交通事故で人身傷害が起こった時は、所轄の警察署に診断書を提出しなければなりません。
交通事故にあった人が患者さんとして接骨院を訪れた場合は当然、人身事故として扱われます。

交通事故にあってからまず最初に整形外科を受診している場合であれば、ほとんどの場合、その整形外科で診断書の交付を受けてそれを警察署に提出しています。
でも中には、整形外科を受診しているにもかかわらず、警察署に診断書を提出していないことも時々あるようです。

また、交通事故にあってからまず最初に私たちの接骨院を受療するケースも少なくありません。(*1)

いずれの場合であっても、人身事故とするのであれば、診断書の提出が必要です。
警察署で人身事故としての扱いをしてもらわないと、自賠責保険(自動車賠償責任保険)の請求ができません。

警察署によって取り扱いは異なりますが、前述した診断書は私たち柔道整復師の交付する施術証明書であっても受け付けてくれるところもあります。

柔道整復師も法的に、外傷に対する施術を業務範囲とします。
骨折や脱臼は後療を行う場合に医師の同意を必要としますが、交通事故に多いむち打ち症などは医師の同意を得ることなく施術できるものと考えられるからでしょう。

しかし、交通事故で受傷したむち打ち症は単なる寝違えなどとは異なり、それ相当の強い外力が働いていることが想定されますね。
治癒に至る過程においても相当日数を要したり、ケースによっては神経症状や頸部の倦怠感を残しかねません。

ですから、例え小さな外力であれ、また症状が軽微な外傷(打撲や捻挫)であれ、交通事故に起因した外傷であれば一旦は整形外科に対診し、そこで警察署に提出する診断書を交付してもらうのがお勧めですね。

太郎の地元の警察署では交通事故に際しての診断書として柔道整復師が交付する施術証明書でも受け付けてくれますが、明らかに1週間以内に治癒するであろう軽微な外傷であれば施術証明書に代えても良いのでは?という担当の人の見解でした。

なお、太郎の経験上、交通外傷として受療した患者さんの外傷が1週間以内に治ってしまうことはまずあり得ません。
前述したように、交通事故で受ける外力は日常生活で受傷するそれに比較しても非常に大きなものです。
ですから、例えそれが打撲であっても、日常生活で受傷した単なる打撲よりも治癒までには日数を要するものが多いでしょう。
なお、太郎の接骨院で交通外傷として受療した打撲では、平均して2〜3週間の施術期間を要しています。(短いものでは4日、長いものでは40日程度)

【再掲】
交通事故において人身事故としての取り扱いとする場合、警察署に診断書の提出を必要としますが、柔道整復師の交付する施術証明書をこの診断書に代えて受け付けるのは所轄警察署単位(それとも都道府県警察単位?)によって異なります。


*1 整形外科をはじめとする医療機関は「受診する」という表現に対して、私たちの接骨院(施術機関)の場合は「受療する」という表現を用います。



整骨太郎のホームページ
整骨太郎のひとりごと(Blog)−目次