定料金を見れば、柔道整復師の施術の対価の目安がわかりますね。
これらより安く設定する必要もないでしょうが、これらより何倍もかけ離れた料金というのはいかがなものかな?

損害保険会社の人が、「なるほど、柔道整復師の施術はこれくらいの値打ちがありますよね」と言われるくらいの料金設定を行う必要があるでしょうね。

さて、明日は4つ目のトラブル「d) 何ヶ月も施術しているのにまだ治らないのか?」についてお話しすることにしましょう。

整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次